岩貞好投、江越殊勲打、完封リレーで連勝、勝ち越し

2年目、プロ1勝、今季未勝利のタイガース岩貞と、8年目で初登板というマリーンズ植松、両左腕が先発。2回ウラ、二死走者なしから今成が四球、江越があわやホームランという中越えタイムリー三塁打でタイガースが先制。岩貞は序盤走者を出しても落ち着いた投球を続け、植松はスローカーブやナックルを配した投球で的を絞らせず、試合は意外にも投手戦になり、1-0のまま終盤までもつれ込む。7回表二死から走者二人を出したところで岩貞から安藤へスイッチ。継投が成功してピンチを切り抜けると、直後タイガースも二死走者なしから大和ヒット、鳥谷四球と、この回から登板した2番手上野から同じように好機を作る。ここで上本が前進態勢のセンターを越え、フェンスまで届く2点タイムリー二塁打で3-0と大きな追加点。8回を高宮、福原。9回を呉昇桓と繋ぎ、完封リレー完成。連勝でカード勝ち越しを決めた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

対ロッテ 3回戦 甲子園

ロ | 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
神 | 0 1 0 0 0 0 2 0 x | 3

勝:岩貞1勝1敗0S
S:呉昇桓2勝1敗15S
敗:植松0勝1敗0S
ロッテ:植松 – 上野 – 香月良
阪神:岩貞 – 安藤 – 高宮 – 福原 – 呉昇桓

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

3試合で1勝4敗くらいのイメージだった千葉ロッテ戦だが、不思議なことに2勝1敗と勝ち越した。まあいろいろあったけれど、中堅若手が力不足を露呈し、競争状態が生まれなかった状況に、ちょっと変化が見えてきたような3連戦になった。

小宮山、隼太が抹消で、岩貞と江越が登録。二人揃ってお立ち台、良かったね。でも夏場の捕手二人、しかも大ベテランだけはまずい。今の打撃の調子なら、終盤のチャンスでは代打を出したいだろうし…。

前回登板ではいいところがなかった岩貞が別人のような投球を見せた。どうして突如として制球力が良くなったのだろう。この日が「針の穴をも通す」小山正明デーだったからかな。
初回先頭清田ヒットから始まり、一死一二塁からの今江、クルーズ。3回は一死一三塁からの角中、今江。低めのコーナーにクロスファイヤーとカットボールを集めつつ投げ分けた投球が見事だった。

ビックリ0封1勝!阪神・岩貞、甲子園初星&初お立ち台(サンスポ)

「フォームを一からやり直すつもりだった」とヒーローインタビューで語っていたように、ふりだしに戻る予定が、すぐにチャンスが回ってきた。この試合か、またはこの試合を中5日でメッセを使うなら次の試合が谷間になる。ここで誰に投げさせるのか。二軍で好調、先に2イニング好投した山本を使うのかとも思ったが、本人やり直しのつもりの岩貞をひょいと上げたのは誰のどういう判断だったのか。結果が良い方に出てスマッシュヒットになった。

気合いと根性でどうにかなるという話でもなかろうから、もともと持っている力が発揮できたということだ。「何度目の正直」なのか場数を踏んだこと、そして、やり直しも何もなく、ここでダメならおしまいという危機感が、メンタル面で良い方に出た。ここまでピンチでも動じず、冷静に投げられる岩貞を初めて見た。
これで横山、藤浪とローテーション内で競い合うようになってくれたら言うことないよね。ドラ1が3期連続で揃うんだよ!あの阪神で。夢みたい。ぜひともそうあってほしいわ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

25 コメント

  1. Posted 2015年6月5日 at 09:54 | Permalink

    岩貞、江越の九州お隣県出身同士のフレッシュなお立ち台は通快でした。

    正直期待してなかった岩貞はコントロールが良くストライク先行のピッチングで安心して見ていられました。7回にやや疲れましたが、救った安藤のリベンジには痺れました。

    相手8年目で初登板の植松も苦労人、高校時代は「中田翔の好敵手」ともてはやされた事も忘れられる程ケガなどに泣かされやっと廻ってきたチャンスであり、心の中では「頑張れ!でも打たれろ」みたいな複雑な心境でした。

    打線は今成が入ってやや活気が出て来ましたが、マートンがことごとくブレーキになってしまい、あっぷあっぷの植松を助けてしまいました。

    江越の打球はセンター清田が落下点に入ったかに見えたけど、風に乗りぐんぐん伸びて、あと2センチでHR、惜しい!
    思い切りの良い打撃は見ていて気持ち良いです。

    大和も打撃が上がって来たので、個人的には好調上本と1、2番を打たせ鳥谷を3番へ、マートンを二軍でリフレッシュさせ外野を江越・大和・福留で固めるのもアリかと思います。
    和田監督の勇気ある決断が待たれます。

    さあ楽しみな日ハム戦、難攻不落の大谷や、有原vs横山の「ハズレ1位じゃねーぞ対決」面白そうです。

    • グラストン
      Posted 2015年6月5日 at 11:46 | Permalink

      江越、大和、福留
      賛成です!
      話し逸れますが、同じ関西のオリックスバファローズなんかを見てると凄い阪神とチーム環境が被るんですけどね~(^^ゞ違うのは借金の数と監督が責任を取った事ですかね。

      ん~、でも阪神は言うても層はまだ厚い方だと思うのでまだまだ選手を入れ換えて打つ手はいくらでもある。やる事やってこの結果では無いでしょう!
      何かの間違いが起きて狂ったかの様に和田監督が思いきった采配、決断
      しないかな~(^^ゞ

      『勇気と覚悟』ですよ!

    • とし虎
      Posted 2015年6月5日 at 13:26 | Permalink

      機動力野球が出来そうな面白い打順ですね。賛成します。

    • Posted 2015年6月5日 at 17:20 | Permalink

      グラストン様、とし虎様、返信ありがとうございます。
      1上本
      2大和
      3鳥谷
      4ゴメス
      5福留
      6今成
      7江越
      なら、ゴメス以外は機動力も使え面白いと思います。レフトが慣れていない江越でもマートンよりは守れるでしょうし、「センターしか守れない」では一軍では生き残れないでしょう。
      メッセの例もあるので、マートンには是非リフレッシュを!
      いろんな期待があったので、今日の中止は残念。

  2. 虎一筋50
    Posted 2015年6月5日 at 10:08 | Permalink

    昨年の上本大和の一二番は確かに機動力的には機能すると思いますがう〜んって気がします…それよりマートンですね!元来メンタルコントロールの下手な選手だが今年は明らかに調整不足及び技術的にもそろそろ限界かも…第3の野手外国人補強もよしチャレンジ枠として若手を競わすのもよし!

  3. 西田辺
    Posted 2015年6月5日 at 10:13 | Permalink

    先日テレビの解説で、元阪神監督(現楽天SA)の星野さんが
    「若手は上げたらすぐに使わないと。冷蔵庫に入れてちゃダメ」と仰ってましたが
    まさに新鮮な二人の活躍で、この大乱戦カードを勝ち越しました。
    言われてからじゃ遅いんですけどね(笑)
    この3連戦で、双方一番不安視された昨日の両先発。
    あに図らんや一番締まった内容になったのも野球の面白さ。
    上本の調子が上がってきた、ようにも見えるが割とフリーで打てる時に打っている印象。
    あれこれ絡みそうな場面では、まだ色々考えてダメっぽい。
    やっぱりこの子、一番バッター体質なんでしょうね。
    早く戻してくれませんかねぇ。
    今だったら、上本-大和-福留-ゴメス-鳥谷-マートンでも面白いと思うんですけどね。
    さぁ今日から甲子園に残ってパリーグ首位の日ハム戦。
    予想先発も吉川-大谷-有原の「表ローテ」。
    特に大谷は7連勝と抜群の安定感。
    ぼちぼち、「何でもストッパー」の本領を発揮して欲しい所ですね。

  4. ガク
    Posted 2015年6月5日 at 10:37 | Permalink

    2戦連続とんでもない試合だったので昨日は?と思ったら、なんと普通の試合展開もできるじゃないですか、なんか物足りなく思ったりして・・・(^-^;
    でも内容はルーキーや苦労人投手の活躍等もりだくさんでした。
    しかし8年目でプロ初登板とはロッテ球団が我慢強いのか植松の潜在能力がよほどなのか?
    昨日のピッチングを見る限り潜在能力がやはり高いのでしょうね。
    植松が阪神にきていたら8年目にはもういなかった気がします。
    でもうちも苦労人島本がいますから負けずにがんばれ!

    岩貞ナイスピッチング!昨日みたいに腕を振って右打者の内角をズバズバ突けば早々打たれない。安藤も久々ナイス火消し!マートンは大分心配だけど。
    さぁ今日から5連勝の日ハム!週末3連戦はいつも負け越してるけど今度こそ勝ち越してくれ。

  5. こうさん 
    Posted 2015年6月5日 at 11:32 | Permalink

    まさかまさかの勝ち越し。読売は「底から形にしてきた」がタイガースは「気が付いたら形らしきものが出来上がって勝っちゃってる」感じ。

    けどドラマチック漫画チックな試合の影に隠れて、これが和田君の「改革の仕方」だったとしたら……。じわりじわりと改革しているとしたら……。鳥谷とマートンに着手したらホンモノ。
    上本を3番にしてほしいなぁ。和田君はマートンを2軍には落とさないだろうし無理か。鳥谷も「高い年俸だから弱音は吐けない」だろうし、和田君は「高い年俸もらってるんだから」って考えだろうし。
    けど、あの長打を見て何も感じないなら和田君の改革は始まっていない。鳥谷は自分から言わないと。それが次代のショートを作ることに繋がり、鳥谷も長く生きられる道だと思う。
    これだけは言いたい。ベテラン捕手が怪我をしてから梅ちゃんを上げるのは絶対に間違いだ。「しょうがなく梅ちゃんを上げて、しょうがなく梅ちゃんを使う」なら上げない方がいい。今シーズンは梅ちゃんに触らないでくれ。

  6. グラストン
    Posted 2015年6月5日 at 11:34 | Permalink

    ある意味、昨日の岩貞と江越の活躍が逆に首脳陣らが教えられる事があったんではないかと思います。
    若手らからのメッセージですね!
    目が摘んでる所に目を背けてはならないと。

    トラオさんが仰る様にあの阪神が三期連続でドラ1が揃い踏みとはほんまに夢みたいですね!まだまだ夢の続きを見たい限りです。

    正直、岩貞はドラフトで外れ一位で確か日ハムとくじ引いたんですよね?あれが日ハムに行ってたら結果的にひょっとしたら阪神よりは活躍できたんでは無いかと前から勝手に思って見てました。がしかし昨日のピッチングを見て今後に期待を持てますし岩貞自身を助けたし阪神も助けられた様な気がします!

    これからもどんどん元気な若手を使って活気
    を出してかき回して行けばナンボでも雰囲気も良くなるしまだまだペナントレースもわかりませんよ!そんな野球をしてほしいです。

    後、マートンはもう正直厳しいと思います。
    凡退して笑ってる様ではもういいでしょう!
    フレッシュマンを使いましょう!(^o^)v

  7. 生野の虎
    Posted 2015年6月5日 at 11:52 | Permalink

    岩貞調整してきましたね。もともと上半身に頼った投げ方で肩を振りすぎてコントロールを乱していましたが、力を抜いて上と下とのバランスを合わせて投げていましたね。
    藤浪と同じようなタイプだと思うのでお互い参考にしながら行ければいいですね。

    先日、桑田真澄氏が試合の解説で言われてましたがピッチヤーはやっぱりコントロールが
    一番大事で下半身主体で投げれないとコントロールが付かないとか・・・。
    そして下半身主体でないと腕も振れないと。腕は振るものではなく、下半身によって振られるものだそうです。技術はもちろん実績も凄いし、理論もしっかりされていて、説明もまた上手い。
    こんな話を聞いていたら思わず阪神のピッチングコーチになってくれへんかな~と思ってしましました。

    マートンなんですけど、打席に立つ度にタイミングを代えているのは解るのですが、凡退した後の半笑いを見るとだいぶ重症ですね。
    年齢的な事も考えて今後の野球人生に影響がなければいいですが・・・。

  8. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2015年6月5日 at 12:35 | Permalink

    岩貞投手、ストレートとスライダーはそこそこいい球投げるけど、それだけではねえ・・・と思ってたんですが、昨日はチェンジアップが何球かいいところに決まってましたね。
    本人も130キロ以下の遅い球が欲しいと言ってたそうですが、あの遅球を有効に使えるようになれば、幅が広がって結構やれるのではないかと。

  9. なかっち
    Posted 2015年6月5日 at 12:36 | Permalink

    ドラ1揃い踏みができたらほんまに最高ですが、それだけやなしに、岩崎、岩本、秋山にもチャンスをあげてほしい。

    今度能見がダメなら、それこそ若手を次回から使ってほしいですね。

    マートンは確かに重傷ですが、使い続けるでしょうね。

    江越はセンター以外は守れないので、大和、福留との外野は個人的には無理やと思いますね。

    マートンを外すなら狩野を使ってほしい。この人も苦労人ですから。

    • 駒トラ
      Posted 2015年6月5日 at 21:01 | Permalink

      えー? 前回の能見は、だめでしたっけ。??
      他のみなさんも言ってたかと思いますが、交代の時期を誤ったのでは、ないでしょうか。

      • こうさん 
        Posted 2015年6月5日 at 21:11 | Permalink

        駒トラ様に激しく同意。指を痛めた?であろう能見に負けが付いた試合でした。その日に書きましたが中村から三振を奪った時点で「能見お疲れさま❗」でした。

    • なかっち
      Posted 2015年6月5日 at 21:48 | Permalink

      交代の時期を誤った?私はマツダスタジアムで能見の完封勝利を見届けました。
      しかし、今年の能見は良いとは思いません。

      去年同様に粘りがありませんから。

      岩貞や横山のように7回位で変えないといけない状況なら、若手を起用するべきでは?

      能見にはエース級の活躍をまだまだ期待してます。それが出来ないのなら、若手にチャンスを与えるべきやと思いますね。
      実際勝ててませんから。

      • こうさん 
        Posted 2015年6月6日 at 04:37 | Permalink

        なるほど。駒トラ様が、どういう考えかは分かりませんが俺の思いを書きます。
        能見に完封や完投を求める、そして、それがエースの条件なら、なんの反論もありません。思いは個人の自由だから。けど、能見より年下の鳥谷に体力の衰え(或いは不調?)が表れてる現状。俺は能見には6ないし7回まで投げてもらえれば充分という考えです。しっかりした中継ぎを確立できてないベンチのことは、また別ですが。
        能見も鳥谷も年数は違うが複数年契約。「契約されてる年までは、しっかり働くから、その環境を整えてほしい。」という考えがあるように思います。もちろんプロですから、自分に不利な発言はしないでしょうが。
        来季は能見もアラフォー。この分業制の時代に能見に求められるのは「試合を作ること」だと思います。7回1失点でマウンドを降り「これぞエースの仕事❗」と賛辞される広島の黒田投手のように。もちろん完封、完投してくれるのは嬉しいですが「前回登坂の西武戦は、勝ち投手になってたんじゃねぇの?」という考えは変わりません。来季も能見には投げてほしいですから。
        二人のやり取りに割って入って、すいませんでした。

        • こうさん 
          Posted 2015年6月6日 at 04:41 | Permalink

          登坂→登板でした。

  10. 虎っしー
    Posted 2015年6月5日 at 12:40 | Permalink

    阪神には珍しく接戦から駄目押しで快勝とな!?
    岩貞にはまず謝らなければ…
    勝って儲けもんみたいな言い方して申し訳ありません!!

    昨日は下半身がどっしりと地面に着いている感じがして躍動感が有りました。前回は本当上半身だけで投げてる感じでしたが、1度火がついたら燃え続けるロッテ打線を7回2/3無失点は花マルですわ!
    ヒーローインタビューでも藤井の事やもう後が無いと思って投げたという部分に感動を覚えました。

    打線の方が以前に比べて動きが出てきた気がします。3番打者が繋げれたら結構良い打線になりそうな気がするのですが、マートン…
    50試合超えて、打率250前後、ホームラン0はヤバいです。
    打席に立つマートン自身からもどうしたらいいかもうお手上げのような雰囲気が見えます。
    ここは休養も兼ねて下に行かせるべきだと思うのですが…
    他チームならこの成績で即降格でしょうし。
    阪神最高年棒に超実績の選手ですがここは逆にマートンの事を思って下に下げてあげて欲しいですね。

  11. 京都
    Posted 2015年6月5日 at 13:42 | Permalink

    私はマートン不要を強く訴えたい。
    なんなら外国人野手不要派です。投手の場合は、何人いても良いし、外国人優遇がないように思うから。
    マートン選手は、最多安打や首位打者のタイトルを獲得した選手ですが、私には、それほど打っている印象がないのです。トータルでみても、助っ人とは思えない。マートン在籍中、優勝もしてないし。
    神様バース様みたいなのはいてもらっても良いですが。
    タイガースは、昔から、外国人を使わな損、みたいに毎年のように連れてきますが、当たりかハズレ、の賭けをするなら、ドラフト指名した選手に賭けてみても良いのに、と思います。日ハム 中田、西武 中村・森、ソフトバンク 柳田、ヤクルト 山田、横浜 筒香、その他いろいろ、と他所には高校出の良いのがいますね。この先もどんな選手になるのか楽しみな選手が。これらの選手は、最初から今の活躍をしたんではないですよね。1、2年段階を経て。中田なんかは、何十打席ノーヒットでも使ってもらって今がある。
    タイガースでは、掛布ぐらいじゃないかな。他が羨むような選手は。
    高校の時無名でも、大学、社会人に行ってからドラフトの目玉になったケースはいくらでもある事を思うと、とにかく我慢して使って欲しいですね。外国人枠の二つを、若手に。ひょっとしたら、何年後かにはマートン以上の選手に、なんなら、バース以上の選手になるかもしれないのに。

  12. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2015年6月5日 at 14:09 | Permalink

    岩貞ナイスピッチでした。
    前回のピッチングで全く駄目だと思ったのですが、正直よく使ったし
    よく勝ったと思います。いやいや阪神のドラ1も負けてません。

    それにしてもあの第一戦から始まってカード勝ち越しできるとは。
    野球恐るべし。

    今日は雨が降り続く感じですが、どうでしょうね。
    機動力が使い辛くなるので、難しいゲームになりそうです。

  13. としとまき
    Posted 2015年6月5日 at 15:26 | Permalink

    昨日ももちろん現地観戦でした。
    みなさん書かれてますが私もみなさんと同じくマートンは暫く二軍でリフレッシュさせた方がいいと思います。是非和田監督の積極的な決断を期待してます。

  14. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2015年6月5日 at 15:54 | Permalink

    岩貞の喜びようが超カワユイ(^_-)-☆
    投手戦の締ったゲームで見ごたえありました。
    今日は雨でも試合するとか。誰も怪我の無いように祈ります。

  15. hattwun
    Posted 2015年6月5日 at 20:22 | Permalink

    やれば出来るじゃないですか、普通の試合。両先発の生き残りをかけた魂のこもった投手戦、見ごたえがありました。いろいろあったけどカード勝ち越し、浮上の切っ掛けになればいいのだけれど。

    岩貞投手、ナイスピッチング。右打者の外角のチェンジアップ?がとてもよかったように思います。次の登板は敵地でのソフトバンク戦でしょうか、ローテ定着をかけた試練がまだまだ続きますが、結果を恐れず捕手のミット目がけて腕を振ってください。期待しています。
    江越選手も昇格すぐに結果が出てよかったですね。フレッシュな活躍でチームに勢いをつけてください。

    マートン選手の処遇について。自分もファームで徹底的にフォームのチェックをするべき時だと。難しい理論はわかりませんが、各解説者がトップの位置について指摘されています。掛布DCも同じことを指摘されてましたので、リフレッシュを兼ねて一度抹消すべきと思います。

    今日の中止は、リリーフ陣にとって良かったと思います。明日は大谷投手が先発みたいですね。楽しみな一戦です。

  16. れいん
    Posted 2015年6月5日 at 21:36 | Permalink

    なかなかフレッシュなヒーローインタビューで良かった。


    今日も早くから中止決まっていたので投手陣はゆっくり休んで貰って明日以降に備えて貰いたい。


    マートン不要と言うのが今日の論議の焦点の一部になっているが、私も随分前からマートンは不要なんでとにかく早めに下で調整、回復しないなら今期は上げないくらいの覚悟で。

    ただ下の外野手の誰を上げても全員守備固めが必要なんで、最後まで守れるのは誰になるのかどんぐりの背比べから抜け出せる選手がいるのかどうかによって、足の使える田上なんかの存在も大きくなる。


    現状大和は1盗塁、藤川は盗塁0、阪神の中で足の速いと言われていて開幕から1軍にずっといる2人がこれでは1点もぎ取って勝利する図式は描きにくい、マートン下げる事による効果はかなり大きいとは思うが。


    3塁に今成が先発する事によって、守備固めのメンバーが少なくなっているが伊藤が落ちて江越が上がった関係でやはり左打ちの野手が一枚足りない、さてその場合誰になるのか、私の中ではあの選手だが・・・。


    和田氏もマートンと心中し中途半端な成績で今季で監督の座から追われるか、マートン外して(外して本当に勝てるかは置いておいて)首位争い、あるいは優勝してファンから和田は辞めて欲しいと散々言われながらも来年も監督の座にいるのか、それ以外の形で今年が終わるのかまあ見ものである。

  17. hattwun
    Posted 2015年6月6日 at 02:21 | Permalink

    千葉ロッテ戦の思い出の続き。
    2006年。先発杉山投手の雨中の試合。4点先制するも3回に2点返されなお無死満塁のピンチ。ここでリリーフにたった能見投手が3者三振でピンチを脱出。で、5回終了後、降雨コールド。
    2005年。初回に5点先制するも7回表に6-6の同点に追いつかれたその裏。1死2塁で金本選手敬遠に対し今岡選手が怒りの本塁打。
    いろいろありました。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">