今日から名古屋・広島6連戦

苦難のシーズン序盤を強いられたタイガース。
残念だけれども、実力がないからこの地位にいる。パワーや技能の差は、ずっと続けてきたトレーニングや練習の差だ。対投手対策・対打者対策の差は、情報収集・分析能力の差だ。チームプレーの精度の差は、練習やミーティングの差だ。
それらすべてが「2勝7敗ペース」になるくらい他球団に劣っているか。それは考えにくい。
「運も実力のうち」というように、現在の結果に表れている実力差には「運」も含む。運がなかったことでもたらされた負の結果が、負のマインドを呼び込み、より沈み込む結果を招いている。
本当にその程度の練習しかしてこなかったのか。本当にその程度の野球しかしていないのか。「イエス」なら家で寝てろ。
「ふざけるな、オレたちはちゃんとやってきた」というのなら自信をもって立ち向かえ。
ロードはまだ続く。風向きは必ず変わる。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. Posted 2020年6月30日 at 07:25 | Permalink

    「オレたちはちゃんとやってきた」そんな思いでグラウンドに立ってる選手は何人いるのか。反骨心を見せて欲しいものです。ドラゴンズも低空飛行です。チャチャっと叩いて上昇気流に乗っていきましょう。

  2. 虎ジジィ
    Posted 2020年6月30日 at 07:50 | Permalink

    確かに「運」もありますが、色々なデータ的にも、妥当な成績のようです。

    タイガースの一軍の打率が.204(12位)、二軍が.167(12位)、一軍が打てないからといって二軍に救世主打者がいる訳でもなく、
    打率だけじゃなく
    総得点19に対し総失点52、防御率5.42と得点少だけじゃなく失点も多いので、数字だけ見れば2勝している事すら不思議な状況です。

    一方パ・リーグではオリックスが同じように苦戦はしていますが、こちらは総得点26(6位)、打率.219(5位)、本塁打6(5位タイ)、総失点42(3位)、防御率4.50(4位)と数字的にはタイガースよりだいぶ良く(僅差負けが多い)、ちょっとした作戦面や巡り合わせの「運」によっては浮上する可能性を秘めています。

    ただ、野球は数字だけではないので、西側に移動してtoraoさんのおっしゃるように「風向き」が変わる事を祈ります。

  3. 西田辺
    Posted 2020年6月30日 at 08:58 | Permalink

    何だろう・・・
    この9試合見てきて、阪神の選手たちが「シーズン」に入って行けてない感じ
    がして仕方ないんですよ。
    無観客と言うのは、シーズン前から分かっていた事だし、プレシーズンでも
    経験はしている。
    本人たちは「そんな事はない!」と否定するかも知れませんが、私個人の感想
    ですのでお気になさらずに。
    投打どちらかが不調であるなら、歯車の噛み合わせ次第なところもありますが、
    どちらもこれだけ底の状態だと、どこから手を付けていいのか分からなくなります。
    私は開幕前、阪神の守備がキーと書きました。
    それは今の所、エラーも実際少なく随所で良いプレーも見せてくれているので
    そこは嬉しいのですが、本来持っている投打の力がこれだけ出ていないのは何処に
    原因があるのか分かりません。
    開幕戦と、ヤクルトに喰らったサヨナラ。
    タイガース的に「良い勝ち方」を逃したのが、何となく精神的なバランスを崩して
    しまったのかも知れません。
    外国人が入ったからと言って、そんなにボカスカ打つチームでもありませんし、
    やっぱり少ない点でもシッカリ守って勝つという試合を何試合か続けていければ
    チームのペースも歯車もいい方向に回ってくれる。
    早く「勝つ形」を作って欲しいですね。

  4. こうさん
    Posted 2020年6月30日 at 12:04 | Permalink

    土曜日、なんとなく観ていたホークスの試合。松田が8番に座っていた。外国人を3人並べたタイガースよりも正直、破壊力がある。何が怖いって高年俸の松田に8番を受け入れさせているホークスというチーム。しっかりと「優勝」という目標にチーム一丸となっているのが分かる。

    悲惨な開幕ダッシュになってしまったタイガース。どうして星野監督、岡田監督の時に優勝できたんだろう。そこから学ぶことは何一つないのか?優勝が決まった瞬間グラウンドに一番に飛び出した矢野選手、あの時のモチベーションに配下の選手はなっているか?練習も楽しかったんじゃないか?監督の喜ぶ顔を見て自分も嬉しくなったんじゃないか?

    昔を懐かしんでも仕方ないが「オープン戦から勝って勝ち癖をつけなきゃ駄目なんや‼️」という星野監督の言葉が懐かしい。何度でも書く。強いチームの佇まいはやめろ。ガムシャラに、3時間を一生懸命に生きろ。技術はその後だ。

  5. 虎轍
    Posted 2020年6月30日 at 12:13 | Permalink

    青柳が今日も好投して勝ってくれ!
    それで風向きがタイガースに向いてくれ!
    青柳の柳の下に二匹目のドジョウが居てくれ!
    相手の柳の下には居ないでくれ!
    苦手な球場でも調子が上がって無いから苦手意識なんて考えんでええで!
    頑張ろうタイガース!
    クラスターに気を付けて!
    頑張ろう日本!

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2020年6月30日 at 13:44 | Permalink

    福永はあっさり降格してしまいましたね。怪我人も回復してきてるようですし、仕方が無いところかな。

    開幕3連敗で3ゲーム差だったけど、それから1週間過ぎても、まだ4.5差。まだまだこれから。しかし、6タテは恐ろしい。

    虎轍さんに乗っかると、青柳の顔は青くならないように頼みます。失礼しました。

西田辺 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">