終盤破綻で連戦の頭落とす

先発ガルシアが失点を重ねるも最少にとどめて、後を受けた望月が力で強力読売打線を封じ込め流れを変えると、サンズの2ラン一発で1点差に迫って……と、ここまでは、下馬評を覆すのに理想的な展開。しかし「劇場型セットアッパー」馬場が四球とエラーで失点。木浪にも痛恨のエラーが出てしまい反撃ムードは霧散しておしまい。

実力不足といえばそうなのだが、ベンチ入りしていなかったガンケルが気になる。連戦を考慮した温存ならいいけど。
というのも、休み挟んで9連戦の初日、菅野vsガルシアという不利な戦いで戦力消耗する必要はまったくない。もちろん相手のズッコケで星を拾えれば言うことなしだけれども。それもなんとなくありそうな展開だったから、最後の「こっちがズッコケ」は残念だった。一平は前とは違う投球できて良かったね。

サンズの一発は見事な「追い込み漁」。一級品のボールを複数持つ投手に対して、自分への攻め方を予測しつつ、相手のウィニングショットに狙いを定めて仕留める。道中、相手の筋書きどおりに運ばれている風で、「状況証拠」を集めて最後の1球に対して確信を持って振り抜く。解説のカシコ太郎こと関本氏もビックリのクレバーさを見せた打席だった。

予定どおりとはいえ追い込まれた。復活の藤浪を打線の援護で盛り立てて流れを変え、逆転カード勝ち越しにつなげよう。それが私の予定どおりだ。頼むよ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

14 コメント

  1. 熱血虎キチ
    Posted 2020年8月5日 at 07:15 | Permalink

    外国人ベンチ入り4人までルールでしょうか。
    3番サンズ、5番ボーア、抑えスアレスは登録しないとならず、先発ガルシアの時は、ガンケルはベンチ入れませんねー。
    小差ビハインドで投げるブルペンメンツに、もっと頑張ってもらわないとですね。

    今日の藤浪、ガツンとインコースに向かっていけますかねー。

    • Posted 2020年8月5日 at 07:49 | Permalink

      ガンケル、そうでした。ボケました。ごめんなさい。

      • 熱血虎キチ
        Posted 2020年8月5日 at 12:47 | Permalink

        トラオ様、ガンケルにガルシアの覆面させて、気分転換に右投げでーす作戦なら、ベンチ入り可能ですかねー ニヤリ笑

  2. Posted 2020年8月5日 at 07:24 | Permalink

    正直かなり不利なマッチアップで勝てば儲けものくらいで観てましたがそうは問屋降ろさじ。

    ガルシアはまぁまぁ頑張ってたように思うけど、先制点を献上する悪癖はなんとかならんのか。バックスクリーンへ2発は萎える。制球がアバウトすぎるのでしょうがそれを補う球威もない。そろそろ先発として使って行くのかどうかの見極めが要りますね。

    あと糸井に頼るのはもう止めましょう。バッティングのパフォーマンスが低いのは勿論、守備での動きがあそこまで緩慢過ぎるとピッチャーが可哀想すぎる。「ライトフライをセンターに捕らせるな」って川藤氏に言われる有様では。脚の状態が良くないのが原因でしょうが一度ファームで休ませるのがいいと思います。代わりにやらなきゃいけない立場の高山がだらしないので、悪いながらも糸井に頼ってるのでしょうが、とても読売に太刀打ちできない。すぐにでも高山を上げて2番で使ってみましょう。状態が上がってきてる今ならなかなか面白いと思います。

  3. 虎ジジィ
    Posted 2020年8月5日 at 07:29 | Permalink

    ガンケルの件は熱血虎キチ様が書いてある通り、問題ないと思います。
    そして彼が居ないからこその望月回跨ぎであり、望月は良く抑えた!

    まあ、昨日の負けは想定の範囲内ではあるんだけど内容が悪かったですね。

    せっかくサンズツーラン→望月2回パーフェクトで流れをたぐり寄せようとしていたのに、8回の自滅にはがっかりしました。

    7回に梅野のヒット性を脚で止めてまで先頭打者を出さなかった菅野と、四球で簡単に先頭打者を出してしまうタイガース投手陣の「気迫」の違いが悲しいです。
    かつて星野仙一監督は、四球で先頭打者を出す事を、物凄く嫌っていました。
    それをやってしまうと、リズムが狂い昨夜の8回のようにミスの連鎖が起こり易い事を誰よりも理解してたのだと思います。
    星野イズムの継承者でもある矢野監督ですが、少し優し過ぎるようにも映ります。
    厳しさがないと強い相手には勝てません。

    昨夜は膿を出し切ったたという事で、今日の藤浪に期待します。
    野手もしっかり守って僅差でもいいから今日と明日勝てば御の字!
    踏ん張りどころ、がんばれー。

  4. 西田辺
    Posted 2020年8月5日 at 07:43 | Permalink

    昨年から続いてた甲子園での対読売戦の連勝もストップ。
    ガンケルはおそらく、外国人枠の関係でのベンチ外だったと思います。
    先発ガルシア・抑えスアレス・野手サンズ・ボーアの4人になりますから。
    立ち上がりから菅野は、そう良くは見えなかったんですけどね。
    7回で21アウトのうちフライアウトが10。
    真っ直ぐに差し込まれただけじゃなく、高めに浮いたスライダーの下を擦っての
    フライも目立ちました。
    昨日の球審島田のゾーンはかなり狭かったにもかかわらず、ボールゾーンに手を
    出すケースが多かった。
    「菅野はコントロールが良い」という先入観がそうさせたのか、早いカウントから
    積極的にとの指示が出てたのか、結果的に相手を助ける羽目に。
    ガルシアは不用意な球が多すぎますね。
    勝てない理由もそこにあるのかも知れません。
    結果的には、8回に馬場が崩れて試合の趨勢が決まってしまいましたが、その前の
    7回裏。
    梅野の打球が菅野の足を直撃、一塁に送球しましたが中島の足は明らかにベースから
    離れていました。
    次の木浪の時にリクエストを使うくらいなら、なぜあの時使わなかったのか。
    打者走者梅野も、一塁コーチ筒井もベンチにアピールしていたのに。
    足に当てて明らかに万全でない菅野に対し、木浪も植田も普通に打たせるだけ。
    (一度植田はバントの構えをしましたが)
    相手の嫌がる攻撃を仕掛ける非情さに欠けてますよ。
    ただでさえ打線の中で明らかに打力の劣る7番8番に、普通に打たせて一番喜んだのは
    菅野と読売ベンチでしょう。
    そんな優しい勝負をしてて、上位チームに勝てる訳がないじゃないですか。
    あそこで菅野がマウンドに戻って、読売ベンチがの士気が一瞬にして上がったのを
    感じられなかったのでしょうか。
    「ボーっと采配してんじゃねぇよ」とチコちゃんに怒られますよ。
    8回はもう見てられないくらいのミスのオンパレード。
    馬場の送球ミス、挟殺プレーの拙さ(あれは梅野がもっと三塁側に追っていかないと)、
    木浪の捕球ミス2つ。
    7回裏の悪い流れがドッと8回に激流になって飲み込まれてしまいました。
    そういう流れを掴むのが上手かった原采配と、ボーっと見過ごした矢野采配の差が出た
    一戦だったと思います。
    いつまでも読売の引き立て役でいたければ、それで良いですけどね。

  5. タクロー
    Posted 2020年8月5日 at 08:15 | Permalink

    広がる格差

    静かに気を送ろうと思っていたけれど、プレイボールがかかる前に密になってきたライスタ。早々に離れて、半径5メートルに誰もいないレフスタへ逃げ込んだ。

    読売には、悔しいけれど、ゲーム差以上の実力差を見せつけられた。

    闘志溌剌、、しているのは、相手の若手
    蒼天翔ける、、のは、相手の走り
    青春の覇気、、美しいのは、相手の守り

    鍛えているのか!ここ甲子園で!と嘆かせるこちらの守り、綻びばかり。去年の屈辱を忘れたのか、ホームグラウンドでこの有り様。まるで進歩なし

    監督の力量の格差を見せつけられた。

    坂本に送りバントを指示。上手く行かないと、プランBを発動。1ボール2ストライクからヒットエンドラン。こっちの内野は、まさか坂本が、、教科書にはない作戦を畳み掛けられてアタフタ、オタオタするばかり。
    こっちにもプランはあるにはあった、けど。
    2回ウラ、1アウト1塁ボーア、カウント3-2からボーアが飛び出しアウト。

    こっちのベンチ。
    投手を代えるついでにエラーをやらかした木浪をセカンドに回し、木浪より下手クソな北條をショートに入れる。次の先頭打者になるからがその理由なのか?交代した投手がピンチを絶っても、どうせ次の回続投なんかさせるはずもないのに。まるで意味不明の小手先采配。しない方がまし。
    北條を打たしたいんやったら、守らせずにベンチ裏で素振りでもさせときゃええやんか、次に出てくる相手投手の攻略方法を授けときゃええんとちゃうの、と思うけど、訳のわからん意味のない策にしか思えない。考えている、手を尽くしている、という気になっているだけの愚策。

    あちらのベンチ。先頭打者が右の北條でもあっそう、ふーんとばかりに左の高梨を投入。予定通り?3球三振。シーズン途中で良い投手を獲得したもんだ。ウィラーといい、フロントも素晴らしいもんだ。

    こっちのベンチ。果たして糸井はいつまでスタメンで使うのか。打てないだけじゃなく、簡単に2塁打にされてしまう守り。もう、ええやん。昔の姿を追うのは。

    こっちのリリーフ陣。かわり映えがしない。馬場、伊藤、小川、良い球は一人の打者に1球限り。ワンバウンドのフォークは当たり前。必ず四球を配給。
    活きの良さが全くなし。おっ!という球が続かない。
    今夜は藤浪。なんてたって藤浪。
    ビシッとやっちゃれ‼︎ 相手の若手に格の違いを見せつけちゃれ!

  6. 星の輝き
    Posted 2020年8月5日 at 08:48 | Permalink

    昨日の糸井は少し戻って来たような感じを受けました。結果は出ませんでしたが、振りはかなり良くなっていると私は思います。
    8回の4点はもうエラーがどうのとか以前に単に実力不足が露呈しただけですね。
    正直、伊藤や馬場は戦う前から相手の名前に負けています。
    ハラハラしながら祈るような気持ちで中継を見ていましたが、散々な結果にテレビを消しました。
    悔しいし腹も立ちましたが、冷静に振り返ると中継ぎの防御率にも表れているように、単に実力不足なだけでまともなコマがいない中で何とか戦っている現状なのだなあーと認識し直しましたら、すごく気持ちが楽になりました。
    兎に角伊藤と馬場は相手如何に関わらず、開き直って自分のMAXを出し切ることに集中して欲しいと思います。

  7. こうさん
    Posted 2020年8月5日 at 08:57 | Permalink

    本当に6回のサンズは見事。俺は打ち取られることを想定して「6回の菅野はホームランだけは打たせないという気迫溢れる見事なピッチング」と明日のコメントに書くイメージを描いていた。…最大の裏切り。大山のヒット無しの日が極端に少ない今、サンズが5番の方が良い気がする。逆にボーアを6番…代わりの3番がいないか。

    「優勝には糸井の長距離砲が必要」と先日のコメントに書いた俺だが、さすがにしんどいな。福留か糸井のどちらかがスタメンでいいと何度も書いてきたが福留のスタメン前倒しを早めないと。

    言い方は悪いが大学生と小学生の学力レベルぐらい違った野球だった。それは監督以下の首脳陣の野球レベルの差だ。

    本当に甲子園はタイガースのホームか?読売の元気な野球、読売のホームみたいだった。そりゃ満員になったら萎縮するわな。

  8. 虎轍
    Posted 2020年8月5日 at 10:21 | Permalink

    今日は藤浪に勝って貰いましょう!
    頑張ろうタイガース!
    コロナ、熱中症に気を付けてくださいませ!
    頑張ろう日本!

  9. なかっち
    Posted 2020年8月5日 at 10:22 | Permalink

    嫌な夢を見て、夜中に目が覚めた。
    読売に3連敗した夢。
    正夢にならないことを願う。
    昨日は菅野の執念にやられた感じがしましたが、こっちが何がなんでも勝つという意識を持たないとダメですね。
    そんな意味では今日の先発藤浪で、しかも読売相手に勝てれば勢いつくと思いますね。
    今日は何がなんでも藤浪に勝ちをつけよう。

  10. 正ちゃん
    Posted 2020年8月5日 at 12:30 | Permalink

    皆さんが仰る通り、監督以下、レベルの違いとしか思えません。
    一つ疑問なのですが、一人で歩けないほど痛がった菅野。あんな短時間で投球出来るものでしょうか。軸足ですよね?あんなに痛がったのに。私には菅野の作戦にしか見えませんでした。(私の性格が悪いのか、読売というだけで・・・・すみません)
    ボールが当たった所は骨が太く、骨折する箇所ではない、がしかし何があるかわかりません、と解説の田中賢介さんが言ってました。
    でもそこまでしてチームの士気を上げる菅野。気持ちで負けていたと思います。
    菅野かて人間やん。開幕6連勝させるなんて、セリーグの5球団はやる気ないねんちがう?と思ってしまいます。
    でも、今日は藤浪投手!やってくれます!藤浪投手のヒーローインタビューが聞きたい!
    がんばれ、タイガース!

  11. 源氏
    Posted 2020年8月5日 at 21:56 | Permalink

    今更ですが
    今年はコロナで
    NPBなかったことにしてもらえませんか

  12. ナラノトラキチ
    Posted 2020年8月6日 at 12:09 | Permalink

    赤星さんも言ってましたが、梅野の投手ゴロのときのリクエスト。
    なぜしなかったのか? 菅野が必死で投げた一塁送球に武士の情けでセーフをもぎ取ることを潔しとしなかった矢野の温情か?木浪の明らかにアウトっぽい二塁ゴロにリクエストしたのは、菅野に安静期間を与える矢野の優しさか?
    いずれにしろ、こんなぬるい采配してたら、チームの士気も下がりますぜ。
    読売とやると、いかに阪神が攻守だけでなく監督采配も含めいろんな面で後塵を拝してると認めざるを得ないですね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">