二つの押し出しが響き連敗、カード負け越し

先発岩貞は初回、先頭山田のヒットから二死三塁と先制のピンチ、ここで4番畠山、5番雄平に対して連続四球、6番飯原に2点タイムリーを打たれる。4回にはエラーも絡んだ二死満塁で山田にストライク入らず押し出しで3点目、6回は二死二三塁のピンチで交代した二番手鶴が山田、代打バレンティンに連続四球でこの日二つ目の押し出し四球、4-0。打線は打線で、前日同様に好投手小川の好投の前にサッパリで、7回ようやくゴメスのソロで1点を返すのがやっと。9回に出てきたバーネットからマートン、福留の連打、鶴岡のタイムリー内野安打でもう1点返し、長打で同点、一発で逆転サヨナラという場面は作ったが狩野がポップフライに倒れて試合終了。「逆転しない程度の反撃」でもないよりはマシだが、同じような負けが続いて連敗で、またもカード負け越し。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対ヤクルト 20回戦 甲子園

ヤ | 2 0 0   1 0 1   0 0 0 | 4
神 | 0 0 0   0 0 0   1 0 1 | 2

勝:小川7勝5敗0S
S:バーネット0勝2敗11S
敗:岩貞1勝2敗0S
HR:ゴメス ソロ22号
ヤクルト:小川 – バーネット
阪神:岩貞 – 鶴 – 高宮 – 歳内
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

それにしても止まないこの時期の「来季報道」、誰の悪意か知らんが、たいがいにせいよ。

阪神 来季構想は二塁・西岡&三塁・中島 残留交渉と獲得調査継続へ(スポニチ)

えっ?これ本当にあってるの?昨日姫路球場で行われた二軍戦、小虎軍は中日に9-1で大勝したのだけれど、その試合で4打数3安打6打点の大活躍をしたのが9番センターで先発出場した高卒ルーキーの横田。ほう、盗塁は0で塁打数が12で3得点…ん?塁打数12!?1試合で3本塁打!?なんと!打った相手が、西川健太郎、川崎貴弘、矢地健人と別の3右腕か。たとえ二軍戦でも1試合3本塁打はできることじゃないよね。糸井のような身体能力という触れ込みだったが、なるほどと思わせる楽しみなニュースだ。

岩貞の初回は残念の一言。雄平への四球は微妙な判定に泣いた部分もあるが、そもそも一死三塁で4番畠山に対して闘志の部分で負けていたことがこの試合のすべてと言って過言ではない。初回、ルーキーが勇気を振り絞って、フルスイングの4番に対峙し、結果2ランホームランを打たれた2点なら、岩貞にとっての経験値も、ナインに与える影響もまったく違うものになっていた。走者を出しても、ピンチになればなるほど燃えてくる投手にならなきゃいけない。特に岩貞は制球の悪さを逆手にとってグイグイ攻めるのが持ち味なのだから、気持ちだけは負けないこと。

鶴はもうそういう立場ではないから、結果を怖がってしまったとしか言いようがない。せっかくのチャンスで開き直れなかったのが残念すぎる。

梅野もこの試合をどう捉えるか。ピンチでの梅野の構えるミットからは、投手を突き放すような冷たさを感じた。投手を奮い立たせ、持っている能力を発揮させなければならない場面では、「ここに投げなきゃ知らん」と配球だけで引っ張るのではなく、「開き直ってドンと来い」と励まして欲しい。キャッチャーはそういう時こそ投手に寄り添って、オレも一緒に責任とったる!という信頼感を演出して欲しい。梅野もチームの浮沈を背負って萎縮しているのだろうが、実際は投手を起用しているベンチの責任であって、梅野が結果を恐れる必要なんてないのだ。そしてまたルーキーだから無理もない…という形にしてしまっているベンチもいけない。せっかく成長力を武器にできていないのだから。お前のやりたいようにやれ、責任はオレかぶってやるという信頼感が見えない。今タイガースに必要なのはそれだ。

榎田、渡辺に代わって上がった高宮と歳内が揃って登板し、いい投球をした。ファームとの連携をきちんとした活かしたことでオール阪神で戦っている形を作ることができる。勝負の9月に向けて、リリーフ陣が整ってくれば面白い戦いが想像できる。

特に歳内が良かった。最終回の粘りは、8,9回を抑えた歳内が持ってきたリズムだろう。直球の走りは素晴らしく、140km/h台後半で安定していた。リズムを変えるカーブの制球も良く、カウント球として機能していたし、あれだけ低めに決められるのなら「まさか」の勝負球にしてもいい。もちろん得意球のフォークはウィニングショットになる。とにかく直球が格段に良くなったので、打ち取り方の幅が広がる。一部報道で「松田が昇格」というのもあったが、「去年の名前」より「今の調子」で正しく推薦したのがよく分かる投球だった。個人的には攻撃の最後っ屁より、歳内の投球で少し納得ができた試合だった。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

21 コメント

  1. Posted 2014年9月1日 at 07:23 | Permalink

    ファームで横田が1試合3発、それで満足です。

    一軍は全く勝てる気がしませんでした。鳥谷は髭を剃ってから元気が無いような……….

    そして、今既に来季構想を明かす意味が分かりません。選手のモチベーションを下げるだけかと!

    スタメンも代わり映えせず、黒田ヘッドがスタメン提案して「いいじゃないのぉ~」、「ダメよぉ~、ダメダメ」と拒否する和田監督の姿が想像できます。

    まだまだ、今季諦めて欲しくないです。

  2. としとまき
    Posted 2014年9月1日 at 07:53 | Permalink

    正直昨日の負けは痛かった!巨人がもたついてる今こそ大型連勝して一気にいってほしい。まだいける。ここからは精神力の勝負や!がんばれ!阪神!

  3. とし虎
    Posted 2014年9月1日 at 07:56 | Permalink

    負けてるのに阪神の選手が笑ってました。昨日も一昨日も…。
    新潟から年一回しか観戦に来れない人と昨日スタンドて会いました。
    その人たちの為にも負けても必死な所がみたいです。

  4. 虎見
    Posted 2014年9月1日 at 07:57 | Permalink

    おはようございます。私も沸々と怒りが込み上げています。チームに悪影響が無ければよいがと心配していましたが、来季の記事が出たとたん戦況がヒートダウンしてませんかね。球団のお偉方は今まで何を反省してこられたんでしょうか?タイガースの事、ファンの事、何も考えてないのでしょうか。他球団ではこのような選手・ファンの志気を下げるような記事は一切出ない、そらそうでしょう。チームの事を思い選手の事を思えば当たり前です。ベンチ・選手の気持ちが一つになって日本一は狙えるんではないですか?
    デリカシーが無さ過ぎる。何かはき違えているとしか思えません。過去も情報が出たとたん日本一、リーグ優勝が一気に遠のいて行った事がここ10年で何度かありましたよね。
    改めて頂きたいです。朝から失礼致しました。
    選手の皆さん、応援しています。頑張って!

  5. サヨナラ3ラン
    Posted 2014年9月1日 at 07:59 | Permalink

    昨日は一回の畠山へのバッテリーに
    ガッカリした。単にコントロールが悪いって風には
    見えず怖がったとしか見えなかった。
    バレンティンに対しても同じ。
    梅野はここに来て少しリードが消極的に見える。
    失敗は若者の特権だ。岩貞も梅野もガンガン行け。
    西岡セカンド、中島を獲得してサード。
    坂井が和田の続投理由は何だっけ?
    若手の積極的起用と育成を評価?だっけ。
    やはり関西は お笑いが上手いわ。ナイスコメントだな。
    中島獲得の理由は鳥谷海外流出のリスクが高いからだと
    思っているから賛否は別として
    考えられるが それにしても記事を読むと
    何とも薄っぺらいな。
    西岡残留の条件に来期のセカンドを保証?
    本当にバカなマスコミにビジョンのない
    球団だわ。
    今はベンチ、球団、マスコミ、ファンが一体になって戦う時期なのにな。
    悪意以外にない報道だ。

  6. としとまき
    Posted 2014年9月1日 at 08:58 | Permalink

    西岡、中島報道はほんまにむかつく!スポニチは西岡にぶら下がってる記者がいるやろし、阪神球団としてこの記事をほっぱらかしにしてるのはもちつもたれつの関係を維持したいためとしか思えない。中島にしてもはっきり言って今の時期どうでもええけど、鳥谷は100%メジャー(マイナー)通用せんから阪神で骨うめる事をお薦めします!

  7. 虎世界一
    Posted 2014年9月1日 at 09:17 | Permalink

    最多勝に奪三振、ホールド、セーブ、打率、打点、岩田次第で防御率のタイトル、キングとれる選手が集まっているチームでセ負け越し球団無しペース、さらに3タテいまだ未経験なので、優勝しなければいけない戦力。しかし、昨日もまさに消化試合のような雰囲気。これから松田、西岡が復帰して本来ならば楽しみなシーズンなのに去年同様失速の9月になりそうな予感です。
    向かっていく闘志が選手から全く感じないからでしょう。そういうものを作っていくのは監督、首脳陣の力。ストライクボールの判定で抗議にすらいかない、小川の時はストライク範囲が明らかに広く感じた。梅野も冷たい配球になるのも分かります。フルスイングにも前半の勢いがないしな。
    4位以下になってタイトル者阪神独占状態になれば監督は来年変わるのかな。ほな明日から闘志の塊DeNAでも応援するか。けど阪神を応援してしまうんやろな・・・

  8. 源氏
    Posted 2014年9月1日 at 09:42 | Permalink

    またいつもの季節がやって来た。首位まで0.5ゲームまできていつやってくれるのかと思えば大事なゲームはいつもの負け。気が付けば3位転落。みんな本当は知っている、こうなることを。それでも毎年、今年は違うかもしれないと応援している。3位以内は大丈夫とでも思っているのか。日本シリーズもCSもどうだっていい。願いはただ一つ。あの金まみれ球団を倒してセリーグを制覇すること。6チームでやってるなら6年に一度はなんとかしてほしい。40年来こういう思いをしている自分はまだいい。慣れてるから。でも本当に毎年期待している若者たちもいるんだ。昨日の9回裏ショートゴロの坂、一塁でなんで笑っているんだ。応援しているほうは笑えないわ。
    せめて残りのゲーム根性見せてくれ。

  9. 生野の虎
    Posted 2014年9月1日 at 09:46 | Permalink

    はっと気づいたんですが、昨日のバッテリーは新人だったんですね。勝負の事ばかり考えていてすっかり忘れていました。
    こんな大事な時に新人のバッテリーで戦っていたんですね。そう思うと過度な期待や責任はかわいそうですね。初回からアップアップしてましたもんね。
    それはそうなりますよね。ヤクルト打線の破壊力はハンパないですもん。ただ、点の取られ方に不満を感じます。昨日も書きましたが
    逃げて逃げてのファーボールにタイムリーヒット。同じ流れで押し出しのファーボール。この結果じゃ次の登板でどうなるのか?・・・
    勝負する気持ちになっていないですよね。鶴なんか毎度の事ですもんね。学習能力あるんかな~。いつまで野球出来ると思ってんねんやろ?
    周りの経験豊富な大人たち(監督及びピッチングコーチ)が、彼らに思い切って勝負出来るようにしてあげれないものか。
    私は出来るのではないかと思います。もう言葉しかありませんが、「責任は私が取る、思い切って攻めてこい!勝負してこい!」とか、なんとか・・・。
    まぁ~言っていないでしょうね。なぜかと言うと打たれた後の中西のコメントを聞けば解ります。「あんなん使えるか~。」と言っていますから。
    責任の所在はすべて選手にあるんですね。そんなん極端な話100%の結果出す選手ばっかりやったら誰でもコーチや監督出来るし、コーチも監督もいらんのんちゃうの?
    そこで思い出した言葉があります『親がアホなりゃ子が泣く。』どこに責任があるのんか?言うたらそれぞれにあるんですね。選手も自分の事やから
    ちゃんとしっかり考えて行動して欲しい。ながいグチになりました。スイマセン・・・(笑)

    PS最後にもう一つ昨日ラジオを聞いていて、6回山田の時の交代場面で解説の下柳氏が「山田って右ピッチャーの方が対戦打率いいんですよね。」
    と言って笑っているのが印象的でした。(笑)

  10. 阿太郎
    Posted 2014年9月1日 at 09:52 | Permalink

    阪神子猫ちゃんズに改名すればー?

  11. ガク
    Posted 2014年9月1日 at 10:05 | Permalink

    明日からのベイ戦が気がかりです。
    チームの勢いが違う、グリエルに続き筒香も復活するそうな。
    阪神は好材料があまりありません。斎内好投は嬉しいですが。あと松田君の復活を望みます。
    下手するとベイに逆転CS進出許しかねないので明日から気の緩みなく戦ってほしいです。

  12. 英くん
    Posted 2014年9月1日 at 10:07 | Permalink

    来シーズンの監督問題や選手獲得の報道には、それが本当や嘘のことであれ今、優勝を目指しているチームを考えると本当に腹が立ちます。
    昨日の試合は新人とエース対決でやはり苦しい試合になりました。
    岩貞に関しては新人で、まだ未知数ですが鶴の投球は残念でした。
    鶴は技術的なことではなく心理面で課題があるのかと思いますが何とか頑張ってもらいたいです。

  13. 大虎真弓
    Posted 2014年9月1日 at 10:42 | Permalink

     中西コーチのせいなのか?分からんが今ピッチャーが皆ビビリで面白くない。
     中日も悪名高い友利コーチが横浜から移った途端ピッチャーが最悪になった。
     逆に横浜はピッチャーが生き生きして読売に勝ち越している。
     指導者一人でこんなにも違うものなのだとまざまざと感じた。
     キャッチャーのサインなど見ないでベンチばかり気にしていたあの歳内が
     結婚を機に何か踏ん切れたのだろうか?
     昨晩見たピッチャーの中で一番輝いていたのがせめてもの救いだ。

    • 大虎真弓
      Posted 2014年9月1日 at 15:08 | Permalink

       振り向けばキヨシ!
       明日からの3連戦を勝ち越せなければ今年の優勝はない。
       各自苦手なボールのチェックと克服のための練習を怠るな!
       特に梅野をはじめ外スラの打てない選手は建山に臨時で投げさせて
       打てるイメージを作れ。
       高めの速球の打てない上本、大和、鳥谷、ハヤタはバットの軌道の見直しを
       しっかりしてくれ。
       バッテリーは打者ごとの情報を共有して投球間隔が長くならないようにして欲しい。
       ここからが本番と思い各自何ができるかを自問して試合に臨んで欲しい。

  14. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2014年9月1日 at 10:49 | Permalink

    昨日はジックリ見る時間がなかったんですが、マートンの髭ダウンサイジングしてません?
    まぁ、さすがに暑苦しくなってきたのかも。
    見間違えだったらゴメンナサイ。

    岩貞にせよ、鶴にせよ、誰にせよピッチングに「逃げ」やら「やり過ごしたい」と言う気持ちが見える。
    だけど、それを投手やバッテリーだけの所為にしてはいまいか?
    ここの所の空気を作り出してるのは、反発力の無い打線であり引いてはベンチではないのでしょうか。
    選手の力で好位置にいたものの、いざ勝負時と言うところで全く機能しないのは、ベンチワーク以外
    何物でもありません。
    明日から4位ベイスターズとの対戦。
    数字上は5.5ゲーム差と余裕があるように見えますが、試合消化数が6、負け数が2違うだけなので、
    見た目ほど楽な数字ではありません。
    いい加減この崩壊寸前状態を脱しないと、本当の大崩壊が待っている気がしてしょうがありません。
    気弱な阪神ファンの杞憂なら良いのですが・・・。

  15. 夢 さんのアバター 寿
    Posted 2014年9月1日 at 11:05 | Permalink

    いやはや、今度 追いかけるのはカープですか、辛いですね~~!!

    明日から勢いのある4位DeNAと3連戦、ゲーム差5.5。
    勢いのあるチームと勢いのないチーム・・・辛いですね~~!!

  16. 金沢の虎
    Posted 2014年9月1日 at 12:13 | Permalink

    この時期の関西マスコミは誰の味方か、或いは敵か分からなくなる事は毎年の事ですからね。商売が絡むからしょうがないのかも知れませんが、流石にこんな記事はやりすぎでしょう。

    西岡にはセカンド、中島にはサードが、来年の規定路線のように書いてありますが、誰がどう見ても上本、今成はよくやってますよ。来年以降も是非期待したいと思える選手達ですがね。

    競争原理を煽る。言葉は勇ましいですが、本当の競争と言うのは、今いる一軍のレギュラーに力をつけた二軍の若手が挑んでレギュラー達も負けじと研鑽を積む。と言う事ですからね。

    その中でどうしても足りないポジションだけは外部からの補強するのは仕方ない事ですが。この球団のオーナー、GM様始め首脳陣は未だにそこらも分からないらしい。

    十年前までのジャイアンツの凋落と現在のカープの躍進を見れば素人でも分かりますよ。カープの今シーズンの最大の補強はFAの補償で来た一岡ですからね。つまりドラフト以外は殆ど補強らしい事はしてませんから。

    阪神球団の首脳陣はこの状況をどんな風に見ているんでしょう?TVゲームの様に毎年金にものを言わせて選手をかき集める風潮、何とかなりませんかね?第二、第三の狩野を作りたいのか?どうせ昔のジャイアンツみたいに使いこなせもしないのに。昔のバブル時代に世界中からひんしゅくを買った日本人投資家達みたいですね。

    そんなの村上ファンドで懲りてないのか?

    マスコミ相手にファンサービスのつもりか早くも続投まで明言しちゃったオーナー。昔の野村元監督と久万元オーナーではないが、タイガースが本当の意味で強くなれない理由は貴方にある。

    誰か本人に言ってくれないですかね。

  17. こうさん
    Posted 2014年9月1日 at 13:35 | Permalink

    6月の中盤戦から「試合後半の、この投手が良かった」が続いている気がする。
    もう、そんなことで気持ちを落ち着かせて、負け試合を無理やり飲み込んでる時期じゃない。
    「勝つか負けるか」のみ。
    「勝てないタイガース」それだけのこと。
    やっと長い初回の攻撃が終わり、2回だったか、岩貞が、またランナーを出した時の「ゴメスの怒りを押し殺した顔」が映った。
    初回で負けを予想した人もいただろうが、俺は、あのゴメスの顔を見て「またチームがバラバラになってんな…」って思った。
    「負けたから」の意見じゃない。
    「やっぱり優勝は遠いな…」って思いながら試合をしてる気がする。
    「左右に最後まで拘って優勝を逃した監督」が、来期も監督になって、左右病が治るんだろうか。
    中西も残る、福留もスタメンで残る…。
    江川と掛布、2人のライバルは、ベンチに入れずに終わるんだろうか。
    9割方、完成した冷やし中華にカレーをかけられたようなモヤモヤが残る月曜日。
    和田氏での優勝を望まない俺が苛立つのは、おかしな話だが、本当にベイに捲られそうだ。
    残り試合数で上ばかり見てると、試合数が多く残るベイに捲られるわ。
    メッセが登板する試合で負けたら、終わるんだろうか。
    まさかCSに残った時に、関本の引退をネタにしないだろうな。
    重いなぁタイガース…。

  18. とらぽるた
    Posted 2014年9月1日 at 14:02 | Permalink

    気が付けばいつもの秋の風景が近づいていました。
    違うのは常勝軍団も戦力整わずもがいていること。ファンと一体となった赤い軍団の勢いもすごいが、エルドリッジ絶不調、バリントン抹消に加え躍進のキーマン会沢の離脱は痛い。
    取り敢えず、明日からの東京ドーム首位決戦だけは頑張って頂きたいと利己的なエールを送っておこう(苦笑)
    さて、我がタイガースは混セの立役者・絶好調のキヨシ軍団を迎え撃つ。恐れていても仕方ない。上本・大和・今成・隼太・梅野、新チームの成長を見せてくれ!
    取り敢えず、投手(メッセ・岩田・藤浪)は揃っているし、筒香の復帰は次戦らしいし・・・
    週末の今季最後のナゴド観戦を楽しいものにしておくれ!

    ファームの横田君か。これくらいで騒ぐの阪神ファンだけだからね。守備を徹底的に鍛えろ。少しくらい足が速い、肩が強いで守備が上手いと勘違いするな。打撃は一軍の投手を打たないと上達しないけど守備はファームでも鍛えられる。
    だからプロ三年目で隼太のあの守備は恥ずかしい。本人の自覚が足りないのは確かだがファームのコーチは猛省すべし。それより緒方はどうなってんの?!

  19. らんとら
    Posted 2014年9月1日 at 20:02 | Permalink

    久しぶりの投稿です。
    今年も失速か?と思わせるような、昨日の試合。そして、何でこの時期にと毎年思う、来期の報道。
    何で、阪神ファンやってるんだろ…って思いながらも、やめられない、ジレンマの季節がまた、やって来てしまったのか?

    本当に、明日からのベイ3連戦は、今期を行方を左右する試合になりそうです。なにしろ、一方では、讀賣vs広島の対戦。どうなるかは、分かりませんが、どちらかは2勝以上するでしょうから、阪神がベイに負け越せば、離されるばかり。ベイを3タテすれば、かなり、接近するはずですから。

  20. なかっち
    Posted 2014年9月2日 at 00:01 | Permalink

    9月に失速するかしないかはタイガースファンとマスコミ次第。プレッシャーかけすぎ!私も含め(笑)
    マスコミのこの時期の来季人事は毎年恒例!今更騒いでも仕方ない。2003年も2005年もあった話!

    ファンはピッチャーにプレッシャーかけすぎ!ヒット打たれただけで
    『あぁ〜!』
    ってため息。
    クルム伊達公子の気持ちがタイガース投手陣には痛いほどわかるのでは?(笑)

    タイガースファンが選手のやる気を削いでるのでは?

らんとら に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">