梅野驚弾と今年鳥谷

沖縄の紅白戦。梅野!同じルーキー山本の外角低めの変化球を振り切ってバックスクリーンへ。「追い風参考」だとしても、あのコースをあの打ち方でホームランにできる捕手、しかもルーキーはそうそういない。使おう。

鳥谷も一発。テレビで見ているだけなのであてにはならないかも知れないが、今年の「鳥谷は違う」という感じ。去年はマシンのように安定した守備が素晴らしかったが、今年はマシンのようにミートポイントを外さない打撃をしている。なぜか最近なりを潜めていた、当たればどこまでも飛んでいくような馬力の大きさが戻ってきているように感じた。

鳥谷の評価って、極端にいうとこんな感じに落ち着いているんじゃなかろうか。「鳥谷はあんなもんだろう。守備は素晴らしいが、打撃はそこそこ、ただし出塁率や足の速さ、ショート守備を考えれば、一流であることは間違いない。体は強いし、努力家な点は尊敬に値する。ただルックスはいいけど、性格的に地味だからスター性に欠ける」。良くないのは、鳥谷自身がその評価を肯定的に受け取っているフシがある、いやもっと悪い言い方をすると、自分自身で自分の限界を設定してしまうフシがあるということ。

申し訳ないが、私の評価は違う。「鳥谷はそんなもんじゃないハズだ。もっとバケモンになれるハズだ」につきる。入団以来まったく変わらない。今年か今年かと毎年思っている。そして目つき、顔つき、練習中の様子を見ていて、いよいよ今年だ!そう今年も思う。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. サヨナラ3ラン
    Posted 2014年2月16日 at 08:41 | Permalink

    鳥谷の個人的評価はトラオさん評と概ね同じです。
    こんなもんじゃないだろう・・・と言う思いは阪神ファンなら
    誰もが同じだと思うけど、この程度なのかという物足りなさを
    鳥谷に対し感じてしまうのは、私の場合 入団時の期待感の大きさが
    関係している。
    鳥谷が入団するまでの阪神と言えば、毎年ドラフトでの超目玉選手は
    巨人やソフトバンクらに獲られ、自由獲得枠で獲れる選手と言えば
    ドラフト対象全選手の評価で せいぜい10番目程度の選手ばかりという
    悔しい思いをしてきた。
    そんな悔しい思いをし続けていたドラフトで、その年のナンバー1
    選手が阪神を選んでくれたことにファンの一人として歓喜したことを
    覚えている。私が勝手に鳥谷に対し高望みをしていただけなのだろうけど
    正直、やはり物足りない。
    このままの成績で伸びないなら、さっさと海外にでも出て可能性未知数の
    大和・西田・北條らを使う方が見ていて楽しいだろうと最近は考える。
    大和がショートに入れば外野も競争枠が増えるし。
    昨日の紅白戦では素晴らしい打球を飛ばしていたので、今年こそ・・とは
    期待はしていますけど。
    梅野は良いね。課題は山積みだろうが 小さくまとまらず大きく育ってほしい。
    旬の選手は旬のうちに使えよ、和田!

    • サヨナラ3ラン
      Posted 2014年2月16日 at 11:29 | Permalink

      訂正
      私の鳥谷評はトラオさん本人の評と同じではでなく、トラオさんの考える
      一般的な鳥谷評と同じでした。
      勿論、毎年バケモノ級への飛躍を期待しているんですけど。

  2. Posted 2014年2月16日 at 09:41 | Permalink

    梅野への期待が日に日に高まりますが、鶴岡と藤井をDHでやらせている時点で、和田監督の頭の中では「鶴岡・藤井は既に一軍合格。あと1枠を清水・小宮山・梅野で争えよ!」で固まっているような感じがします。
    よって、どんなに若手捕手がアピールしても開幕戦は藤井か鶴岡以外の捕手スタメンは無いかと思われます。
    実に残念な戦略です。

    鳥谷も、和田監督の中で「ウチのショートは何があっても(どんなに不調でも)鳥谷!」この考え方が鳥谷の更なる飛躍の障害になっているのではないでしょうか!?

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2014年2月16日 at 13:02 | Permalink

    >梅弾
    久しぶりの長距離砲誕生の予感に嬉しさは隠しきれないんですが、打たれたのが
    山本君と言うのが・・・ううう。
    紅白戦は、打っても抑えても心配の種だらけですから(笑)
    >鳥谷
    いやホンマ。
    こんな所と言っちゃあ失礼かもしれませんが、収まっている選手じゃない筈。
    宜野座に合流した掛布DCと、取材で来ていた金本氏に同時にバッティング時の
    膝の使い方についてアドバイスされたとか。
    この両ホームラン王経験者においても、鳥谷については物足りなさを感じているのだろうし、
    少しの工夫でもう一段上を目指せると期待しているのでしょう。
    出塁率の高い鳥谷も悪くはないけど、もっとガンガン振る鳥谷を見たいですね。

  4. みややっこ
    Posted 2014年2月16日 at 15:08 | Permalink

    打ちたいですと言って(金本さんとの対談)直後にホームランを打った。
    そこが大きいと思います。
    ただの練習試合とはいえ今季の鳥谷は違うぞと確信しました。
    スーパーエリートなのに、なぜか有言実行からほど遠いのが鳥谷でした。
    “バード”の称号をチャーリー・パーカーから奪い取る気概でお願いしたいですね!

  5. 金沢の虎
    Posted 2014年2月16日 at 19:26 | Permalink

    鳥谷に関しては、トラオさんと同様に「こんなもんじゃないだろ。もっと自分を出せ。」と思ってます。

    そう言う意味では去年四番に抜擢された時は生まれ変わるチャンスだと思ってたんですが…。何はともあれ、もっと我が儘なバッティングをして良いポジションのはずなんですがね。

    ここで自分が決める!と言う気迫が見たい。本当はそれが出来る選手だと思ってます。

    梅野は…。見てみたいんですがねえ。何分チーム内を熱くさせない考えの監督ですからね。

    取り敢えず、今年は監督自身の保身のために犠牲になる選手が少ないことを祈ります。

  6. トラ11
    Posted 2014年2月17日 at 00:15 | Permalink

    トラファンの子供たちの前で巨人優勝と言ってブーイングをくらい、以来、阪神優勝を目指しますなんて言うようになったと思います。
    やはり言葉から積極的にならなあかん!
    真面目な性格だけに自分も打たないと優勝は無いと自覚したのかな。
    年々ホームランが減っていますが、今岡は、「鳥谷ならホームラン30本、打率3割越えはできる」と言ってました。

    でも大きなホームランでしたね。
    笑顔が良いですねぇ。
    今年はやらかしそう! 期待大!

サヨナラ3ラン に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">