雨のエース対決は予定外の結末に

雨の中のエース対決は、「またか」の「まさか」。「幻のノーヒッター」金子千のスキをつき、序盤でリードを奪うと、能見が4試合連続2ケタ奪三振となる好投でバファローズ打線を寄せつけない。しかし自身が「いっぱいいっぱい」と語った8回につかまると、救いに行った福原がT-岡田に逆転スリーランを被弾。その瞬間、全世界の阪神ファンのヒザがカックンと折れた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対オリックス 3回戦 甲子園

オ | 0 0 0   0 0 0   0 4 0 | 4
神 | 1 0 1   0 0 0   1 0 0 | 3

勝:岸田2勝3敗0S
S:平野佳1勝1敗17S
敗:福原2勝2敗0S
HR:鳥谷ソロ4号、T-岡田スリーラン7号
オリックス:金子千 – 中山 – 岸田 – 佐藤達 – 平野佳
阪神:能見 – 福原 – 鶴
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「キミはこの試合を前向きにとらえることができるか?」というテストだとすれば、私は比較的簡単にクリアできるような気がする。一つには慣れ。「またやられる」などとは微塵も思っていなかったから、その瞬間、CS解説のハマちゃん同様「あぁ…」という声が漏れ、ガックリ来たのは来たのだけれど、こう度々「悪夢」が続けば慣れても来る。人間て強い。

さらにこの一発とそれにいたる部分を除いた、この試合の大部分が素晴らしかったということもある。好投手に対して、上本の出塁を大和がきっちりと送り、3,4番のタイムリーで返す。上位が役割を果たしての得点は非常に意味のあるものだった。

そして鳥谷のホームラン。前の試合のレフト方面とは違い、鳥谷が本来持っている打撃。体幹が強く、反応が俊敏で、バットコントロールが上手い。だからインコース甘い球を引っ張れば、うっとりするような飛距離が出る。久しぶりに鳥谷らしいホームランだった。

始めて組んだ能見と梅野のバッテリーが、合わない呼吸をいっしょうけんめい合わせようとする姿も、応援する気持ちをかき立てられた。この日良かったフォークを臆せずにどんどん要求し、ワンバウンドをしっかり止めた。「真剣」の試合で、自分なりの根拠を持って出したサインに首を振られる。そのたびに思考の幅が広がっていく。梅野の成長が楽しい試合だった。

試合後和田監督は「オレの責任」と語ったという。今までの「悪夢シリーズ」の中でもっとも「オレの責任」っぽくない試合だったが、そんな時こそあえて監督が引き取ってやるというのはいいことだ。これもまた何かの転機になってくれるかもしれない。

金子と能見のエース対決は、能見の圧勝だった。だから金子は先にマウンドを降り、能見は投げ続けた。でも試合終了後の結果はこうだ。
野球は難しい。難しいから面白い。正解がないから、人は毎日飽きずに野球を見るのだ。さあ今日も元気良く、いい野球を見せておくれ。それでいいのだタイガース。

━━━━━━ ◇ ━━ ◇ ━━━━━━お【知らせ】
大阪梅田にて「虎バカ大祝勝会」を開催しまーす!

6月28日(土) 19時より
会場・参加費等、詳細は未定ですが、常識的な居酒屋にて常識的な金額にて。

※当日は14時から中日戦(甲子園)が予定されております。そのため、タイトルが「虎バカ小反省会」になる場合があります。

★だいたいの人数を決めて、場所をおさえようと思いますので、参加希望の方はとりあえず6/13(金)までにメールで「仮参加表明」してください(最終締め切りはまた後日連絡します)。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「仮参加表明」は下記の要領で。

メール宛先:
torao@torao.net

ハンドルネーム(呼び名):
★複数の場合は全員

一言:

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
━━━━━━ ◇ ━━ ◇ ━━━━━━


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

18 コメント

  1. Posted 2014年6月7日 at 07:45 | Permalink

    濱中は確かに「あぁ~」と言いましたね。
    それと、梅野を清水に代えた時も「本当は最後まで梅野で行って欲しいんですけどねぇ」とも言っていました。

    それにしても和田監督、そんなに間違った采配はしてないんだけど「裏目力」が半端ないですね。昨夜は早目に守備固めもしたのにw

    今季は「ここでソレだけは食らっちゃアカン」のトコで何度「垂直落下式….」を食らった事やら。
    朝から愚痴ばかりでスミマセン。

  2. 阿太郎
    Posted 2014年6月7日 at 07:48 | Permalink

    鳥谷の 素っ気ないヒーローインタビューを楽しみにしてたのに!

  3. TJ風船
    Posted 2014年6月7日 at 08:44 | Permalink

    toraoさんの文章と垂直落下式wに救われました。

    筋書き通りに行けばタグにもあるように能見と鳥谷の何とも言えんヒーインwだったんですけどねぇ(泣)

    エルボースイシーダをチンに受けた感じです。

    8回以外は良い試合運びだったと思います。

    序盤〜中盤にかけて下位打者みんなにヒットが出ると言う、しかも金子から!
    梅野も緒方も大いに×3自信にしていいと思います。

    惜しむらくは和田ちゃん並びに首脳陣の勝負運のなさみたいなものがとても泣けるところです。

    もう一回神田明神に行ってみよ〜!

    岩田頼むゾ!

    頑張れタイガース! 頑張れ園芸さん!

  4. 虎一筋50
    Posted 2014年6月7日 at 09:32 | Permalink

    この間の快投メッセを引き継いだ後、呉が打ち込まれた楽天戦に昨日の好投能美の後の…
    やはり投手の代え時は野球には一番難しい判断ですね…
    完全なる勝ち試合を落としたこの2試合はかなりの痛手だがこういう試合を確実に勝てないとペナント奪回は難しい…
    上本、緒方、梅野と着実にチームに貢献出来つつある今季だがやはりリリーバーが…期待してた松田の離脱が…連投がきく活きのいい若手リリーバーの出現を願わずにはいられない!

  5. Yalkeys さんのアバター  Yalkeys
    Posted 2014年6月7日 at 09:35 | Permalink

    私は梨田氏(BS1)を見ていました。「しじみ習慣」などのCMもないですから。)^o^(
    8回アタマから福原投入していたら・・・梨田氏は何度もそのことを言っておられました。
    個人のブログで書いたのですが、監督・ピッチングコーチには「ゲーム観」が明らかに欠如していると思います。「オレの責任」っぽくない・・・というtoraoさんのご指摘もありますが、8回アタマから福原、9回呉というストーリーを決断出来なかったのはやっぱり「オレの責任」だと思います。
    8回を迎えて3-0では安心出来ないチームって、どこか淋しいです。

  6. なかっち
    Posted 2014年6月7日 at 09:58 | Permalink

    昨日の能見の出来は前回メッセンジャーの時同様素晴らしいものでした。
    しかし、前回と今回の違いは明らかに球がうわずってきてたメッセンジャーと、前の回をしっかり抑えた能見って事!

    昨日の能見の出来なら8回頭からの交代は考えられない。もし変えてて打たれたら
    『何で変えたんや!』

    って言われるのが落ち!

    結果的に続投させた能見は打たれ、途中交代。交代した福原も打たれ逆転されました。しかし結果論では言いたくないですね!


    皆さんも仰ってますが、本当に野球は難しい。そう痛感させられました。

    春先の勝利の方程式だった安藤、福原、呉がことごとく打ち込まれ、方程式が壊滅した感じになって来てるのが辛い。

    こうなってくると先発に完投を・・・!と思うのだが、毎回そうも言ってられない。何が悔しいかって現状だと接戦をものにしずらいって事。なにか起爆剤になってくれる若手がいないかなぁ?若手でなくても・・・!

    何かキッカケさえ掴めば一気に行けそうな気がするだけに歯痒い気持ちです。


    若手が躍動し、やっと私の理想的なチームになりつつあるのに・・・!


    アッチソンやジェフみたいなんいてへんかなぁ(笑)

  7. こうさん
    Posted 2014年6月7日 at 10:13 | Permalink

    正直に言うと、今シーズンはピンチの時に何度チャンネルを変えてるか、自分でも分からない
     
    怖くて観ていられない
     
    「やっぱりな…」って、あと何回、言うんだろう
     
    この季節になると三沢さんを思い出すが、場外への花道からのタイガー・スープレックスを喰らったみたいに、なかなか悪夢から目覚めさせてくれないタイガース
     
    ドMじゃないから、そんなに焦らさなくても、いいんだけど
     
    まさか岩田に縋るシーズンになろうとは!
     
    梅ちゃん、3本柱をクリアしてしまった
     
    能見とは時間を掛けて築き上げればいいよ
     
    鳥谷のホームラン、ベンチに帰ったら満面の笑みで話しかける俊介に対して表情を崩さない鳥谷…
     
    「ここが今日のハイライトで!」って想いも虚しく
     
    楽天はサヨナラだったけど、甲子園なんだから追い付いてのサヨナラを見せてくれても、いいんだよ
     
    能見の呆然とした顔なんか見たくない
     
    福原の風呂上がりみたいな顔が心配
     
    緊張か?体調不良か?
     
    岩田が「今日は俺が完封してやる!」って気負わなきゃいいけど(気持ちは、もちろん大事)
     
    中継ぎ陣が自信を回復する試合を望むのは贅沢か
     
    振り向けば落合が後ろに…
     
    振り切る為にも、勝ってタイガース!

  8. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2014年6月7日 at 10:18 | Permalink

    8回の表は私もひっくり返りました。
    何がベストの策なのか解りませんが「オレの責任」と監督に言われるとグッとくるものがあります。
    能見は素晴らしいピッチングだったのに気の毒で、可哀想で…
    気持ちを切り替えていって欲しい!
    「垂直落下式…」正に言えてます(笑)。
    もう悪夢シリーズを終わらせよう!
    今日こそ頑張れ!

  9. 大虎真弓
    Posted 2014年6月7日 at 10:38 | Permalink

    全く何のために清水に変えたの?(打順が回ったらあっさり交代)
    清水はフォークでは後逸するからストレートばかりの配球では打たれるわ。
    中西コーチの繰り返し式頭からリリーバーを出せない病も「危なくなってから替えれば
    いいやん」も通用しないことを学習しろよ!(交流戦だけで4回目だぞ!)
    能見、梅野の合わないバッテリーでも必死に0で抑えてきたのに・・・

  10. サヨナラ3ラン
    Posted 2014年6月7日 at 10:41 | Permalink

    今週も忙しくて全く阪神の試合は観れず。
    勝敗はともかく、期待している特に若手を中心とした
    選手たちは順調に良い経験を積んでいるようなので、それだけで
    まぁ満足している。
    それより大久保、やはり大久保を日本代表に選んだザックの眼は
    間違いない。
    プレーするのは選手だけど、試合の流れやチームの状態からベストの
    プレーヤーをベストのタイミングで起用する。
    やはりザッケローニは優秀だ。

  11. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2014年6月7日 at 10:57 | Permalink

    能見を引っ張り過ぎて打たれ、火消しを投入するも失敗。
    今シーズン何度も見ています。なかっちさん仰るように直前までの
    出来が素晴らしければ替えるのは難しいとは思いますが、
    7回終了時で108球。35歳にあの天候だった訳ですし球数を
    目安に交代させても良かったと思います。
    結果論ではありますが、同じ事を繰り返してるので中西コーチの
    責任は免れません。

    それ以外の試合運びは非常に良かっただけに残念極まりありません。

    • なかっち
      Posted 2014年6月7日 at 11:51 | Permalink

      確かにKen3953さんのご意見も理解出来ます。能見も年齢的に若くはないですからね!
      でもその変わりに出てくるピッチャーは能見よりさらに年上の福原や安藤という現状が悲しいです。
      今年は敢えて若手にチャンスを与えるため補強せずにきたのに、その若手が怪我や伸び悩みでは・・・。

      野手は新陳代謝が活性化してるのに、投手は育てるのが難しいのかなぁって思ってしまいます(泣)

      • ken3953 さんのアバター ken3953
        Posted 2014年6月7日 at 14:26 | Permalink

        コメありがとうございます。
        伊藤和や松田や筒井や鶴が妄想してた通りの活躍を出来ていれば、オスンファンまでの1イニングを任せ易いってのは理解できます。ただやはり同様のパターンを繰り返してるので、8回の頭からは能見を替えて欲しかったですね。球数がもっと少なければ続投やむなしではあったのですが。

  12. 西田辺
    Posted 2014年6月7日 at 12:17 | Permalink

    相手エースから3点を奪い、あのまま勝つチームなら、ホントに強いチーム。
    結果、勝てなかったんですから、そこまでの力が備わってないんでしょうね。
    何度も繰り返すんですから、偶然ではないと言う事でしょう。
    形的には8回大逆転ですけど、始めから飛ばし気味の能見も中盤以降いつ捕まるか、な状態でしたし。
    策や戦略で勝てるチームじゃないので、この程度の逆転負けは私の中では想定内。
    あの投手コーチに中継ぎ陣がグチャグチャにされた罪は重い。
    交流戦明けからの失速も、頭に入れとかないといけませんかね。

  13. ミツルハナガタ2000 さんのアバター ミツルハナガタ2000
    Posted 2014年6月7日 at 13:52 | Permalink

    途中までは、TJ風船さんとともに描いた妄想通りの試合展開。
    それが青天の霹靂の結果に。
    でも、きょうも懲りずに妄想していますw。

    • TJ風船
      Posted 2014年6月7日 at 14:34 | Permalink

      こんにちは! スミ1で「おぉっ!」となりましたが…
      妄想がメインにならないように気を付けております(笑)

  14. 熊虎
    Posted 2014年6月7日 at 14:32 | Permalink

    7回までは梅野が構えた場所にキレのいい球がどんどん吸い込まれていくようで、リードしているキャッチャーも投げている投手もさぞや気持ちよかっただろうと思います。しかし8回は能見がボール先行になり、制球が定まらなくなると梅野がどの球をどこに投げさせたらよいのか、討ち取るビジョンが失せてしまったように組み立てが出来なくなってしまいました。ここまでが能見の仕事、そこからが梅野の仕事にしなきゃいけないんですけどね。
    投手交代を完全否定するつもりはないのですが、8回の糸井の打席、能見は「いっぱいいっぱい」だったかもしれません、しかし結果は内野ゴロで全然スイングさせてもらえなかったですし、2番平野は能見が何を投げても「合う」状態だったのに対して3~5番は「全く合わない」状態でした。この打順にとって、阪神ベンチは相手がいちばん喜ぶことをしてしまったのではないでしょうか?
    おまけに、投手と同時に交代した捕手清水はリードにおいて全くダメダメでした。ストレートで押す福原は単調になりがちです。ストレートを続けるにしても早いカウントで内角を突くとか高めに釣るとかしなければならないし、カーブで緩急をつけなければ如何に素晴らしいストレートでもファールで粘られ、最後は捉えられます。清水がやったことは初球から外角に座りストレートでストライク・ボールの出し入れをするだけ。福原がうんざりして首を振って3-2からカーブを投げたけど、確実にストライクを取るのならともかくこのカウントでは次の布石にもなりません。
    とにかく外のストレート一本ではゴロかフライか三振か、討ち取るビジョンを持ちえず、打撃も期待できないとなれば、梅野主戦で行く方針を貫くのであれば残りの捕手枠は2軍との入れ替えを活発化させるべきだと思います。

  15. れいん
    Posted 2014年6月7日 at 21:42 | Permalink

    6日から9日まで4試合連続観戦する事になってて、で2試合既に負けてしまったんだが

    6日の試合は正捕手に任命された梅野を能見が育てるのに必死だったな、何度も何度も首を振って、城島や阿部が新人の頃もベテラン投手陣に育てられた時と同じで微笑ましかった。
    カウント2-0から首を振った時は一体どんなボール要求しとるねんと笑ってしまったが、まあこれも正捕手へのステップと思えばどうって事なかったが・・・
    だけどもこう言う時の投手は通常より相当疲れるんだよね。球数とかイニングとかは関係なしに、いきなり8回にあの状態になったのはある意味仕方なく能見自身も気づかないままいきなり疲労がピークに来たとしても不思議ではない。

    あのタイミングでの交代は仕方ないと思うが清水の起用に?が5つくらい頭の上で廻ってしまった。基本的に私はベンチ入りしている選手は全員戦力なので誰をどのタイミングで起用してもそれが正解と思っているんだが、明らかに梅野より能力の落ちる捕手を抑え捕手として起用と言うのは仙台での試合で選手交代しない事を散々マスコミに叩かれたのが影響しているのかも知れない。

    これ同点にでもされたら清水にすぐ廻るから100%代打やななんて会話しながら見ていたら、熊虎さんの言われる通り福原がうんざりして首を振ってカーブ投げた場面は、現場で見ていたらあの時点で初めてちょっと球場全体がマズイと言う状況になったんだよな、ああ言う風になると元に戻せなくなるし、その後盗塁された場面もセーフのタイミングを上手いタッチでアウトにしてくれなかったら何点取られるか分からない状況まで行ってしまっていた。
    当然ああなるとまず勝てる訳ないし、テレビで見ている人はまだ逆転できると思っていたかも知れないが、現場で見ているとあのカーブがボールになった時点で終わりって感じやったな。

    梅野が投手陣と阿吽の呼吸ができるまで、育てるサイドの投手陣は大変かもしれないがまあ当分はこれでいいやろ、今シーズンは梅野にくれてやっても良いんで開幕当初の様に育てるシーズンになるな。

大虎真弓 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">