サンズと西勇でカード先勝

7安打4点。梅野を2番に、糸原を3番にした新打線が機能したかと言えば、それらしかったのは初回だけで、あとは気分転換というか、刺激による効果だったのかもしれないが、とにかく1点ずつとはいえ序盤中盤終盤にいい形で加点。投げては西が見事な4安打完封で、会心の勝利となった。
西はシュートのキレがよく、一塁側から回してきていっぱいのストライクにする球から、ストライクゾーンから三塁側に逃がしてボールにする球まで、思いどおりの場所にワイドに配置した。そこに逆に曲がるスライダーと曲がらないスピードボールと抜き球チェンジアップが加わるのだから打者は対応が難しい。こんな調子の西なら梅野もサインを出すのが楽しかろうね。4点差を守って緩むことなく最後まで投げきったのもお疲れ気味のブルペンを休ませることができて大きかった。
シーズン序盤ほどの「神セーブ」が出なくなっているところを見れば、梅野も相当疲れているのだろうが、「2番」がカンフルになったかな。先制演出のヒットや右押っつけのホームランなど攻守に活躍した。
性格的にも2番の適性はあると思うけれど、重労働のポジションゆえ適度に休ませながら使うのがいいと思うので固定化はどうだろう。打席で負担をかけたくない気もする。だから2番梅野は「景気刺激策」程度で十分だと思う。
思い切った打順変更とともに、攻撃での思い切りも見られた。初回無死一二塁からの「本日の第1アウトどうぞ」のバントは相変わらずだったが(1点を取りにはいかなかったが、2点は取りにいった)、相手のミスを誘った近本の三盗はキレが良かった。
バッテリーがヒーローで文句はないが、この日もまたやっぱり決勝&先制点のヒットと、精神的に相手を諦めさせた一発を含む3安打のサンズで勝った試合。想定と対応の素晴らしさ。とくに外角低めを処理する技術の確かさ。素晴らしすぎる。
今日も遠藤を攻略、秋山を援護で連勝伸ばすべし。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2020年9月12日 at 08:29 | Permalink

    私もヒーローはバッテリーで文句はないけど、サンズと近本も良かった。

    近本は初回出鼻を挫いたのは勿論、2点目も二塁打→三盗→相手のミスを誘い一人で取った追加点→最終回の超ファインプレーと活躍。
    先日、矢野監督から名指しで戦犯にされた男の意地を見ました。
    矢野監督は
    悪い時にけなすだけじゃなく、こういう日は感謝の言葉も掛けてあげて欲しい。

    ゲッツー×3、大山の三遊間×2、ボーアの抜かりないタッチなど内野手の守りも素晴らしく、それもこれも西の投球テンポの良さが産んだモノだと思います。

    最後は脚がツリそうになりながらも完封した西は、まさにエースの仕事。
    過労のリリーフ陣も休ませ、100点満点の投球でした。

    梅野2番は、彼の器用さ、脚、右打者という面ではピッタリだけど、捕手という過酷なポジションを考慮すると、難しいところ。
    素晴らしい活躍だけど、とにかく怪我だけは気をつけて欲しい。

    攻走守において申し分ないゲームでしたが、
    しいて苦言を言うなら大山&ボーアのダメ押し打があればもっと楽だった事と、
    齋藤投手を抹消してしまった事。彼は第二先発的な立場で置いておいて欲しかった。

  2. こうさん
    Posted 2020年9月12日 at 09:12 | Permalink

    未だに引っ掛かる「3番が決まらへん」発言。あれを聞いて糸井とか、3番を打っていた選手はどう思ったのだろう。矢野監督は「3番に求めること」を3番を打つ選手に対して明確に説明しているのか?理想の3番像は誰なのか?3番が打てばチームは勝てるのか?3番が打たないから優勝から遠ざかったのか?

    読売は外国人野手が目立っていないが優勝に邁進している。あくまでもプラスαなのだ、外国人は。タイガースの日本人野手、もう2ランクアップしないと。ずっと言っているが俺は3番、近本。彼を3番に座らせれば「3番としての責任感」が生まれる、絶対に。そして身体を鍛え上げるだろう。そう、いつかの金本のように。

    サンズが研究される前に優勝したかったなぁ。最初はボーアが目立ったがサンズには波がない。助っ人として一番大事だと思っている。打たれるのが怖いならフォアボールで逃げればいいが、なぜかサンズは「抑えてみたい」と思われるのだろうか。怖いもの見たさというか。そうさせてるサンズが凄いのか?紳士的な立ち振舞いのサンズがそうさせてるのか?

    サンズは各球団の投手と戦いながら研究していたんだな。本人の努力だ。最初は「まあマグレだろ」から始まり「お‼️やるね」になって「打つに決まってんだろ‼️」になったサンズへの信頼感。日本人野手にも、そんな信頼感を抱きたい。

    お‼️サンズLOVE。

  3. きびだんご
    Posted 2020年9月12日 at 09:33 | Permalink

    桑原が戻ってきましたね!
    浜地、小林とフレッシュなブルペン陣の投球も楽しみです。

  4. 西田辺
    Posted 2020年9月12日 at 10:16 | Permalink

    これぞ西勇輝というピッチング。
    驚くような球速が出るわけでもなく、手の出ない変化球があるわけでもない。
    ピッチングの教科書というものがあれば、昨日の投球内容は第一章に掲載して
    欲しい。
    本文でもtoraoさん仰る通り、昨日梅野は受けてて楽しかったでしょうね。
    思い描いた球が思い描いた軌道でやって来て、打者が打ち取られていく。
    梅野も途中からゲーム感覚になってたりして(笑)
    おそらく阪神ファンの中でも賛否含め色んな意見があるであろう「2番梅野」。
    床田との対戦成績が良いというのが起用理由だと思いますが、私個人としては
    これっきりにして欲しい。
    もし小技も出来るから2番という紋切り型の2番起用をシーズン通してやりたい
    のなら、キャンプ・オープン戦から矢野の形としてやるべき。
    他のポジションと違って捕手は、投手の立ち上がりの面倒も見る必要がある。
    チームとしてどちらが大事かと考えれば、自ずと答えは出るはず。
    よほど田淵や城島レベルの打力でもない限り、捕手を打順上位で起用するのは
    賛成しかねます。
    昨日は守備陣も頑張りました。
    微妙なのはあったけど、無失策で西も無四球。
    さすがに試合が締まるはずです。
    昨日は監督インタビューで大山とボーアが槍玉に挙がってましたが、そもそも
    大山って責められるほど打ってないですかね?
    先日のハマスタで引き分けた試合も6打点だし、ホームランだってリーグ3位
    打点もリーグ上位。
    おそらく初回の併殺の事が念頭にあるんだと思うけど、右の強打者って併殺が
    多くなる傾向があるのは監督も分かってるはず。
    あれを責めてしまっては「なんでやねん大山打てや~」ってヤジってる、そこいらの
    オッサンと同じ思考回路。
    働きに不満があるなら使わなければいいだけの話。
    選手起用は監督の専権事項だし、2番梅野でも大山外しでも自由です。
    選手批判も愛想尽かされない程度にね。

  5. ジュビロタイガース
    Posted 2020年9月12日 at 12:25 | Permalink

    3番が決まらへんと言うのは、大山やボーアに対する叱咤激励かも。サンズから4番打者像を盗めと。ボーアも5番に置くには安定感が無いと。

    ヒーインもサンズは毎度の事なので、梅野と西勇のバッテリーに任せたのでしょう。勝バイタオルも売りたいし。

    西は見事なお手本でした。二死からのヒット以外は、全部ゲッツーの無四球、打者28人で終了ですから。内野も近本もよう動いて、大山の送球以外は完璧でした。カープの抗議は何だったんでしょうか。一塁手を避けたんだから、ベースから離れたのは不可抗力ってこと?

  6. Akira28
    Posted 2020年9月12日 at 13:03 | Permalink

    藤浪での惨敗劇から一昨日迄の試合采配にウンザリして観戦していた私は、しばらくコメントを控えていましたが、昨日は西-梅野のバッテリーが軸になり、サンズや近本他の活躍で、申し分ない勝利。
    広島相手に強かったです。西は、巨人戦に続いての勝利。凄いです。
    さて、7/27のこのコメント欄に、「先頭打者が出れば進塁打が打て、先頭打者が出れなければ、2塁が打てるのが理想的な2番バッターだと思う。勿論、ホームランも期待出来るし、バントも上手く脚も速いことも条件。
    さらに高打率、選球眼も良いバッター。
    ほな、梅野しかおらんやないか?
    矢野監督、2番梅野どうでしょう!」
    と書きましたが、昨日やっと2番梅野が実現。

    やはりtoraoさんをはじめ虎ジジィさん、西田辺さんも梅野2番に反対ですね。重責のキャッチャー梅野の疲労を心配すれば、その通りだと思うますが、しかしこんなに今の時代にピッタリの強打の2番バッターもいない。
    でも最近の私は、梅野2番説を撤回して、1番・近本、2番・糸原、3番・梅野、4番・サンズはどうかと思っているのです。
    それほど、サンズのバッティングは凄い。
    昨日の第一打席、あの配球をされてかなり厳しい状況から、あの球をライトにヒットするなんざ、流石、サンズ。
    このバッターの前に出来るだけ出塁率の高いバッターを並べたい。
    大山、ボーアには申し訳ないけど、配球の駆け引きが上手くないこの二人は、ランナーを置いてのタイムリーより突然の一発で希望を運んでくれるタイプの選手。
    だから、3番・梅野なんですが、でも梅野の疲労蓄積はやはり心配な私。
    梅野の上位の打順はやはり、景気刺激策程度で充分なのかもしれません。
    そうすると、1番・近本、2番・木浪、3番・糸原?ちょっと迫力無い。
    矢野監督の苦悩は続く、、、
    配球の駆け引きで、四球も選べて、一発も打てる強く打球を打つスラッガーは誰だ!
    彼を3番に置けたらサンズはもっと凄くなる。
    もっと大量点が取れる打線になる。
    ほな、梅野しかおらんやないか?

  7. 虎轍
    Posted 2020年9月12日 at 14:05 | Permalink

    昨日は聖地甲子園に現地観戦でしたが、スタメン発表で2番梅野!
    初回から近本がヒットで出塁でバントって…
    消極的な2番やん!って思いましたが、バントをファールでヒットを打ってくれましたね。
    まぁ床田と相性がええから起用しただけと思いたいですね。
    理想としては選球眼もあり粘れる糸原を1番で、長打も打ててバントも上手い陽川を2番、3番近本でええと思いますね。
    昨日のサンズのホームランは左中間最深部の中段通路を越えて私の座ってるとこまで飛ばしました。
    今まで見たホームランの最長でしたね。ありがとう!GJ
    西勇のピッチングは惚れ惚れする内容でしたね。
    ストライクゾーンを3D化してるかのような出し入れは大変良かったと思いましたね。GJ
    今日も勝とうぜタイガース!
    頑張ろう日本!

    • Akira28
      Posted 2020年9月12日 at 15:00 | Permalink

      虎轍さま、
      本当にストライクゾーンを3D化しているという表現がピッタリの西の投球でしたね。流石に上手いこと表現されますね。緩急も合わせて考えれば、4次元の世界か。
      そして3番問題。
      近本の手がありましたね。
      陽川2番も面白そうです。
      やはり疲労を考えれば、梅野は7番ですか。ボーアと入れ替えて6番くらいは打たせたいスラッガーではあります。

      • 虎轍
        Posted 2020年9月12日 at 16:04 | Permalink

        Akira28様ありがとうございます。
        昨日の西勇輝はレフトスタンドから見てても出し入れが上手く梅野の配給も良かったと思いますね。
        ボーア問題はマルテが戻ってくれば解決すると思いますね(笑)
        一塁大山、二塁糸原、三塁マルテ、遊撃小幡はどうでしょうか?

  8. タクロー
    Posted 2020年9月12日 at 14:52 | Permalink

    完全 ナ 試合

    西が4安打無四球完封。
    近本走る。梅野が続く。サンズが決める。
    3つの併殺、もちろんエラー無。
    久しぶりの気持ちの良いゲームだった。

    7安打。サンズ3、近本2、梅野2。
    2併殺。大山、ボーア。
    サンズがひと休みの時、大山、ボーアが打てば良い。猛打賞よりもここぞで決めるバッティングを頼む。

    あっ!今日はデーゲームだったんだ。
    この暑いのに大変だ。頑張って。
    今から観戦、デス。

  9. 熊虎
    Posted 2020年9月12日 at 22:16 | Permalink

    ニコニコ笑って危うく負けを呼び込みそうだった前戦と違いクレージーな笑顔を封印して完封。見事でした。つくづく思うはこういう投手には梅野の相性抜群。それ以外はどうだろね?です。
    球児に250Sして欲しいのは阪神ファンなら共通の願いかもしれないけど、スアレスへのリードも実に並なんですよね。あれならどの捕手でも同じという意味で。
    西・秋山あたりは保守のリードが楽なんです。なぜならコントロール可能だから。岩貞とか能見・藤浪あたりがいい球を投げてもボールが先行するとストライク先行させたがって幅の狭い選択肢に拘って能力を活かせていない気がします。はっきり言って球児にカウント球にフォーク多投させるとかリードという言葉よりも組み立てができていない捕手がリードさせると「いいとこまで行くのに打たれる」という投手の限界みたいに評価されるのは「もともと合わない捕手」であったはずの梅野が過大評価され投手の評価が下がるのは不条理です。西・梅野が黄金バッテリーだというなら西の時に他の捕手にやらせてみたらいい。不始末にはならないですよ。そもそも西が移籍ピッチャーだから。
    能見も二軍落ちしましたが、今年の能見は球速は過去数年で一番です。それでいてこの成績は引退待ったなしだと思われます。でもね、下柳の晩年の遣われ方みても引っ張らないで球数制限する先発なんて気用法の方がベテランの扱いとして成功例を忘れているように思います。
    あと5個のセーブポイントをあげさせたいと思うなら今球児を一軍に上げなければいけないよ。ギリギリのタイミングで上げるべきではない。2点差抑えとか、3点差抑え、セーブ稼がせていいじゃない。確定してから2軍に落とすのがタイガースのための戦い方だと思うけどね。

  10. 熊虎
    Posted 2020年9月15日 at 23:50 | Permalink

    MLBだとぶっ殺されるくらいのニヤニヤ笑いを許容するのは日本の曖昧な時は笑えば許容されるなんて気持ち悪い価値基準ですよ。だいぶん後の話になるけど、今日の菅野のニヤニヤやらメジャー中継で見たことある? あれが「気持ち悪い」価値観の違う奴らの表情です。
    真剣勝負に笑いや野球小僧の笑顔?バカバカしい。プロだぞ。プロ。ニヤニヤするなら完封した後でも次の試合にバットやボールがマウンドに飛んできても知ったことじゃないってくらいメジャーの洗礼なんぞ知ったことじゃないくらいの常識を示せ。
    反感を買う笑顔なぞフィールドオブドリームスすら見たことない敬意のない選手間規約の上での退場行為だよ。今日の菅野、いつぞやの西、お前らいい加減にしろ。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">