監督就任会見ほか

新井の顔!(笑)最後まで楽しく野球がやれて幸せだね。人を幸せな気持ちにしてくれる野球選手なんて、貴重な存在だよなあ。

走者一塁三塁っていう場面で当たり前のようにスリーランホームランが出る西武の野球。たしかに投手は気を使うことが多すぎて、失投が多くなるはずだから、あって不思議じゃないのだけれど、1シーズン、そういうのとは無縁の野球を見てきたから、なんか新鮮(笑)。

阪神・秋山が右膝手術、シーズン中から痛み抱え決断(サンスポ)

秋山は痛かったんだね。みんな、痛いときは痛いって言うんだよ。言えない気持ちはわかるけど。隠されると、トレーナー、コーチはわからないものなのだろうか。

矢野燿大新監督が就任会見(公式)

一本筋が通っているので安定感があるし、まっすぐだ。
そう、そのとおり。他球団と同じように、実力のある選手をドラフトで指名しているのだから、他球団と同じように一定の割合でスター選手が育つはず。それを監督が信じ、コーチが信じ、本人が信じられるかどうかによって割合が変わってくる。
お前はすごいんだ。なぜなら、こうだから。それを見抜き、伝え、伸ばす。その「基本のキ」が球団の根底に流れてくれさえすれば阪神は変わるし、もうすでにかなり変わってきている。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2018年10月19日 at 10:23 | Permalink

    西武ライオンズの野球って花火大会やぁ~(笑)
    毎日がお祭りワッショイ(笑)
    当たりの出てなかった秋山が復調すれば、あんなもんやね(笑)
    かたやタイガースの秋山は痛みを隠して、騙し騙し投球してたんですね。
    レギュラーになれば痛い痒い言うてたら、いつまで経ってもレギュラーが確約されないと思っての事やったんでしょうが、今年の投球を見てたら故障を抱えての登板やったんがわかりますね。
    早く治してや!
    矢野監督がやろうとしてる野球が一軍でどこまで成功するかはわかりませんが、ファンをがっかりさせない楽しんで貰える野球。
    思い起こせば、金本前監督のスタートの時にあった東京ドームで走りまくった試合は楽しかったよ。
    あれは矢野監督の発案やったんかな?
    タイガースファンがお祭り騒ぎでワッショイでしたもんね(笑)
    矢野監督に期待してるし、信じてるよ!

  2. 西田辺
    Posted 2018年10月19日 at 10:36 | Permalink

    CSファイナルは、途中まで対照的な展開。
    セは8回まで1点を争う投手戦。
    パは序盤からお互いノーガードのド突きあい。
    西武が先発モイネロに初回から集中砲火を浴びせると、ソフトバンクも負けじと
    パ・リーグ最多勝の多和田を攻め立てる。
    「野球ってこんなに点が入る競技だったんだ」と感心するばかり(笑)
    よくあんな打線を相手に、交流戦で1勝出来たもんだ。

    矢野監督就任会見
    とにかく強調してたのが「お客さんが喜ぶ野球がしたい」という事。
    会見の後、関西地方の番組へ出てましたけど、何であれ方針を強調できるのは
    悪くない。
    矢野の理論は、「お客さんが喜ぶ試合が出来ている」=「選手が良いプレーが出来ている」
    =「チーム・フロントが一体となって前に進んでいる」。
    とかく選手だけが頑張らねばとか、チームが単体で強くなるべきみたいな方向に流れ
    がちですが、良いプレーをするためにはフロントも一体にならないとダメなんですよ、
    というフロント・球団・親会社への圧力に聞こえました。
    まさにそうなんですよ。
    何度かここで言いましたが、チームとフロントは車の両輪であるべきなんですよ。
    片方だけ頑張って回ってもスピンを繰り返すだけ。
    お金だけじゃない、体制やら「チームを強くしたい」という思いを共有して一緒に
    足並みを揃えないと絶対良いチームも強いチームも作れません。
    矢野新監督に注文をつけるとすると、二軍監督時代のように選手が良いプレーを
    した時にはガッツポーズをし、あの矢野スマイルで選手を迎えてあげて欲しい。
    選手だって人間ですから、監督に満面の笑みで迎えられれば気分も良くなるし、
    若い選手はその気にもなる。
    高度な野球理論も大事だけど、意外と若い選手が伸びるきっかけなんて、そんな所に
    転がっているのかも知れません。
    チーム・球団・電鉄・ファン、みんな一緒に来年を良い秋にしたいですね。

  3. yalkeys
    Posted 2018年10月19日 at 11:51 | Permalink

    矢野監督就任会見で「お客様に喜んで貰える野球を」「私にしか出来ない野球を」と語って居られたのが印象に残っています。確かに今季終盤の采配は「楽しくなく」「なんで?」というシーンが多くありました。電鉄、球団からも監督に寄り添う発言もあります。このスタンスがうそでないことを熱望します。こうして、毎年シーズンを楽しみにするのです(笑)。

  4. ジュビロタイガース
    Posted 2018年10月19日 at 12:08 | Permalink

    秋山はいつから痛かったのか。これが不調の原因ならば、良かったような悪かったような。
    誰がどこで監督をやろうと、就任会見は前向きな事しか言わないだろうから、早いこと半年経たないかな。

  5. なかっち
    Posted 2018年10月19日 at 12:30 | Permalink

    秋山は右膝が痛くてしっかり軸足に体重が乗らなかったんでしょうか?無事手術が成功して、本人は開幕に間に合わせると意気込んでいるようですが、軸足になる足なんでゆっくり慌てず治してほしいです。完治したらまずは走り込みから。交流戦前位に帰って来てくれたら嬉しい。その為には秋山がゆっくり治せるくらいのピッチングスタッフが揃ってないとダメですが。

    矢野監督の就任会見の記事は読みました。本当にファンが楽しめる野球をしてほしいですが、ファンによって楽しみ方は違います。個人的には塁上を走り回る野球が好きです。
    が、ホームランがバンバン出る試合が好きな人もいるはず。
    少ない得点を守り勝つ野球が好きな人もいるはず。
    どの野球を目指すのか?それにより選手の起用も変わると思いますが、自分のスタイルをブレずにやり遂げてほしいですね。

  6. 虎蜂
    Posted 2018年10月19日 at 12:51 | Permalink

    常に万全の状態でプレーできるわけではないのでしょうが、トラックマンのデータは上手く活用できなかったんですかね?途中から明らかに秋山は打ち込まれることが多くなっていたわけですから、何らかの対策を講じるべきだったのではないかと思います。
    秋山本人はこうなってしまった以上、しっかりと治してから一軍に戻ってきて欲しいですね。

    金本さんは信頼関係もあったのでしょうが若い選手へのイジりが過剰でしたので、矢野監督にはとにかく褒めて褒めて褒めまくるような対応を期待します。まずはベンチの雰囲気を明るくしていきたいですね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">