効果的な加点で連日の完勝

広島先発は新人薮田。初回福留の2ランで先制、さらに3回は二死からゴメス四球、マートン中前(ゴメス好走塁)の二死一三塁から、今成二塁へのタイムリー内野安打、江越左線タイムリー”ポテン”(好走塁で二塁打)で2点を追加、4-0と優位にした。阪神先発岩貞は初回から苦しい投球が続き、3回に丸に本塁打、4回途中、エラーも絡んだが満塁のピンチを作って岩本に交代。その岩本、ロサリオに押し出し四球と危ぶまれたが、新井を三振でピンチ脱出。5回、6回は危なげなくまとめ、広島の追い上げムードを封じた。7回表、、広島2番手戸田が2四球の乱調、3番手一岡からゴメス、マートンが連続タイムリー二塁打で3点追加。9回にも代打狩野の右前タイムリーでダメを押した。大きなリードがあったが安藤、福原、呉昇桓のリレーで反撃の気運を作らず、前日と同じ8-2の完勝。連勝で、”貯金ツアー”は勝ち越しのスタートとなった。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

対広島 14回戦 マツダスタジアム

神 | 2 0 2 0 0 0 3 0 1 | 8
広 | 0 0 1 1 0 0 0 0 0 | 2

勝:岩本2勝1敗0S
敗:薮田1勝2敗0S
HR:福留ツーラン16号、丸ソロ13号
阪神:岩貞 – 岩本 – 安藤 – 福原 – 呉昇桓
広島:薮田 – 戸田 – 一岡 – 江草

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

と、まあ”戦評”はごく穏当にまとめてみたけれど、どうにもモヤモヤする試合だった。いや打ってジャンジャン点を取って勝ったことは喜ばしい。優勝への道とは、「打った」「勝った」の積み重ねだから、結果だけ見て喜ぶのもいいけれど、まったく「問題の解決」に向かおうとしない一つ一つの采配に、「知ってる。知ってるけどイライラを抑えられない」となってしまう。打った、勝ったは、相手の投手や相手守備力との兼ね合いのことでしかないからね。

広島は4失点の薮田に6回まで投げさせた。立ち上がり腕が振れなかった新人だったが、4回から6回までの投球は本来この投手が持っている力を出すことができていた。結果は4失点で敗戦投手だが、今後ローテを担う投手となり、阪神打線を抑えていく転機の登板になったかもしれない。一方の岩貞も似たような投球だった。でも薮田と違い、得点を許さなかったり、2点目を防いだりしていた。味方に足を引っぱられた4回ウラも満塁としながら、前の打席でホームランを打たれた丸を空振り三振に退け、二死まで来た。そして打者がロサリオ、新井と続くところで岩本に交代となった。

和田監督の采配がズバズバ当たって、左投手の岩貞が左打者の丸を三振に、そして右投手の岩本が押し出し四球は一つあったが右打者の新井から三振を奪って大ピンチを脱出。大きなリードだったが、最後はオートマチック勝利トリオで盤石の試合運びをする積極的勝利主義。もちろん皮肉だ。

岩貞に少なくともあと1アウトを取りに「行かさない」で、どうやって彼にローテの一角を担う投手に育てるつもりだろうか。リードを失うワケにはいかない?そんなのは試合展開がたまたまそうなったというだけのことで、岩貞を投げさせた時点から、ある程度は「打」で勝機を引き寄せなくてはならないというのは想定内。「5回3点」せめて「4回2点」も想定できずに、どうやったら一軍のマウンドで本当の力をつけていくことができるのか。ましてや偶然とはいえ、丸から三振をとって、あと一人で一死満塁を切り抜けられるか、それとも力が足りずに打たれるのか、意識しすぎて押し出すのか、結果を急ぎすぎて最悪の逆転グランドスラムを放り込まれるのか。ナインみんなで励まして、あと一人岩貞に勝負させないで、何が先発登板か。

いや問題意識がそこにないならいい。ここは単に谷間であり、今後もいる投手たちで適当に埋めていくだけというのなら、それは非常に高い意識からの判断なのだから。あの丸との対戦こそが、この日ギリギリ我慢できた「岩貞の成長機会」だったのかもしれない。でも私には積極的勝利主義という名の臆病政策、本当に勇気を出してやるべきことを棚上げにしているだけのサボリにしか見えない。

この日の公示で、関本(体調不良)、上本(左腰打撲)、小宮山(元捕手が3人もいるから保険の捕手要らん)を抹消。岩貞、中谷、荒木を上げた。AFO投入もそうだが、5点リードの9回、代打狩野の場面で、中谷使って何か困るだろうか。もちろん狩野はナイスタイムリー、立派。でもここで点が入らないことで何か問題でも?あるいは最後の守備固めでもいい。スキをついて使うという姿勢があいかわらずまったく感じられない。使っても使わなくても同じなら、使うのだ。なぜなら、出て当たり前の選手と、出ること自体が大騒ぎの選手とでは、同じプレーイングタイムでも得られる経験値がぜんぜん違うからだ。それをやらないのもまたサボリ。

さて、相手との兼ね合いとはいえ、3割が射程に入ってきたマートン、右へ強い打球を打ったゴメス、久々快音の福留、やや感じが出てきた鳥谷と、主戦に当たりが出てきたのは良いこと。そして江越、打点が取れているのは素晴らしいね。大和が少しずつ心のリハビリ中。しかしあのエラー、大和も正直すぎ。流れで一塁に投げていれば、よくある「ホントは離れているけど流れでアウト」になっていたろうに。ただやっぱり守備は練習してないだろうにうまいね。9回の菊池の二ゴロ、捕球から送球までの速さったら、吉田義男かと思った。吉田義男のプレーは見たことないけど(笑)。

移動ゲームで横浜へ。どこもリリーフがへばってくる時期だ。先発打ち崩して、コツコツつないで点を取ろう。一方守りでは先発がしっかり試合を作ること。このまま順調な「夏の貯金ツアー」で行こう。岩本ナイスピッチング!素直に先発やらしたりいな。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

21 コメント

  1. としとまき
    Posted 2015年8月7日 at 09:12 | Permalink

    岩貞がピリッとせず前半はヒヤヒヤやったけどマートン、ゴメスで決めてくれたええ試合やった。
    ペナントもここからはベンチワークがもの言う試合がほとんど。それと個々人がどれだけ寒い冬に自分を追い込んだか?が勝負の分かれ目やろな‼️
    引退した金本が言った名セリフ、もっと練習しとったら良かった‼️をあの時阪神選手はどれだけ真剣に聞いたか⁉️
    ロード出足は勝ち越したが勝負の9月に持ち込めるか?今後の戦い方に注目したい

  2. Posted 2015年8月7日 at 09:17 | Permalink

    今日は「勝ったのに厳しい」コラムですね。

    単純な私が思うには、打撃陣は先制、中押し、ダメ押しと理想的なゲーム。
    大量リードの中、福原・呉のリハビリ登板まで出来たのも収穫という感じ。

    しかしそんな中、せっかく先発チャンスをもらった岩貞の投球が残念でした。
    スピードがない上にコントロールも定まらない、早めに岩本にスイッチしたのは和田監督の好判断だったかと……、いやいや、だったら始めから「岩本に先発させろよ」っていう話しですけどねぇ(笑)。

    この日はカープの選手が全員背番号「86」を着けて、鳴り物なしの特殊なゲーム!
    しかし、不謹慎ではありますが、この和田監督の背番号だらけを相手にタイガースの打撃陣が燃えているようにも見えました。
    鳴り物がないので、打球音もいい!
    普段も昨日のような攻撃をお願いしたいですw

    8/6決して忘れてはいけない日。世界が平和でありますように願うばかりです。

  3. DAN
    Posted 2015年8月7日 at 09:32 | Permalink

    中谷ならハ回に安藤の代打で出てきましたよ。サードゴロでしたが。
    あと、岩貞の交代については、要するに現時点では先発不合格ということですね。中西Cも、次があるなら続投だったとコメントしてますし、あの内容なら岩崎、秋山、山本の方がいいでしょう。
    岩貞が不合格になった代わりに、岩本の信頼が一段上がったことだし、そこまで悪くないかなと思います。
    あと一人で勝利投手ってとこで代えられたなら可哀そうですが。

  4. hi64
    Posted 2015年8月7日 at 10:07 | Permalink

    岩貞の交代期については、よく我慢した方だと思います。
    確かに守備に足を引っ張られた部分もありますが、あの暑い中、ボール、ボールでは守備の集中力が削がれるのもやむを得ないかと。
    それよりも、岩貞は去年と今年と何が変わったんでしょうか。
    厳しいようですが、成長が見られません。
    ひとつ、ストライクが取れる変化球があればと去年も思いましたが、昨日のピッチングも全く同じ印象です。
    今年のオフは死に物狂いで頑張って欲しいです。

    中谷は昨日は結果が出ませんでしたが、今日は移動ゲームで人工芝の球場なので、ひょっとしたら福留の代わりにスタメンもあるかもしれません。
    今の外野陣だとなかなかチャンスは回って来ません。
    それでも力を抜いて、ファームでやって来たとおり、思いきってバットを振ってほしい。

  5. 西田辺
    Posted 2015年8月7日 at 10:32 | Permalink

    岩貞、4-1から1点取られてなお満塁・・・なんだけど、あそこは岩貞自身に
    ケツを拭かせてやれなかったか。
    目の前の試合を取るのももちろん大事。
    そこは否定しないが、後ろへの負担やこの先を考えて続投の判断が出来なかったのか
    は疑問です。
    あれでは単に、まるで信用のない1回から投げているロング扱い。
    先発で上げたからには、試合を任せてあげないと彼に何も残りませんよ。
    しまいには7回5点差から、出す必要もない安藤福原呉まで出す羽目になる。
    甘やかしにも見えるし、全く信用してないようにも見える。
    昨日の降板は、何一つ良い所のない交代でした。
    岩本はナイス中継ぎ。
    だけど、この子はやっぱり先発やらせるべき。
    ただこの起用をしてて、ポッと谷間に先発させても良い結果が出るとは思えません。
    一度抹消して先発調整やらせてから上げないと。
    >元捕手が3人もいるから保険の捕手要らん
    これは多分toraoさんが首脳陣の心中を代弁してると思うんですが、もし万が一
    この代弁通りに首脳陣が考えてるとしたら、声を大にして言いたい。
    「キャッチャーなめるな」と。
    自軍の投手の特徴(真っ直ぐや変化球の球筋)、相手打者の傾向等々いろんな
    データを頭に叩き込みつつ1つ1つサインを出しているんです。
    ベンチがサインを出したとしても、何年もマスクを被ってない捕手に投げる投手の
    負担たるや想像を絶します。
    むしろそれを是とするなら、そんなに甘い世界なのか、と。
    今日はさすがに、梅野辺りを上げてくれると信じてますが、もしやらないようだと
    まさに「サボリ」以外何者でもありませんから。
    どうせなら、やる事やって勝ちましょうよ。

    • hi64
      Posted 2015年8月7日 at 16:48 | Permalink

      清水を上げましたね。
      頑なに梅野を上げないのはなんなんでしょうか。
      そういう契約か、と勘ぐってしまいます 笑

      • 西田辺
        Posted 2015年8月7日 at 23:26 | Permalink

        コメントどうもです。
        ホント梅野上げませんね。
        まぁ、清水も頑張って欲しいので良いんですが。
        梅野はまだ「修行中」なんでしょうかね(笑)

  6. こうさん 
    Posted 2015年8月7日 at 10:46 | Permalink

    誰だ❗「大量点は続かないよ」なんてドヤ顔で書いたのは⁉…すんません。3日は続かないよ(汗

    • こうさん 
      Posted 2015年8月7日 at 11:00 | Permalink

      すんません途中でした。
      岩貞は厳しいかな。あの点差なら無理して勝ち星を付けてあげても…なんて思えなかったほどのデキ。5、6枚目の先発、難しいねぇ。
      ゴメスとマートンが打てば勝てるということが立証されたが、それがなければ、いつものタイガース。2日連続の大差なのに安藤、福原、スンちゃんを出すとは…。使われる3人は、どんな気持ちなんだろうか。
      大和、いい動きを見せてくれるからこそ、和田の使い方に不満。西岡、上本が戻れば大和の居場所はないのか?なら結果を残すしかない。もちろん打撃でね。ただ2番=バントだからね。結果を出したい大和、しんどいね。
      さあ2日連続の大量点、メッセが見てたからね。そろそろ彼にも大量点を❗けど大量点を取ってくれると打たれるんだよねぇ。

      • こうさん 
        Posted 2015年8月7日 at 17:40 | Permalink

        平和式典に参列したマートンのTwitterを見て「家で試合を観て、翌日に和田への不満を書けるのも平和だから」と開き直る俺。…あぁ恥ずかしい。頭が下がるよマートン。

  7. 虎一筋50
    Posted 2015年8月7日 at 11:11 | Permalink

    先発岩貞に関しては独り相撲のピッチングで交代は仕方ないかも…ストライクとボールがハッキリしてたし腕の振りもバラバラだったし…私的には高卒生え抜きの歳内しかり岩本が少しづつだがストレートの質を含め着実に成長してくれてるのが嬉しい!藤波は別格として高卒生え抜き選手には夢があります☆後は野手高卒生え抜きの北條は何かしら持ってる選手だと感じるので期待してるんだが…

  8. なかっち
    Posted 2015年8月7日 at 11:14 | Permalink

    正直岩貞にはガッカリさせられました。
    次回登板もチャンスがあるか疑問の内容。ファームでは良いだけに、1軍との違いを勉強してほしい。

    相変わらず大和を2番セカンドで起用。セカンド起用は反対派なんで、見てて面白くありません。

    坂、荒木、その他控え内野手の立場は?

    競争で負けたら控えなんです。そのくらいの厳しさがないと大和の成長にも歯止めをかけてしまいます。

    全員が戦力ちゃうやん。和田監督の中ではスタメン起用出来る選手は限られてるんでしょうね。

    全員が戦力とか、レギュラーは横一線とか、出来ないことを発言しないでほしいです。

  9. yalkeys
    Posted 2015年8月7日 at 13:20 | Permalink

    岩貞続投論を見かけますが、長期ロードでの成績の大切さは極めて重要だと思います。されば昨夜のゲーム、続投で長打を浴びる危険性を未然に防いだ交代は正解だったと思います。結果は分かりませんが、交代はよかったと思います。この時期、勝てそうな試合は確実に勝ちきることが重要ではないでしょか。但し、ベテラン3枚の酷使の時期はまだまだ先でないとリスクが大きいと思います。その兼ね合いを和田監督がしっかり出来るか否かが、問われるのではないでしょうか。

  10. ハマトラ親父
    Posted 2015年8月7日 at 13:33 | Permalink

    中谷はでかくて迫力有りますね!当たれば飛びそうです。暫くスタメンは無いかもしれない1打席を大切にして早くホームランを打って欲しい。岩貞の件。僕も続投させて欲しかったと思います。カープもルーキーが頑張って投げてるんだし。岩本も新井ちゃんがボール球を振ってくれなければ、どうなってたか分かりません!ベイスターズもルーキーが頑張りました!東京ドームで火だるまになった石崎を変えなかったんだから、昨日も続投させて欲しかったです。

  11. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2015年8月7日 at 13:56 | Permalink

    相手投手薮田は徐々にコントロール定まり、素人の私でも将来性ある投手に見えました。
    岩貞は躍動感はあったが、締らない投球になってしまいました。これからの猛練習に期待です。
    大和は外野も内野も守備は抜群で見ていて楽しいです。
    バッティングがイマイチなのでポジションが定まらないのでしょうが、細い体にもっと力をつけるよう体力強化に励んでほしい。あれだけの運動能力のある選手なのだから打撃力を付けたら3割は打ちそう。
    吉田義男さんは、子供たちに内野守備を自分で見本を見せて教えていましたが、高齢になっても俊敏な動きに感心しました。
    大和も体を鍛え、打撃練習して吉田義男二世といわれる選手になって欲しいです。

  12. 虎世界一
    Posted 2015年8月7日 at 14:02 | Permalink

    岩本は今年は中継ぎで成功してきているんやから先発でなく、そのままでいいのではと思います。2死満塁からという意味不明の交代からでもリードを保って抑えられる良い中継ぎ投手。はやく勝利の方程式に入れてほしいですね。
    しかし5点差も6点差もあるのに安藤福原の登板。耐久試験の鬼ですね。呉は調整登板としても・・・

  13. shen
    Posted 2015年8月7日 at 16:08 | Permalink

    いつも楽しく拝読しています。今のタイガースに対して概ね思うところ不満は同じなのですが、中谷についてはネットか新聞で調べれば起用されたかどうかわかると思います。色々と現状の和田阪神に対して積もる思いも持たれてるのでしょうが、少し冷静な確認をされないとせっかくの貴重なご意見が説得力薄めると思います。ちまちま言ってすいません。
    あと大和の守備はやっぱり内野手ですね。9回のフィールディングは身震いしました。来年はショート大和サード鳥谷見てみたいなあ。

  14. 抹茶
    Posted 2015年8月7日 at 17:18 | Permalink

    勝っても負けても虎命、ならぬ、勝っても負けても和田批判、という様相ですね。

    今は目先の勝利を追う時期です。「勝負は9月」なんてよく言いますが、それは自力のあるチームか、9月に入った時点で2位にある程度のゲーム差をつけて首位にいるチームだけが言えること。03年の優勝時にも9月は足踏みしてましたし、08年も足踏みの末、巨人に敗れました。今はどんな形であれ、貯金を増やすチャンスを逃してほしくないです。

    今日は清水が上がりましたね。3人目は清水を試してみるという事でしょうか。まだまだ梅野は勝てる捕手ではないという評価なのでしょう。
    以下は、梅野が2軍落ちした頃までの各捕手別のスタメンマスクでの勝敗と防御率です。データの出所はネットですが。

    鶴岡 26試合16勝9敗1分 108失点 防御率4.15
    藤井 27試合12勝15敗 114失点 防御率4.22
    梅野 28試合11勝17敗 126失点 防御率4.50

    同じような防御率でありながら、鶴岡と梅野では勝敗が真逆です。

    まあ、これを見ても、単なる無責任なファンである私などは、まだ若く、打てる捕手である梅野を使ってほしいと思うわけですが、指揮官や首脳陣となるとなかなかそうはいきません。
    捕手を育てるのは難しいとよく言われますが、それは単に捕手としての経験値を獲得するのに時間がかかるというだけでなく、その時のチームの主力投手陣、特に主力先発陣の成績に関わるからだと思っています。

    去年や今年の成績を見ても、梅野はまだ勝てる捕手ではありません。
    先発投手陣は、勝敗と防御率という成績が契約更改に大きく影響します。外国人投手であるメッセンジャーなどは、成績が悪ければあっさりクビになるかもしれないわけです。
    正捕手を育てるためだから我慢してね、とは、無責任な私としては言えますが、言われる立場に立ってみるととてもじゃないが承服しかねる、というのが正直なところでしょう。

    ただ、今年で言えば、梅野以外の打撃陣が軒並み調子が悪かったというのも影響したかもしれません。昨年並みの打撃陣なら、つまり今よりもっと点の取れるチームだったら、今でも梅野はマスクをかぶっていたかも知れません。正直、西部の森友哉よりは捕手としてのチャンスをもらっていると思いますよ。

  15. 誠ら
    Posted 2015年8月7日 at 17:45 | Permalink

    丸三振!岩貞ガッツポーズ!あーっ中西Cベンチから出てきた。岩貞ホァン、ホァン、ホァン、ホァン、ホァン。ABCラジオの実況中継でした。最高潮のアドレナリンが萎んだ状況がすごく伝わってきました。確かに良くない内容でしたが、あそこは投げさせてあげたかった。

  16. TJ風船
    Posted 2015年8月7日 at 20:26 | Permalink

    トラオさんの今日のブログは首脳陣に対する怒りを感じますね。岩貞には自分も、もうワンアウト我慢出来んかなと思っておりました。栄光のドラ1よ、乗り越えてみろ!と。なんなら2アウトの時点でマウンドで「行けるかオイッ!」と闘魂注入もありかと思いました。ドラ1、谷間の抜擢ですから同点まではとも思いました。
    ご贔屓、岩本を早く先発に戻して欲しいです。中西Cの弁「岩本は開幕ローテでは失敗した。ここに来てイイんでアタマもあるかも」。自分は頭が良すぎるんでアレなんですが、先日 西田辺様が掲示して下さったデータ。あえて岩本に厳しくしているのか、単に岩本が嫌いなのか、ハードルは高い。棒高跳びの棒なしみたいな感じ。試合は作れるまでになったと思うのですがね、わかりません。

    セカンド大和も普段から少しでも練習させているならまだわかります。昨年から首脳陣のやり繰り、準備不足感が否めませんね。

    踏ん張れメッセさん!

    最後に虎ジジイ様、高校野球鹿児島勢、2回戦進出おめでとうございます!北海高も頑張りましたがチカラ負けでした。ここからは鹿実の応援にまわります(笑)。

    • TJ風船
      Posted 2015年8月7日 at 21:47 | Permalink

      スンマセン。あと小宮山を下げた?先日、ナイスリードでしたよ。梅ちゃんのライバルはすぐうえの2人。小宮山が良かったならば使ってみるべき。あと何をアテにして良いのかわからない???

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">