「退団」という名の戦力外

セ・リーグも全日程終了。
今年、西武の球団職員である髙木大成氏に話を聞いたとき、「CSなし」には絶対に戻れないと言っていた。消化試合がなくなるのは、主力選手にとってはケガのリスクが高まり、若手選手にとってはチャンスが減る。でも収益面を考えれば、CSなしは考えられないのだそうだ。
パはドームが4つ、セはドームが2つ。試合消化の点で不安があったのだろうが、もし今年セも上位2球団のCSがあったら、シーズン後半の様子は全然変わっていたのは間違いない。それが好きかどうかは別にしてね。

DeNA最終戦が終わって、一部に「ロペス退団」という報道があった。まあそういう判断もあるかもしれないが、つくづくわからないのが「退団」、「戦力外」、「来季は契約を結ばない」などの微妙な表現の違いだ。とくに何をどう表すという決まりが統一されているわけではなさそうだが、あんまり相手に気を遣っていないときは「戦力外通告」、申し訳ないけど戦力外。もしうちで引退してくれるならそれなりの支度もするし、対面的にもありがたいんだけど、どうしてもまだやる?みたいなのが「退団」とか「来季は契約を結ばない」なのかな。

ニッカンの一覧で、「退団」表記されているのは、阪神の福留、能見、上本。そのほかは、内川(H)、ジョンソン(C)、小窪(C)、イノーア(S)のみ。
このうちイノーアは例外的。すでに自由契約公示されているので、まさに事実として「退団」している。
他はやはり功労者に対する気遣いというのがピッタリだ。

さて、阪神の3人はいずれもコーチ適正がありそうだ。「戦力外」確実とされるボーアは福留に心酔していたようだし、二軍でも遠藤ら若手にアドバイスをしていたのが伝えられていた。枠の問題があるから難しいがが、ホンネを言えば打撃コーチとして、すぐにでも欲しかっただろう。きっと遠くない将来、阪神で打撃を教えているような気がする。

能見はローテの柱とセットアップの両方を経験し、コンディショニングのノウハウを持っているのが強み。しかし、生来のコーチ適正より、現在の145キロ以上の速球がある左の中継ぎという状態を魅力的に感じるチームはいくつもあるだろうから、年俸の折り合いさえつけばすぐに売れそうだ。

上本はひょっとしたらコーチというより監督やGMに適正があったりしないかな。選手としてやれる環境があるかどうかは正直厳しいように思うが、軍師として修行する場所を求めていくのもいいように思う。

いずれにせよ、どの選手も残り少ない現役生活のチャンスを最大限活用して、完全燃焼してほしい。もし完全燃焼ができなかったとしても、チャンスを掴めない選手やチャンスがまわってこない選手の屈辱を経験できる。それならそれで貴重なこと。
「現役晩年」の経験は、飛ぶ鳥を落とす勢いがあったピーク時以上に人間としての深みを与えてくれる。指導者となる近い将来、それがものすごく役に立つのは間違いない。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年11月15日 at 10:39 | Permalink

    ビジョンをもって自前で若手を育て上げることと同じくらい、コーチ、監督も自前で養成する努力は重要。
    春のキャンプで安芸行きをあてがわれるベテラン選手は、秘かに若手選手に対するコーチング能力も計られているのではないかと勝手に思っています。
    チームの功労者だから顕彰の一環で横滑りでコーチをあてがうことは決して良しとは思わない。
    球団は福留さんのコーチング能力は評価してたのではないでしょうか。
    福留さんが球団から戦力外通告を受けた場でコーチの要請はなかったとの報道もありますが、もしもそれが本当ならば、本人が現役にこだわっていることを十分承知で、言葉に出さなかったのではないでしょうか。
    打撃、守備、走塁のいずれをとっても若手にとってお手本の塊だけに、来シーズンは無理でも、いずれ福留さんにはコーチとして戻ってきてほしい。

  2. ジュビロタイガース
    Posted 2020年11月15日 at 12:16 | Permalink

    野球協約を超える減額提示もよう分からん。戦力として考えているのか、クビを切りたいのか。この金額なら居ても良いよという上から目線かな。
    退団は功労者にはそうも行かず、コーチの道を用意するのか。

    ロペスは日本人枠なら残留させてあげれば。

  3. 虎轍
    Posted 2020年11月15日 at 12:45 | Permalink

    福留は打撃でも守備でも走塁でも長けてましたから、どのポジションのコーチも出来てたでしょうね。
    今年、調子を崩してた近本を再生したのも福留やったみたいやし、タイガースのコーチより指導が良かったのかもね。
    能見はコーチというより一匹狼っぽいのでコーチの能力は解りません(笑)
    上本は怪我が多かったから、育成コーチで選手をケア出来たかも…
    どこの球団で現役を続けるかは解りませんが、まだやれると思ってる以上は現役で続けたいんでしょうね。
    去年の鳥谷にしても、今年の福留たちにしても、タイガースのフロントが間違ってると思いますがね。
    今日はフェニックスリーグで西純が投げるようなので、GAORAを観ます!
    コロナを防ごう!
    頑張ろう日本!

    • 虎轍
      Posted 2020年11月15日 at 12:48 | Permalink

      内川を獲って江越や中谷の専属コーチ的な立場で現役を続けて貰いますか?(笑)

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">