糸原1号効いて乱打戦制す

取っても取り返される乱打戦。相手の土俵だったが、「試合は6回まで」という独自ルールが復活しつつある阪神が先手先手で振り切った。
1回ウラ、アドゥワの立ち上がりを近本、糸原の連打で無死一三塁。糸井はフルカウントまでカウントを作ってから、左中間を破る二塁打。スタートを切っていた一走糸原も生還して2点先制。一死後、マルテも右中間への二塁打で3-0と幸先良くスタートした。
初回、いい立ち上がりを見せた阪神先発青柳だったが2回、不運な当たりなどもあって3連打で1失点。さらに一死一三塁のピンチが残っていたが、田中の一ゴロでスタートしていた三走をマルテが上手い挟殺プレーに持ち込んで二死一二塁に後退させ、1点にとどめた。前日のグダグダがあっただけに、当たり前のプレーが超ファインプレーに見えた(笑)。
しかし青柳は3回ウラもなぜかヒットコースに運ばれて二死一三塁とされると、松山の打球はセンター近本の前へのポテンコース。近本はダイレクトキャッチを試みるも後逸となり、一走まで帰って3-3同点。結局青柳は4回途中、わずか66球で交代。一死からシングルを打たれて、打席に投手のアドゥワというところで交代したのは、勝負カンが働いたか、バント処理でエラーする幻影が見えたか。結果的にはこれが功を奏した。

4回ウラ、一死から木浪、代打鳥谷が連打。近本三振で二死となり、糸原も直球2つで追い込まれる。3球目も腰を引かせる直球で1-2。4球目、膝もと低めへ4球連続となる直球。追い込まれてからの糸原はしぶとい。呼び込んでファウルで粘る技術がある。そこで選んだ力勝負。内角球はポイントをひきつけて対応するのが難しく、あっけなく凡打になることも多い。逆に、反応で引っ張り込んで右へのファウルにするか、右方向に快打するか。3球目に内への厳しい球を見せておいて、4球目も内でストライクは意識の中で十分対応できるものだった。鋭く腰を切った少半径の振りで芯を捉えると、低いライナーでライトスタンドへ一直線、今季1号が6-3と引き離す貴重な勝ち越し3ランになった。

しかし連敗中の広島も食い下がる。5回表、3番手岩崎に対して二死から四球と松山の長打で1点。4-6。ただし、阪神よりもさらにチーム状態が悪かった広島も、四球、エラーで阪神に好機を献上。梅野がきっちり犠飛で4-7と再び3点差。しかし6回表は先頭の磯村がソロ本塁打で5-7、岩崎はまたいだ2イニングとも失点となってしまったが後続は断った。ここでもマルテが横っ飛びの好プレーを見せた。

追いすがられた7回、先頭近本がヒットで出ると糸原にバントのサイン(失敗)。打席糸井で盗塁成功で一死二塁となり、糸井が右前タイムリーで近本を返して8-5とみたび3点差に突き放し、勝利への自動運転に持ち込めた。

と、簡単に言ってしまったら藤川に失礼だ。取って取られての展開で、もしもまた7回に詰め寄られれば、相手の勢いは加速し、ジョンソン、ドリスの負担も大きくなる。
2番からの好打順だったが、出塁を許さず、最後は4番鈴木をズバッと直球で見逃し三振に切って、フラフラと揺れつづけていた試合をピタリと止めた。

終わってみれば14安打、1~3番が猛打賞で、5番と8番がマルチと当たった。
単独2位浮上はどうでもいいが、5割復帰は大事。自信喪失中の広島相手とはいえ2試合で勝ち越しを決めたからには、借金ではなく貯金を。もういっちょいっときたい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年7月7日 at 10:12 | Permalink

    攻撃に関しては文句無し(糸原にバント以外)❗
    久しぶりに皆よく打った。

    糸原のHRにはデカイ声が出たけど、私以上に喜んでいた北條が印象的でした。
    同じ内野手北條のその人柄は魅力でもあり、欠点でもあるかも知れません。

    青柳は相手に研究され始め「一流右打者を控えに回してでも左打者を並べる方が打てる」に徹底されていて苦しんでいます。
    降板時の悔しそうな顔は成長への糧、
    この正念場を乗り越えろ。

    ゲームはやはりエラーが出ないと無駄な失点が防げて試合が締まりますね。

    特にマルテの頭脳プレー?には驚きました。昨夜は一ゴロも多かったけど無難に守っていたし、打球も右方向にも打てるようになってきた。
    ソラルテ効果か、家族観戦効果かわからないけどコレを維持できれば「枠」は死守できるはず。

    守備では近本の惜しいプレーが2つあったが、松山のポップ(記録は2点タイムリー二塁打)に突っ込み勝負に行ったシーンもフェンスギリギリでジャンピングキャッチに行ったシーンも彼らしくて個人的には支持します。
    あの打球をどちらも諦めて無難に捕りに行く近本になって欲しくはないです。
    近本だからあそこまで行けた、もう少し成長すれば捕れるようになるはず、どんどんチャレンジして頑張れ!

    他の外野手では高山の守備力が向上しているのも嬉しいです。

    さて、toraoさんも仰るように今は順位云々よりまず貯金!
    読売にこれ以上離されないように着いて行きたいところ。

  2. ガク
    Posted 2019年7月7日 at 10:28 | Permalink

    打撃は言うことなし!
    守備はマルテしかり、梅野の難しいバント処理もしかり、高山もしかり(高山は外野守備ホントに上手くなった!)エラーなしでもっと言うことなし!
    今日もこれくらいの堅守で遥人を勝たしてあげて!

  3. 虎轍
    Posted 2019年7月7日 at 10:47 | Permalink

    昨日は調子の上がらない青柳を見切った矢野監督の采配が当たりましたね。
    青柳は苦手な左打者を並べられて最初から気分が乗らへんかったか?
    新婚の嫁さんに怒られて、次回は発奮して、好投して勝て!契約更改で年俸アップしなアカンやろ!

    1番、2番、3番打者が猛打賞やと楽しいですね(笑)
    そら8得点も出来るが、二桁得点も出来てたでしょ?
    二桁得点をせえへんかったのは今日の為に残したと思っとくよ!

    マルテが攻守に渡って活躍しましたが、きっちり走塁も頑張ってましたね(笑)
    挟殺プレーも捕ってからすぐに投げるのではなく、しっかり帰塁方向に追い込んで、偽投してのタッチアウトは良く出来ました!GJ

    島本は初セーブを挙げてから安定感が増し増しですね。ありがとう!
    球児、ジョンソン、ドリス良かったよ!ありがとう!GJ

    今日は高橋遥人に勝ち投手になって貰おうよ!
    頑張ってる投手に報いをお願いしますよ!
    気付けば2位ですが、まだまだ頑張れ!タイガース!

  4. 西田辺
    Posted 2019年7月7日 at 10:55 | Permalink

    左打者6枚をスタメンに並べてきた緒方カープ。
    7被安打中5本が左打者(あと2本は鈴木誠也)。
    見てると右左関係なく、ローボールヒッターに打たれている印象。
    田中・松山・鈴木は名うてのローボールヒッター。
    青柳も梅野もとにかく低めに球を集めようとしてるんですが、逆に
    それが打者を楽にしてしまっている。
    左打者にとってサイド・アンダーの低めの変化球なんて何も怖くないんです。
    交わすピッチングは鯉の餌になるというのを、感じないと。
    せっかく良い真っすぐが走っていただけに、もったいなかった。
    昨日はマルテの守備がチームを救いましたね。
    再三にわたるダイビングキャッチと、お手本のような挟殺プレー。
    「お前らに任せてたら危なっかしいから、俺が見本を見せてやるぜ!」
    とばかりに、捕って走者を後ろの塁へと追い込み、サッと挟む野手との間合いを
    詰めて、フェイクを使って走者の動きを止めてタッチする。
    いやぁ、美しい!
    なんせ阪神野手陣の挟殺プレーは、野手同士の距離が遠いんですよ。
    走者を塁間の真ん中において、塁間の距離でキャッチボールしてるだけ。
    2つ勝つと3タテという欲が出ますね。
    オールスターまで、広島読売6連戦をパンチアウトで〆たい。

  5. 岩国の虎
    Posted 2019年7月7日 at 11:46 | Permalink

    配球の怖さ実感した糸原のスリーランホームラン。
     4回タイガースの攻撃で二死一塁二塁で打者糸原 相手投手はアドワ
     2ストライクと追い込まれて3球目、内角低めに素晴らしい直球
     ストライクと判定されても仕方が無い素晴らしい球だった
     捕手磯村は打者目付けがインコースにあるのに、同じコース&同じ球
     で勝負した。
     ➡タイガース梅野捕手の配球も同じ。・・・打者の目付けが読めてない
       ソフトバンク戦で高橋がグラシアルに打たれた3ランホームラン
       2ストライクと追い込んで、3球目外角低め直球に反応なし
       打者目付け内角直球なのに・・解説の若菜【元阪神】も言ってた
       ロッテ戦でも清田の外角目付けが読めず、決勝打を浴びる
    捕手の配球は「考える野球の基本」、捕手が育てばチームは強くなる

    中継ぎ投手陣の強化が、タイガースの今後の課題と思っていますが
    濱地の登録抹消は理解できない 横山投手まだ上げれないの?

    今日は良い投球が続いている高橋投手の先発 頑張れ阪神タイガース! 


      

  6. こうさん
    Posted 2019年7月7日 at 12:09 | Permalink

    連勝して贔屓目だからか野手の振りが少しずつ強くなってきているような。鳥谷のヒット嬉しかったな。心なしかベース上の鳥谷も興奮しているように見えた。

    渡さんぞ‼️と言わんばかりに結果を出した梅野。今日は高橋の為に坂本にしそうな気がするのは何故?

    高山、安定してきたなぁ。無理難題だがレフトの守備にも力を入れて福留と糸井、どちらかが毎試合、休めると幅が広がる。

    インタビューの矢野監督。「ヒーローは?」と聞かれて球児の名前を出したのは捕手目線の本音だろう。ジョンソン以上に球児が居なかったら…と考えると恐ろしい。
    …けど試合内容を覚えていないであろう糸井のヒーインも恐ろしい。

    テレビ観戦の皆様。明日は月曜日ですが予約を、お忘れなく。

  7. タクロー
    Posted 2019年7月7日 at 12:44 | Permalink

    矢野監督には珍しく、4回1アウトからの8番打者のヒットで先発青柳を見切った。カープの左打者にことごとく合わされて決め球が決まらないズルズル状態。確実にバントしてくることがわかった上での交代。ここ何試合かピリッとしない青柳は、この辺で先発1回飛ばしかな?オールスターで栄養をいっぱい吸収してウル虎の夏にはビシッと蘇ってほしい。
    初回の3点、低調カープ相手で今日は安心と思いきや、追いつかれあたふたとし始めたところで、鳥谷のつなぎの久々安打を無駄にすることなく糸原の3ラン。驚いた。毎年1本塁打限定らしいが、ここ一番で今季2本目がありますように。
    14安打、1、2、3番が猛打賞。大山、高山、梅野がタコ。でも梅野はきっちり犠飛があったし、高山はバッテリーミス狙い?の3盗があったし。まあメンバー全員が派手に打ちまくり、翌日はダンマリパターンより、補いあったゲームができるのが一番。
    俊介、お帰り。ご無沙汰でした。3回と5回の松山のセンターへの打球は、俊介なら澄まし顔でグラブに収めていたやろな。まだ老け込むのは早すぎる。鳥谷、俊介、今こそ30代の熟練技を見せておくれ。
    今夜の相手は左腕床田。俊介スタメンどうよ〜、、、?
    ないか。左右関係なく昨夜のスタメンでいきましょか。昨日ダメだったメンバーに奮起してもらいましょう!

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2019年7月7日 at 13:18 | Permalink

    中盤まで点の取り合いも、終盤はFJDがきっちり締めました。流石です。
    近本は松山の当たりを2本とも取りに行きましたが、仕方無いと思います。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">