そうそうMBSで貧打解消だった

阪神井上コーチ「想像以上」助っ人陣が状態アップ(ニッカン)

そうそう!MBS!なんか忘れてた(笑)。彼らのパワーで貧打の阪神が生まれ変わるのだった。
だから、ホントだったら今ごろは、「ボーアいつまで我慢すんの?」とか、「サンズ、守れないならせめて打てや」とか、「マルテもアカン、助けになる助っ人急募」とか言いながら毎日面白おかしく野球を見ていたはずなのになあ(笑)。

というのはもちろん半分冗談で(半分かい)、彼らには過大なる期待をしている。
春先より状態が上がっているという井上コーチのコメントはなんとなく微妙だけれど、まあとにかく始まったら頼むよ!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2020年5月23日 at 07:55 | Permalink

    オープン戦で活躍すればシーズンに残しとけよ!って思うし、オープン戦で活躍せえへんかったら、大丈夫かと思ってしまいますね(笑)
    助っ人野手3人衆MBSが活躍すれば関西で言うテレビの4chが放送をいっぱいしてくれる?知らんけど(笑)
    テレビ繋がりで言いますと、今日の13時30分からCS放送でのガオラスポーツでは2005年4月9日の金本の通算300本塁打&安藤優也3年ぶりの先発勝利らしいです。
    個人的に2回程一緒に酒を呑み交わした事のある安ちゃんですが、私が大のタイガースファンであって、安ちゃんが聖地甲子園で初勝利した試合を現地観戦してた事も伝えたら、私の結婚披露パーティーにわざわざ祝辞を送ってくれた優也という名前のとおり優しい、安ちゃんの先発復帰して勝利した試合です。
    もちろん安ちゃんの最後の試合も聖地甲子園で見届けてましたよ!
    仕事で見れませんが、録画はバッチリしてきました!
    全国でコロナ感染者が0になりますように頑張ろう日本!

  2. 西田辺
    Posted 2020年5月23日 at 10:41 | Permalink

    お題を見た時「あれ?毎日放送が何かしたっけ?」って思いましたよ。
    マース・ブロワーズ・シークリストでしたっけ?
    アカン、野球から離れてたら名前も浮かばんようになってる(笑)
    実際コロナなき世界だったら、今頃どうなってるでしょうね。
    高橋遥人が開幕5連勝くらいしてるかも知れないし、大山が打率と打点で
    リーグトップをブッちぎっているかも知れないし、2位に10ゲーム差をつけて
    夏にはマジックが出る感じになっているかも知れない。
    まぁ、6月になるか何時になるか分からないけど、本物の開幕から何か月か
    ズレるだけ。
    監督曰く「今年は優勝すると決まってる」から、ファンはその日を待つだけ。
    今日から甲子園と鳴尾浜で、「集合練習」が開始されるようです。
    他球団も、段々と練習の強度を上げるニュースが入ってきます。
    我々ファンも、ぼちぼち準備運動始めましょうか。

  3. ジュビロタイガース
    Posted 2020年5月23日 at 11:40 | Permalink

    本来ならば、開幕から2ヶ月経ったところで、春の何とかも終わり、成績が落ち着いてきた頃かも。

    東京ロードマップ!?が公表され、緊急事態宣言が解除されると、開幕までの動きが加速されるかもしれませんね。

  4. 虎ジジィ
    Posted 2020年5月23日 at 12:15 | Permalink

    あれっ、MBSってメンチ▪バトル▪ストローター(古っ)でしたっけ?(笑)
    って、上の最近Twitterを始めたN田辺氏の真似をしてみましたが、昨夜のJFKを見て珍しく呟きまくった(普段は大河とか大喜利ばかりなのにw)彼は全く野球から離れてはいませんよww。
    きっとココの皆さんも頭の片隅にいつも野球(阪神タイガース)があるはず。

    改めて観ても2000年代に入ってからのタイガースは伝統的にリリーフ投手が強い&先発も柱出現(井川→メッセ→西)で投手力は比較的安定しています。

    そして今季も最後に優勝した05年と比べて投手力は遜色ないし、リードオフマンの赤星役の近本、投手力を引き出した矢野役の梅野もいます。
    あの時より劣るのは、「金本の長打力&今岡の勝負強さ」であり、それを補ってくれそうなのが「MBS砲(&大山)」なんですよね。

    最近の助っ人打者は
    「来日して驚く程の歓迎を受ける→開幕して少し打てないと叩かれ自信喪失→夏ぐらいに少し状態が上がるも時既に遅し→解雇」
    みたいな繰り返しですが、圧倒的に助走期間の長い今季は監督が枠で悩む程MBSがやってくれそうな予感はあります。

    底抜けに明るい井上一樹も助っ人本来のチカラを引き出すのに合っているような気がするのは贔屓目かな?!
    チェスト~

虎轍 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">