藤川球児は高知へ

藤川球児が四国アイランドリーグplusの高知に入団するという。獲得できなかった阪神球団への批判記事もあるが、通用する状態になさそうな投手を、必ず戦力になるはずだから何が何でも獲得せよというのは無理がある。

必要とされるところで投げたいというのが藤川なら、今現在、高知以上に藤川を必要としてくれるところはない。もし藤川球児が球団に対して批判するものがあるとしたら、それは何が何でもと自分を獲りに来ないことよりも、ピークを越えて行き場をなくした元メジャーにばかり目を向けないで、ドラフトで獲ってきた選手をしっかり育てろということではないだろうか。

選択肢の中に「引退」という言葉も使っていた藤川。何を目指して高知入りしたのか。ここからもう一度トップレベルに返り咲きたいのか、それとも郷土への感謝を表して最後の舞台としたいのか。どちらにしても、残り少ない現役生活を藤川のやりたいようにやればそれでいいと思う。奇跡の均衡の上に成り立っていた、宝石のようなストレートはいつまでも記憶の中で輝いているのだから、何の問題もないのだ。

今週は甲子園に居続けて、千葉ロッテマリーンズと北海道日本ハムファイターズの6連戦。両チームとも前の埼玉西武ライオンズ同様、打撃好調で得点力がある。最近調子が良い虎の先発投手陣が、商機のあるロースコアゲームに持ち込めるかどうか。使わざるを得ず、使うことになっている若い選手たちが、場慣れの時期を経て、チームが活き活きする躍動を見せることができるか。なんとなくそんなシーンが見られるような気がして来ない?いつでもいいイメージを持ってワクワクせないかんよ(笑)。梅雨入り寸前、少し天気が心配だが、「短縮版交流戦」の中盤、楽しんでいきましょう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

27 コメント

  1. Posted 2015年6月2日 at 07:57 | Permalink

    球児は素晴らしい選択をしたと思います。
    タイガースに入って変に気を使われながら起用されるよりは、郷土に恩返しした方が、本人も悔いが残らず現役を終えられると思います。

    個人的にも「郷土愛」が強い方ですが、せめて芋焼酎は「鹿児島産を買う」ぐらいしかできないので、球児の莫大な経済効果や地域野球の発展を促す行動には尊敬します。
    同級生、広末涼子といい高知県の人は郷土愛が強いようぜよ!

    さて、交流戦。日程上けっこうな雨でも強硬するので怪我だけは気をつけて欲しいです。

  2. Nari
    Posted 2015年6月2日 at 08:05 | Permalink

    どうせ球団フロントが不誠実な対応したんだろうとムカついていたのですが、
    トラオさんの冷静で前向きなコメントで、ちょっと心が晴れました。
    戻ってもらうのはファンのエゴかも知れませんし。応援する姿勢は変わらないので、これでいいやと思えてきました。

  3. サヨナラ3ラン
    Posted 2015年6月2日 at 08:14 | Permalink

    坂井の指示の下、藤川を獲得に動いたが
    球団も獲得に対し一枚岩になっていなかったと聞くし
    個人的にも獲得は反対だったので藤川の判断に
    良かったと思っている。
    坂井は戦力と言うより商売になると踏んでの獲得指示だったと推察する。
    藤川に関しては、数年間だが阪神ファンであることに
    誇りを持たせてくれた数少ない選手だったと感謝している。
    もちろん火の玉ストレートはなくなっても
    技術や経験で無くしたものをカバーして
    ベテランなりの投球で活躍する可能性は否定しない。
    ただ個人的には やはり藤川は藤川の印象で
    いたいから、この判断は良かったと思う。
    しかし阪神球団って昔、活躍していた選手が
    今でも 同じ活躍をすると思っている人間が
    多すぎだと思う。もっと客観的に観れないものかね。

  4. 西田辺
    Posted 2015年6月2日 at 08:55 | Permalink

    無理やご批判は承知で言いますが、球団として近年最大の功労者に対して最大限の誠意を以って
    交渉に当たるべきだったと思います。
    入団したかどうかは別にしても。
    手術明けからの調整が必要なら与えるべきだったし、抑え確約とまでは言わないまでも
    彼の納得のいくポジションを提示すべきだった。
    彼と球団の交渉の詳細な内容までは知る由もありませんが、彼にとって今のタイガースが
    少なくとも「必要と感じられる場所」でも「気持ちよく腕を振る場所」でもなかったという事なのでしょう。
    アメリカから帰国し、真っ先に連絡を入れたのがタイガースであると言う。
    それは彼なりの誠意だったろうと思う。
    それからは、まるで既定路線のように流れる「球児阪神入団秒読み」の記事。
    本来極秘であるはずの交渉事を、平気で表に流す球団への不信感もあったかも知れません。
    いつの日か、これについての真相が語られる日が来るかもしれませんが、この失望が
    深くならない事を願いたい。
    後は球児のこれからに幸あれ、と祈るほかありません。

  5. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2015年6月2日 at 09:04 | Permalink

    メジャーでくじかれたブライドを癒すに、タイガースも甲子園もNPBそのものも、適さないと判断したんでしょう。
    その選択、悪くないと思います。
    願わくば再びNPBに戻ってきてほしい。その時はぜひともタテジマで。

  6. としとまき
    Posted 2015年6月2日 at 09:08 | Permalink

    すぽると見ました。球児は賢明な選択をしたと思います。地位や名誉に拘らずただ自分を必要としてくれる所に行く。少なくとも私には阪神が球児を欲しかったとは思えなかった。人間も30すぎてある程度

  7. としとまき
    Posted 2015年6月2日 at 09:13 | Permalink

    先ほどは間違って投稿してしまいました。
    球児の件ですが阪神が球児を獲得したいと思ってる様には私には見えませんでした。
    球児も30すぎて色んな世界や人を見てきたやろから今の阪神が自分を欲しがってるとは感じなかったんでしょう。
    まぁ阪神も一からチーム作り直すくらいの心意気でやってもらいたいです。今年は手遅れですが。

  8. 虎っしー
    Posted 2015年6月2日 at 09:19 | Permalink

    今回の球児去就の件は肯定的な意見が大きい中、批判承知で僕の個人的意見を述べます。
    とてもガッカリです。

    球児の阪神に対する思いってこんなもんだったのか…
    間接的にですが阪神の顔に泥を塗った事にもなります。
    阪神側からどういう条件提示があったかは分からないですが、メジャー帰りには好条件を辞さない阪神ですからそれ相応の条件提示があったと思います。打算的ですが、球児ならグッズ売り上げ等の営業収益も凄いので出し惜しみする必要が無いからです。

    球児のコメントで、今1番必要とされている所、投げる魅力のある所でやりたいと言っていますが。
    日本国内においてNPBを超える野球の舞台はありません。それは日本国内で「プロ」を目指してプレーしている野球選手は殆どだと思います。
    地元に貢献するのもNPBで花道を飾ってからでも全く遅くは無いと思うのですが…

    自己中心的なコメントで申し訳ありません。

  9. ガク
    Posted 2015年6月2日 at 09:27 | Permalink

    懸念していた球児問題、意外な決着を見ました。
    阪神側がどんな対応をしたのかわかりませんが以前のようなパフォーマンスができないなら、球児は最初から決めていたように思います。
    皆さんも仰ってますが願わくばひじの状態を戻して阪神で再度光り輝いてほしい。

  10. 阿太郎
    Posted 2015年6月2日 at 09:27 | Permalink

    多分ロッテに3つ負けるだろう。理由は弱いから。ふざけんな!

    • こうさん 
      Posted 2015年6月2日 at 11:03 | Permalink

      俺は阿太郎様らしい叱咤激励に感じましたよ。短いコメントで全てを伝えるのは難しいけど毎日それと戦っている阿太郎様の魅力が溢れる叱咤激励です。なんだかんだ言っても勝ってほしいから。

  11. グラストン
    Posted 2015年6月2日 at 09:33 | Permalink

    せっかくトラオさんがあえて前向きに書いてくれてるのにアダとなる試合になれへんかったらええけどね~(*_*)

    • 阿太郎
      Posted 2015年6月2日 at 09:57 | Permalink

      マイナス発言をしゴメンなさい。ふざけんな!は不甲斐ない阪神に対する喝です。トラオさんにではありません。本音はロッテに3つ勝って欲しいです。すいませんでした。

  12. yalkeys
    Posted 2015年6月2日 at 10:02 | Permalink

    球児問題はいい落としどころだと思いました。もし、タイガースへ復帰となっても、背番号22はスンファンのものだし、抑えも当然スンファン。彼は高知で頑張ればいい。
    今夜は岩田を打線がとこまで援護するか・・に注目してTVを見たいと思います。

  13. 虎蜂
    Posted 2015年6月2日 at 10:05 | Permalink

    球児はタイガースに復帰することで競争なくマウンドに上がってしまうことを恐れたのではないかと思います。それはチームのためにも球児のためにもなりませんから。

    真相はわかりませんが、今回の球児の決断を支持します。そして、いつの日か彼が甲子園のマウンドで腕を振る日が来たら全力で応援したいと思います。

  14. こうさん 
    Posted 2015年6月2日 at 10:51 | Permalink

    「球児は高知経由で迂回して必ずタイガースに戻る」という見方は穿った見方だろうか。コーチでもいい。今の淀んだ空気が澄みきったら戻ってきてほしいな。

    能見が言った「これからは藤浪をエースに」という言葉。あれはベンチに言ったんじゃないだろうか。6回、いや7回まで…いや6回まで投げてくれれば充分じゃないか。ベンチは本当に「育てる」ということから逃げないでほしい。

    鶴岡は結果を出してると思うがシーズン終盤でベイと競り合ったら「プロテクトされなかった選手」という部分で中畑が精神的に優位にたつ。優勝は想像できないな、やっぱり。梅ちゃんを使ってれば小林の育成で苦労してる読売にも差をつけられるのにね。

    早く帰ってこい❗梅ちゃん❗

  15. LAの虎
    Posted 2015年6月2日 at 11:06 | Permalink

    いつもトラオさんや皆さんの意見を楽しみに拝見するだけでしたが、
    ものすごく久しぶりに投稿させていただきます。

    自分の立場としては球児の入団回避派ですが、入団するにしろしないにしろ、
    藤川球児というタイガースへの多大な功労者に対する礼儀を、
    球団はいの一番に手を上げたということ、これで十分だったと思います。

    城島も松坂も、帰国時にホークス・ライオンズが獲得に弱腰だったことに寂しさを感じておりましたしね。

    なんだかんだいいながら入団はするだろうなと思っていましたが、
    予想外の結末に驚きましたし見直しました。

    NPB復帰も可能性はあると思いますがとりあえず、いつの日か指導者で。

  16. とし虎
    Posted 2015年6月2日 at 11:28 | Permalink

    球児について、親交の深いデイリー松下記者によると
    ①国内以外にメジャーからもオファーがあった。
    ②球児から連絡を取った。
    ③球児が阪神に対し獲得理由を問うた所、即答出来なかった。
    ④そして出た答えが年俸、背番号等の条件面だけだった。
    ⑤起用方法について「7回を投げてくれ」ではなく「7回が空いているのでそこで投げてもらう」だった。

    これらが経緯と球児の心を動かさなかった理由だと言われています。今のフロントが変わらない限り来年以降の阪神復帰もないし、赤星、矢野、金本、桧山、下柳 等々の阪神入閣もあり得ない。
    広島/黒田復帰の様にお金じゃない、取りに行ったのなら気持ちで交渉しないと!
    取る気がなかったのなら松田、島本の為にも動かなかった方が良かったのではないかと思う。

  17. なかっち
    Posted 2015年6月2日 at 12:38 | Permalink

    自分の決断やから頑張ってほしいです。

  18. 英くん
    Posted 2015年6月2日 at 12:47 | Permalink

    球児が何故、四国アイランドリーグの高知を選んだのかはニュース等を見ていないので、よくわかりませんが。
    私的ですが今の阪神タイガースの球団幹部や現場の現首脳陣の下で、やらないほうが良いと思います(今の阪神タイガースが好きな方すみません)

    来年の変わった阪神タイガース(願望です)に戻って来てもらいたいなぁ。

  19. れいん
    Posted 2015年6月2日 at 13:18 | Permalink

    オリックス森脇監督休養かー、開幕から躓いて立ち直せる事も出来ず約50試合で借金15か。


    阪神の方が見ている分にはもっとボロボロに見えたが、現時点で借金2と神がかり的な成績に思える。ただオリックスは下もボロボロなんで阪神も近隣球団の惨状を対岸の火事と思わん事やろうなぁ・・・



    それで藤川なんだけども、彼の決断に付いてはどうこう言うつもりは全くないが球団サイドが藤川取れなかったので他に誰かなんて緊急トレードやキラを調査なんて出ていた他球団が手放した問題のある選手を獲得に進まないようにお願いしたい。


    取り敢えず伊藤がマートン追いやって先発出場できるくらいの活躍したら、一人若手外野手、横田か緒方上げてこの辺が今度は伊藤追いやるくらいの活躍したら、まあ面白くなるかも。

    阪神が弱いと変な妄想ばかりするわ。

  20. hi64
    Posted 2015年6月2日 at 13:52 | Permalink

    こういう結論もまた球児らしいなぁと思います。

    タイガースはとにかくベテランの使い方がヘタ。
    成績が落ちてきてもとにかくスタメンで使いまくって,結局その批判の矛先が選手へ向かってしまう。
    うまい具合に休ませながら若手と競争しながらであればもっと息長く,もっと成績を上げられたかもしれないのに,ろくに休みも与えず競争相手の若手には極端に厳しい態度で臨むから,結局のところ,疲れから成績が落ちてくるし,そうなってもとってかわる選手がいない。
    金本しかり,福留しかり,現在の鳥谷しかり。
    ファンの批判は残念ながら選手に向かうんですよね。
    ほんとは何も手を打たず使ってる首脳陣が悪いのに。

    球児が今どんな状態かは分かりません。
    ただ,タイガースに帰ってきて,期待ほどの成績が残せなかったとして,
    それでも首脳陣が気を使って起用し続けるようなことがあれば,
    同じように球児本人に批判が向かうでしょう。
    そんな球児は見たくない。
    であれば,球児のファンにとっても僕にとってもいい選択だったのかなと思います。
    頑張れ球児,いつの日かタイガースを強くするために戻ってきてほしい。

  21. 九州虎
    Posted 2015年6月2日 at 14:11 | Permalink

    久しぶりに投稿させていただきます。
    今日の主題と直接関連性はありませんが、今季最終的にはタイガースとリーグ優勝を争うであろうライバル巨人の新GM に就任された、堤辰佳氏が同郷のよしみで地元紙の単独インタビューに応じておられますのでその内容を要約してレポートします。
    <現チームの課題は>
    「寺内が故障しており、内野手の補強が必要。長期的にみると、世代交代を図りたい。データでみると長打力が落ちた。本塁打数が半減している。本塁打はファンが喜ぶ。長距離砲が求められている。ドラフト1位で獲得した岡本には、今季中に活躍してほしいと思っている。」
    <理想のチーム像は>
    「球団が育てた生え抜きの選手が主力を固めるのが理想。今のチームを否定はしないが、若くて
    生きのいい選手が真ん中に座り、ベテランが補う。そうならないと、勝ち続ける球団にならない。」
    <元選手でないGMだが>
    「プロとアマの違いはエンターテインメント性。技術だけでなく、魅力ある球団にしないといけない。」(熊本日日新聞2015年5月30日)

  22. 伊予の虎好き
    Posted 2015年6月2日 at 14:18 | Permalink

    こんな事書くと怒られるかな?四国の虎好きで独立ファンの私からしたらこんなに嬉しい事はありません、近所の球場で球児を見られる喜び・・・8月の後期開幕が本当に楽しみです!  でもまぁ勝つのは我ら愛媛ですけど

    • 奧虎鳳
      Posted 2015年6月2日 at 19:24 | Permalink

       リーグ創設から10年以上になる四国独立リーグフアンからの嬉しいカキコ(^^)『勝つのは我ら愛媛ですけど』のコメ、いいですね~(^○^)
       大学野球並に選手が入れ代わる独立リーグに、今季新規参入の福島ホープスがここまで愛される球団になるか?先ずは自分でできること、阪神の関東遠征&高校野球共々球場に行きます!因みに福島ホープスの選手兼任の初代監督岩村明憲さんは愛媛出身です。

  23. TJ風船
    Posted 2015年6月2日 at 18:38 | Permalink

    表も裏も事情はあれど、生まれ故郷高知でリスタートはよろしいのではないでしょうか。球児の野球人生での還暦と思いました。高知から始まり阪神、メジャーと1周ぐるっとして故郷へ。(鮭か?) アイランドリーグに光が当たるといいですね。
    阪神がどんな条件提示をしたかなんてわかりませんが、個人的にはコーチ兼任で復帰ならと考えておりました。ただ今の阪神が魅力的に映らなかったのかもしれませんね。
    高知で奮闘を応援したいです。ただせめて身を引く時にはタテジマを纏っていただいてお見送りさせて欲しいです。

    頑張れ岩田!

  24. 正円寺
    Posted 2015年6月2日 at 22:30 | Permalink

    四国在住の我が身としても、今回の球児の決断に興奮しています。8月の後期開幕が待ち遠しい。
    上記の個人的理由があるからという訳ではありませんが、今回の球団の対応にも納得できるところがあります。最大限の誠意とはなんでしょう? 下駄を履かせた評価、起用法を提示しても、球児の心には響かないでしょう。
    四国アイランドリーグからも素晴らしいプロ野球選手が出てきていますが、全体的な競技レベルは当たり前ですがNPBには全く届きません。(独立リーグにはまた別の魅力があることは承知しているつもりです)
    球児が高知で「子どもたちに夢を与えたい」との希望をかなえた後、再び高いレベルでの勝負を求め、タイガースに戻ってくる。そんなシナリオが待っている気がします

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">