オープン戦は快勝スタート

オープン戦がスタート。映像は見ていない。見てないなりに。
(1)先制2ランとマルチヒットの坂本が梅野と張り合える存在に。ブロッキングと盗塁阻止で優位に立つ梅野に対して、フレーミングの坂本。実は思われているほど二人に差はない。
(2)マルテ一発、大山5のゼロで「大差」。しかし大山の当たりはよかったとか、マルテ守備でミスありとの情報も聞こえた。二人の勝負は1試合や2試合では決着しない。
(3)髙山4の4で猛アピールに成功。大口どおりに両翼の一角を崩すには絶好のスタート。
(4)「近本2番構想」は、併殺がないとか、出塁可能性を拡大できるといった「俊足マター」ではなく、「2番山田」とか「2番坂本」と同じ意味の機能になるかもね。
(5)代走、守備固め枠の競争激化。オープン戦は試合終盤、試合終了まで楽しみだ。
(6)この日投げたのは、西勇2、髙橋3、横山1、浜地1、岩貞2。「脱落者」はなしか。浜地はリリーフに回るっぽい?それがいいと思う。横山支配下早よ。
(7)といいつつ、同一リーグのオープン戦は、いろいろと割引して評価する必要もある。
ということで、ちゃんと映像を見た人たちからの意見も参考にさせてもらいたいのであとよろしく!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年2月23日 at 09:35 | Permalink

    (1)西の恋人、梅ちゃんに横恋慕の坂本ですが、うまくリードしてました。西の天敵ビシエドをカーブ攻めで仕留めたときは溜飲下がりました。
    (2)今年のマルテはかなり打つかも。ただし、サードの守備は・・・。
    (3)5打席目に代打送られたことに不満を漏らす心意気は買い。
    (4)小笠原型2番か。将来は3番張れると思いますが。
    (5)内野も競争激しいけれど、今年は外野の競争も熱いわ。熊谷、植田もいつでも外野守れる準備してるしね。
    (6)横山が力あるボール投げてましたね。早々に支配下に戻れそう。遥人は緩い球の試行中。これが使えるようになると無敵ですぜ。
    (7)今日はこの前の練習試合でやられたカープが相手だけに、ガンケルの快投を願掛ける?

  2. 西田辺
    Posted 2020年2月23日 at 10:50 | Permalink

    同一リーグ同士のオープン戦は、腹の探り合いもあるでしょうし、手の内を
    見せないようにしたり、見に行ったり純粋に力比べとはいきませんよね。
    昨日の試合は、お互いに目新しい選手も出場することなく、戦力の確認が
    主体の試合になったかも。
    近本は、今までにいた俊足選手という括りで考えるべきではないと思います。
    打撃に関しては、思い切りがあるタイプだし長打も打てる。
    もうそろそろ、俊足選手=小技という方程式は放棄した方が良いと思う。
    くだらない首脳陣の先入観が、選手の可能性を潰してきた例をイヤというほど
    見てきました。
    「〇〇は、かくあるべき」「○○は、こうだったから君もこうなれ」みたいなのが
    大嫌いでして。
    プロ野球選手でも、自分が一番良い思いをした時のチームの選手に今の選手を重ね
    がちだけど、赤星と近本は別の人間だし別の選手。
    当時のコピー選手を並べたって優勝できる訳ないですよね。
    今在籍する選手で、どういう野球をするのか、その選手たちの可能性をいかに広げるか
    の方が何倍も大事な事。
    人の出会いも、チーム作りも一期一会です。
    その時、集まった選手と首脳陣が作り出す集団は、ある意味奇跡。
    次の年になれば、人が入れ替わり厳密に同じチームは二度と作れない。
    誰かに照らす、先入観にとらわれるチーム作りがどれだけ可能性を狭めるか。
    首脳陣だけではなく、マスコミにコメントを発するOBや球団役員も認識して
    発言してほしいです。

  3. DAN
    Posted 2020年2月23日 at 11:07 | Permalink

    今日の試合も試聴手段なし。セリーグのあほー。

    (1)梅野がメインとはなるでしょうが、週一回でも坂本にスタメンマスクの出場機会を与えて欲しいですね。ガンケルあたりと組ませれば持ち味を発揮しそうな気がします。
    (2)昨季だと大山とマルテの打席の期待度は大して変わらなかったですが、どちらももっとホームラン打てる選手だと思うので、まだまだ競争は続きますね。
    (3)糸井、福留、サンズが居る中で、髙山が開幕スタメンを勝ち取ったらすごいですね。ここから、本来の成長曲線に復帰してもらえればと。
    (4)昨季の6月頃、内角を攻められて打率を大きく落としましたが、しっかり引っ張れるようになってホームランもかなり増えそうです。赤星の後継者というイメージから、丸みたいなタイプにクラスチェンジしそうです。赤星の後継者枠はもと島田に返還
    (5)昨日は江越が猛アピールしたようだし、熊谷も来そうで、植田の尻に火がついていますね。みんながんがれ!
    (6)脱落者なしは何より。浜地もそうですが、望月もそうした方がいいような。あと、横山が支配下になったら支配下登録選手が69人であと1人。個人的には藤谷に期待しています。
    (7)とはいえ、中日さんも本気モードだったし、聞くところによると加藤捕手が試合後2軍に落とされたとか。強肩で厄介だと思っていたので、阪神的には朗報としておきますかね。

    あと、阪神タイガースTHE MOVIE観てきました。
    関東では上映館自体が少ないし、そんなにキャパもなかったけど、ほぼ満席でした。
    しかしまぁ、何と制作費の安上がりな映画なことかと。普通にサンテレビやスカイAで同じのがやってても驚かないですね。
    でも、普通にテンションが上がり今季の優勝に向けて気分が盛り上がるあたり、私みたいな阪神ファンのお手軽さも大概ですな。球団丸儲けですが、優勝パレードやV旅行の費用の足しにでもして下さいな。

    そう考えると、莫大な費用をかけたのが見て取れ、阪神ファンが喜びそうな要素を詰め込んだにもかかわらず、迷作として微妙な評価を受けている「ミスタールーキー」とのコスパの差が凄まじいなと。あれはあれで嫌いじゃなかったけど。

  4. こうさん
    Posted 2020年2月23日 at 12:21 | Permalink

    試合を観られない環境なので何も語れず。昨日観たノムさんのThe GAMEはタイガースファンの俺でも面白かった。ノムさん、森さん両監督の駆け引き、巨大帝国に挑むIDヤクルト。凄まじい7試合。

    西武の日本一で幕を閉じたがヤクルトにいた飯田が言ったノムさんの言葉、「西武の捕手、伊東は困ったら外角に逃げる。」…梅野も他球団から思われてるのかな。坂本の方が内角に求める勇気がある?

    まあ昨日、熱くなった理由は1992年は俺が高校3年生、ヤクルトファンの友達との賭けに負けて丸坊主になった年だからなんだがね。部活を卒業した野球部も髪を伸ばしてるという秋に。その時はノムさんがタイガースの監督になるとは思わなかったな。今はタイガースが出ない日本シリーズには興味がないなぁ。…出てねぇわ。

  5. ジュビロタイガース
    Posted 2020年2月23日 at 13:03 | Permalink

    マルテと高山は打撃で魅せましたね。
    当面、サード、外国人、外野の争いは、マルテ&高山対サンズ&大山のタッグ戦のような気もします。勿論、福留もいますけど追いやってほしいし、開幕カードはローテの兼ね合いもありますが。

  6. 虎轍
    Posted 2020年2月23日 at 15:06 | Permalink

    こんなタイガースが見たかった!って試合でしたね(笑)
    高山4安打って…シーズンに残しとけ!
    近本ホームラン…シーズンに残しとけ!
    マルテホームラン…シーズンに残しとけ!
    ん?シーズン入っても全員がやってくれそうな気がする。
    高山は3割を打ちそうやし、近本は二桁ホームランがありそうですね。
    マルテは早出特守で下半身が鍛えられましたね。
    まだまだ鍛えていこう!

  7. なかっち
    Posted 2020年2月23日 at 17:35 | Permalink

    (1)梅野と坂本。総合トータル的に見てもかなり差がついたと思ってます。
    やはりあのブロッキングとバズーカは投手の心理をかなり安心させてると思います。
    タイガース投手陣は防御率もさることながら、奪三振も多く、与四死球も少ないのもデータとして出てます。
    ワンバンを確実に止めてくれるキャッチャー。投手は安心して低めに投げられます。
    (2)昨日私は現状の大山にはかなり不満があると書かせてもらいました。
    マルテサードは確かに不安ですが、2遊間と違い、サードを守る選手にはやはり打って欲しいです。
    (3)高山がいよいよアピールしだしました。高山がレギュラーを掴みとるとある意味大山にもプレッシャーをかけれると思います。
    (4)ある意味2番最強説を一番体現出来そうなタイプかもしれませんね。
    足が速く、引っ張れて、長打も打てる。ランナーに出れば走れる。
    今年ヤクルトが2番に山田を置くとの報道もあるようですが、近本2番も同タイプかもしれませんね。
    (5)今年は外国人野手が多いので、試合終盤に重宝される存在になるかもしれません。
    内外野を守れる植田と熊谷。
    貴重な存在かも。
    (6)今日ガンケルが好投したようなので、西、高橋、青柳の4枚はほぼ確定かな?
    残り2つの開幕ローテーションの枠を望月、濱地、秋山、岩貞、藤浪、小野、安芸にいる才木等が争う感じかな?
    それにしてもまだまた頭数が足らないですね。
    (7)開幕が早いせいか、2月にもかかわらず、各チーム主力クラスが出てきてますね。
    まだまだ腹の探りあいやと思いますが、ある程度のチーム力は把握出来るかも。
    タイガースも早めにベストオーダーを組んで行くべきやと思います。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">