連敗で西武に勝ち越し許す

スポンサーリンク

対決勝負は11時まで。よろしかったらもう一押しを!

「普通にやるわ」と言い続ける阪神・岡田彰布監督が普通じゃないペースで勝っているのはなぜか? | 文春オンライン
「阪神敗れる」がニュースになるのですから、いかに異常な勝ちっぷりだったかがわかります。7連勝して1つ負けて9連勝。16勝1敗って横綱レベルです。 岡田監督はシーズン前も、シーズン中も、つねづね「普通に…

ということで、ずーっとカード勝ち越しができなかった西武が久々に勝ち越したのがセ独走の阪神とか、これが交流戦よねえ。

阪神・岡田監督「ズルズルいきそうな負けやで」連敗に危機感、ノイジーに「打てへんならいつまでも使わへん」一問一答/デイリースポーツ online
「西武4-2阪神」(1日、ベルーナドーム) セ・首位の阪神がパ・5位の西武に連敗を喫した。5月9~11日ヤクルト戦以来、6カードぶり負け越し決定。岡田監督は痛恨の敗戦に試合後、「そらお前、ズルズルいきそうな負けやで」と危機感を募らせた。

勝負って難しい。相手を飲んでかかって威圧するくらいでないといけないのは間違いないのだけど、その「相手を飲む」がほんの少しだけ変質すると「相手をナメる」になる。

飲まれた相手はすくみ上がるが、ナメられたと感じた相手は奮い立つ。その違いが出た2試合ではなかったか。

そしてナメたのは岡田監督その人だった。一日前の試合の話になるが(我が戦略上、文春に書かずスマン)、その始まりは2戦目1回表無死二塁で、中野に「引っ張り」をキャンセルして「自由に打て」だった。

岡田監督は「外ばっかりだったから」と言っていたが、制球が不安定だった先発本田に対して、その理屈はどうだろうか。むしろ、「その程度の投手、お前ならヒット打てるやろ、打球方向の制約はしないからどこでもヒット打て」の意を込めたサインで、これはナメたなと感じた。

もったいないからバントはないにしても、追い込まれるまでは右打ちヒット狙い、追い込まれたら最低進塁打。もし相手がヤクルトだったら、相手の調子が悪くてもそうしていたのではないか。

結局、ナメた意識はずっと続き、相手の「ナメんなよ」にやられた。

まあ野球ってそういうもんよね。早い段階で「相手を飲んでもナメるなよ」を徹底して、本当の「普通にやる」をやっていこう。

それにしても「ズルズルいく」を監督自ら言葉にするのはいいね、新しい(笑)。この時期、貯金をちょっと使って適度にズルズルいっとくのは悪くない。ベイスターズはすでにやっているから。ちょっとで止めるのは難しいけど。

コメント

  1. 虎ジジィ より:

    ナメてた訳ではないと思いますが、全くこれが交流戦ですね。

    現地応援のチカラ及ばずすみませんでした。
    久しぶりのベルーナドームはシート幅広く、フカフカで快適。多分大柄な西田辺さんでも全然余裕(笑)の見やすい球場でした。

    伊藤将司は先週の神宮に続いて生で観ましたが、席がブルペン近くだったので試合前練習も間近で見ましたが、先週とは別人でストレートの走りが悪かったです。
    ストレートが走ず変化球も高い為、三振を奪えずジャストミートされた打球が多く彼にしては珍しくヨレヨレ、
    今日の天気予報を考慮すれば もう少し早く島本や及川に交代しても良かったように思いました。

    攻撃陣は前日と同じく、チャンスは作れど あと一本が出ず。
    岡田監督はノイジーにご立腹のようですが、別に彼一人が悪い訳ではなく、これまでは誰かを違う誰かがカバーしてきた事が上手く行かなかったという事。
    個人的には むしろ「縁の下」で打線を支えてきた木浪の状態の悪さが気になりました。

    雨で日程は厳しくなりますが、今日はリフレッシュしてホームで仕切り直しだ。

  2. サヨナラ3ラン より:

    一昨日の中野の打席は自由に
    打ては良しとして中野がフル
    カウントになる前の一球。
    アレは唯一 引張れる球だった
    と思ったけど。
    中野は見送り、結局は外の球
    をサードライナー。
    今年はフォアボールをよく取る
    中野だが、あそこは積極的に
    引っ張ってほしかったね。

    昨日は7回に森下がツーベース
    を打ったけど開幕して一番の
    打球だったと思った。
    森下が一番強いのは外寄りの
    ベルトから下。キャンプから
    見てても内側は詰まる打球が
    多く弱点にみえた。
    昨日は平井の内側の速球に対し
    右肘を上手く締めて鋭く振り
    きった。コレが出来るなら
    打率や長打も期待できると
    思うよ。

    ホームランでも追付かない場面
    で三振の多いミエセス代打は
    どうなんだと思ったけど昨日は
    簡単に追い込まれた後の対応が
    良かった。丁寧に見極めてたし
    最後は差し込まれたけどタイミ
    ングは取れてた。

    昨日も一昨日も勝てるゲーム
    だったけど今までは負けそうな
    ゲームを取ってきたんだし適当
    にバランス取れてると思う。

  3. こうさん より:

    頭がおかしいのかな…今の西武相手に連敗したら、なんだか楽しくなってきた。決して負け惜しみではない。トラオさんの書いた中野に対する岡田監督の「ナメた指示」には気付かなかったが、西武相手の連敗は何かを気付かせてくれたように思う。いよいよノイジーに着手するかもしれないし、そんなノイジーを見てサトテルも危機を感じるだろうし、梅野だって第3の捕手に回るかもしれないし、当たり前に勝っていたイトマサを契機に大竹や村上も負けるかもしれないし。貯金を使って勝てていたのは奇跡的なこと。「西武に連敗するって、タイガースは強くないんじゃないか?」とロッテを筆頭に思っているはず。パ・リーグの下の球団は勝ち星を稼ぎに来る。セ・リーグ相手にドツボになる前に、この状況の始まりが交流戦で良かったと思える未来しか信じていない。だから楽しいのだ。

    自分のあるべき姿、やらなければならないことを知っているから反省する近本。勝負強さが薄れてきた大山。少しずつ盛り返しては来たが、まだまだ疲れている木浪。中野だってWBC疲れを見せないようにしてはいるが怪我と隣り合わせの現状なはず。皆が満身創痍。「スタメンは始まりから終わりまで」という岡田監督の方針に進言するコーチが出てこないとおかしいという状況になるだろう。その時、岡田監督は柔軟に対応することができるのか。

    あぶり出したら、これだけの不安要素・マイナスになるかもしれない要素がある。まだまだ出てくるだろう。だからこそプロ野球は長丁場なのだ。

    ヤフーのプロ野球ニュースを読んでいると、いきなりトラオさんの文春野球コラムが飛び込んでくる。トラオさんのコラムを読める日の楽しみでもある。たくさんの人が読んで、たくさんの人がヒットボタンを押してくれることを。

  4. より:

    「自由に打っていいと言われたところで最低限の仕事ができる選手」という更に一つ上のレベルに中野は到達して欲しいと思います

    ライオンズの宮川は昨日がプロ初先発だったんですね
    2戦目はブルペンデーで3戦目は配置転換のお試しと
    ダメ元ってわけではないんでしょうが
    ライオンズはなかなか嫌な感じの投手運用をやってくれましたね・・・

  5. ガク より:

    いままで相手チームのミスや隙は逃さず終盤に逆転してきた岡田タイガースでしたが
    昨日は7回の柘植の疑惑のサードゴロ(リクエストが可能なら完全にセーフ)や8回の渡部の1塁フライ落球によるチャンス拡大を活かせませんでした。
    嫌な流れが来てるようですが岡田監督もその匂いは感じ取ってリスクマネジメントするはず。
    幸い?今日は中止でしょうから明日から仕切り直してまたいつも通りの野球をやってもらいたいです。

  6. 西田辺 より:

    交流戦前から「交流戦は5割じゃアカン。セ・リーグの方が強いから」と
    視線がセ・リーグに向いていたのも事実。
    目の前にいる相手はパ・リーグの球団なんですから。
    おそらく監督は、交流戦前リーグ5位の西武に対し勝ち越し、あわよくば
    3つ頂く皮算用だったのかも。
    ぼちぼち疲労が見えてきた選手も出てきて、思ったようには行かないみたいです。
    それでも、ゲームが淡々と進むのがプロ野球の世界。
    戦力をやりくりしつつ進むしかありません。
    木浪が凹んだら小幡を、ノイジーが振れていなければ小野寺・前川をと
    いうように。
    ズルズル行きそうなチームを、ズルズル行かせないのが首脳陣の手腕。
    今日からは、パ・リーグ首位のロッテとの対戦。
    投打ともに好調で、とても「ナメて」かかれる相手ではありません。
    (とは言え、今日は大雨で無理っぽいですが・・・)
    もう一度原点に返って、丁寧な野球でタイガースの野球を取り戻しましょう。

    • 西田辺 より:

      交流戦負け越しスタートで、とかく暗くなりがちなすが、ここで過去2年の
      交流戦の開幕カードと成績をば。
      2021年 開幕カード vsロッテ1勝2敗 交流戦成績11勝7敗 2位
      2022年 開幕カード vs楽天1勝2敗 交流戦成績12勝6敗 2位
      まぁ、こっからよ。
      そらそうよ。

  7. 岩修 より:

    虎の誇る1.2番チカナカ。
    一昨日の初回無死2塁でのサードライナー。昨夜の2回表大山からの攻撃で1点先制し尚も2死満塁となったが近本凡退。
    木浪も含めて、この3人が機能しないとそら苦しいよと。
    地味に凄いノイジーも凄いが無くなれば単に地味な選手。
    イトマサもらしくない投球だった。
    相手のミスからのチャンスでの佐藤輝初球セカンドゴロは痛烈だったけどまた外崎に阻まれてしまった。
    物凄く悔しそうな姿が印象的だった。 昔、上司に度を越えた自信は慢心や自惚れに繋がる。さらに度を越えた謙虚さは弱気に繋がるとよく言われたのを思い出した。当時の自分はお前はどうやねんとひねくれてましたが…。
    雨ならば温泉とかで心と身体をリフレッシュさせるか、1985年に2003年と2005年のアレに深く関わった岡田監督と我等の偉大なtorao様の金言に耳を傾ければ良いのではと思った。

  8. とらかっぱ より:

    ナメてた訳ではないのでしょうがベンチにはそんな空気が流れていたのかも。

    ノイジーは深刻ですね。素人目でみても分かるくらい右肩が突っ込んでバットが遠回りしています。本来そういうスイングをする選手ではないのでしょうがストライクボールの判定に疑心暗鬼になり過ぎた挙句、焦りから早いカウントから打っていくという悪循環に陥っています。今日は多分中止ですが一日空くくらいで整理出来る状態でもなさそうなので、岡田監督は代役を立ててくると予想します。打順は弄らないでしょうからそのまま3番レフトに入るのは誰か?普通にレフトを守れる小野寺?自称ライトの方が得意なミエセス?右ピッチャーなら打順を弄ってでも島田?ちょっと予想がむつかしい・・・

  9. 虎轍 より:

    タイガースは負けましたが、文春野球は勝てそうですね。
    良かったです。
    試合はノイジーに奮起する為に岡田監督の予言やと思っときます。
    今日は聖地甲子園に行く予定でしたが、大雨警報も出てるので、早くから行く予定を諦めて、今日は仕事を目一杯して、月曜日の振替日日程に切り替えようと思います。
    タイガースも気持ちを切り替えて勝ちにいこう!
    ガンバレ!タイガース!
    頑張ろう日本!

  10. Akira28 より:

    昨日は虎ジジィさんの現地応援があるから、絶対大丈夫と思っていましたが、負けましたね。6カード目の負け越しですが、これで負け越しは4カード。
    しかし、こんなことが話題になるほど強いタイガース。
    西田辺さんも書かれてますが、過去は交流戦を負け越しスタートしても勝ち越ししてます。
    まさに絶好調発信ですので、不安にならずに応援します。
    しかし何故か、連敗しただけで暗い気持ちになる自分が情け無い、、、

タイトルとURLをコピーしました