新春球界あれこれ

昨年戦力外通告された岩本が、BCリーグ福井と契約。石川と契約した一二三に続く、このオフ2人目の元トラBCリーガーだ。
これで身の振り方が発表されていないのは、坂とトラヴィスのみ(外国人選手除く)。

(参考)12球団戦力外、移籍、退団選手一覧/6日現在《ニッカン》

新人選手たちが入寮。才木と浜地の高校生投手コンビは、すぐにグラウンドに飛び出したとか。
そうか彼らは息子と同じ年齢か。我が子と思い応援することにしよう。

以下、ヨソの話。
読売のFAは、山口の人的補償として平良がDeNAへ。強化指定選手として実戦経験を積み、プエルトリコのウィンターリーグに派遣するなど、かなりの投資もしてきた投手。
読売にしてみれば、世代交代が上手くいってない状況であるため、今年優勝するためには「なりふり構わず」だったために、こういうことになった。
DeNAにしてみれば、最大限のいやがらせができただろうし、ブレーク間近の投手なので、ひょんなきっかけでもあれば、今年からでも山口の代わりを果たすかもしれない。

一方、日本ハムは、陽岱鋼の保証は金銭のみで人的補償は求めないという。

日本ハム 陽岱鋼のFA補償は金銭 9600万円(スポニチ)

外交だな。
読売のプレテクト漏れには、金の卵もあっただろうに。
今の日本ハムの方針から行くと、計画的に選手を育てる「自前主義」でチームを強化しつつ、運営予算は厳格に守って利益も計画的に確保しようというもの。
そのために一定数以上のスター選手まで高額年俸を支える意志はなく、外へ出すのが基本路線。読売は、そういう場合の受け入れ先として「上得意」なのだから、今後のためにも恩を売っておこうというところか。今後も安心してご利用くださいと。

それにしても日本ハムは、なぜそこまでケチるのか。
ケチっているワケではないのだろう。札幌ドームはよく客が入っている方だが、自前の球場ではないから入場料にしてもフードや売店、看板の収入にしても実入りが減る。
今、自前、あるいはもっと好条件で使える新球場の構想もあるようで、それが実現するまでは緊縮財政のまま、手堅く進めていきたいのではなかろうか。

阪神は、1世紀近く前に、中学野球(今の高校野球)の全国大会をやる目的で野球場を作った。とにかくここに先見の明があった。
そのおかげで、苦労をしなくていい特異な球団になれたのだけれど、あまりそのメリットを活かすことなく今までやってきた。または、そのメリットを無駄遣いしてしまう時期もあった。

「阪神みたいな球団(自前の球場を持ち、地元人気が確立していて、親から子へと受け継がれるような「ファン遺伝子」があって、客入りも良くて、全国にファンがいる)になれたらなあ……」と、どの球団からも思われているのだから、野球の中身もそう思われるようにしないといかんのだよ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. さいたま市会社員
    Posted 2017年1月7日 at 09:58 | Permalink

    坂選手の記事は確定では無さそうでしたが。
    ◇今後は東大阪を拠点に活動している独立リーグ「06BULLS」に選手兼コーチで入団予定。
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/12/19/kiji/20161219s00001173075000c.html

  2. 西田辺
    Posted 2017年1月7日 at 10:10 | Permalink

    岩本入団の件、福井の地元紙にも割りと大きめに載ってました。
    今年から福井MEは監督が元阪神スカウトの北村照文氏に
    替わりました。
    新体制の中、活躍して欲しい。
    近い将来のNPB復帰を目指せ!
    新入団選手も入寮。
    それぞれ個性が出てて良いですね。
    今日は甲子園でジャンプして(笑)明日から合同自主トレかな?
    心配なのが才木・浜地の高校生投手。
    お互い地元高校でしたので、親元を離れるのが初めての経験。
    (まぁ、才木君は超地元ですが)
    虎風荘の人や球団で上手くフォローしてあげて欲しいですね。
    最近の選手は寮で問題を起こす事もないらしいので
    安心はしてますが。
    新入団選手の前途に幸多かれと祈ります。

  3. Posted 2017年1月7日 at 10:57 | Permalink

    ファイターズは外交っすか。球団の運営状況からすれば、致し方無いところかもしれませんが、現場同意の上での判断だったのでしょうか?

    今後とも、読売ファイターズ化は進んでいきそう。

    岩本の去就が、決まって良かった。マウンド捌きや変化球には良いものがあった。あと5キロ球速があれば、もっと勝てたと思えた投手。NPB復帰のチャンスは大いにあるでしょう。頑張ってほしい。

  4. こうさん 
    Posted 2017年1月7日 at 12:04 | Permalink

    外交的要素はもちろんだが、これで日ハムVS読売の日本シリーズになっても読売は勝てない気がする。選手を出して優位に立った日ハム。まだまだ栗山政権が続くことを印象付ける象徴的な金銭決着。

    セ・リーグ(主に読売とウチ)が買いパ・リーグが売るという現状。売れる選手を育てられるチームになれるかな。

  5. ぴゅあらっく
    Posted 2017年1月7日 at 13:32 | Permalink

    佐村トラヴィス幹久は社会人の沖縄電力に行くそうです。地元に戻って心機一転再スタートを切って欲しいですね。

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2017年1月7日 at 15:44 | Permalink

    読売の日ハムへのFA補償9600万に隠れた支度金付いてないか?

  7. なかっち
    Posted 2017年1月8日 at 05:45 | Permalink

    自前で育てた選手を他球団へ売る。タイガースでは出来ないでしょうね。まずファンが許さないと思います。

    タイガース自体もポスティングによる海外移籍も今の所基本認めてません(井川慶は例外でしたが)
    過去に平野や久保がFA移籍した時は、高宮や鶴岡等ベテランを人的補償として獲得しました。球団の方針が変わった昨今どうするんですかね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">