中継プレーの練習

情報戦の差ってのもあるよね。こっちはむこうの戦力を丸裸にして臨んでいるけれど、あっちはこちらの打者の研究、投手の対策なんてやってるワケないもんね。そんなこんなでメッタ打ちのギッタギータ、気持ちよかあ。

阪神『ノーモア2点犠飛』中継練習で意識徹底 広い甲子園で勝ちたいんや(デイリー)

映像は見ていないけれど、真剣勝負の練習をやってくれていることに期待したい。
「そのあと」、どれだけ頑張れるかで選手の、チームの価値が決まる。失敗はある。打たれることもある。いつも誰かの失敗はつきものだ。それをどうやって「オレの力で」「オレたちの力で」カバーできるか。よし、オレに任せろという気持ちで劣勢を跳ね返せるか。
そんなプレーがチームのものにならないと、本当の意味のチームワークはできてこない。
求められる精度がどんどん上がっていき、チームが個人を強くしていく下地もできていく。
やらなきゃいけないことはたくさんあるが、今後も中継プレーの練習にはなんとか時間を割きたい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

4 コメント

  1. こうさん
    Posted 2018年11月11日 at 10:27 | Permalink

    金本さんの時は「使ってあげているのに出来ない」だったが矢野監督は「出来るようになってもらう為に使う」という風に感じる。似てるようで似ていない。前政権は出来て当たり前のベテランが不調だとチームが停滞するパターン。鳥谷にポジションを与えるな。ベンチウォーマーにするな。ちゃんと競争に参加させて納得させないと。


    「遊びの球はいらない」と言った矢野監督。それこそ待っていた言葉。…そういえば筋トレ大作戦はどこへ行ったの?

  2. 西田辺
    Posted 2018年11月11日 at 10:30 | Permalink

    矢野監督が就任以来、一貫して言っているのが「監督コーチが答えを用意して
    練習するのもアリなんだけど、自分でまず考えてプレーしてもらって、俺達が
    後からそのプレーの意図を確認する形にしたい」と言うチームの形。
    押し付けではないが、ある程度首脳陣がプレーの形を用意するのも悪くはないけど
    プロとして野球をする以上、まず自分で考える力を持つべき。
    「考える野球」は何も首脳陣だけがやるものでなく、選手一人一人がまずやる
    べき事。
    試合の中で勿論「やってもらうプレー」はあるんですけど、その前に「自分で
    考える野球」を。
    当然その選手が考えたプレーが、チームとして合わなかったり、肯定しかねるもの
    だったら首脳陣が説得すれば良い事。
    矢野監督は「誰かに何かをやらされる野球」を嫌う傾向にある。
    別に自分勝手に好き放題な野球をやれと言ってる訳ではなく、各プレーの前に
    「自分で考える」事を重要視しているだけ。
    誤解を承知で言うと、金本野球はトレーニングにしても技術的にしても「上から
    やらせる野球」。
    根本的に「選手は放っておくとサボる」と言う思想があって、とにかく口煩く
    やらせ、そこには反論の余地はない。
    今の時点で、このチームにどちらが優れた指導なのかは答えは出ない。
    同じ3年間を終えた時点で、どうなって行くかを楽しみにしたいですね。

  3. 虎轍
    Posted 2018年11月11日 at 10:38 | Permalink

    中継プレーを疎かにしてしまうと、そこから綻びが出来てしまいますね。
    外野手は内野手のカットまでしっかりと投げる。これは野球の基本ですからね。野球少年、野球少女が見てて恥ずかしくない野球をして貰いたいですね。
    今年試合を見ててもカットまでしっかり投げんかい!ってのは何回かありましたからね。
    肩が強い弱い関係なく、内野手のカットまでしっかり投げる!外野手の肩が弱いなら内野手は距離を短くしてでも貰いに行く!ちゃんとした野球をして欲しいですね。
    普段から外野手は外野に抜けたヒットの時でも二塁ベースに入った野手にしっかり投げ返す事をしっかりやってれば大丈夫なんですが、たまに気の抜けたような返球をしたりしてますからね。
    徹底した指導をして貰いたいですね。

  4. なかっち
    Posted 2018年11月11日 at 21:01 | Permalink

    先日まで行われていた日本シリーズでもソフトバンクの中継プレーは際立っていましたね。
    ホームランを200本以上打ち、打線のイメージが強いソフトバンクですが、投手を含めた守りも素晴らしいチームです。
    甲子園球場というフェアグランドがメチャクチャ広い球場を本拠地としているタイガースにとって、内外野の中継プレーは非常に重要やと思います。

    そのプレー1つ1つを選手に考えさせるのは良い試みやと思います。

    外野手はカットマンまでしっかり投げる。

    内野手は外野手の肩を考えながらどこまで追いかけるのか?
    返球が来るまでの間、ランナーがどの位置にいるのか?そしてどこに投げるのが一番ベストかを瞬時に判断する。

    など、1つのプレーでも考えて行動しなければならないことがたくさんあります。たくさん練習して、たくさん実践を経験し、考えなくても身体が自然に動くようになるまでやってほしいです。(そんなに時間ないか(笑))



    こんな練習をしてるので、矢野監督の采配は意図のある采配をしてくれるはず。失敗はあると思いますが、ファンが納得出来る采配をたくさん見せてほしいです。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">