9回二死サンズ逆転3ラン

序盤から点の取り合い。中盤には逆転、逆転また逆転の激しい攻防となり、先発岩貞から能見、谷川、岩崎とつぎ込み、ビハインドの7回にはスアレスまで使った。8回はこの日昇格したばかりの伊藤和。残りは福永と藤川しかいない。

エドワーズは右肩コンディション不良で抹消。守屋も降格し、前日投げて悔しい思いをした小川はベンチから外れた。伊藤和にとってはここで結果を出すしかない。
そこで巧みな投球を見せた。こちゃこちゃとした腕の使い方でタイミングをとらせず、ナチュラルにシュートする直球と、すっと低めに抜け落ちるチェンジアップのコンビネーション。これにより、前後(緩急)、左右(内外)、さらには上下(高低)と「3D」をフル活用できた。
一気に苦しくなったブルペンを助ける存在になってくれる。敗色濃厚の試合展開の中で、明るい材料になった。この快投が伊藤和のプロ初勝利につながってくれればいいのだけれど、そうなりそうな予感はあまりなかった。

なぜなら、9回表のマウンドには2年連続セーブ王、ジャパンのクローザー・山崎康晃が立っている。
先頭糸原の打球は力ないライトフライで1アウト。初回先制のホームインとなるヒットと、5回には一時同点となるタイムリーを打っていたが、ここは出塁できなかった。
続く糸井も、この日は一時勝ち越しとなる1号2ランを打っていたが、ライナーがサード正面をつく。
珍しく打ち合い競り合いになった試合も、ついに「あとひとり」。打席のマルテは初回先制犠飛、5回には右フェンス直撃の三塁打と4番の働きをしている。なんとかしてくれ。ここでマルテは山崎得意のツーシームをきっちり見送って四球で出る。強引に振りに行かないマルテのスタイルが生きる。代走植田、打席には初回2点目となる三遊間へのタイムリーと、左フェンス直撃のヒットを打ったボーアの打順だが、代走を送られて投手が入っている。代打大山。
牽制球を投じないので知られる山崎が植田の盗塁を警戒して2球も牽制する。その厳戒態勢の下、植田は二盗を敢行し成功。リクエストされたが、スピードが落ちないスライディングで、タッチをかいくぐって一瞬先にベースに達した。
一打同点のチャンスなり、大山の集中力も高まる。誘いに乗らず連続四球となる。二死一二塁。

打席にこの日昇格即スタメンのサンズが入る。好守備はあったが、大量5得点の打線でただひとり出塁できずにいた。
初球のツーシームは低いと思われたが球審の手が上がる。2球目、3球目と速球が外に外れる。ピンチを迎えて山崎のうなり声が無観客のスタジアムに響いた。
4球目、外角へのツーシーム。サンズは、完全にこのボールに照準を合わせていた。おそらく打席に入る前と初球を見逃したときから。ふかく踏み込んで体軸を傾ける。その軸に対して垂直にスムーズなスイング軌道を描く。ややバットの先で捉えたかに見えたが、内へ入ってくるボールは見事に芯を食った。強烈なライナーは低く伸びてスタンドに設置された特設の看板にぶち当たった。
その様子を見ていたサンズは、走塁のスピードを少しだけ落としたが興奮状態で三塁ベースを回る。藤本コーチはそれを見送ったが、一塁から出迎えた筒井コーチはもう「お約束」を忘れてハイタッチ。ベンチ前のお出迎えをサイドステップで駆け抜けたサンズにハイタッチが降り注ぐ。そら、こんなホームランが出て、エアタッチとか「かめはめ波」とかやっていられないだろう。

9回ウラは藤川が無死一二塁、一死一三塁、二死満塁の大ピンチを命からがら逃げ切って連敗脱出。
MBS砲が揃ってヒットを打ち、打点をあげた。なにより二軍スタートとなったサンズが一発でチャンスをものにしたのがよかった。
出だしが悪くてもチャンスはやってくる。4打席凡退していても5打席目に起死回生の一撃を打つチャンスがある。
この「野球の原理」を信じることがタイガースには必要だった。サンズにとって最高のデビュー戦になった。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

14 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年6月28日 at 10:33 | Permalink

    「野球は9回ツーアウトから」と簡単に言うけど実際にはそうそうある事ではない。
    開幕からまだ8戦でまさかソレの地獄と天国を味わうとは「何てシーズンだ」!

    得点力のない打線に助っ人3人&原口を入れる「超攻撃型」という博打に出た矢野監督、何とか報われました。

    それにしても疲れるゲームでした。
    初回にボーアのタイムリーなどで2点先制も、その裏に薄暮で消える打球(私のスポーツでも照明とボールが重なり見失う事があるがそんな感じ?)の不運などですぐ同点。
    勝ち越してもまた、岩貞近くに来たゴロを彼が触らなければゲッツーだったのに、触って方向が変わる不運などですぐに追いつかれ。

    継投は早めの交代から、挙げ句の果てには前倒しして岩崎を投入も昨夜はなぜかスッポ抜けが多く大誤算。

    そして2点ビハインドの9回の攻撃も康晃から捉えた当たりも2本とも野手正面で簡単にツーアウトになった時は「矢野監督にはツキとか運は無いのか?」と、私の中でも99%「諦め」という言葉が頭をよぎりました。

    しかし「野球の神様」は見ていた?、8回伊藤和雄の好投を!

    勿論ヒーローは逆転スリーランのサンズ(それに導いた植田の勇気ある盗塁も!)でしたが、私の中では伊藤和雄!
    全く落ち着きのないシーソーゲームの中で(矢野監督が消去法で仕方なく送り出した)彼が、8回をピシャッリと抑えた事を野球の神様はしっかり見ていてくれたようです。
    伊藤和雄、故障続きで背番号も17→117→92と変わる間に0勝のまま30歳になっていました。
    昨季のドラフトが、もし高校生ドラフトじゃなければクビの危険すらあった選手ですが、その苦労人の「初白星」には胸が熱くなりました。

    昨夜は、
    ボーアも2本目のヒットなどは逆方向に打球が伸びており、復調傾向、サンズはスリーラン以外に守備でもファインプレーがあり「使える」事を証明できたターニングポイントになるようなゲームでした。

    DeNAは助っ人全員が大当り、あのエスコバーすら登録から漏れ、筒香の穴など全く感じない強力なチーム!
    そのチームに競り勝ったのだから自信を持って戦って欲しい。
    (今日はローテの谷間だし雨模様なので、休ませてあげたい気持ちもありますが、どうでしょう)

  2. こうさん
    Posted 2020年6月28日 at 10:34 | Permalink

    サンズが打ったコース…いや、高さは「新井の兄ちゃんが好きな高さだなぁ」と、にやけてしまった。一昨日は「ハイタッチすんな‼️」とベイに対して怒り心頭だったが昨日は「しゃあないしゃあない」と笑顔の俺。

    それにしてもベイは只では終わらせてくれない。あの「明日へ繋げる粘り」がタイガースにほしい。読売は力で心を折りに来た。ヤクルトはバレンティンが居なくなりチームの風通しが良くなった。ベイはラミレス監督の信念がチームに、選手に浸透しているのが伝わる。さてタイガースの良さは?

    梅野の笑顔が見れた試合後。途中出場だがチームの力になった。この勢いで連勝‼️…と思うが雨か。

  3. Akira28
    Posted 2020年6月28日 at 10:34 | Permalink

    いや〜嬉しい、嬉しい。飲み過ぎ、呑み過ぎの朝。今朝は早起きして、もう一回試合を見直しましたが、今朝のtoraoさんのコメントはまさに昨夜の熱戦のハイライトダイジェストです。
    ボーア、サンズの活躍を信じて疑わない私にとって、昨日の試合は凄かった。
    toraoさんが見事に洞察されているように「ふかく踏み込んで体軸を傾ける。その軸に対して垂直にスムーズなスイング軌道を描く。」という打撃スタイルこそ、ホームランが狙えるバッティングフォーム。
    ボーアとサンズには、その形があります。
    心配していたサンズの守備も、昨日のファインプレーを見せられたら安心。
    マルテの選球眼も良し。
    今日も楽しみだー‼︎

    • Akira28
      Posted 2020年6月28日 at 11:34 | Permalink

      toraoさん命名のMBS砲、なんか良い掛け言葉ないですかねー。
      たとか、もう・ベースボール・サイコー!とか?、、、
      あれ、MBSって毎日放送になっちゃうな、、、
      糸井を繋げてIMBS砲もいいかも。

      • いわほー さんのアバター いわほー
        Posted 2020年6月28日 at 13:52 | Permalink

        糸井、近本、ボーア、マルテならICBM(大陸間弾道ミサイル)砲。
        これなら威圧感十分かと。

        • Akira28
          Posted 2020年6月28日 at 17:32 | Permalink

          サンズのSも入れたいなあ、、、

      • いわほー さんのアバター いわほー
        Posted 2020年6月28日 at 13:58 | Permalink

        大陸を横断せんまでも箱根の山を越えればええんですけどね

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年6月28日 at 10:51 | Permalink

    植田の盗塁のリクエストがアウトだったら。
    大山の打席で一塁が空かなかったら。
    4席凡退2三振のサンズを引っ込めていたら。
    これらの事柄がそろわなかったらあのスリーランは生まれなかった訳で。
    まだ不安定な「球児劇場」もなんとか踏みとどまったことも含めて、不思議とこのスタジアムはタイガースに良い賽の目が出てくれる。
    今日は関東地方が雨模様のようですが、明日も予備日を設定しているようなので今日は無理しないかも。

  5. Posted 2020年6月28日 at 10:59 | Permalink

    ジェットコースター展開のゲーム。球児が無死一二塁のピンチになって怖くて風呂に入ってしまいました。信頼出来ずスンマセン。

    色んな事が起こりすぎてもう思い返すのも大変ですがサンズの守備は意外に軽快!そこそこ行けそうですね。逆転3ランは言わずもがなですがマルテが頼もしい。あれだけボール見られると相手投手はツラいでしょう。この調子で4番に座り続けたら5番を打つ人がキーになってきそう。当たりの出てきたボーアかヒーローサンズのどちらでしょうか?大山の出番が無くなりますね。

    苦労人和雄に勝ち星がついて本当に良かった。荒れた展開の中でビシッと締めた結果が勝ちを呼び込んだのは間違いないでしょう。ビハインド組が調子出ない中、いい感じで収まってくれそうです。

  6. ジュビロタイガース
    Posted 2020年6月28日 at 11:37 | Permalink

    岩貞の交代は早くないですか。もう少し我慢してあげないと、後ろがキツくなりますよ。勝ち星も付かないし。

    ボーアの不安が解消しつつある中で、また新たな不安が生まれたと思ったら、最後に取っ払ってくれました。守備も問題無いし。

    ボーアの盗塁は見ましたが、スライディングの迫力にソトの腰が引けてましたね。植田のは見れなかったのですが、どんなタイミングだったのでしょうか。ヤスアキが初めて牽制をしたらしいし。リクエスト中はハラハラしてました。球児ほどでは無いですが。

    これらも伊藤和雄のおかげ。ナイスピッチングで初勝利おめでとう。

  7. 西田辺
    Posted 2020年6月28日 at 11:41 | Permalink

    最大のストロングポイントと思っていた投手陣。
    中継ぎ陣では、守屋・エドワーズが故障、島本・桑原も調整途上、岩崎・藤川も
    まだ本来の調子には程遠い。
    一平ちゃんも課題山積の中で頑張ってるけど、まだルーキー。
    先発で本来の力を出しているのは、西・青柳・秋山くらいか。
    勿論、打つ方があまりにも寂しい状況なので投手陣への負担も大きくなる悪循環
    にチームがはまり込んでしまってる。
    岩貞は、2試合連続で初回失点。
    近本がボールを見失い、本来ならセンターフライを2ベースにしてしまい、気の毒な
    面もあったが、初回に3本の2ベースはいただけない。
    まぁ、岩貞の立ち上がりは入団時からの課題ですから、ここをどうにかしないと
    調子のいい投手が鳴尾浜にいた時に、交代要員の筆頭になってしまう。
    ボーアの打席での雰囲気が良い方向に代わってきましたね。
    何となく当てに行ってスイングアクションも小さかったんですが、この2試合
    あたりは、始動も早く大きくなったしスイングスピードも上がってきました。
    あとは打球に角度が付いてくれば楽しみも増えてきそう。
    昨日昇格した伊藤和がプロ初勝利で、サンズが殊勲の逆転3ラン。
    こうなれば外国人の間にも負けられないという緊張感も走るし、日本人野手だって
    躍起になって欲しい。
    本文でも取り上げてましたが、山崎康の牽制はビックリしましたね。
    プロ入りしてから何球くらい牽制したかは存じませんが、凄いレアなものを見させて
    もらった気がします。
    レアと言えば、ボーアが盗塁してましたね。
    まぁ、あの走り方と体形見れば誰も走るなんて思いませんよね。
    もう贅沢は言ってられないので、どんな展開でも良いからとにかく今日も勝って
    勝ち越して名古屋に移動したいですね。

  8. サヨナラ3ラン
    Posted 2020年6月28日 at 11:52 | Permalink

    糸井の勝ち越しツーランのあとマルテとボーアが続いた5回?のサンズの打席。ベイスターズの超強力打線を考えると最低でも あと一点はほしいところ。比較的 楽な場面だし注目して観ていたんだけど。その初球は甘い半速球のようなタマだったけど仕留められなかった。あの打席を観て今夜は無理だろうなと思ってたんだけど。分からないもんだな。

  9. 虎轍
    Posted 2020年6月28日 at 13:23 | Permalink

    岩貞は初回の失点を無くそう!
    逆球も多いし、ええストレートがあるのに勿体無いよ!
    近本は二死1、3塁で1塁走者やったらガンガン走ったらええんよ!
    相手の守備とか関係無しに走ったらええんよ!
    伊藤和ありがとう!
    サンズありがとう!
    頑張ろうタイガース!
    頑張ろう日本!

  10. 大虎真弓
    Posted 2020年6月29日 at 01:32 | Permalink

    おめでとうございます!
    岩貞、岩崎両ピッチャーに言えることですがバッターの内角に食い込むボールが投げられないと勝てないぞ!二人ともキャッチャーが内角に構えると一塁に牽制を投げる悪癖が出るからバッターにばれてしまうのだ。(笑)
    私は何度も梅野の配球について言ってきたがピッチャーがビビって投げれないなら問題外だ。
    原口は上手に内角を使えるようになったが肝心のピッチャーが投げれないなら勝てる試合も減るだろう?
    青柳が左打者の内角に投げれるようになったかは前回勝てたように高さを変えたり、ストライクからボールになる球を意識して投げれなければ勝てるピッチャーにはなれない!
    藤浪をはじめあまりにも内角を投げれないピッチャーが多すぎる!
    普段から意識して内外の使い方ストライクからボールになる球を練習してもらいたい。
    ちなみにジャイアンツのピッチャーのほとんどがボールの球を打たしている!(笑)阪神は一生懸命外角の低めばかり狙って投げているのに!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">