まとまりで向上せよ

今日から新人合同自主トレの予定だけど、西はもう雨かな。室内スタートかもね。

数字言わない男が…阪神・高山 異例の決意表明 フル出場&3割&20発(スポニチ)

レギュラーとして1番や主軸を打って欲しいのが髙山。だとすれば3割、20発というのはぜひ目指すべき数字だ。

去年飛び出した、髙山、原口、岩貞、北條の4人が昨年後半の勢いのまま順調にステップアップしてくれれば、チームの底がぐんと上がる。

ただ、万一、彼らが順調にいかなかったとしても悲観すべきではない。なんでもかんでも一直線に上手くいけばいいってもんでもない。壁が必要な選手なら、早いうちにぶつかった方が最終的には良いのだし、ライバルたちもいるわけだから。

彼らから刺激を受けているライバルたちにとっては、水を空けられるワケにはいかない、もしスキを見せれば取って代わってやるという勢力がいてこそ、切磋琢磨が起きる。

若手の選手個々は自分のことだけ考えればいい。
チームを作っていく立場の人は、個々の選手にとらわれすぎず、まとまりとして向上させていくことを考えればいい。

ここのところのドラフト指名を見ていると、うまくライバル関係を作り出すように人を採っているように見える。そこはとてもいいと思う。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2017年1月8日 at 11:27 | Permalink

    2年目のジンクスって言葉は有りますが、この言葉は高山には無用な言葉のように感じますね。オフの間もしっかりトレーニングしてたみたいなんでね。不言実行やった高山が3割20本を有言実行にしてくれるのか?
    心配なのが北條ですかね…去年のちょっとした活躍で、このオフはメディアに引っ張りだこで露出してましたから、阪神特有の若手の勘違いにならんようにしてもらいたいですね。
    まぁレギュラーを掴みかけてるんやから、しっかりトレーニングはしてるとは思いますけどね。
    そうでないと鳥谷の今年にかける意気込みに負けますからね。
    関西地方は雨が降ってます。たぶん今日は屋外での御披露目はなさそうかなぁ…
    それでも阪神の未来に向かって新人選手達は、トリ年に因んで羽ばたけ!

  2. 西田辺
    Posted 2017年1月8日 at 11:29 | Permalink

    今年の高山には凄い期待してるんです。
    去年、春先は順調に滑り出したんですが、やがて相手の攻めが厳しくなり
    バッティングそのものが崩され、スタメンからも外れることになる。
    でも、オールスター以降から復調し打率も上昇。
    何より得点圏での結果を多く出した。
    プロ一軍の一年の中で山も谷も経験した事が大きいと思う。
    私個人の要望ですが、高山には中軸でポイントゲッター的な役割を
    担って欲しいと思っています。
    阪神OBで言うと今岡のような。
    まだインコースの捌きとかの課題は残してますが、絶対優秀な中軸打者に
    なってくれると信じてます。
    もう既に、高山と言う選手はタイガースの成績を左右する打者になっているのかも
    知れません。

  3. 虎蜂
    Posted 2017年1月8日 at 11:30 | Permalink

    チームとしては、去年活躍した選手にある程度やってくれるだろうと期待をしてドラフトやその他補強にあたっていると思いますが、一方で怪我や不調など思った通りにはいかないのも事実。そう考えればチャンスは必ずあるはずですから、どの選手も腐らず、自分を磨いて欲しいですね。首脳陣もYMKではなく、臨機応変な対応を。

    高山の3割20本、悪くてもどちらかは達成してくれる気がします。もちろん、両方達成するに越したことはありませんが。打点にも期待です。

  4. Posted 2017年1月8日 at 11:45 | Permalink

    ライバルの存在って大きいですね。高山にしても板山がいたからこそ、やれた部分も大きかったと思います。

    本来、ドラ1と6が競い合うことは無いのでしょうが、これをマッチアップした金本監督には、策士の才を感じます。

    他にも、もっとチーム内でのライバル関係を作りあげ、競争心を煽って行きたいですね。

  5. こうさん 
    Posted 2017年1月8日 at 12:28 | Permalink

    金本監督の明るい種蒔き…いや「明るい農村(オヤジの実家が農家だから小学生の時は毎朝、見せられていた)」計画。青空を目指して伸び始めた芽を金本監督が「間引き」する時が必ず来る。ベンチ入りさえさせてもらえない芽が地面で養分になるのか、更に強い芽として再び青空を目指すのか。

    何が嬉しいって再び青空を目指す芽を任せられる掛布さんが下にいるってこと。…けど金本・掛布両監督に熱くなればなるほど「次期監督」への不安が増す。また時計の針を巻き戻すんじゃないかと。

  6. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2017年1月8日 at 12:41 | Permalink

    「ベテランを外す決断」これが金本監督がチームをまとめる上で
    今シーズン最もキーになると思います。

    鳥谷のサードへのコンバートは守備での負担を減らしてバッティングに
    専念させる為のものでした。中軸を打てないようならば鳥谷にスタメンの
    資格はありません。福留も同様に期待されるのはここ一番での勝負強さ。
    そろそろ代打&守備固めに専念しても良いと思うのですが、やはり最も
    期待される点は変わりません。
    糸井は出塁と走塁。まず求めるのはそこになります。
    投手陣も同様ですが、ベテランが全く結果を出せない状況が続いた際に
    迷い無く外せるかどうか。

    良い競争状態を維持するにはそこが最大のポイントになると思います。

  7. なかっち
    Posted 2017年1月8日 at 16:24 | Permalink

    高山の3割20本発言は良い事やと思います。目標を明確にし、それに向かって努力する。素晴らしい。左打者で20発は甲子園を本拠地にするタイガースではかなり高い目標やと思います。しかし高山なら打ってくれそうな気がします。北條、原口、江越にもその位の数字を口にしてほしいです。

    先発投手陣では能見とメッセの名前が挙がってますが、岩貞と藤浪が軸にならないとダメやと思います。2人で360イニング投げてくれたら30勝は計算出来そうです。

    青柳、横山、秋山の3人には規定投球回&二桁勝利宣言をしてほしい。はったりでも良いじゃないですか?そこを目指さないと。そこに岩田が絡んで復活してくればタイガース強くなりますよ(笑)
    ローテーションの谷間に能見が控えるようになれば強力先発陣になりますね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">