初回猛攻で藤浪復活vs大谷祭りに快勝

ボイヤーって言ったら、シピンとセットだよね(昔話)。

報道によると新外国人投手ボイヤーが来日し、契約が完了したと発表。MLBの中継ぎも人数が限られた「狭き門」なので、この時期にあぶれる投手にはたまに「大当たり」がある。それだといいのだが。ところでザラテはどうしているのかな。

快調な前半戦を受けて、今季優勝するために補強に動くのはタイガースフロントの常識からすれば当然の仕事。それをやらないという選択肢が、よりチームを幹から強くすると主張したところで、誰も聞く耳を持とうとしない。

というわけで、例によって6点リードがあろうとも、二軍で成績を残して上げて来た玉置はどうしても使わず、安藤→加藤の継投。9番で柴田を使うのと何が違うのだろう。ダメなら代えればいいだけだと思うのだが。まさかそれを「スキを見せる」行為とでも言いたいのか。シーズンを考えれば、多くの投手を戦力化できない起用法の方がよっぽど「スキだらけ」だと思うが。抜け目なくやって欲しいなぁ。

初回、「センター中心に反対方向へ打ち返せ」というチームオーダーを完全実行して大量6点。久々先発の藤浪にビッグイニングをプレゼントして楽な試合運びとなった。もっとも6-0リードだろうが何だろうが試合をこんがらがらせてしまう投手も多い中、調子が悪くても悪いなりに「楽勝」にまとめ上げる藤浪は非凡中の非凡。

この日は「藤浪vs大谷祭り」となったが、そういう大人の事情も含めてまるっと引き受けちゃうような器の大きさがあるなあ、藤浪は。だけど、いつかはそんなこと関係ないといいたくなるカベが来る。その時だよね、本当の強さを身につけていくのは。ファンもそういう日が来ることを逆に楽しみにしているくらいの余裕が欲しい。

さて初回の攻撃に話を戻して、要は投球術で攻めてくる武田勝を攻略するには、ポイントを手前に引きつけて、球をよーく見極めること。強振して大きな空振りしていたら術中にはまるから、ツマリを恐れずコースに応じて弾き返せ。これが出来た結果だ。

まずは第一出塁の大和。この日はノーヒットながら、2ストライクと追い込まれてから、ボールを4つ見極めて出た四球、これが非常に大きい。結局この回で試合が決まったのだからね。まず追い込まれても引きつけてファールで逃げればいい、どうせまともなストライクなど投げてこないという冷静な考え方が出来ていたから。

続く鳥谷からの連打が圧巻。鳥谷が外角直球、カウント球をセンター前へライナー軽打。一死一二塁、守備ミス(牽制捕球エラー)があって一死二三塁になったあと、マートンは外へ逃げるチェンジアップを引きつけて右へ逆クロス。ライト大谷前へタイムリー(1)、なお一死一三塁。続く新井も入ってくるスライダーを右おっつけで大谷前タイムリー(2)、なお一死一二塁。次の良太も普段なら心はレフトスタンでに向かって大きな空振りをするような逃げるチェンジアップを待ってましたとばかりに右打ちで大谷前タイムリー(3)、マートンが鋭いスライディングで空いていたベースの一角に足を突っ込んだ(これで件のラフプレー話も終結だ)。その間に新井は三塁に進んで、なお一死一三塁。続くライトスタメンの浅井も高め直球を右おっつけ、ふらふらポトリと大谷前に落ちてタイムリー(4)。なお一死一二塁。で、藤井はさすがにバッテリーも右打ちしにくい攻めをして来るだろうと裏切って(笑)、レフトスタンド狙い、惜しくもスタンドインはしなかったが、走者二人を返す2点タイムリー二塁打(三塁狙うもこれは惜しくも憤死)、実に5連続タイムリーという見事な攻撃。

各バッターがしっかり逆方向打ちの技術を持っている強みが出た。これは左の武田に限らず、時々初回の仕掛けとしてやっていい戦法だ。こう動けば、相手はそれに対応して、細工しにくい球を多投してくる。そうすればまたこっちはそれを狙い打ちすればいい。先に仕掛けて、自分の意図する方向に相手バッテリーを誘い込むことができれば、心理的優位にも立てる。今回の大成功をぜひ今後に活かして欲しい。

大谷選手にも伸び伸びと打たせてやる余裕も見せての快勝。藤浪については今のところ何も言うことなし。また再び一二軍にいる若手の心に火が点いていくだろう。あとは中継ぎ投手まわりの整備だけ、全チームをあげてバックアップする気持ちで強化していけば、このチームまだまだ強くなれそうだ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

27 コメント

  1. 虎蜂
    Posted 2013年5月27日 at 10:20 | Permalink

    藤浪は久しぶりの一軍登板にも関わらず、ここまでまとめるとは⋯本当に恐ろしい。

    彼にいつか訪れるであろう壁は承知しています。今、好投している分だけ、その時求められるものもより高くなるでしょうが、彼ならそれすら乗り越えてくれると信じています。

    今年は昨日に限らず、逆方向への連打で相手先発をKOするシーンを何度も見ている気がします。単純に打者の調子が良いだけでなく、ベンチの指示も的確なのでしょう。

    初回に藤井が三塁を狙ってアウトにはなってしまいましたが、悠々スタンディング二塁打→ニ死二塁で投手の藤浪を打席に迎えるより、三塁アウトでも先の塁を狙った方が攻め込まれている感じがして相手はきっと嫌な感じだったと思います。

    これからもチーム全体でアグレッシブな走塁を続けて欲しいですね。

    • Posted 2013年5月27日 at 13:09 | Permalink

      藤井の場面は1死だった。なのであれでよし。
      もし2死なら無理して三塁を狙わずに二塁で止まっていたのでは。
      で藤浪まで回して2回は西岡からとするのがベター。

      • 虎蜂
        Posted 2013年5月27日 at 14:37 | Permalink

        藤井の場面は一死でしたか、失礼しました。
        確かにカークランドの爪楊枝さんのおっしゃる通り。まだまだ見立てが甘いですね。勉強します。
        返信ありがとうございました。

  2. 京都
    Posted 2013年5月27日 at 10:26 | Permalink

    清原、玉置を使える場面はここ数試合あったと思います。緊迫した場面でも使って良いと、個人的に思いますが。若手を育てる気が無い、と云うか下手と云うか。使われないまま清原は落とされ、野原も。開花を求めるならコンラッドより野原ですよね。トラオさん、何か球団に解らせる手立ては無いですかね。

  3. なかっち
    Posted 2013年5月27日 at 10:47 | Permalink

    昨日もレフトスタンドにて観戦。初回の鮮やかな攻撃で昨日は余裕で観戦出来ました。藤浪は決して調子が良いようには思いませんでしたが、本当に悪いなりにまとめるのが上手いと感心しました。
    大谷に2本2塁打を許しましたが、大谷も素晴らしいバッターやと感心しました。8回は玉置が出てくると信じてましたが。ベンチ入りの投手が8人いますが玉置は戦力として考えられてるのか疑問に思いました。1軍で投げさせないなら、2軍で投げさせた方が本人にも良いと思うのですが。
    皆さんはどうお考えでしょうか?


    先日のロッテ戦とは違い非常に余裕のある試合展開やったので余計に思ってしまいます。

    あの展開で安藤や加藤を使うと夏場までに疲れが来ると思います。和田監督今後の事も考えて投手起用お願いします。

  4. ぴゅあらっく
    Posted 2013年5月27日 at 10:49 | Permalink

    昨日は好天のデーゲームで注目の対戦を楽しんで来ました。初回の6点で藤浪投手もかなり楽に投げられたのではないでしょうか。
    大谷選手との対戦は3打数2安打(2二塁打)でしたが、勝ちにこだわる藤浪投手からしたらチームが勝ったことが一番で、個の勝負は二の次だったのでしょう。
    最終回に玉置を投げさせなかったことには、私も不満です。どうも首脳陣は若手の中継ぎは大差負けの時しか投げさせないと決めつけてるようです。昨日のような勝ち試合で投げて最後を締める方がモチベーションも上がるし、良い経験になると思うのですが。

  5. ガク
    Posted 2013年5月27日 at 11:13 | Permalink

    昨日は藤浪祭りでしたね。本人は試合に勝って大谷勝負はストレートに拘って観客を盛り上げる!
    藤井の指示もあったのかもしれませんが大したルーキーです。

    初回の右打者全員ライト攻撃は見事でした。ハムバッテリーのたまらず投げた角球をすかさず引っ張りあわやライトオーバーフェンスの藤井も憎い、さすが捕手心理わかってる。阪神もやればできるじゃないですか!これはベンチ指示のファインプレーかな。

    これで玉置が中継ぎで投げて抑えてくれれば正に言うことなしだったのですが・・・

  6. 大虎真弓
    Posted 2013年5月27日 at 11:48 | Permalink

    実に面白い試合でした。
    藤浪から二塁打を2本打った大谷も見事だが、その大谷をカスリもさせずに
    ストレートで三振を取った加藤!カッチョ良かった~!(笑)
    まるで「おい小僧、ストレートってのはこう投げるんや!打ってみ~や」みたいだった。
    赤虎(勝手に命名!(笑))の意地と経験が二人の若者にプロの凄さを無言で教えた様で
    「お前は江夏か!」と突っ込みたいぐらいワシの琴線に触れた場面だった。

  7. Posted 2013年5月27日 at 11:51 | Permalink

    会心の勝利だっただけに玉置を使わなかった「ビビり采配」だけが悔やまれます。
    それとも和田監督は既にボイヤーを計算に入れていての加藤や安藤の酷使でしょうか!?

    toraoさんも仰るように、水谷コーチの「逆方向へ逆らわず打て」の指示が初回にものの見事に機能しましたね。

    そして藤浪も素晴らしかったけど大谷も素晴らしい選手でした。これからも2人の対戦はとても楽しみです。

    そして、忘れてはいけないのは西岡の盗塁から奪った追加点、なんとなく「スミ6」で終わりそうな感じがしていたのであの追加点は大きかったです。昨日書き忘れましたが、あの大和涙のヒットの打席前ファーストベースが空いた事により自身の敬遠は確実、次の打者大和に熱心に渇を入れており涙のヒットに繋がりました。本当に色々な意味で頑張ってくれていると思います。

    元気の無かった鳥谷も完全復活、あとは大和!乗り越えろ!

    讀賣と1・5差、個人的にはこの位の差で下からつっつき回すのが快感ですww

  8. 金沢の虎
    Posted 2013年5月27日 at 12:16 | Permalink

    パ・リーグを代表する投手の一人、武田勝からの見事な初回の攻撃。やはりベンチワークがしっかりして、選手に実践させると見ていても気持ち良い。皆が図ったように大谷の前に落として。

    他球団の若手を育てるのが上手いチームが、今度は他球団の若手の守備力を鍛えてあげました(笑)。

    藤浪は、やはり末恐ろしいですね。久々の登板。甲子園。相手は大谷。こんなにもシチュエーションが揃った場面で自分を見失わないとは。

    自分ならチビる場面ですW

    玉置を使わないのは勿体無いんですが、彼の変化球に比重を置いたストレートをほとんど投げないスタイルも問題あるかも知れないです。見ていて胃が痛くなるような。

    勿論、それで使わないなら下でストレートを磨く指導をもう一度受けさせても良いんですが。

    今のままでは、中途半端で本人の為にもならない。夏場以降に戦力として考えるなら、もうワンランク上げれるように指導し直すべきでしょう。

    せっかく復活した玉置の、もうワンランク上がった姿を見てみたいですね。

  9. なべ虎
    Posted 2013年5月27日 at 12:21 | Permalink

    大谷くん アッパーじゃないですか? 芯でホームラン打つタイプ 掛布さんとは逆な…
    なんかレフトに打っても振り遅れに見えんスよね…
    僕は代打かDH専門にして谷間ローテで投げるよぅなピッチャー専念寄りにしてほしい!
    まぁ栗山監督は、この所評判良くないですね!しゃあないんかな〜?
    しかし藤浪くん可愛いスね 6点取った後やのに 打席で打ちにいったりして…(笑)

    レフトスタンドで見てたけど初回からビックイニングで楽勝モードで終始微笑ましぃ感じで見てました!

    中田のジェット風船を捕獲するフリみたいな面白ろジェスチャーがあったり、(笑)

    ヒーインで藤浪くんの『必死のパッチ』が出る前にインタビュアーが切り上げてしまったけど…(笑)
    男前藤井もナイスインタビューでしたね!(笑)

    いやぁホンマ阪神変わりましたわ!
    楽しい一日でした!

    • なかっち
      Posted 2013年5月27日 at 19:07 | Permalink

      確かに中田のジェット風船にヘッドロックは笑いましたね(笑)陽にしても中田にしてもキャッチボールの球をタイガースファンにあげてみたりファンサービス旺盛ですよね。新庄イズムが継承されてるんですかねぇ〜。

  10. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2013年5月27日 at 12:44 | Permalink

    昨日、一番ドキドキしたのが初回のマートンホーム突入の瞬間。
    どんなスタイルで飛び込むのかヒヤヒヤドキドキでしたが、うまくホームに足をねじ込むスタイルで胸を撫で下ろしました。
    昨日、NHKで落合博光さんが、ヤクルト戦で問題になったマートンの走塁について『まったく何の問題もない』と肯定するコメントを発していました。実は私もその通りと考える一人なんですが、あくまでそれは過去から現在に至る文脈での話。
    過去の野球やメジャースタイルがそれを肯定したとしても、今後、NPBとして、この問題をどう定義していくのか、きちんと検証、検討の上、捕手と走者の対し何らかのガイドラインを示す必要はあるように思います。
    スポーツはやはり約束事の上に成り立った喧嘩なんですから。

    あ、大空真弓さんも書かれてますが、私も大谷君を三振で斬って捨てた加藤コースケにしびれました。

  11. さら
    Posted 2013年5月27日 at 12:46 | Permalink

    ノムさんがボヤいてましたね。大谷は肩が下がるし なんだかんだと。藤浪はノムさんの著書を熱心に読んだとされるからか?あまりボヤかれなかったけど今後も楽しみですね。成長力がすごいので、彼を見ていると何年たっても変わらない自分が恥ずかしくなりますね。

    昨日のサンデースポーツは落合さんがマートンのクロスプレーを取り上げてくれましたね。
    お互いベストなプレーをしただけで、それが運悪く怪我になったという事だったけど、野性的な荒木にしか出来ないヘッスラも紹介されてさすが落合さん、と思ったけど私はあの試合は見てなかったし考え方も千差万別だし知識もないので何も言えないけど、何か嬉しかったですね。
    逆に藤井が怪我してたらすごいショックだから複雑ではありますが。

    • Posted 2013年5月27日 at 13:57 | Permalink

      >荒木にしか出来ない…
      落合氏「あれが荒木以外で出来るとしたら(ここで私はドキドキ新庄?赤星?それとも大和?ドキドキ、と思ったら)英智!」って、結局「自分の教え子かいっ」ってツッコミ入れてしまいましたwwやっぱ落合氏キライやわー!

      • さら
        Posted 2013年5月27日 at 19:11 | Permalink

        私も英智にはうなずけなかったのですが、そういう教え子の本質を見抜く目はいいなあ、と思います。
        勿論あのプレーにムキになりすぎず、持論があっても特定の選手をさしてそんな事を言いそうにない和田さんには和田さんのよさがありますが。

        昨日のビビり采配については残念ですね。藤浪の後だし玉置も先輩の意地をみせてくれたんじゃないかと思ったけど。

  12. Posted 2013年5月27日 at 12:56 | Permalink

    ナイスゲーム!
    初回のマートンの本塁突入。あっアウト、一瞬思いました。VTRでリプレイ。タッチをかいくぐって完全なセーフ。これは主審西本(調べました)のファインプレー。前日の大誤審?ホントに紙一重。浅井さんから変なコメントが聞こえてこなくて良かったです。例えばテレビの映りが悪かったんじゃないの。とか
    それにしても、大谷クン、いいですね。打って良し、走って良し、投げて良し。こういう展開だと、思わず応援しちゃいますね。

  13. lucky77
    Posted 2013年5月27日 at 12:57 | Permalink

    昨日はじめて生藤浪を拝みに行って参りました!
    そして今季観戦初勝利をいただきました、ありがとうございます!!
    昨日は一塁内野席からの観戦だったのでもちろん解説は無いしボールのコースやなんかは良く分からない中だったので普段通りの調子なのかなーと思ってましたが、調子良くなかったんですね。帰宅後の再放送で知りました(笑)
    あまりに落ち着いて危なげなくアウトを重ねていくもんだから分からなかったよ!
    序盤に大量リードをもらうと楽勝ムードなはずが一転、大味な乱打戦になることも多いですから、1失点した時はまさかね・・・と少し不安がよぎりましたが藤浪くんには無縁でしたね。
    無駄に心配してすみません。浮き足立つ事なくまとめるなんてちょっと前まで高校生だった子のやることじゃないですよねー。見てて安心でした。

    大注目の藤浪VS大谷の対戦では球場が静かになって見守ってる感じがゾクゾクしました。
    大差の付いた試合展開だったから、藤井さんも気を利かせて世間のみなさんが見たがっているであろう「直球勝負」を演出してくれたんでしょうね。
    今回の軍配は大谷に上がったけど、接戦のしびれる場面での対戦だったならもっと違う配球で勝負したことでしょうし、そんな勝負もまたのお楽しみ、ですね。
    そういえば去年春の選抜でも大谷VS藤浪の個人の対戦はホームランを打った大谷の勝ちでしたけど、試合は大阪桐蔭の完勝。昨日も同じく試合は阪神の完勝でしたね。
    「チームが勝つことが1番」と常々言っている藤浪くんらしいかも。

    ヒーローインタビューの藤井さんはやっぱり鉄板ネタ!おもしろかった!
    べしゃりのおもしろさではやっぱりルーキーよりも一枚も二枚も上ですなぁ!
    最後に全部持ってってましたよ(笑)
    あーきのうは楽しかった!

  14. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2013年5月27日 at 13:31 | Permalink

    >ボイヤーって言ったら、シピンとセット
    あ!先に言われちゃってた(笑)
    G長嶋氏の陰に隠れましたが、当時のプロ野球界でもトップクラスに上手い三塁手だった記憶があります。

    >藤波vs大谷
    とても両者とも高卒ルーキーのレベルとは思えません。
    批判覚悟で言いますが、大谷君は打者一本で行って欲しい。
    勿論彼の非凡な才能に異を唱えるつもりはないですが、遠い将来を考えた時に打者の方が広がる可能性は
    大きいと思います。
    序盤で試合の方向が決まってしまったので、ダービーに目が行ってしまった私をお許しください(笑)

  15. トラ好きおばちゃん
    Posted 2013年5月27日 at 13:57 | Permalink

    相変わらずの石橋継投には辟易しておりますが
    ここのところ立ち上がりの悪い勝ちゃんをいっきに谷底へ
    突き落した(失礼)怒涛のライト前攻撃お見事です!

    状況は全然違いますが巨人の村田、失策その後三球三振の懲罰交代。
    過日のホールトンも大量リードながら四球連発チンタラ投球で勝利投手の権利はく奪。
    実績等関係なく「厳しい対処」で若手リリーフ陣にチャンスあげてものにして
    チームの底上げ図ってますよね。
    タイガースと違ってえらいピチピチリリーフ!(あっいや、おっさんがダメということではなく)
    夏場の苦しい時期にそこで差がつかないことを祈るのみです(^^;)

  16. TJ風船
    Posted 2013年5月27日 at 14:08 | Permalink

    和田ちゃん、年間ペナント戦うプラン持ってやってる? あの展開でも己れの安心感を得たいが為にオジサンリリーバー出してない? 中西さんプッシュ出来ないのは何故?
    まあ、どうせ渡辺と岩田がいればなぁなんて思っているでしょう。スキあらば試す。みんな相当危機感持つはずですよ。
    03年、中村豊vs早川のマッチは面白かった。日シリベンチ入りを賭けてムーアも谷中も関本もみな目の色変えてましたね。良ければ使う。シンプルです。
    昨日の8回からの継投にがっかり。個人的にミソをつけられた想いでした。 安ちゃん、加トちゃんお疲れ様でした。

    大谷に球を集めろ!ってなんか競技違うし(笑)しかしこちらも非凡ですね。1裏吉竹さんストップさせたけど試しにゴーしたらイチローばりのビームをブっ放したんでしょうねえ。162キロの剛返球!ランナー悶絶!…東スポ1面ですね、すんません(笑)

    一番の補強は水谷Cだったりして。ナイスミーティングです。きっと杉討ちにも使えますよ、期待してます。

    藤浪がいる日曜日ってホント素晴らしい!欲言えば「藤井さんは男前です!」と言って欲しかった(笑)

  17. ハマトラ親父
    Posted 2013年5月27日 at 14:33 | Permalink

    何故、ベンチはベテランのリリーフ陣を酷使するのかな!?今、若手を投げさせておかないで夏場や秋の勝負所で急に投げろ!と言われても良い投球出来ませんよね?そんな事は分かりきってるのに何故ですかね?不思議だな?

    読売の原監督は確かに思い切った采配をしますよね。前からFAで入団したベテランにも送りバントさせたり、特別扱いはしませんね!!

  18. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2013年5月27日 at 17:14 | Permalink

    オープン戦では武田勝、阪神打線にぼろぼろにされていましたが、今度はそう甘いものではないと思っていました。G打線を打ち取った投手ですから。
    けれど、初回から打線機能していってよかったです。

    大谷は2塁打2本はすごいですね。
    藤浪も高卒ルーキーとは思えない。あまり調子は良くなかったと言ってましたが、私には安定感抜群に見えました!

    藤浪vs大谷とファンサービス満載で良かったです!

    ヒットが無いのは大和だけと実況アナウンサーが2回も言っていましたが、私は「四球選んだ、犠打成功した、広角センター守備抜群や!」と心で言ってました。

  19. ken3953 さんのアバター ken
    Posted 2013年5月27日 at 21:17 | Permalink

    昨日はほぼ文句無しの試合でした。
    ただ皆さんおっしゃってる通り、中継ぎにもう少し若手使うべきですね。
    せめて8回くらいはベテラン使って欲しくなかったです。

    大和はまず今までの感覚を取り戻す所からでしょう。
    そういう意味では普通の犠打をしっかりさせるとか、
    難しい球をカットして四球を選ぶってのは重要な事だと思います。

  20. れいん
    Posted 2013年5月28日 at 02:52 | Permalink

    ボイヤー獲得って事でちと調べてみた。

    うーん、まあまあ活躍しそう。ただボーグルソンやメッセンジャー獲得した時の様な“これはええのん採ったやん”と言う感じは無かったですね。

    後は日本の特殊な気候の時期に来日する事と走り込みがどの程度できているか、日本に来てからも相当走り込みさせた後に上に上げればそこそこやれるとは思いますが、走りこみさせずに上に上げた場合は秋口の失速が現時点でも見えていますね

  21. Posted 2013年6月5日 at 17:51 | Permalink

    Since the admin of this web page is working, no doubt very soon it will be renowned, due to its quality contents.

  22. Posted 2013年6月12日 at 04:02 | Permalink

    I am actually thankful to the owner of this web page who has shared this wonderful paragraph at at this place.

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">