ノーノー食らう

ランディ・メッセンジャーが引退を表明して、時を同じくするように彼が背中を追いかけたジーン・バッキーさんが亡くなる。不思議なめぐり合わせだ。
まったく打てないのに強かった戦後阪神黄金期を支えた名投手、ありがとうございました。合掌。
そしてノーヒットノーランを食らう。なんだかつらいなあ、阪神。
打線を組み替えるなど工夫したつもりが、完全な裏目に出る。結局のところ、相手に心理戦を仕掛けて崩すという発想ではないから、阪神を得意にする投手は嵩にかかってくる。それが端的に現れた。安打というより、総合的なディフェンス力で差が出た試合でもあった。
望月は勉強。ミスもあったが、手応えもあったろう。
正直なところ、わいもノーモチベーションノーコメントなんだけど、気持ち切り替えて5位にならないよう、それぞれ練習で自分が取り組んでいることを残り少ないシーズンで出し切って、ちょっとでもいい成績にする。投げないで最後までやりきるの大事。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. タクロー
    Posted 2019年9月15日 at 10:10 | Permalink

    やることせずに、なすすべなしか。

    近本のライナーが3塁手のグラブに収まった瞬間、マウンドで何度も飛び跳ねはしゃぐ大野。思わず笑いをもらった。最後となった一球を投げる表情と弾ける笑顔のコントラストがサイコーだったなあ。悔しいけれどよくやった。

    一方、ノーノーをやられた敗軍の将。
    「別にノーヒットノーランが2敗になるわけじゃないんでね」「残りの戦いを俺らがどういう姿勢を見せるかというのが大事なんで。明日から全力で行きます。」 はあ?

    担当の打撃コーチ。
    「もう少し工夫があってもよかった。セーフティーをしたり、そういう揺さぶりが。でも僕の指示も出せなかった責任もある」 はあ?

    3番大山、4番マルテ、5番北條、6番陽川、これが大野対策でベストだったんですか?
    これじゃね。大喝!やね。この調子で来季もされるんでしょうけど、これじゃねえ。

    この敗戦は1敗にかわりはないだろう。そりゃそうだ。わかってるわ。ならば、今日も明日と目標に向かって一丸の読売に勝てますか?どんな全力で行くのかな?

    メッセ引退報道のあと間をおかず、あのバッキーが亡くなったとのニュース。幼い頃、王選手への死球で読売の荒川コーチと殴り合った場面を覚えている。熱血漢、安らかに。

  2. yalkeys
    Posted 2019年9月15日 at 10:15 | Permalink

    以前ノーヒットノーランを喫したのもドラの山本昌でしたね。いい勝ち方をしたメンバーを先発から外す理由が分からない。替わりの選手が飛び切り上等でもないのに。もうどうでもいいと思いながら、それでも順位に拘る自分がいます。ドラファンの友人とドラファンの自分がリーグ戦の順位で永久ニギリしているからです。0.5差はなんとも悩ましい。勝て!阪神、負けろ中日!

    • yalkeys
      Posted 2019年9月15日 at 10:18 | Permalink

      トラファンの自分でした。点々が余分でした。

  3. スーパーエリーバ
    Posted 2019年9月15日 at 10:57 | Permalink

    ノーノー
    食らいましたか~
    そのうち食らいそうでしたが、とうとう食らいましたね。

    阪神監督就任1年目あるあるを言いたくなってきたので(笑)
    ちょっと気分を変えて・・・

    【シーズン序盤】
    ◆若手を積極的に起用しがち
    ◆盗塁エンドラン等、走者を活発に動かしがち

    【ちょっと負けが混んでくると・・・】
    ◆臆病になってバントが増えがち
    ◆相手投手の左右を必要以上に気にしがち

    【末期】
    ◆過去の実績にすがりがち

    もう開き直って思い切った策やオーダーを組める状況になっても、それが出来ないんですよね~。
    タイガースの監督とは、物凄い重圧との戦いなんでしょうね。

  4. 西田辺
    Posted 2019年9月15日 at 11:03 | Permalink

    バッキーさん。
    確か阪神にはテスト入団で、最初は通訳も付けられず、甲子園近くの長屋に
    住んでいたそうです。
    メッセとは本当に不思議な巡り合わせですね。
    謹んでお悔やみ申し上げます。
    ノーノーはねぇ・・・。
    今の阪神打線なら、いつ喰らってもおかしくないと思っていたので、2006年
    のような衝撃も驚きもありません。
    報道やネットでは、打順を変えたり福留を外した事によりノーノーに繋がった
    と言う論調もありましたが、別にどんな打線組もうがやられる時はやられますから。
    逆に昨日の二塁:木浪・三塁:大山・遊撃:北條は良いんじゃないのかと思います。
    木浪のセカンドも、以前一度守ったのを見た時に結構良かったですよ。
    元々本職はセカンド・サードですからね。
    今日から今季最後の東京ドーム。
    昨日のショックを引き摺ってズブズブと沈んでいくのか、全ての膿を出し切ったと
    思って今までの負を振り切って戦えるか。
    来期に向けても大事な2試合になると思いますよ。

  5. ぴゅあらっく
    Posted 2019年9月15日 at 11:28 | Permalink

    2006年9月にナゴドで山本昌のノーヒットノーランを見た私が来ましたよ(^^;。
    あの時は中日と優勝争いをしている最中でしたね。情けなくて試合終了の瞬間に走ってナゴドを逃げ出したことを思い出します。私も若かったせいか悔しくて堪らなかったです。
    今の私は年を取って丸くなったせいか(笑)、昨日は素直に大野投手を祝福していました。
    大野対策で組み替えた打線が裏目に出てしまった訳ですが、大野投手の出来が良すぎたとしか言い様がありません。
    前回のノーヒットノーランの翌日は金本選手のホームランで勝ちました。今日の試合は菅野を攻略して絶対に勝って欲しいです。

  6. こうさん
    Posted 2019年9月15日 at 11:40 | Permalink

    矢野さん、インタビューの内容がカッコ悪いよ。「私、背が高いって言われるけどチェ・ホンマンよりは低いし。」って言ってるみたいな。

    頑固な矢野監督。来季のスローガンも変えないだろう。そこで、少しだけ言葉を足してほしい。

    来季のスローガン…「『オレがヤル❗』っていう人、手を挙げて❗」

  7. Akira28
    Posted 2019年9月15日 at 12:18 | Permalink

    父の仕事の関係で福井県敦賀市に住んでいた昭和39年、村山・バッキーの活躍で優勝した秋、まだ保育園の年長さんだった私は自宅で開かれた祝勝会で目の前の越前カニを、隣の家のご主人の田辺さんの膝に座らせで貰い方張りながら食べた嬉しく懐かしい思い出があります。
    優しい田辺おじさんは、幼い私に美味しいお酒も飲ませ始めて、父は苦笑いましたが、、、
    翌年、岡山に戻り私が小学校に入学した年にバッキーは憎き巨人からノーノーやってくれましたし、あのバッキー荒川事件の試合は悔しくて悔しくて堪りませんでした。
    懐かしいバッキー投手。メッセンジャーの引退に合わせるかのように届いた訃報に深く追悼の祈りを捧げました。
    不甲斐ないタイガース、昨日は大野投手にノーノー。
    何の工夫も無いベンチ。
    呆れ果てて観てましたが、ふと、ソラーテが大野から打ったホームランを思い出し、矢野の馬鹿やろ〜!と叫んでしまいました。
    タイガースには、やっぱり優れた助っ人が必要なんです。

  8. 虎轍
    Posted 2019年9月15日 at 12:30 | Permalink

    そろそろ完封負けする頃やと思ってましたが、無安打無得点とは…
    打線を組み替えると打てなくなるのが今年の特徴みたいになってるのに気付いて!
    策を講じても策にならない采配ってあるんやなぁ…
    裏目って言えばそれまでですが、こんなに裏目ばかりになるのも珍しいね。

    しょうもない
    あぁ しょうもない
    しょうもない

    今日はがむしゃらに勝ちにイケ!
    タイガースファンを喜ばせろ!
    バッキーさんに哀悼。

  9. なかっち
    Posted 2019年9月15日 at 12:30 | Permalink

    メッセンジャー引退の一報の次はバッキーさんの訃報つどすか。何か悲しい初秋ですね。
    おまけにノーノーをされました。情けないと言えば情けないですが、大野が良かったと思うしかありませんね。

    それにしてもこの4年でレギュラーを固定出来ない現状を球団はどう思っているんでしょうか?

    来年も矢野監督は同じ野球を続けていくのか?正直先が見えませんね。

  10. hi64
    Posted 2019年9月15日 at 13:09 | Permalink

    昨日は現地でした。
    プロ野球を何百試合も現地観戦してますが、ノーヒットノーランを目の前で観たのは初めてです 笑
    跳び跳ねる大野を横目に帰路につきました。

    大野は初回から良い球を投げてましたし、チェンジアップはいいところに決まってたし、最終回に150キロ出してましたから、まあ、なかなか打てるピッチングではなかったですね。
    打つなら木浪か近本かなと思ってましたが、二人とも良い辺りはありましたが、中日の守備は固いですね。

    望月は結果はまずまずですが、点の取られ方が良くないですね。
    エラーもあったりして不運でしたが、四球、死球、暴投が点に絡み、印象は良くないです。
    変化球でストライクが取れるようになってきて、段階はひとつ上がった気がします。
    来年はもう一段上を目指して、勝てるピッチャーになって欲しいですね。

  11. kazu3750
    Posted 2019年9月15日 at 14:05 | Permalink

    13年ぶりにノーヒットノーランを食らったんですね。優勝争いの最中、山本昌にやられた時は自分も若かったから地団駄を踏んで悔しがったものです。今季はもう、近本の長嶋さん超えしか興味はないので、出来れば4位になって欲しいと思うくらい。

    それにしても、打率1割でほぼ一塁しか守れない陽川をレフトで何度も起用している矢野采配。これだけは相性とか、どの観点から考えても理解不能。

  12. 三河の虎キチパパ
    Posted 2019年9月15日 at 15:07 | Permalink

    久しぶりに投稿させていただきます。
    昨日は阪神タイガースのユニフォームを着ている鳥谷選手の姿を生で観れるのが最期かも知れないと思い、急遽現地でした。(もちろん背番号1のユニ着て行きました)
    結果は鳥谷選手が出場する事もなく、なんとノーヒットノーランを目の前で観る事になるとは…
    13年前の山本昌投手のノーノーも現地でした。今まで何万試合も行われてるのに92回しか達成されていない試合を現地で2回も観るとは凄い確率です。びっくり。
    13年前の時は暴動が起きそうな雰囲気でしたが、昨日はそんな事もなく 穏やかな時間が流れてました。

    基本的には相手投手の右左に関係なく、勝った試合のスタメンはいじって欲しくないと個人的には思っています。
    しかし昨日は何の揺さぶりも工夫もない、淡々とした試合でしたね。100球を超えた8回表、陽川選手がライトフライで1アウト。7番の高山選手と8番の梅野選手が共に初球を打ってアッサリ攻撃終了してました。どういう指示が出てたかは分かりませんが、あれではキツイです。相手が嫌がる事をしていかないと。
    残り試合があるので、来期に繋がる何かを見せて欲しいものです。

  13. かわとふ
    Posted 2019年9月15日 at 21:37 | Permalink

    阪神ファンとしては、悔しい。
    でも、野球好きとしては…ブラボー!!

    おめでとう!!
    スタンディングオベーション!!
    称えようぜ!!

    阪神ファンである前に、野球好きとして、オメデトウ!!
    次は、ウチの誰かがやるからな!!そんときは、スタンディングオベーションでヨロシク

  14. 大和
    Posted 2019年9月15日 at 23:13 | Permalink

    最近バッキー氏がメッセンジャーの100勝記録達成に合わせて来日するかもというニュースを聞いていたのでまだお元気なのかと思っていたので驚きました。
    メッセの引退でこの計画はどうなるのだろうと思ってた矢先に二重のショックです。
    父がバッキーのファンだったので古希のお祝いを兼ねてその日に観戦しようと計画を立てていたので本当に残念です。

    バッキーの思いに全く応えられない今のタイガースに溜め息が止まりません。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">