不細工ながらよく負けずよく勝った

幸いにも選手たちの粘りで勝てたのだから、「結果論ですが、梅野には5回の一死一三塁で打たせいれば犠牲フライ、逆に7回の無死満塁でスクイズのサインなら、無警戒で決まって点が入っていましたね。僕の采配がヘボでした。もうバレバレの作戦は止めます(笑)」とかなんとか言ったら、ムードはさらによくなるのにね。

延長12回のサヨナラは、最終的に相手のエラーでもらったものだが、ヒットの中谷、一発できれいに送った大山、三遊間惜しくも破らなかった山崎ともに「いい型」で攻められた。
とくに大きかったのが先頭中谷の出塁。外寄りのボールにいささか消極的ですぐに追い込まれてしまったが、ここからの集中が高く、粘りと見極めを見せて、最後は外低めに逃げるボール球に食らいつき、鋭くヘッドを返しレフト前へクリーンヒット。

大山、原口ともどもブサイクな右打ちスパイラルにはまることも多かったが、君ら外角真ん中なら踏み込んでバックスクリーンや左中間スタンドへ放り込んだったらいいんよ。ベストの打球はそれなんだから。
ともかくここはホント根性見せたね。

ドリス大乱調で2点のリード2点のリードを守れず。まっすぐに張られ「イチニノサン」で3連打。1点失い、さらにバント処理ミスで同点。ロッテ主軸打者たちは高速にシュートする球筋も頭に入っていた。ボール先行して先頭四球を出すと乱調する投手だけにストライクを欲しがるのはわかるのだが、2点リードならもうちょっと信じてあげてほしかったなあ。フィールディングも本来は上手なんだけど、水が漏れたね。
ただ逆転必至の無死一三塁はよく守った。

連投になるようなら、相手の様子を見ながら、藤川とのダブルクローザーみたいな運用もアリだ。むっちゃ調子良さそうだからね、球児が。

ピッチャーはみんなよく頑張ったね。先発岩貞は前回と合わせて2勝分カウントしてやってや。迷いなく腕が振れていて、7回無四球6奪三振と安定感抜群。裏ローテとは言わせない内容になってきた。今後も期待だ。

ちょいとここのところの岩崎使いづめは気になる。しかも毎回苦しい内容になるので疲労度は高そうだ。
マテオ、聡文欠けて苦しいのはわかるが、能見に加えてあともう1枚作りたいね。

ラスト2イニングピシャリで勝投手になったのが能見。先発から中継ぎに回したのはいい判断だった。年齢的にもタイプ的にも無理使いは禁物だが、コンディションに注意して活用していけば、肝心なところを抑える技術と経験を十分兼ね備えている。
エースと呼ばれた時期がある男だけに、引退までに一度は優勝を味わわせてあげたい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
虎バカ秘密基地
~私の大切なあの試合~
6/23(土)19:00スタート

ただいま参加者と
「あなたの大切な試合」を募集中
詳しくはこちら↓
https://bit.ly/2KS37pD
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

13 コメント

  1. サヨナラ3ラン
    Posted 2018年6月10日 at 10:14 | Permalink

    不細工なゲームだったけど能見に勝利がついたことが
    唯一の救いになった。
    むろん本来は岩貞につけるべき勝利だったけど。
    先発で勝利を積み上げてきた能見にとって昨日の1勝は
    違和感を覚えていただろう。
    だけど今まで 打線の無援護で逃してきた勝利が多かった
    印象が強いので、個人的には昨日、能見に1勝がついた
    ことは嬉しかった。
    まだ球威、キレともに充分 通用すると信じているので
    これからも新しい持ち場で活躍してほしい。
    昨日は梅野のスクイズ失敗をテレビで観て、これが
    巷で評判の申告スクイズってやつかと。。。
    ミエミエの作戦?って言えるのかな?観ていても面白味も
    意外性も確実性も感じない策に呆れるばかり。
    セーフティスクイズだとしたら梅野は、あんな球を無理に
    やろうとする必要もないのに。
    鳥谷の帰塁が間に合わなかったのも飛び出しすぎだし。
    なんか作戦も選手のやることもメチャクチャ。
    ノーアウト満塁で梅野や原口が凡退した場面も、チャンスは
    ピンチそのものになっていた。
    とにかくチャンスになると選手が萎縮して余裕がないように
    見える。
    7回、ヒットで出塁した鳥谷に早々と代走を送る策も疑問だし
    (セカンド出場ならまだしも)板山より先に山崎を代打で
    送る優先度にも疑問だし、何だかよく分からない不思議な
    勝ちだった。やれやれ。。。
    それでも勝ったのは 岩貞の好投あってこそ。
    ナイスピッチング。

    • ぴゅあらっく
      Posted 2018年6月10日 at 10:42 | Permalink

      私も現地で見ていて鳥谷への代走には「こんなに早く替えていいの?」と思いました。マルチヒットを打っていたし、2点差しかなかったのだから9回まで様子を見れば良かったのにと感じました。
      12回裏の代打の順番も逆ですよね(^^;。左の板山を先に出してゲッツーを防ぐべきだったと思います。山崎の当たりもショートゴロだったし向こうのエラーが無ければ普通にゲッツーで試合終了でしたよ(笑)。
      金本監督は執念とか言ってる割りには最後の詰めが甘いですよね。

  2. 西田辺
    Posted 2018年6月10日 at 10:24 | Permalink

    サヨナラだろうが何だろうが勝ちは勝ち。
    能見さん100勝リーチおめでとう!
    …と言いたい所ですが、強いチームでありたいと思うなら
    昨日は2-0で勝っておかないとダメなゲーム。
    いや、こっちは2点でなくても良いんですが(笑)
    ホントにセフティスクイズ好きですねえ。
    昨日もライブでは見れてなかったんですが、あの
    シチュエーションになった瞬間に「やるぞ」って思った
    ファンも多かったでしょうね。
    監督は気付いてないかも知れないけど、相手チームも対策してますよ。
    昨日のように、外に逃げる球でランナーを引っ掛けたり、とにかく
    ピッチャー前に転がるように内角厳しい所に投げたり(中日・オリックス)。
    バレバレの中では、打者も転がす所が無いんですよ。
    やっている事が、点のあまり入らない軟式野球やファストピッチの
    ソフトボールの戦術なんですよね。
    そりゃそんな野球をすれば、そんな点の取れないチームになりますよ。
    よくノムさんが「監督の器以上にチームは大きくならない」
    と仰います。
    選手への苦言もそうだけど、やっぱり将としての器を広げないと
    チームの器も広がりません。
    今日の天気もややこしそうですが、連勝と行きたいですね。

    • ぴゅあらっく
      Posted 2018年6月10日 at 10:35 | Permalink

      西田辺さん、おはようございます(*^^*)。
      昨日は現地でした。ノーアウト1、3塁で梅野の場面は「懲りもしないでまたスクイズかね」と思ったら、本当にやりました(笑)。相手チームも読んでるのに気がつかないんですかね(-_-;)。いい加減に消極的な作戦はやめろと言いたいし、梅野もあの場面で外野に飛ばせる位の打撃を身に付けろと言いたいです。
      ノーアウト満塁も結局チャンスではなくピンチだし、打者陣にはもう少し余裕を持てと言いたいです(-_-;)。
      今日も現地で応援してきます。

  3. こうさん 
    Posted 2018年6月10日 at 10:45 | Permalink

    満塁でサインを出せない。「ゲッツー崩れでも、ゲッツーでも1点は入るだろう。」と後ろ向きな戦術。梅野には前の外野フライを望みチグハグ。福留は外野フライを打ってくれるけどタイムリーが出ないと勢いがつかない。確実に1点は入るが確実にアウトカウントを1つプレゼント。それさえも出来ないノーアウト満塁。


    「策士、策に追い込まれる」というタイトルが頭に浮かんだノーアウト満塁。よく勝てたわ…。来季は大砲候補を3人囲って必ず下に二人は置いておくシステムがいい。広島の外国人、意外と年俸が低いよ。上手い金の使い方してるわ。

  4. ジュビロタイガース
    Posted 2018年6月10日 at 11:14 | Permalink

    危うくセで一人負けになるところを何とか回避。夜は読売が負けたら尚痛快だったけど。
    岩貞に勝ち、ドリスにセーブが付くことが理想でしたが、能見に初日が出てひと安心。
    サヨナラ3ランさんの申告敬遠、いいですね。プレーをせずに1アウト上げて1点入るならありがたいですけど。
    セーフティスクイズはランナーにもプレッシャーが掛かるから、当然昨日のようなことも起こるでしょうね。

  5. 虎轍
    Posted 2018年6月10日 at 11:14 | Permalink

    2-0のままで終わっとけば強いチームなんですよねぇ…
    でも、無死満塁で大量得点してれば、もっと強いチームなんですよねぇ…
    雨天中止の次の試合で7戦7勝って…(笑)
    1日おきに雨天中止にしましょうか?(笑)
    試合はバント職人梅野なら、警戒されながらも決めてくれると思ったんでしょうか?
    確かに梅野なら決めて欲しいって気持ちもわかりますが、その想いが今の打撃低迷になってるんじゃないかな?
    岩貞は無死四球なら安心して見てられますね。
    前日にマウンドに上がって投球練習もしてたのにナイスピッチングやったよ!
    岩崎はええ日と悪い日がはっきりしてますね。
    そこは首脳陣がしっかり見極めてあげてや。見てるファンが判ってるんやから。
    藤川球児はキレが戻ってきた感じですね。GJ!
    能見NPB通算100勝まであと1勝やで。メッセンジャーに先を越されんように頑張りや(笑)
    今日は聖地甲子園で高橋遥の快投を現地観戦しようと思います。
    勝つと信じてるよ!

  6. 虎ジジィ
    Posted 2018年6月10日 at 11:26 | Permalink

    攻撃陣は選手個人の問題じゃなく、消極的なスクイズや、本来のスイングをさせない指導法にも問題がありそうですね。

    まあ、昨日は「能見」!!
    金(年俸)の事などグダグダ言わず、良い時も悪い時も顔に出さず、どんな起用法にも文句一つ言わずに全力で応える男 能見に勝ち星がついた事が全て!

    その容姿や投球フォームも美しいけど、タイガース一筋にコツコツと続けている能見投手は真の「男前」だと、ずっと思っていました。

    本来なら「しんどいスライドで好投した岩貞に勝ち星を付けてあげたかった」試合ですが、
    結果的には「能見に勝ち星が付いて幸せ」な試合でもありました。

    まあ試合内容としては、決定的チャンスをことごとく潰す、いわゆる「しょっぱい試合」でしたが、レジェンド球児&能見の好投で勝ち、最後は本当に幸せな気分に浸れました。

    岩崎が監督の酷使により疲れが出ているタイミングで「リリーフ能見」の出現はありがたい。

    個人的には、自分と真逆な能見投手は永遠の憧れであり、一番リスペクトしている選手!
    まだまだ この先長く頑張って欲しいと強く感じた一戦でした。

  7. セサミ
    Posted 2018年6月10日 at 11:48 | Permalink

    昨日の岩貞は良かったですね〜。
    糸井と鳥谷を引っ込めた時点で、今日は岩貞を出来るだけ引っ張って守り勝つプランなのだと思いました(決して好きな戦い方じゃないけど、今のチーム状態を考えれば現実的な選択かな、と)
    でも、七回裏のノーアウト満塁で色気が出て点を取りにいきましたね。
    臨機応変といえば聞こえはいいけど、見ていて何かチグハグな印象を受けました。
    糸原の打球が抜けていれば、、、なのかもしれないけど、
    いずれにしても求心力が高まらないような采配、所作をベンチが自らしてしまっているような気がします。
    「大の大人が無邪気に、そして熱く必死になって戦う姿」を見たくて応援しているので
    なんかもう、グワァーッとやって欲しいな!

  8. Akira28
    Posted 2018年6月10日 at 12:09 | Permalink

    皆さんがコメントされている通り、能見ファンの私にすると、能見に勝ち星がついて、とても嬉しい日になりました。
    また、藤川球児のストレートの復活も、大変嬉しいです。トラオさんの仰る通り、私も球児がクローザに復活する雄姿を見てみたいです。
    最後に、虎ジジイさんもコメントされていますが、首脳陣は選手が本来持っている力強いスイングを邪魔することなく、若手の長所を伸ばす方向での指導に切り替えて欲しいものです。
    若手のスイングからは、長打、剛打がなかなか期待出来そうではありません。
    そんな中、福留のスイングが凄く良くなってきています。交流戦でパリーグの打者のスイングに触れて、気がつき、思い出したのかもしれません。タイガースの若手も交流戦で、パリーグの猛者のスイングから学んで欲しいものです。

  9. なかっち
    Posted 2018年6月10日 at 12:32 | Permalink

    セ・リーグ一人負けにならなくて良かった。
    それにしてもバカの一つ覚えのようにランナーサードの場面はセーフティースクイズばかり。

    前監督の和田さんの時にたまに奇襲でやってた作戦を金本監督はバーゲンのように大安売りでやってきますね!たまにはバスターエンドランで当たりGOの位の超奇襲くらい賭けに出れないんですかね。失敗すれば非難轟々でしょうが(笑)
    意外と肝が小さい監督ですよね。アニキと呼ばれた選手時代は何だったのか?

    『名選手名監督にあらず』

    という言葉がありますが、正にその言葉が当てはまる?

    若手を積極起用する方針は評価してます。今までの監督はそうでなかったので。


    恐らく来季も金本監督が指揮をとるのは間違いないはず。矢野さんを1軍へ戻してほしいです。

  10. 大和
    Posted 2018年6月10日 at 15:24 | Permalink

    あまりにアタマにきたので一言!
    頼むから高橋や才木の時にキャッチー長坂はやめて!!

    • Akira28
      Posted 2018年6月10日 at 17:15 | Permalink

      同意!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">