好景気は初回だけで逆転負け

初回に連打と相手のミス、効率よくアウトになっても走者を進める攻撃でで、幸先よく2点先制。ところが、打線はこれにて打ち止め。立ち直った大貫に7回まで抑え込まれてしまう。
先発西勇は立ち上がりはスッと出たものの、3回に2失策した楠本への懲罰代打桑原に2点タイムリーを打たれ同点。その後もピリッと引き締まった横浜打線に捕まって、5.2回6失点で負け投手となった。
この時期は打たないとね。そのあと投げた石井と齋藤友貴哉はいい仕事をした。
では今日もあとよろしくです!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. yalkeys
    Posted 2022年6月29日 at 08:38 | Permalink

    西背信のピッ出来ますようにできますできますででチングはソトをよみがえさせる罪深い内容でした。シーズン当初の悪いタイガースに戻るのは絶対阻止しないといけません。今夜、ガンケルが願かけるビッチングでしっかり勝利することがとても重要だと思います。歩く会の後ハマスタ直行ですが、笑って帰宅出来ますように願います。打線の奮起が生命線、このカード勝ち越しが大前提です。

    • yalkeys
      Posted 2022年6月29日 at 08:40 | Permalink

      冒頭部分、入力ミスですみません。

  2. yalkeys
    Posted 2022年6月29日 at 08:41 | Permalink

    冒頭部分、入力ミスですみません。

  3. とらかっぱ
    Posted 2022年6月29日 at 08:43 | Permalink

    先制してあとはだんまりってシーズン開始当初とは逆パターンの負けでした。確かにこの時期は打ち勝たないといけないのに中盤以降はスーっと見せ場もなく大貫にやられた印象です。大山がちょっと外のボールに手を出し始め佐藤輝もストレートに差し込まれ芯に当たらない状況では得点力は低くなってしまいます。今まで投手陣におんぶにだっこだったのだから今度は打撃で助ける番ですよ。

    西勇はキレがなくソトのHRもシュートで詰まらせるつもりがハマスタならではのフラフラHRとなってしまった。その次の打席でもおそらく梅野はシュートのサイン出してたのを首を振りまくって外甘スライダーを打たれた。前のカードで対戦した時ソトはどこに投げても打たれない酷い状態だったのに昨日で復調させてしまったかもしれません。今日明日は相当注意が必要じゃないかと思います。

    7番レフトが埋まらないですね。糸井にせよロハスjrにせよ打ってナンボの選手がストレートに差される変化球に泳ぐでは相手チームにとってオアシスでしかありません(守備含む)。矢野監督はロドリゲス待ちなの?これなら下から誰か上げて使う方が同じ結果でもまだ納得できます。ただ上げると言っても今ならもう若手でない板山になってしまうのか。あぁ江越・・・

  4. 虎ジジィ
    Posted 2022年6月29日 at 09:01 | Permalink

    初回はそれぞれが持ち味を活かした効率の良い2得点だっただけに、悔やまれる逆転負けでした。

    西勇は3回無死2、3塁をせっかく2死までランナーそのままで踏ん張ったのに桑原への失投は勿体ない。
    眠っていたソトも起こしてしまい、今日 明日の先発投手にも「ソト要注意」のプレッシャーを与えてしまう事になってしまった。
    両チームの「7番打者の差」大きく感じました。
    ベイスターズは主砲オースティンもそろそろ戻るので打線は強力です。

    日本一暑い関東、特に今年は異常気象の暑さもあるので継投のタイミングを間違えないようにベンチはしっかり判断して、ブルペン充実が宝の持ち腐れにならぬような采配をふるって欲しい。

  5. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年6月29日 at 09:41 | Permalink

    これで2戦続けてKOの西。
    純矢の後を追って、鳴尾浜での調整をお薦めします。
    追い込んでからの勝負球が悉く甘い。
    よく分からないのが、楠本の代打に出てきた桑原の時。
    外目の真っ直ぐにめっぽう強く、少々のボール球でも喰らい付いて来る
    打者に対して、外からのバックドアで勝負に行っている。
    桑原にしてみれば絶好球に見えたでしょう。
    あと気になったのが、ピンチの場面で福原コーチがマウンドに向かっても
    一瞥もせずに話をすることもなく、ずっと梅野とだけ喋っている西。
    結局西と言う投手は、自分の投げたい球を投げれば抑えられると勘違い
    しているように見えます。
    梅野もバッテリーを組む時間が長いだけに、彼が何を投げたいかをよく理解
    してて、打者が苦手な抑えられる球よりも西が投げたい球種を優先して
    選択してしまってはないだろうか。
    もちろん、調子の良い時はそれで抑えられるときもあるでしょうが、昨日のように
    真っ直ぐも走らず、制球も甘い時はドカドカっと打ち込まれてしまう。
    球威に乏しい投手の定めと言ってしまえばそれまでですが、ならばもっと慎重な
    投球を心掛けて欲しかった。
    この暑さは、投手に同情の余地はあるけれど、2回以降立ち直った大貫を見ると
    言い訳ばかりも聞いてられません。
    ベテランに気を遣うのも良いけれど、6失点するまで放置してるベンチにも
    問題アリですよ。
    どう見たって良くない西を、5回以降も引っ張る理由が見当たりません。
    火曜日からあまり投手を使いたくないのかも知れませんが、試合に勝つ以上の
    優先順位がチームにあるはずがないです。
    指揮官は時に非情であるべきだと思いますけどね。

  6. こうさん
    Posted 2022年6月29日 at 09:56 | Permalink

    完全に中継ぎを温存したいという欲で失った1勝。あんなに汗をかいているバテバテの西に何を期待したのか?数字は素晴らしいかもしれないけど個人成績は負け越している。野手が打てない時に頑張ってくれたのは分かるが、だからこそ矢野さんは見極めないと。4位のチームが動かないで、どうする?横綱相撲に憧れて、どうする?

    もう1つ。最後は糸井に代打を期待した。今の糸井は直球を打ち返せない。もちろん今のタイガースにも見当たらない。けど糸井よりは…が、いたはず。糸井のホームランに願いを込めてるなら、おめでたい。

  7. 岩修
    Posted 2022年6月29日 at 11:17 | Permalink

    西純でリード奪われるも歓喜のサヨナラ勝ちの後の大事なゲーム。しかも西勇が先発だっただけに落胆が大きい。
    以前の超貧打の頃よりは少しましにはなったけどチーム打率は最下位。
    5回で3点獲られた時点で交代の筈なのに続投は? 信頼している西勇だからなのでしょうが特別扱いはどうかと思う。打ち勝つ野球が観たいけど今年は3点獲られたら負けと覚悟を決めて采配して欲しい。

  8. setta
    Posted 2022年6月29日 at 11:37 | Permalink

    梅雨が明けて暑さが非常に厳しく投手に掛かる負荷はかなりの物でしょう。投げさせたい気持ちも分かりますが、疲労具合を早目に気付いて交代させるのも首脳陣の務めやと思います。幸い、ファームには才木(登板予定)・桐敷・藤浪(ちょい打たれてた)・村上と先発要員が控えていますので、上手く休養させながら起用して頂きたいです。
    打つ方は外野が余りにも心許ない。ロハス・糸井を順にファームで調整させる等の措置を期待します。代わりはスーパースター候補の江越や豊田・板山が候補でしょうか。
    これから益々暑くなります。運用が難しい季節ですが、借金返済という目標に向かって頑張って頂きたいです。

  9. 虎轍
    Posted 2022年6月29日 at 12:39 | Permalink

    昨日の西勇は梅野の構えたミットより真ん中に入ったり、高く浮いたりしてましたね。
    敗因の一番は安パイの嶺井に二塁打を打たれた事でしょうね。
    すんなり抑えてたのに、あそこから崩れていったように思えましたね。
    狭いハマスタでライト方向に吹いてる風にも見放されましたね。
    聖地甲子園ならライトフライで終わってるのにソトのホームランになったのも辛いね。
    失策が続いた楠本をスパッと代えた三浦監督。代えられない矢野監督。
    そこも敗因でしょうね。
    糸井は疲れとるんやな。
    大山も疲れてきたかな?
    二軍から井上を上げてええんちゃう?
    今日は気持ちを切り替えて勝とう!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">