今季初の連勝とカード勝ち越し

広島先発は若手の遠藤、阪神はエース西勇。阪神大勝の結果は順当のようだが、紙一重の試合展開だった。

2回ウラ、3安打を集中されながらも、西はなんとか1失点で踏ん張る。この日は8回3失点だったが、1イニングで複数失点しなかったのが相手に流れを渡さない要因になった。

直後の3回表、阪神のビッグイニングは幸運のたまもの。先頭木浪の内野安打は野手としてはいかんともしがたいボテボテ。続く西には送りバントのサイン。ホールふたつのあと、続けてふたつファウルにしてしまう。西がスリーバントの構えをとっているのを見た遠藤は、なんとか失敗させてやろうと力んだのだろう。ボールふたつで四球にしてしまう。これがバント失敗で一死一塁、または成功で一死二塁になっていれば、試合展開はまったく違っていたはずだ。ここがこの試合の紙1枚だった。

近本は一ゴロ併殺崩れで走者入れ替わり。西を走者として置いておかず、俊足近本が残る。一死一三塁、期待の上本は空振り三振で近本盗塁成功、二死二三塁。
怖い糸井にはまともに勝負せず、誘い球を続けて四球、二死満塁。打席にはふくらはぎ張りのマルテに代わり4番サードで先発した大山。広島の捕手坂倉にしてみれば、二死満塁と重圧のかかる場面なら、力んで打ち取れると踏んでいた部分もあったろう。今季阪神打線のデータはまさにそのとおりだ。
初球は外低めに直球を引っかけてボール、2球目は同じ球をいいところに入れてストライク。外に目をやっておいて、3球目は内角を詰まらせる作戦だったが、これが少し抜けて死球となる。若い遠藤のほうがより以上に力んだ。

なおも二死満塁で5番ボーア。初球の内角直球を狙いたかったが手が出ず。1ストライク。2球目はよく沈むチェンジアップをまっすぐタイミングで振って2ストライク。ここまではバッテリーとして完璧な流れ。ところが外角低めのボールゾーンに落とすはずの3球目チェンジアップがど真ん中への失投となり、これをボーアが見逃さずにライトスタンドへ特大の満塁ホームランとした。

遠藤の経験のなさといってはそれまでだが、2ストライクになってもバントの構えをしている西に対して、結果を欲しがったという小さなことから、焦りが焦りを呼んで大けがになってしまう。阪神にとってはツイていた。

それでも広島は追撃の構えだったが、5回の大山、サンズのホームランで決まり。
運だ、ツキだと言ってしまったが、それはいつもいつも辛抱している西自身が呼び込んだもの。笑顔と真摯に野球に取り組む姿勢の勝利だ。
今日はもう無理っぽいね。さあ、おうちへ帰ろう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年7月6日 at 07:56 | Permalink

    3回の攻撃は確かに幸運でした。
    2安打で4点取ったのだから、相手遠藤投手の独り相撲が味方した事は確かです。

    でも、良かった良かった。開幕戦から孤軍奮闘してきた西に「勝ち星」が付いて本当に良かったです。

    とにかくボーアのグランドスラムがゲームの流れを一気に引き寄せてくれました。
    チームが一番求めて、そして獲得した助っ人大砲は、やはり当たった時のパワーは桁違いですね。
    誠也のも凄い当たりでしたがボーアの弾丸のようなHRはなかなか東洋人の骨格では不可能な打球でした。

    マルテの代わりにそのまま「四番サード」に入った大山や、サンズにもダメ押しHRが出て序盤以外は「左うちわ」の理想的展開でした。

    今日は一番心配な先発中田投手ですが、「一発攻勢」のおかわりをお願いしたい。

  2. Posted 2020年7月6日 at 08:02 | Permalink

    西を歩かせたのはカープ遠藤にとって自分を追い込む分岐点となりましたね。しかしtoraoさんの解説を読んでいくと3回表の攻撃はまるでそうなるのが自然の流れのように感じます。もちろんド真ん中の失投とはいえ打ったボーアが殊勲甲だと思いますが・・・広島に来るまではこんな流れも引き寄せる事が出来なかったし、遅まきながらターガースの今年が開幕しました。

    8安打で8点は効率的ですが、イメージはもっと打ってるように感じました。ホームラン3発が如何にインパクト強だったかと言う事でしょうか。まだまだ低打率の打者は多いですがチーム全体として失投を逃さなくなってきてます。今日は中止でしょうが明日からのジャイアンツ戦にも多少期待は持てそうです。まだ「多少の期待」ですが・・・

  3. ガク
    Posted 2020年7月6日 at 10:58 | Permalink

    遠藤の7死四球にも助けられましたが打つべく人が打って投げるべき人が投げての勝ちは大きいです。
    今日は中田と床田で阪神に少し分が悪そうなので中止で勝ち逃げしときましょう。
    ボーアの満塁弾は痺れました。その他3空振り三振は見逃し三振よりよっぽどいい。
    本音はもう1本くらい欲しかったけど(;´∀︎`;)
    藤浪が2軍で5回64球ノーヒットのピッチングをしたとか。7月攻勢には欠かせない存在なので復活が待ち遠しいです。

  4. こうさん
    Posted 2020年7月6日 at 11:38 | Permalink

    MBS打線は機能したら最強だが大山が4番として成長するであろう昨日の打線も魅力的。

    ボーア、サンズ、大山(BSO)の「カウント表示打線」…野球っていいなぁ。

  5. Akira28
    Posted 2020年7月6日 at 12:18 | Permalink

    やっと開幕しました。
    連日の花火大会。
    嬉しかったなァ〜。
    こんな試合を観た勝った。
    やはりバッティングは、如何に甘い球を一発で仕留めることが出来るかなんですね。
    近本、上本、糸井、ボーア、サンズ、大山、梅野の並びは、ソレが期待出来ます。
    それにしても、西の投球術は圧巻でした。

  6. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2020年7月6日 at 12:37 | Permalink

    これで打線が完全復調したとは思いませんが、各打者が少しずつ自信を取り戻すきっかけにはなってくれれば。(まだ.000の選手もちらほらいるようですが)
    今日は無理せず早い目に中止にしてもらって、あすからのステイ・ホーム15試合に備えてほしい。
    そういえば今週末から部分的に観客を入れる取り組みの始まるんですよね。
    天候もコロナもまだまだぐずついた日が続きますが、皆さんめげずに頑張りましょう。

  7. なかっち
    Posted 2020年7月6日 at 12:39 | Permalink

    暫くは今の打線で固定かな?
    上本が不調ですが、我慢して使えば打つでしょうし、糸原よりも一発があるのは魅力。
    ボーアとサンズが機能すれば大山への負担も軽減出来ると思います。

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2020年7月6日 at 13:04 | Permalink

    みなさんおはようございます。ようやく打線が目覚めました。
    満塁での呪縛をボーア自ら振り払った感じでしょうか。
    今年はチームとして1試合で1本のハイペース。しかし、合計数は5位だし、まだ甲子園で試合をしていない。
    ピッチャーの踏ん張りがあってこその勝利ですな。

  9. 虎轍
    Posted 2020年7月6日 at 13:12 | Permalink

    満塁でのタイガース打線が無安打でしたが、その要因やったようなボーアがホームランでしたね。
    失投を確実に仕留められるようになったのは良かったですが、その他の打席はねぇ…
    まぁ三振するって事は相手投手に3球以上は投げさせてるし、球筋を研究出来たと思っときます。
    タイガースがやっと初の連勝で初のカード勝ち越し!
    今日も勢いそのままで3タテといきたかったが、この雨では中止かなぁ…
    打撃陣が活発化すると中止のタイガースあるあるか?
    それでも頑張ろうタイガース!
    コロナと大雨に気を付けて!
    頑張ろう日本!

  10. 大虎真弓
    Posted 2020年7月7日 at 00:52 | Permalink

    大山が前日のライトのホームランで体の開きが早いのが我慢して打てるようになったのが大きい!変化球でも我慢して打てたのは成長の印だ。
    まだまだボールの下を打ってファールにしてしまう選手が多いなか好調時の原口の様にボールの芯を打つ意識を持ち打席に立つ選手が増えれば自然と勝ちゲームが増えてくるだろう!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">