足攻め決まって岩崎の好投生きる

岩崎に2勝目をつけてやることはできなかったが、最長更新、7回までの好投を勝利に結びつけた。攻めの走塁で相手を追いつめ、ミスを誘発したところは良かったが、呉昇桓はまだ精神的に「盤石」までは至っていないか。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対DeNA 2回戦 甲子園

デ | 0 0 0 1 0 0 0 0 2 | 3
神 | 1 0 0 0 0 0 0 3 x | 4

勝:福原2勝1敗0S
S:呉昇桓0勝0敗2S
敗:長田0勝2敗0S
HR:ブランコ ソロ2号
DeNA:尚成 – 三上 – 長田 – 菊地
阪神:岩崎 – 福原 – 呉昇桓
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

前回登板に引き続き、今回もまた岩崎の良さが存分に出た。精神の安定→各球種の安定した品質→思い通りの配球(多彩な戦術)→戦略的投球。いわゆるスター選手が持つ「天賦の才」や「恵まれた資質」があるようには見えない。でも岩崎は目立たない形でそれを持っている。しかも遅咲きで、これからたくましく成長していくのだろう。ブランコに一発を食らっても冷静さを欠くことがなかったこと、走者を出しても動じなかったこと、これらすべてが収穫だ。ナイスピッチング!スカウトGJだ!

初回は1,2番が凡退し、必勝パターンではなかったが、不振だった鳥谷が会心の左中間二塁打で出塁。ゴメスが我慢の四球で、マートンアタックに繋げた。

田上に負けじと、ライトでスタメンした俊介は2安打。ハイレベルになっているので、「相手先発投手で自動的に決まるシステム」から、せめて「活躍したら翌日も保証のアドバンテージルール」への変更を切に願う。右対右、左対左でもどう対応していくか、成長・経験させなきゃいけないし、相手投手が本当に苦手にしているかどうかという観点からも考えなきゃいけないこと。そうすると「オートマチック」はあり得ないはずだ。あ、でも前日は右でも良太先発だったから、決してオートマチックではないんだね。それは一安心。

失敗もあったけれど、試合を通じて走者を動かそうと試みたことは評価できる。さらに作戦を遂行できる技術と集中力が備わるよう、日々準備を怠らないこと。

7回、和田監督がどんなことを考えていたのか知りたいところ。好投の岩崎に代打が送られるこの回、「なんとか1点取って、岩崎を勝ち投手にしてやりたい」でナインの気持ちは「団結パワー」を形成していたはず。先頭藤井が右前ヒットで出て、打順は9番、さあどうする?と思ったら、代打は今成で、代走はなし、策は「自由に打て」で、結果は雰囲気ないままに投ゴロ併殺。オープン戦絶好調だった今成に早く不振を脱出して欲しい、その機会を与えたいというのはよく理解できる。ただし、「岩崎に勝利投手を!」という機運の中、多くの人を納得させる選択ではなかったと思う。ただ、そこにどんな深謀遠慮があったのかはわからないからなんとも言えないのだけど。結果として次の回に集中して3点奪取に成功したのだから、この回に点を取れなかったと責める必要はないワケで。ただ私がスッキリしなかったということだけは確かなことなのだ。

一方、8回の大和&鳥谷のエンドランはスッキリやね。俊足の走者が出る、気を取られる、狙い球が絞りやすくなる、チャンス大幅拡大…という流れは、なんといっても勢いがつく。守って、走って、勢いつけて、僅差競り勝ちというのをタイガースの勝利パターンにしたい。

上本、大和、ゴメスはノーヒットながら、四球で繋いでいる点を大いに評価したい。マートンはもうスゲーなとしか言いようがないね。呉昇桓はまだ「借りてきた猫」っぽい。もっと「不遜」なくらいになっていいよ。

さあて、本日予告先発は歳内。相手は去年やられた三嶋。戦前予想は不利だけど、「危機感の裏返し」で好結果が出ることを望む。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

18 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2014年4月10日 at 09:38 | Permalink

    皮肉にも鶴岡を奪っておいた成果(黒羽根の守備力に救われた)が出ましたね!

    しかし、野球とは不思議なものです。
    相手打者は岩崎の130㌔台のストレートに振り遅れ、呉の150㌔台のストレートにはばっちり合っていました。

    開幕当初は「2巡目」が課題だった岩崎ですが、とにかくランナーを背負っても落ち着いていて、今や投壊の防波堤とも言えるような存在。ゴメスと共に『今年最大の嬉しい誤算』と言ったら失礼かな。


    昨夜は、ここの鳥谷に対する厳しいコメントが届いたのか、鳥谷の眼の色が違っていた 感じがしました。
    この人が打ち出せば、上本・大和・鳥谷の走れる三人と、GM砲の返せる二人が線で繋がり「ワクワク打線」が完成します。


    和田監督の采配、失敗はしましたがtoraoさんの大好物「脚絡め」セーフティースクイズや、鳥谷打席でのエンドラン(普通の定位置なら游ゴロゲッツーが大成功)など良い積極策だったと思います。
    強いて言えば、不調の今成を使った場面が??

    今日は歳内先発ということで、またワクワクしています。

    余談ですが、マートンには「夢の4割打者」目指して欲しい!

  2. サヨナラ3ラン
    Posted 2014年4月10日 at 09:38 | Permalink

    俺も7回の攻撃には?でした。
    今成が起用されたことで強攻策だとは理解しましたが
    あの場面は関本で確実に送って上位打線で何とか1点を・・・
    だと思いましたけど。結果論ではなくね。
    または今成を起用するなら、代走田上でしょうね。
    その点の采配は不満でした。
    不運な形で西岡らを欠いたチームに・投手陣のの不調で
    和田監督にとっては想定外の状態なんだろうけど、
    個人的には本来、望んだチーム内 競争の激化と、若手選手の
    経験値の向上、成長の過程が見える、今の状態は見ていて面白いですね。
    上本や俊介、田上の好調も 長くは続かないだろうが、その時も
    本当に良い素材は起用し続けることが肝要。
    投手陣も、下で好調な選手を上げて使えばいい。
    今年は、そういう戦い方でいい。

  3. ガク
    Posted 2014年4月10日 at 09:53 | Permalink

    鳥谷はここのコメ見てたんですかねw
    それで奮起してくれたのなら嬉しいのですが(^-^;
    ただし本当に体調が悪いときは休ませるべきとは思います。

    8回は藤井に代打出してほしかったですがオスンファンとの相性があるのかな。

    田上はいいスパイスになってますね!

    さぁ斎内、岩崎に負けない好投期待しています。

  4. 西田辺
    Posted 2014年4月10日 at 10:03 | Permalink

    まさに「掘り出し物」
    ピッチングの面白さを体現してくれる投手ですね。
    球速はさほどでもない、だからと言って変化球ばかりで交わすだけでもない。
    内角を攻める事のできるキレのあるストレートでも勝負できる。
    よく雑誌なんかで、ドラフト候補はチェックしてたんですが、見逃してたなぁ。
    タイプ的には千葉ロッテの成瀬と、北海道日本ハムの武田勝の中間かな?
    苦しいスタートを切ったタイガース投手陣の中で、まさにホープ(希望)の存在。
    同期の山本くんも負けずに早く上がって来いよ!

  5. トラ11
    Posted 2014年4月10日 at 10:39 | Permalink

    一昨日、昨日のゲームは若い選手の活躍に、負けても勝っても楽しい!

    なんとか岩崎に2勝目をつけてあげたかったですね。
    コントロール良く、強気の投球で頼もしさを感じました。

    鳥谷もようやく元気になりそうです。
    やはり鳥谷中心に若い選手、GM砲が活躍する阪神タイガースを見てみたいですね。

    マートン、お立ち台で話す言葉(日本語)が品切れ状態のような気がします(笑)。

  6. こうさん
    Posted 2014年4月10日 at 11:21 | Permalink

    混沌としてるチーム内だが夏ぐらいに形として出来上がって気がつけば首位とか
     
    けど広島と当たった時にコレが通用するのか…
     
    カード3連敗してないのも地力が付いている証拠かもしれない
     
    巨人と広島は違う競技をしてるような盤石ぶり
     
    テンションが続かないだろうけど巨人戦のテンションで他球団と戦ってほしい
     
    岩崎君は高校の時にクラスにいた目立たないタイプの顔してるな
     
    卒業式で「皆勤賞 岩崎」って言われてドヨメキが起こる顔してる
     
    シモさんみたいに長く活躍する選手になってほしいな
     
    先発に〜
     
    勝ちが2つで〜
     
    この順位〜
     
    …お粗末

  7. なかっち
    Posted 2014年4月10日 at 11:46 | Permalink

    岩崎はオープン戦前の練習試合を見てから面白い存在やなとは思ってましたが、なかなか味のあるピッチングをしますね。監督はインタビューで
    『来週もあると思います!』
    と言うてたが
    『当たり前やろ!』
    と思いました。1度や2度打たれてもなげさせなあかん!

    一昨日の藤浪同様我慢して使わな!


    七回の攻撃はランナー藤井で代打今成。敢えてエンドランをかけて欲しかったです。鳥谷同様今成も不振にあえいでます。エンドランなどランナーを動かしてあげたらヒットが出たりしますから。その成功例が、8回やったと思います。鳥谷はまだ本調子ではないけど、結果が出たので、あげていってほしいですね!

    後、8回エンドラン成功後の鳥谷盗塁には?マークですね!成功しましたが、4番、5番を迎える場面で動く場面ではなかったなと!もしゴメスが打ち取られてたらマートンは勝負を避けられてたでしょうしね!相手のミスもありましたが、勝負所で打撃好調の中軸にまわった時は無闇に動かない方がベターやと思いました。まあ個人的見解ですが(笑)



    さあ今日は歳内!予告先発見たときはうれしさのあまりガッツポーズしちゃいました(笑)

    相手は三嶋!とにかく早いストレートを打ち返してほしい。
    何とか5割にして読売を迎え撃ちましょう。

  8. TJ風船
    Posted 2014年4月10日 at 11:54 | Permalink

    仰る通りスカウトさんは良い仕事をしましたね♪ ドラ6…掛布さん…ま、いっか。ルーキーとしたたか宴会部長の投げ合いは面白かったです。岩崎は落ち着きがあって淡々と投げるのがいいですね。敵ながらヒサノリ部長からはアウトローの出し入れや間の取り方など見習うべきところがありましたね。次回もグッドピッチ期待してます。

    思いつきなんですが上本や大和など活躍中のヤングは新婚率が高いですね。そういった意味では本日先発の歳内もホヤホヤですのでヤッてくれるんじゃないですかね(笑)

    三嶋攻略!頑張れ!

  9. 阿太郎
    Posted 2014年4月10日 at 11:55 | Permalink

    スクイズ失敗が 大いに気に入らない!

  10. Posted 2014年4月10日 at 12:07 | Permalink

    ハァ~ヒヤヒヤドキドキ、何はともあれ今季甲子園初勝利良かった。
    岩崎ナイスピッチング。(岩田、小嶋なにしてる。)
    7回の攻撃、あそこはバンドでしょう。初回のバンドはよくみるけど、意味合いが違う!
    後半、同点でなんとしても、1点欲しいところ。藤井に代走田上、代打関本できっちり送って欲しかった。
    なんだかなぁー、勝負感がないというか、センスがないというか、…
    歳内大丈夫かなぁ、オープン戦でめったうちされてた記憶が。目一杯応援しますけど。(岩田、小嶋なにしてる。)
    リリーフカーの女の子、カワイイ

  11. 大虎真弓
    Posted 2014年4月10日 at 12:12 | Permalink

     ワシだけかもしれないのですが・・・・?
    何でせっかく訪れたチャンスを一瞬のバント失敗で無効にしてしまうプレーや
    構えたところに寸分も違わず投げたのにホームランを打たれた岩崎の無念!
    3点差あった9回に後逸してあわや逆転になりかける様なラフなキャッチングしか出来ない無能のキャッチャーを使い続けるのか?意味がわからない!
     藤井を使っているうちは安心して最後まで見られないのに別のキャッチャーを試さないのか?次は読売戦だぞ!ぶっつけ本番で他のキャッチャーを使うつもりなのか?
    それともこのまま無能の藤井を使い続けるつもりなのか?
    首脳陣の意思を明確にしてもらいたい。
     

  12. 熊虎
    Posted 2014年4月10日 at 12:31 | Permalink

    7回はバランスを考えたプランだったんだと思います。先ずは岩崎のフォーム的に最大の武器である「腕の遅れ」が前の回の投球でやや鈍ったこと、元々完投を計算していない投手として7回までという決め事が有ったかも知れません。投手交代は規定路線でしょう。
    次の回を考えると同点では緊張感を維持している藤井を代打にせよ代走にせよ交代するべきではないという判断は合理的です。イニングにプライスを付ける訳ではないけど得点期待度では7階の攻撃は安い値付けでしょう。2アウト後の投手の打順に三振の指示を出すのと同じ発想です。走力は並みの藤井ランナーでは進塁打の期待込みで左の引っ張り系(しかも長打あり)の今成は現状の低打率も込みで期待度の低い回にフリーで打たせるには最善の手だと思います。7回でGM砲に打順が廻るなら、既に勝ちゲームだし7回がダメでも8回は打順的にも相手投手の力量的にも得点のチャンスとしては一番手堅い回になりますからね。何より相手投手の三上はスライダー一辺倒だけどボールの高さや軌道の違う変化球の投げ分けなど、自滅の可能性や連打の可能性は相当低いと思いました。

    蛇足ですが、鳥谷はこの3戦くらいずっと「形は悪くない」です。体調的に振れない状態なのか開幕以来レフと方向への打球が打てない・打っても伸びない、そんで振りに行くときの思い切りが悪くなっています。守備力や控え選手との力量差を考えてベンチに置くのはどうかと思いますが、ベンチもフリーに打たせるべき選手と考えずに昨日のエンドランのように監督が「作戦の駒」としてバントでもエンドランでも、待球作戦でも指示を出すべきだと思いました。
    もう一人、ゴメスについて。私の感覚的な話でしかないのですが、たぶん一昨日あたりからゴメスにとってのオープン戦(或いはその序盤)が終わったのでは・・・と感じています。なんとなくこれまでのレベルスイング・低い打球で野手を抜くことだけの意識から、ややアッパー気味の長打もありえる軌道の振り方を全部じゃないけど状況に応じて打席の中で打球の意識付けとして混ぜ込んできているように見えました。さぁ、これはどうなるかな?

    • とし虎
      Posted 2014年4月10日 at 13:12 | Permalink

      私も昨日のゴメスのスイングは、いつもと違う感じがしました。

  13. みややっこ
    Posted 2014年4月10日 at 13:39 | Permalink

    えっ…ゴメス、ついに?!(゚∀゚)

  14. ミツルハナガタ2000 さんのアバター ミツルハナガタ2000
    Posted 2014年4月10日 at 15:16 | Permalink

    コマ不足による窮余の策ですが、先発投手に若手が来ると、新鮮味があってワクワクします。
    今夜も、早めに打線が援護してやってほしいです。

    鳥谷、覚醒!
    トリプルスリーへ向かって突っ走れ!(気が早いw)
    体調不良説や故障説がまことしやかに囁かれていますが、ソースは?

  15. 英くん
    Posted 2014年4月10日 at 16:18 | Permalink

    岩崎が、7回1失点と勝ち星はつきませんでしたが昨日の勝利の立役者でしょう。
    リリーフ投手の登板も、2人だけと、イニングも投げてくれました。昨日はセパ共に新人王予想候補の筆頭に挙げられている、ドラ1の投手が投げてましたが、ドラ6からの下克上が楽しみです。

  16. 阿倍野区 ケイ
    Posted 2014年4月10日 at 16:50 | Permalink

    は~~胃が痛い(*_*)

    今晩は歳内君\(^^)/

    なのに主人広島、息子京都、私鹿児島(T_T)

    まためでたいを増やしたいo(*⌒―⌒*)o

  17. 下関の虎
    Posted 2014年4月10日 at 20:47 | Permalink

    危ないねぇ…。福原。まあ結果論やけど。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">