2番輝明構想とか髙山肉体改造とか

阪神ドラ1佐藤輝 日本一ローテ打ち砕く!ソフトバンク3連戦に向け柵越え29本(デイリー)

私は2番輝明、ぜんぜんアリ派。落ち着いている時、調子のいい時は、かなり選球眼もよく、ファウルで粘ることもできていた。もろさが出ないのであれば、2番輝明面白い。まともに当たれば140m、打ち損なって一二塁間、軽く合わせて左中間、苦し紛れでレフトポール際、みたいな打撃をしてくれるなら、打順はいっぱい回って欲しいし、ただ振り回してればいいよみたいな低いレベルを要求することもない。彼に必要なのは心技体を鍛えるための場数なので、打席は多いほうがいい。

裸一貫、阪神・高山の本気に感動!井上ヘッド、ムキムキボディーに感動「存在価値見せて」(サンスポ)

なるほど顔つきも振りも変わったけれど、つまりは、心を変えて体を変えてキャンプに臨んでいたってことだったのね。ここからチャンスが減るのも想定内。今年は1年、最後までずっと勝負だ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2021年3月5日 at 08:03 | Permalink

    高山は打撃好調をいつまで維持出来るか?ですね。
    不調になった時に如何に短く出来るかもですね。
    その為にはボール球を追っかけずに、自分のポイントで打つ事でしょうね。
    佐藤輝明の2番はええかもしれませんね。選球眼もええんで、粘りも出来ますからね。
    多くの打席を回せるのもええかもしれませんね。
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  2. 虎ジジィ
    Posted 2021年3月5日 at 09:22 | Permalink

    相手投手の左右関係なく粘れる佐藤輝の2番起用は全然アリだと思います。
    特に初回とかに近本が出塁し、チョロチョロしながら佐藤輝が粘れば相手先発投手のメンタルもかなり削られ、クリーンアップの選手も打ち易くなるように思います。
    バント無き2番サトテル、是非試して欲しい。

    髙山は人知れずコツコツと肉体改造していたのですね、その努力には頭が下がります。
    今日から始まる「ふるい」も結果を残し、厳しいサバイバルを生き残って欲しいところ。

  3. 西田辺
    Posted 2021年3月5日 at 09:28 | Permalink

    他球団はボチボチとオープン戦が始まってましたが、タイガースは今日が
    オープン戦初日。
    まぁ、コロナの影響で練習試合に振り替えられた試合もあるんですけどね。
    佐藤輝も、これだけ注目を浴びると他球団としてもデータ採取のために
    色々やって来ると思います。
    若い投手なら、絶対打たれまいとして厳しい所も突いて来るでしょう。
    ましてや昨年のチャンピオンチームのホークス。
    この3連戦で、相当頭がこんがらかるかも知れません。
    髙山もここで結果を残せば、一気にポジション獲りの可能性が広がります。
    まさに胸を借りる3連戦。
    思い切ってぶつかってらっしゃい。

  4. Posted 2021年3月5日 at 11:13 | Permalink

    高山が変わったのは多分今年じゃなく昨年からだと思います。昨年もキャンプMVPに選ばれながら開幕が延びて知らず知らずのうちに調子を落としていきシーズンでは空回り続きで、知らんうちに終わってしまったって印象でした。しかし凡退した時や守備の所作を観ていて雰囲気が違う様に感じてました。入団当初はセンスでやれてたものの、打撃フォーム変更を強いられ結果が出ない事をどこか他人のせいにしていた様に見えたし、エリート街道を歩んできた天才肌はまだ高みから見下ろしたまま現実逃避している様にも見えました。(あくまでも私の意見です)

    入ってきた時酷かった守備は年々向上し今は普通並の守備は出来る様になっています(あくまでも普通ですが)。目の色が変わった今の高山なら300は軽く打てると思います。泥沼を味わって再び上昇し始めた高山を外す選択肢はないと思います。今の感じでいけるのなら今季は6番ライト固定で行ってみるべき、いや行かねばならないと思います。(しつこいようですがあくまでも個人的願望です)

  5. 岩修
    Posted 2021年3月5日 at 11:49 | Permalink

    佐藤輝の2番は良いですね。近本との並びは頭から相手投手憂鬱になりそう。
    高山て思い出すのは2017年GW大逆転した試合。ノーステップで3点3ベース放ち高代コーチと抱きあったシーンが忘れられない。若虎達の活躍を現地で見て興奮し、翌日toraoさんのコラムを初めて読み、感動し何度も読み返してました。
    糸井はベテランですが、今のチームは金本前監督と矢野現監督のチーム。
    言うならば彼らは金本、矢野合わせて金矢チルドレン。 
    鉄に似てるので鉄の様に強いチームになることを期待します。

  6. なかっち
    Posted 2021年3月5日 at 12:18 | Permalink

    輝明の2番構想は有りやと思います。近本が塁上にいるなら追い込まれるまではストレート一本待ちでも良いと思うし、配球は読みやすくなるかも。そうなると、後ろの打者も重要で、現時点ならサンズが良いと思います。


    高山の目の色が変わってきましたが、レギュラーを取るにはまだまだ道は険しい。
    レギュラークラスに左打者が多いのも打線のバランスを考えたとき高山にはマイナスに働く可能性が高い。
    つまり外野手のライバルにも勝たなければいけないが、左打者の他の選手にも勝たなければならない。もちろん外国人にも。

    輝明をスタメン起用すると過程した場合、ポジションはサードかレフト。そのポジションを去年守っていたのは大山とサンズ。
    その2人が外れるのは考えづらい。
    高山が出れるポジションは1つしか残ってない。
    そこを陽川、糸井、中谷、江越等と争わないといけない。
    開幕スタメンを勝ち取ってもロハスが来たら一番にスタメンを外される候補になります。

    高山には先ずは折れない心を強く持ってもらいたい。
    オープン戦打率4割以上打て。

  7. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2021年3月5日 at 12:33 | Permalink

    バントのない左の二番強打者が、ずっと私の理想。
    近本が最有力かなと思いましたが、昨年の実績からするとやはり彼はトップバッターが適材適所。
    ならば次の二番打者の候補に佐藤輝というのは納得。
    将来のクリーンナップの人材としても、強打の二番打者でスタートという選択は良いと思います。
    高山はいずれ調子が落ちたとしても、すぐに見切らずに使い続けて結果を出せる打者。
    監督、コーチはもっと信じて使ってやってほしい。
    この週末はお天気もいまひとつだし、巣ごもりしても野球観戦ができるからワクワク。
    結果を恐れず溌剌としたプレーを期待してます。

  8. ジュビロタイガース
    Posted 2021年3月5日 at 12:58 | Permalink

    佐藤輝の2番は勿体無いような。ホームランを打つならランナーは多い方が良い。9番にピッチャーだから貯まっている可能性は低い。
    近本が出て走って、糸原が三進させて、佐藤輝が打ち損なっても犠飛とかダメ?

    高山は昨年からもっと守らせても良かった。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">