食い下がるも失点響く

序盤で青柳があっさり崩されて2回で0-6大差ビハインドの展開。晴れてちゃアカンのか青柳よ。3回表に「まず1点」作戦が当たって反撃開始すると、5回表には4安打を集めて4-6と試合を面白くしたが、面白くなったのはここまで、すぐそのウラ2点を追加されるなど11-4まで引き離されたが7回表には3連打などで2点を返し最後まで食い下がる姿勢は見せた。
移動して、暑くて、連戦続いてしんどいけれど、頑張りどころ。打たれた投手たち、打てなかった野手たち、こんな日もあるので今日はしっかりやられた分を取り返しておこう。
今日はこれだけ、あとよろしく!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2020年8月8日 at 07:58 | Permalink

    青柳は雨が降らんかったら、雨柳では無く悪柳やったか?
    広島との相性か?
    バントされて疲れたか?
    松山はタイガース戦になったら打ちよるなぁ…
    伊藤和はマツダのマウンドは嫌いか?合わんかったか?準備不足やったか?

    打撃陣は相変わらずの選球眼の悪さが際立ちましたね。ストライクを見送ってボール球を振って…
    相手投手を助けてどうすんねん!
    大山は疲れてきたか?力み過ぎちゃうか?悠然と構えて強い打球を頼むで!
    頑張ろうタイガース!
    暑いけど頑張れタイガース!
    勝とうぜタイガース!
    暑い日が続いてニートの人が羨ましい季節ですが、熱中症対策もしてコロナ対策もして頑張って働きたいですね。
    頑張ろう日本!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2020年8月8日 at 08:44 | Permalink

    青柳は球審との相性や打球方向などツキもなかったけど、

    結局のところ、一昨日あの点差で望月を使ってなければ、5回ぐらいから望月をロング投入できて面白いゲームになったような気がします。

    ブレーキの大山は我慢の時。
    もうすぐマルテが戻るので、危機感を持ってがんばれー!
    今日取り返せ!!

    • アルスタ
      Posted 2020年8月8日 at 09:00 | Permalink

      確かに望月をうまく使っていくことが重要ですね。
      岩崎、守屋、島本と3枚欠いている今そう思います。

  3. 西田辺
    Posted 2020年8月8日 at 09:13 | Permalink

    やっぱり序盤での大量失点はキツイ。
    もう何年も前からここで書いてますが、カープには名うてのローボールヒッター
    が揃ってます。
    鈴木誠也(昨日は出てませんが)、田中広、松山他数人明らかに低めにハードヒット
    ゾーンを持つ選手がいます。
    昨日、広島打線は序盤から画面で見て分かるくらい、低目に目付けをしていました。
    青柳というのは低めに集めてゴロを打たせるのが基本線の投手。
    まんまと広島の戦略に嵌ったバッテリー。
    と言うか、全く相手の意図に気づいてないようでした。
    松山のホームランは出るべくして出たホームランでした。
    何年も同じ相手に同じゾーンで勝負して同じようにやられる。
    あの辺は、ベンチもバッテリーも学習して欲しいものです。
    球審柳田も低目ゾーンが狭かったことも、青柳の投球を苦しくしましたかね。
    小川・伊藤和の失点は勿体なかったですね。
    一平ちゃんは若い羽月との勝負を選択(と言うかベンチが選択)。
    左打者が一番飛距離の出るコースに、甘く変化球を入れてしまいましたね。
    外目の真っ直ぐに全く合ってなかったのに、なぜあの球を選択したか分かりません。
    伊藤和も3連続四球からの失点とか、普通なら朝一でファームのいる由宇に移動
    案件ですよ。
    キャッチャーが変わった7回はピシャリと抑えたり、よく分かりません。
    打線は4番が再三チャンスを潰しながらも6得点。
    大山一人の責任ではないけど、状態が悪すぎますね。
    構えた時に、バットのヘッドがピッチャーの方へ傾き過ぎてスムーズにバットが
    振れてないように見えます。
    そんなに目一杯振り回さなくても飛距離が出る事は、好調時に証明できてるんだから
    普通に構えて普通に振れば良いんですよ。
    もうこれ以上ズルズルと借金を重ねる訳にはいきません。
    難敵大瀬良ですが、少ないチャンスをキッチリ生かして欲しいですね。

  4. こうさん
    Posted 2020年8月8日 at 09:36 | Permalink

    昨日は原監督の策に対して肯定否定、様々なコメントがあった。「語りたい策」ではあったが一番嫌なのは10年後、白髪の原監督が「私が最初に始めたんですよ」とドヤ顔で言ってそうなこと。

    読売が負けたのに付き合ってしまった。青柳なら勝てるだろうと思っていたからキツイな。そうなると「確実に勝てる先発」がタイガースにはいないんだな。

  5. なかっち
    Posted 2020年8月8日 at 11:03 | Permalink

    昨日の試合投手陣は打ち込まれましたが、大山が一本打っていれば勝てた試合やった。
    余裕で3割を越えていた打率も知らぬ間に2割6分台まで急降下。今が我慢の時期かもしれませんね。
    タイガースの弱点の一つ大山が調子を落とした時、それをカバー出来る選手がいないこと。どうしても大山が責任を背負う形になってしまう。
    それがタイガースの4番の宿命と言えばそれまでやけど、あまりにもプレッシャーが大きすぎる。
    負担を減らせるかはわからないが、サンズを5番に起用したら面白いのではないか?と思う。得点圏は約5割の打率を誇ります。大山の後ろに置くこと大山がもしダメでもサンズで返す。
    福留を3番に起用して、2番は植田。
    大山を成長させるため、あえて打順をかえてみてほしい。
    個人的には植田を8番で起用してる意味もわからないので。
    今の打順がベストとは限らない。まだまだ模索しても良い時期。8月は投手陣が打ち込まれるケースが増えるかもしれません。そろそろ打線が投手陣をフォロー

    • なかっち
      Posted 2020年8月8日 at 11:04 | Permalink

      フォローしてあげないと。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2020年8月8日 at 12:18 | Permalink

    近本の調子が上がってきたが、クリーンナップの調子が下がる悪循環。
    中谷をもっと出して良いと思うし、高山も上がって来ないかな。

    伊藤和雄や一平ちゃんも下げ時かな。望月の起用は何とかならんもんか。

  7. Akira28
    Posted 2020年8月8日 at 14:11 | Permalink

    一平と伊藤和の中継ぎのレベルの低さに尽きる。一平はいつまで同じ過ちを繰り返すのか。伊藤和は一軍のレベルにあるのか?ビハインドの展開で流れを呼び寄せる中継ぎ陣の整備が急務。ガルシア、ガンケルも視野に入れて検討を望む。以上、

  8. タクロー
    Posted 2020年8月8日 at 15:03 | Permalink

    我慢と戦略

    おっ!鈴木の名がない。相手4番は松山。
    えっ!やっぱり、大山かい。
    誠也は不調でも怪我でもなく、積極的休養だって。ここは我慢してという戦略か。
    こちら、ここ2試合無安打、8月1割5分でもひたすら信じて我慢するだけの戦略なしか。

    福留2番も?糸井が2番でダメなら福留でどうよ。てな感じか。植田は8番が指定席なのか。2番にしちゃいけないのか。
    6点差を2点差まで縮めて、さあ反攻だ、で一平しかなかったか。4点差になったけど、まだ6回。伊藤が四球連発で実質ゲームセット。

    40試合、3分の1が終わって借金2。公言している日本一への戦略は、選手の調子が上がるのをひたすら我慢して待つ、だけのようだ。
    一平、伊藤は一度抹消なんじゃないの。もう一回コントロールをつけてきてよ。2番植田、4番サンズでよろしく。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">