メンバー構成予想(3/19)

苦しみの向こう側にぼんやり見えてきた、2019スタートの形。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2019 阪神タイガース メンバー構成予想(19/3/19)
※現首脳陣はこう考えているのではないかという筆者の予想。

(備考/感想)
・キャンプ終わってからずっとそうだが、公式戦が始まってないのに、一二軍の入れ替えが「開幕後っぽい」。こんな感じでやっていってほしい。
・左ばっかりは、あまり私好みではないけれど、現状はこれがありそげ。
・ローテ6番手に秋山が滑り込みの気配。
・とっておきの代走は必ず1枚必要で、現状は植田がリード。代打陣のバランスは悪くない気がする。
・リリーバー、先発とも、投手陣の控えは「D」にまで昇格チャンスあり。層の厚みは感じる。
・アップ 27 33 43 46 62 69 99
・ダウン 00 19 31 56 58 63 92

※投手の「L」は左投げ、野手の「L」は左打ち、「S」は両打ち。

━━━━━━━━━━━━━━━

【A.スターティングメンバー】(9人)
いわゆる「開幕スタメン予想」。

1 遊 0木浪L
2 中 5近本L
3 右 7糸井L
4 三 3大山
5 左 8福留L
6 一 99ナバーロL
7 二 33糸原L
8 捕 44梅野
9 投 54メッセンジャー

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【B.一軍選手登録枠】(A+20人=29人)
いわゆる「開幕一軍予想」。ベンチ入りは25人。また開幕時は先発ローテ投手に代わって若手を体験登録させることも多い。28人という枠はFAの人的補償から保護されるプロテクトリストの数でもある(ただしドラフトされたばかりの新人と外国人は自動的に保護される。2019年より1増)。

◇先発型投手
16西 17岩貞L 46秋山 50青柳 77ガルシアL

◇救援型投手
52ジョンソン 14能見L 22藤川 43守屋 64桑原 69島本L 98ドリス

◇捕手
12坂本 57岡崎

◇内野手
00上本 1鳥谷L 2北條 62植田S

◇外野手
9髙山L 60中谷

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【C.日本シリーズ出場枠】(B+11人=40人)
日本シリーズ以外では特に意味のある数字ではないが、高確率で一軍出番が期待できる位置付け。ちなみにMLBでは、40人が「メジャー契約」となり、条件が優遇されるので、「メジャーとマイナーの分岐」になる。日本でもそんな感じ。

◇投手
18馬場 27尾仲 29髙橋遥L 36浜地 48齋藤 56飯田L 92伊藤和

◇捕手

◇内野手
55陽川

◇外野手
25江越 51伊藤隼L 63板山L

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【D.支配下選手枠】(C+30人以下=70人以下/現在67人)
育成中の選手が中心になる枠。そうでないのにここに入るようではいけない。

◇投手
13岡本 19藤浪 21岩田L 26呂L 28小野 30石崎 34谷川 35才木 40福永 41高橋聡L 47川原L 61望月 65湯浅 66牧 67岩崎L 97歳内

◇捕手
39長坂 59小宮山 94原口

◇内野手
4熊谷 31マルテ 32山崎 37森越 38小幡L 58荒木L

◇外野手
53島田L 68俊介

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【E.育成選手枠】支配下選手を目指す選手
◇投手
115横山L 121石井L

◇捕手
○122片山L

◇外野手
124横田L 125藤谷


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

5 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年3月19日 at 09:31 | Permalink

    上本、北條、高山、中谷のベンチスタートは非常にもったいない感じはありますが、

    矢野監督も「近本2番スタメン」は公言したようなので、開幕スタメンはほぼ今日のコラム通りで内定。
    マルテが間に合えばファーストマルテ、セカンドは相手の左右で糸原←→上本の併用、いわゆる「代打の神様」に鳥谷という感じですかね。

    ただ、公式戦未知数のルーキー1、2番コンビは大きな賭けでもあるので、もし機能しない場合にも「第二案」は矢野監督も考えてあるはず。

    改めて見ると、捕手出身の矢野監督は かつて今岡より上坂(F1セブン)というように俊足選手を優遇したノムさんに好みが似ているような感じがします。

    個人的には干されそうな俊介、隼太、岩田の逆襲にも期待します。

  2. 西田辺
    Posted 2019年3月19日 at 09:32 | Permalink

    開幕して、ガルシアの登録まではマルテ・ナバーロの
    外国人野手2枚体制で行くんでしょうね。
    そこまでが両名の正念場。
    セカンドも上本・糸原の使い分けかな。
    キャッチャーも坂本の出番が増えそうだし。
    外野両翼のベテランも、出ずっぱりは考えにくい。
    考えてみたら、結構隙間はありそう。
    B以下の選手は、その隙間にどう食い込んでくるか。
    何度も言いますが、開幕が全てではありません。
    隙間から風穴を開ける選手が、チームの層を生むし、体力になる。
    強いタイガースは、もうすぐそこにありますよ。

  3. なかっち
    Posted 2019年3月19日 at 09:35 | Permalink

    左打者が6人ですかぁ。
    昨日も書きましたが、最近試合を見てないからわかりませんでしたが、セカンドは上本ではなく糸原なんですね。(あくまでも現状での予想やとは思いますが)

    同郷の英雄である糸原がレギュラーを掴んでくれるのは大変嬉しい事ですが・・・。
    (糸原の後援会にも入会させてもらいましたし)

    上本がスタメンに名前がないのには違和感があります。代打で力を発揮するタイプの選手ではないと思いますので。





    新聞紙上で矢野監督は2番を固定したい旨を言われて、それを近本に託すようですね。
    2番を固定出来れば後は流動的でも良いと。

    普通は4番を固定したいと考えそうですが、敢えて2番を固定したいと。その意図はわかりませんが、面白い発想やと思いますね。矢野捕手の考え方では足の速い2番の左打者ってのが相当嫌なイメージなんでしょうね。

    オープン戦も今週の6連戦で終わり、いよいよ来週金曜日から開幕します。

    ローテーションの6番目は誰になるのか?
    抑えはドリスなのか球児なのか?
    石崎や飯田、守屋や島本は開幕のベンチに入れるのか?
    福留を休ませる時の変わりは中谷なのか、江越なのか、はたまた同じ左打者だが敢えて高山なのか?

    楽しみしかありませんが、この1週間である程度の戦い方を見せてほしいです。

  4. ジュビロタイガース
    Posted 2019年3月19日 at 12:30 | Permalink

    糸原と上本、中谷と江越で迷うなあ。
    植田は代走や内外野の守備固めと重宝しそう。

  5. 虎轍
    Posted 2019年3月19日 at 13:19 | Permalink

    開幕戦のオーダーは現状ではtorao様の言う通りになりそうですね。
    原口が帰ってくるまでは右の代打は上本になりそうな…
    日曜日の甲子園でもそうでしたが、上本は勝負強い打撃は出来ますからね。
    現状の中谷の打撃では前に飛ばすより、上に飛ばすポップフライしか無いのでね。
    タイミングさえ合えばやったら、江越の方が魅力はありますし、陽川もありますからね。
    ヒロシ風に言うなれば、江越です。ボールがバットに当たらんとです。江越です。江越です。江越です。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">