苦しい序盤戦から急成長は芽吹くか

日本一は決まっている。そう言いつづけるのはいい。ただし、横綱級ならともかく、帳尻合わせの連勝でクラシリに滑り込んだくらいの、せいぜい小結級のチームが日本一を掴み取ろうというのだから、「呪文」だけでどうなるものでもない。鍛錬、努力も当たり前、
そこに上りつめるためには真剣勝負での急成長、「大化け」が必要だ。

成長というと若者の特権のようだが、そうでもない。経験を積んだ者であっても、いくらでも厚い皮がむけることがある。三流が二流に、二流が一流になるだけでなく、一流が超一流になることもあれば、超一流が神の領域に迫ることもある。

 将として大事なのは、化ける土壌を作り出すことだ。やり方は人それぞれであっても、名将は例外なく「大化け」を促すために畑を耕す。
段階として、失敗を怖れない超積極性を促す時期、仲間の小さい成功を喜び、チームとしての団結を形成する時期があるのはいい。子供が大人になっていく過程だ。それが兵になり、軍を形成し、軍を引っ張って勝利をもたらしていくためには、実戦でどんどん力を獲得していかねばならない。

それを前から後ろから支えていくのが将であり、中枢部の仕事だ。その方法論までは必ずしも私たちには見えない。実戦とは相手があってのことだから、狙いをさとらせぬことも必要だ。私たちはその意図を見つけることもあるが、多くは結果でしか判断ができない。

長いようで短いシーズン、矢野監督はその穏やかな表情の陰で、どれだけの手練手管を持ち、それを適時繰り出せるか。何人の選手に「大化け」を促し、急成長させることができるのか。
その目算があるからこその「決まっている」であり、ただ単に「お題目」を唱えているだけではあるまい。それを見つけ出していくのが、今季のお楽しみだ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年6月25日 at 09:52 | Permalink

    その大化け(一流→超一流)を目指して一生懸命にやってるように見えるのが「マルテだけ」というのがなんとも寂しいです。
    彼の全力疾走や、下手なりにサードを堅実に守ろうとする姿には好感が持てます。

    敗戦も悔しいですが、チョロっと出て来て爪痕を残せない高山や大山にがむしゃらさが欲しいし、
    守屋も「昨年で信用を勝ちとった」と勘違いせずもっと上を目指して欲しい。

    ボーアはヒット一本出たので、きっかけにして欲しいけど年俸2.4億円の大物が一本のシングルヒットでガッツポーズはちょっとねぇ。
    こちらも今日から大化けを期待します。

  2. Posted 2020年6月25日 at 10:04 | Permalink

    悪い方のガンケルでしたね。そもそもいい方が出る確率ってそんなに高くないんじゃ・・・コントロールが生命線の投手が「制球がつかなかった」って言ってるようじゃねぇ。もう少し日本の野球を学んで絶対にベルトより上に投げない制球力をつけてから・・・ですね。

    で、キャッチャーは梅野じゃなく原口。ガンケルとの相性でしょうがずっと三人併用で行くのですか?二年連続GGのキャッチャーがそんなに信用ならん?それとも故障を抱えてる?こんな使い方してたら優勝なんて絶対無理だと思います。ましてや梅野のモチベなんてダダ下がりでしょう。FA取ったら即出て行きますよ、こんな起用法じゃ。

    今日の先発は秋山なので今日も原口?原口は好きな選手ですが梅野で行って欲しいです。何とか思い直して下さい矢野監督!

  3. こうさん
    Posted 2020年6月25日 at 10:12 | Permalink

    試合を振り返らずに矢野監督の、チームの「芯」を語った今日のトラオさんの文章。先日のコメントに「強いチームのソレ」と書いたが今日の文章を読んでスッキリした。

    「今日の文章は大事だな」と思ったら何度でも読み返せるようにマークしている。今日のも追加ですな。「こんなチームになるように」という指標が増える。それを矢野采配と比べる喜び。

  4. 西田辺
    Posted 2020年6月25日 at 10:40 | Permalink

    まぁ、1点じゃ勝てまへんな。
    ガンケルは、感じとしては悪くないと思うんですが、あれだけ連打を喰らう
    のは、何かもう一工夫足りないのかな。
    割とポンポンと放ってくるタイプですから、その辺りなのか。
    元々、改良が必要な育成候補で取った投手ですから、下で色々試してみる
    のも良いかも知れません。
    それより昨日寂しい内容だったのは守屋。
    山田哲人・山崎と早いカウントで追い込みながら、勝負球が甘くなって
    やられています。
    キャッチャーからサインを受け取って、自分はどういう所にどんなボールを
    投げ込むべきかという意識が持てているのでしょうか。
    せっかく去年、中継ぎでの地位を掴みかけていたのに、あの内容では大事な
    所は任せられないという評価になってしまいます。
    針の穴を通すようなコントロールを持てとは言わないけれど、絶対にこの球種で
    そこにだけは投げてはいけないという強い意識が不足しているように見えます。
    まさか監督の言葉につられて、漫然と野球をやっても優勝してしまうなんて考えてる
    選手は一人もいないとは思いますが、もう一度全員が一つのプレーに対する
    意識を改めた方が良いと思います。

  5. 虎轍
    Posted 2020年6月25日 at 12:25 | Permalink

    悪い方のガンケルが出てしまいましたが、辛抱強く、それなりの投球は出来たのかも知れませんね。
    前日にええ配球をしてた梅野を使わないのは何故に?
    守屋は色々あって疲れてるのか?
    気を引き締めて頑張れ!
    今日は勝って勝ち越してカードを終えよう!
    頑張ろうタイガース!
    やっぱり第2波がジワジワと押し寄せてるよ!
    コロナに気を付けて!
    頑張ろう日本!

  6. 正ちゃん
    Posted 2020年6月25日 at 12:39 | Permalink

    試合は見ることが出来ませんでした。てっきり、梅野選手が先発だと思っていました。
    原口選手がどうこうではありません。なぜ、勝利した翌日に変更するのか。
    もちろん、梅野選手だけで勝ったわけではありませんが、変える根拠が知りたい。
    呪文のように唱えていたって日本一にはなれません。
    選手の成長を促すには、リーダーがその先を歩んでいなければいけません。
    選手の成長=矢野監督の成長だと思います。
    だから今日も応援します!戦う集団になれ、タイガース!

  7. ジュビロタイガース
    Posted 2020年6月25日 at 12:50 | Permalink

    う〜ん、梅野は怪我?遅刻?今のところ梅野は失点も少ないし、打って走ってと問題無さそうだけど。秋山の相手は原口だろうし、4日は坂本だったし、今日のスタメンも無し?

    ガンケルの降板は早いような仕方無いようなだけど、守屋や谷川は登板過多になるし、打たれるし。高山や大山は打たないし。
    何か規定路線の抹消っぽいけど、ガルシアが2戦目に投げてれば、来週水曜に登録出来たと思うんだけど。

    ボーアは上手いこと拾ってヒットになったけど、各局のニュースでいじられてたね。練習でも逆方向に飛ばすらしいし、広角に狙っても良いと思うけど。それが出来てバースの再来と思う。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">