競り合いに敗れ5連敗

阪神が弱いというのも認めざるを得ないが、楽天の強さについては純粋に知りたいと思った。不勉強を恥じるところだが、この日の投手継投や攻撃の多彩さなど、随所にコーチ歴8年目の平石監督の采配、チーム運営の見事さを感じた。不振の梨田監督のあとを受けて監督代行に就任したのが去年の今頃。残りのシーズンをわずかな借金で乗り切り、正式に監督に就任した今季は、前年最下位のチームをここまで首位に引き上げている。
もちろんすべてが監督の手腕だとは言わない。今季、大改造したコーチングスタッフも非常に個性的で、各球団を渡り歩く「プロ守備走塁コーチ」の真喜志氏がヘッドに内部昇格、打撃と投手に金森氏と伊藤智仁氏をそれぞれ招聘し、バッテリーと外野守備にも光山氏と笘篠誠治氏を招いた。なんとなくチョコマカした野球を志向するのかと思いきや、盗塁数はリーグ最少。この日の試合を見ている限り、可能性の高い仕掛けを大胆に選択しているのかもしれない。
去年から今年にかけての補強がFA、外国人、ドラフトともにハマって、新戦力が大活躍しているのは、チーム、球団経営全体としての能力が高いことを物語っている。しかも、ルーキーたちがバンバン活躍している状況がありながらベテランや中堅も力を発揮し、まさに「勝ちながら育てる」が実戦できている。
IT企業を親会社にもっていることもあり、データ分析には以前からかなり熱心に取り組んでいるようであったが、その取組がどう現場に活用されているのか、それが現在の好調とどうリンクしているかにも興味がある。
矢野タイガースもよくやっているという評価をしているが、世の中、上には上があるもんだなあ、というのが正直な感想だ。ヨソのマネをして上手くいくというものではないが、なぜ上手くいっているのかを研究するのも大事。まだ結果は何も出ていないけれど、結果だけでなくプロセスとしてもね。

毎日いったんリードをとりながら、攻めきれず守りきれずで終盤で残念な粘り負けをする試合が続く。勝つことで飛躍的に成長できるのは確かだが、負けることでできる成長は小さくても深みと粘りになる。貯金があってよかったね。
競り合いで負けるのは矢野タイガースらしくない。相手を困らせて悪手に追い込む野球を。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

21 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2019年6月20日 at 10:12 | Permalink

    昨日は急遽聖地甲子園で現地観戦でした。
    負けましたm(__)m
    すんませんm(__)m
    大山のホームランで勝てると思ったのが間違いでした。
    球審山村が酷すぎでした。
    ストライクをボール判定された気持ちが解るか?
    青柳は逆球も多かったが可哀想やったし、守屋も可哀想やった。
    もう球審も審判もAIに任せたらええよ!
    今日も審判の巡りは悪いですが、聖地甲子園に行きます。
    クソ審判に負けるな!タイガース!
    頑張れ高橋遥人!

  2. Posted 2019年6月20日 at 10:21 | Permalink

    昨日はライスタ現地観戦でした。席に着いた瞬間の大山の3ラン!初夏の大山は違うのか?今日は勝った・・・まさかその後の展開は予想できませんでした。試合終了が22時回る事を含め(疲)

    勝ち負けの差は9回裏と10回表に共に先頭が出塁した後の作戦にあったのでしょうか。定石どおりバントで34番のバットに期待したタイガースに対し、下位に回るイーグルスはバスターエンドランが決まり、勝負はほぼ決まった感じ。平石監督は矢野監督以上にギャンブラー気質なのか、銀二の技術力に賭けた結果なのか。敵ながら見事な作戦でした。

    守屋は岡山の借りを取り戻そうと、そして同じ失敗を繰り返さぬ様と慎重になり過ぎたのでしょうか。初球スライダーからの入りは良かったと思いますが。今後この失敗をどう活かすのか。自分の持ち味・ストロングポイントを見失わないようもう1ランク上に上がって欲しいものであります。

    9回裏糸井のヒットの場面は突入させても良かったのでは?捕った時、近本は3塁手前くらいだったのでタイミングはギャンブルですが、ブラッシュの肩vs近本の足なら可能性は低くないでしょう。

    その後、大山の打席で糸井はなぜ走らなかった?1塁手はベース離れてるしピッチャーもノーマークに見えました。走ってたらマルテの時13塁でフォークピッチャーの森原にプレッシャーがかかった場面です。サヨナラのランナーじゃないし4本も打ったしって高みの見物してたように見えました。

    久々の聖地参戦がこんなゲームとなってとても残念です。

    • 虎轍
      Posted 2019年6月20日 at 12:52 | Permalink

      とらかっぱ様こんにちは。
      糸井のライト前の打球はブラッシュが舐めてんのか?ってくらい前に守ってたので、ストップは致し方無いと思いました。
      その後の糸井は前進守備やったし仰有るとおり走っといた方が良かったと思いますね。
      それで打者に投げる球種も減ったりしますからね。
      そういうとこの細かい仕掛けがあれば連敗から脱出出来るんですよね。

      • Posted 2019年6月20日 at 13:31 | Permalink

        虎轍さま
        私の観戦位置はブラッシュの真後ろだったので、縦位置の距離感は分かり辛くて「前に守ってんなぁ」くらいに思ってました。それでもブラッシュの守備力を考えれば勝負する手はあったと思います。ギャンブル手ではありますが・・・

        • 虎轍
          Posted 2019年6月20日 at 13:53 | Permalink

          私もギャンブルをして欲しかったです。
          送球が逸れたり、キャッチャーがこぼしたりがありますからね。
          ランコーのフジモンがビビったと思ってます。

          • Akira28
            Posted 2019年6月20日 at 14:16 | Permalink

            藤本は、ほんまにビビりですよね。あいつこ、積極走塁野球に挑戦して欲しいわ!

    • なかっち
      Posted 2019年6月20日 at 15:25 | Permalink

      私はあの場面ストップして正解やったと思います。回してアウトになればそれこそ何を言われるかわかりませんし。

      問題はその後の大山とマルテの打撃やと思います。チームを背負う4番打者の前でギャンブルする必要はないと思ってます。私はまだまだ大山の覚悟(チームの勝敗を背負う)が足らないと思ってます。

    • Posted 2019年6月20日 at 16:00 | Permalink

      別件で恐縮です。オフ会の案内メールを送ったところエラーで戻ってしまいました。
      確実に連絡がとれるアドレスから、torao@torao.net あてにメールをいただけると幸いです。
      よろしくお願いいたします。

  3. サヨナラ3ラン
    Posted 2019年6月20日 at 11:08 | Permalink

    ゲームの方は観れてないので何も語れ
    ないけど楽天の強さの一端にはGMの
    石井の能力とか人脈による部分も大きい
    と思う。彼自身も海外でプレーしていた
    ので補強の仕方とか考えもグローバルなの
    だと思う。それに比べ阪神はOBばかり
    集めた ある意味 村社会みたいなものだから
    。今年のチームは応援しますけど 経営陣も
    もっと視野を広げた方が良いと思う。

  4. こうさん
    Posted 2019年6月20日 at 11:39 | Permalink

    サンドウィッチマンの番組で楽天の立花さんが「来季は浅村の加入がデカイ。けど石井の存在もデカイ。」と言っていた。去年の年末だったから「最下位が夢を見てらぁ」と思っていたが予想外の首位という位置にいる。同じ最下位だったタイガースは3位ながらベイの足音が聞こえる位置にいる。球団が「矢野監督頼み」だったのが伝わる現状。

    何が違うのか。明るさは負けないタイガースだが、一番に明るいのが矢野監督という今のチーム。楽天は明るさプラス強さ。強さばかりは短期間で賄えない。だから矢野監督は明るい雰囲気を続けられるか、選手と一緒に暗いタイガースに戻るのか、分かれ道に立っている。

    ネットに溢れる審判のジャッジへの不満の数々。審判だって人間。10対0で楽天贔屓の判定をしていたわけでもあるまいし。負けた時は審判の判定に文句を言い、勝ったら「今日は審判のヘタなジャッジがタイガースに有利に働いたw」と笑って済ます。チームの弱さを審判のせいにするファンがいるうちは強くならないな。何べんもトラオさんが「強くない」って書いてるのに。開幕当初は矢野監督は「決して強くはない。だから全員野球で。」と、しつこく言っていた。

    最近は言わなくなったな、矢野監督。もう一度「強くない」って認識して、ファンにも認識させないとね。あの頃の「強くないけど何かをやってきそうな」タイガースを取り戻そうよ。ちょっと早く敗けの季節が来ただけ。貯金を使い果たすことを怖がるな。

  5. 西田辺
    Posted 2019年6月20日 at 11:45 | Permalink

    初回、大山の3ランで今日は楽に試合が見れると思ったんですけどねぇ。
    2回の無死満塁から近本の内野ゴロでの1点で終わったのが、結果的に
    後を苦しくしてしまいました。
    あそこで、ポンポンと追加点を入れれると楽天としても白旗を挙げざるを
    得なかってしょうが。
    今年チームトップの安定感を見せていた青柳が、5回もたずに援護点を全て
    吐き出してしまう。
    やはり左打者を抑える何かを一つ身につけないと、この先も苦しくなるで
    しょうね。
    もうなんか言うのも飽き飽きしてきましたが、打線ですよね。
    何点取ったから、あとはうちの投手なら勝てるとかってもし思っているなら
    そんな考えはキッパリ捨てて欲しい。
    どんな展開でも貪欲に点を取りに行く野球をやっていかないと、昨日のように
    青柳が崩れた時に途端に苦しい試合になってしまう。
    この数試合、投手陣に甘えてきた打線のツケを一気に払わされているように
    見えます。
    ハッキリ言ってこの時期から投手陣は、シンドくなってきます。
    ここからは打線が投手陣を助ける番になってきます。
    気になるのがマルテ。
    胴も以前痛めた脚はまだ完治していないのか、新たに痛めたのかは分かりませんが
    歩く時も足を引きずってます。
    昨日もファールフライを打った瞬間、痛みが走ったような表情になってました。
    ファーストの守備は比較的上手なんですが、走れない選手をスタメンで使う
    のは如何なものでしょうか。
    まだ中谷辺りを上げてきてファーストを守らせた方が、チームとして機能しそうな
    気がします。
    昨日は結局、原口・福留の強力代打陣を使うことなく敗戦。
    対する楽天は早い勝負を仕掛けてきました。
    前にも言いましたが、野球の勝負所は必ずしも終盤に来るとは限りません。
    私は、6回の木浪の2ベースの所が最大の勝負所だったと思います。
    楽天のハーマン・ブセニッツ・松井の3枚はかなり強力。
    そこまでにリードを取る展開に持ち込まないと、なかなかあのチームから勝ちを
    拾うのは難しい。
    ワイワイやるのもいいけれど、時に勝負に非情になってもいいんですよ、監督。

  6. なかっち
    Posted 2019年6月20日 at 11:47 | Permalink

    大山の先制3ランでいけると思ったんですがね。2試合とも点を取ればすぐに取り返される展開で流れをタイガースに持って来れないのか痛いですね。


    個人的に少し気になったプレーは、ウィーラーのキャッチャーゴロでダブルプレーが成立したとき、大山はファーストに山なりのボールを投げ、あわや暴投になりそうでした。あれは完全に気の抜けたプレーです。ああいうプレーをなくしていかないとこれからしんどくなると思います。

  7. 岩国の虎
    Posted 2019年6月20日 at 11:55 | Permalink

    考える野球、一点をもぎ取る野球が全く出来ない。
    相手投手からしたら、阪神タイガース打線は組みし易い。
     今日の試合の気付き事項
     (1)2回裏阪神の攻撃 近本セカンドゴロで 阪神4:1楽天
        なおも一死二塁三塁で打者糸原 ここでスクイズ&エンドラン
        ➡美馬投手はコントロールよく、恐い球が見当たらない
     (2)青柳投手は4回二死 代打渡辺に打たれたところで交代
     (3)6回裏阪神一死二塁の場面  代打は福留
        ➡鳥谷の打率は1割3分で打点ゼロ
        尚、近本内野安打で二死一塁三塁では近本に盗塁させ
          二死二塁三塁として攻めるべき。捕手は二塁に投げれない
     (4)9回裏阪神 一死一塁三塁の場面 
        ①糸井に盗塁させるべき  捕手は二塁に投げれない
         ➡一死二塁三塁として私なら大山に変えて代打原口
        ②大山たおれて二死 マルテに変えて代打福留&原口
       
    今後の阪神タイガースは、ロングリリーフ陣を厚くして
    藤川、ドリス、ジョンソン・・・投手陣の負担軽減を図れ
     例えば 小野、濱地、秋山、藤浪、望月 等の投手

      頑張れ頑張れ阪神タイガース !

  8. Akira28
    Posted 2019年6月20日 at 12:03 | Permalink

    昨日も勝てる試合でしたが、またも矢野監督ならではの人情味溢れる采配が裏目に出て負けました。
    あれだけ調子の悪い青柳を2点リードの4回で岩崎にスイッチしていレバ、あのまま9回までリードを保てていたかもしれませんし、鬼采配で、9回大山やマルテの場面で原口の一手を使っていタラ?
    まぁ言わずものがなのタラレバですが、やっぱりあの場面で守屋は可哀想すぎです。
    でも、今の時期は若手や新外国人への期待を込めての采配で悪くないでしょう。
    遥人君、堂々とぶつかっていけ!

    • Akira28
      Posted 2019年6月20日 at 14:24 | Permalink

      そういえば守屋君は2日連続での敗戦投手になってしまったんですね。昨日もコメントしましたが、マスカット球場のブルペンでは明らかに藤川に比べて見劣りしてました。昨日のマウンドに向かう時も顔面蒼白でしたし、やっぱりああいう場面ではまだ、荷が重いようです。
      ジョンソンの状態はどうなんでしょうか?桑原もまだなんでしょうか?藤浪の復活は如何に?

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2019年6月20日 at 12:19 | Permalink

    まずい流れですね。
    試合内容や中身は言いたいこと沢山ありますが・・・
    ベイに抜かれることなく、交流戦終わってもズルズルと行かぬよう、お願いします。

  10. yalkeys
    Posted 2019年6月20日 at 12:20 | Permalink

    ズバリ実力の差だと思います。マテオのチンタラした走りや、糸井の緩慢に見える守りなど、必死さが見えません。昨日は原口(マテオへの代打だと思ったが)の出番なしや代打の選択(折角ランナーが居るのに、何故か鳥谷だった)など、腑に落ちない采配が目立ちました。今季も交流戦の負け越しが決まりましたが(4連勝なら五分)、少しでもダメージを小さくするべく最後まで死力を尽くして貰いたい。

    • Posted 2019年6月20日 at 13:25 | Permalink

      yalkeysさま
      未発表の故障があったりするのかも知れませんが、マルテ・糸井はプレー全般の緩慢さが目に余ります。こんなことがチームの士気に関わらなければよいのですが。
      ×マテオ→○マルテですよね?一応、突っ込んどきます。

      • yalkeys
        Posted 2019年6月20日 at 14:20 | Permalink

        とらかっぱ様
        2人ともなんかテキパキさが見えません。マルテとマテオごっちゃになり、ご指摘ありがとうございます。

        • Posted 2019年6月20日 at 15:36 | Permalink

          わかります(笑)
          昨日の甲子園でもマルテに対し「マートン!ちゃんと走れ~」ってヤジが飛んでました。わざと間違えてるんだと思いますが

  11. ヒデボー
    Posted 2019年6月20日 at 16:36 | Permalink

    色々言いたい事ありますが、オフ会開催まで残り3試合。連敗止めたいですね、止めて欲しいですね。←今日から全勝と言いたいですが、あえて控えめに…

    今日明日、現地観戦です!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">