ダイブ&クイックスロー

一足先にファームが優勝を決めた。怒涛の追い込みと逆転優勝は、やっていた選手たちにいいものをもたらしたことだろう。この中に来年の戦力が必ずいるだろうし、なんなら今年のポストシーズンで名を上げる選手が出ないとも限らない。楽しみだね。

読売との週末初戦は3番マルテ、4番大山、レフトにサンズ、ライトに輝明というロケットスタート・オリジナルメンバーの布陣。思い起こせば彼らが面白いようにホームランを連発していた時期があったんだよなあ。ここのところ一発が全然出ないもんで、遠い昔のことのようだ。

初回、近本がエラー気味の二塁内野安打、中野死球と相手が浮き足立つところ、マルテがすかさず中前タイムリーで幸先よく先制。大量得点の期待がかかる無死一三塁で大山は併殺打で2点止まり。3回もマルテ敬遠気味で一死満塁で大山に回り、当たりは悪くない中犠飛で3点目。期待はもっと上だけれど、最悪よりはずっといい形。どんな形でも大山の打席で得点になるのはいいことだ。
そんななんとなく微妙な「いいスタート」も、先発西勇輝がリード守れず、3回ウラに3ランドカンで同点、さらに2ランドカンで逆転を許した。
5回、マルテの2ランで1点差まで追いすがる。4回ウラから梅野に代わってマスクを被った坂本が、馬場、及川、アルカンタラ、小川、岩貞と繋いだリリーバーは引っ張り、試合を壊さなかった。
その粘りが実って9回、久々登板のビエイラが先頭糸原に四球でスキを見せると、代走植田が盗塁成功。ここでサンズがあとちょっとで柵越えというフェン直二塁打。土壇場でクローザーを打って追いついた。しかしその後に残った無死二塁(代走熊谷)、さらに輝明への代打島田の犠打成功による一死三塁のチャンスは、代打糸井三振、坂本粘りの四球をはさんで近本も三振でものにできなかった。
あとは前夜クロージングに失敗したスアレスがなんとか引き分けに持ち込んでくれるのを願うばかり。連続失敗となると尾を引きそうなので、なんとかスパッと断ち切ってほしい。そんな願いが通じたか、先頭嫌な松原を三振に斬る。しかし、続く坂本の打球はセンター右へ。近本ダイレクトキャッチを試みるもグラブ届かず二塁打。岡本に中前と続かれ一死一三塁。塁を詰めて一死満塁の大ピンチとなる。
打席左の丸で、内野はイチかバチかの前進ビックホーム態勢。1ボールからの2球目、鋭いゴロが三遊間へ、これに中野が反応よく斜めに下がりながらのダイビング、グラブにボールを引っ掛けると、立ち上がる間もなく本塁へ素早いワンバウンド送球、意図したかやや一塁側に跳ねたボールを坂本がしっかり捕球してフォースアウト! リクエストも判定変わらず。永久保存版級の超ファインプレーでサヨナラ負けを防ぐと、最後も中田の嫌なハーフライナーを中野がキャッチして試合終了。

負けないスワローズがじわりじわりとリードを広げてはいるが、大して強くもない阪神もしっかり食らいついている。
この日の試合のように粘ってしがみついてば、まだまだ何があるかわからない。この局面でこういうビッグプレーが出るんだから、この「ルーキーチーム」の潜在能力はまだまだ計り知れない。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2021年9月25日 at 10:36 | Permalink

    初回から近本が吉川のまずい守備もあり出塁、中野も死球でチャンス拡大。
    ここで3番に入ったマルテがタイムリー。
    相手のミスに乗じた先制点で幸先よくスタート。
    大山の併殺の間に2点目。
    3回にも大山の犠牲フライで3点目。
    試合は、順調に阪神ペースで進むかに見えたんですけどねぇ。
    先発西は、初回真っ直ぐを効果的に使い1安打を許しながら3番4番を抑え込む。
    ところが、2回先頭の亀井に真っ直ぐをライト前に打たれた事で西と梅野のバッテリーに
    悪い虫が湧き始める。
    次打者丸から大城まで全て変化球。
    ここで巨人ベンチに、バッテリーの弱気を見透かされたのでしょう。
    またしても代打矢尾板から岡本まで全て変化球。
    矢尾板の後の吉川で併殺を取りながら、その後の松原の四球が痛すぎる。
    もう松原はあの打席、真っ直ぐを頭から捨て変化球の見極めだけに集中していた。
    次の坂本も、2球で追い込んだ後にインコースに強い坂本に対し緩いシュート。
    言葉が悪くて申し訳ないんですが、このバッテリー頭大丈夫か?と思ってしまいました。
    その直後、岡本の初球に打って下さいとばかりのど真ん中チェンジアップ。
    でまた思い出したように亀井に真っ直ぐを投げて、ヒットを打たれ丸の2ランに繋がれ
    てしまう。
    自分たちの状態も相手の狙いも全く理解してないバッテリーの自分勝手な振る舞いで
    この優勝争いの中の大事な試合で5失点。
    これが今日だけの事なら、しょうがないとも言えるんですが今シーズンずっとこの調子
    で、1イニングに大量点を奪われチームに負担をかけ続けている。
    次の回から、バッテリーごと交代させられたのも当然でしょう。
    厳しい監督なら、今日にでもバッテリーまとめて二軍送りですよ。
    若い時からそうだけど、梅野って結構すぐにパニックになりますよね。
    自分の頭に描く予定通り進まないと(投手の調子や野球のエラーとか)、冷静さを
    失いがちになるのは全然直っていない。
    野手と中継ぎ陣は1点は追加されたが、ホントよく頑張った。
    西-梅野のバッテリーがぶっ壊した試合を必死になって追いつき、必死になって守った。
    一つだけ注文を付けるとすれば、坂本2塁打の後の岡本の打席。
    あそこは絶対に申告敬遠ですよ。
    あの場面で岡本勝負はない。
    ベンチはバッテリー任せじゃなく、キチンと勝ち負けを自分たちが背負わないと。
    昨日の気持ちがあれば、まだまだヤクルトを追撃できる。
    今日は勝とう!何が何でも。

  2. Akira28
    Posted 2021年9月25日 at 10:44 | Permalink

    いや〜、本当に痺れる試合でした。
    toraoさんの文中に意図されているように、大山がヒットを打っていれば、大量リードの展開でしたが、そうも上手くいかず。
    3点リードといえども東京ドームで西の出来からすると、絶対安心出来ないゾ、っと思っていたら、案の定、直ぐ逆転されました。
    未だ、3回で良かったです。
    あれが6回くらいに逆転されていたら厳しかったですね。
    特に4回の馬場で失った1点が痛かった。
    あの場面こそ、一平君投入で流れを断ち切って欲しかった。
    とは言え、良く頑張りました。
    中野と坂本、素晴らしかったよ。

  3. 虎ジジィ
    Posted 2021年9月25日 at 10:45 | Permalink

    素晴らしいコラムに全てが詰まっているので書く事も見つかりませんが、本当に手汗が止まらない熱戦!ゲーム後は魂が抜けたように疲れました。

    今思えば、讀賣がウィーラーより中田翔をスタメンで使ってくれたのは助かりましたね。

    お互い少しのボーンヘッド(サンズセカンドストップ:増田大ゴロゴー遅れ)で勝ち切れなかったゲーム。

    中野の超ミラクルな素早い動きで救いましたが、カラダをいっぱいに伸ばして捕った坂本もナイスアシストでした。

    今日は両先発とも、立ち上がりを凌げば抜群のタイプなので、とにかく先制。

  4. タクロー
    Posted 2021年9月25日 at 10:52 | Permalink

    ヨシヨシ〜ガミガミ〜ワクワク〜イケイケ〜アラアラ〜ハラハラ〜ドキドキ〜ヤレヤレ〜攻防戦

     あーしんどかった。クライマックスの最終戦でもないのに、心臓バクバクのゲームだった。

     ヨシヨシ、、、きっちり先制した。しかも泥臭く2点目も取れた。そして、欲しかった次の1点が取れた、キッチリと。3番マルテ、4番大山が機能した。ヨシヨシ。
     ガミガミ、、、余りにも軽すぎる西勇輝。寝違えとやらで抹消されて大事なゲームに満を辞して先発。それがゲッツー取って2死から3ラン、2ランで逆転されてしまうとは何なんだ。何度も繰り返す失敗をみると、それは不用意ではなく、それが実力なんだ。いつまでも請われてきたエースだ勘違いしているのじゃないか。明日からは代わりに抹消された齋藤の穴を埋めてくれ。降格、先発要員剥奪やむなしだ。
     ワクワク、、、諦めかけた。相手は休養明けとはいえ160km超を投げるクローザー。向かっていく先頭糸原、ストレートの四球をいただく。代走の海がいきなり果敢に盗塁を決める。さあサンズ。もう川を渡ってしまい不振の国に行ってしまったように凡打が続いている。ならばこの間のように右打ちで海を3塁に進めろ、と思ったら打ち上げてしまう。ため息をついたら何とボールはフェンスダイレクト。海が還ってきて同点。3塁まで行けたのに、久々に自分に酔ってしまい足が動かぬサンズは2塁止まり。もちろん代走熊谷。
     イケイケ、、、次打者は輝明。さあどうする?三振する光景が見えたのかベンチは代打に島田を指名。誰もが予想した中でプレッシャーがかかる送りバント。1度失敗の後、2球目を見事成功させる。責任を果たし笑顔の島田を迎えるベンチ。いけるぞ、イケイケ、
     アラアラ、、、さあ1死3塁。岩貞に当然代打。ベンチに残る野手は糸井、原口、陽川、小幡から糸井を指名。相手速球を糸井が犠牲フライとするのは無理だろう。前進守備の間を抜けてくれることだけを願う。3-2と粘りはしたが最後は空振り。やはり。いっちゃ悪いが福留とは雰囲気が違う。球団は昨秋、選択を間違えたのかもしれない。次打者は坂本。代打は出せない。何とか次の近本につないでくれ、思いが伝わったか粘って四球をもぎ取る。よし近本にすべてを託す。粘ったが最後は低めのボール球を空振り。アラアラ残念、勝ちはなし。仕方なし。
     ハラハラ、、、締めくくりはスアレス。前夜より球は重くて速そうだ。先頭を空振り三振。次打者が初球をセンターに弾き返す。近本、追いつくも取れず。どうした?三振の悔いが残っていたか?シナリオが少し変わる。次、相手4番。1塁が空いている。どうする?ベースを埋めると思いきや、勝負だ。1-2と追い込むも鈍い当たりが中前へ。さてどう守る?
     ドキドキ、、、絶対絶命、1死1、3塁から2、3塁になったところでベンチは満塁策を選択。丸と勝負だ。鋭い当たりは三遊間を襲う。アァァー天を仰ぐ。次の瞬間、何と中野が横っ飛びボールを掴んでいた。立ち上がりざまバックホーム。捕手坂本が足を伸ばし、ミットを伸ばしてワンバン送球をキャッチ。審判のコールは?一呼吸おいて右手が上がる。相手ベンチはとりあえずのリクエスト。画面はアウトの証拠映像を何度も映し出す。
     ヤレヤレ、、、あと一人。2-2と追い込む。この男だけには打たれたくない、空振三振だの願いも虚しくライナーがセンター方向に飛ぶ。あっ、でも思ったより力のない打球が中野のグラブに収まった。ヤレヤレ。

     負けそうで、勝てそうで、負けそうで、負けなかったゲーム。ビジターの引き分けは何となく勝った気分。中野の笑顔がすべて。

     今日こそハルトを援護してスッキリと勝ち切ろう!

    • Akira28
      Posted 2021年9月25日 at 11:41 | Permalink

      タクロー様、
      素晴らしいコメント有難うございます。しかし皆さま、鋭い指摘。
      殊勲の二塁打でサードに進めなかったサンズ。進んでいたなら島田のスクイズがあったでしょうし、あの場面で糸井が良かったのか?
      私も昨日書きましたが、福留との選択は間違っていた気がします。
      岡本申告敬遠しなかったのも解せないのですが、読売も岡本代走・若林が二塁に走る悪手。
      意味無し。
      言わずものがなで、やっと亀井を申告敬遠。
      あれでやっと私も落ち着きました。
      しかし、本当に昨日の坂本のリードはよかったですね。
      身体を張って中野の送球を受けた姿に、今日も坂本使って欲しいと感じた次第です。
      代走・増田のボンヘッドにも助かりました。

      • タクロー
        Posted 2021年9月25日 at 13:21 | Permalink

        Akira28さま

         ありがとうございます。ホントに痺れる試合で力が入りすぎて長々となってしまいました。二夜連続の引き分けがタイガースを上昇気流に乗せてくれそうです。
         今日はハルト&乗ってる坂本のバッテリーが良さそうですね。応援頑張ります♪

  5. kazu3750
    Posted 2021年9月25日 at 11:36 | Permalink

    手投げの力の無い球が2球も真ん中へ。状態の良くない打者でもそりゃ簡単に打つよ。下半身に粘りがなく、少しリリースが早くなっている西勇の球はコーナーに決まらないと簡単に打たれる。そんな事を繰り返しながらも状態が一向に上向かない投手を、この厳しい優勝争いの最中で、重要なカードの頭で使うのはそもそも無理が有る。何も西をファームに落とせといっているのではなく、カードの頭が荷が重いと言っているんだ。

    サトテルは打席での立ち姿が前半戦とは全く変わってしまった。大山も状態の良さが長続きしない。打順はともかくこの二人はスタメンで使い続けるべきだと思いますね。テルは当たれば放り込む力は持っているし、打線に大山は欠かせないメンツだと思う。小野寺や陽川も良い選手だが、ここからはスタメンは固定して欲しい。

  6. 岩修
    Posted 2021年9月25日 at 11:36 | Permalink

    「シャチハタの奇跡」の後だけに何かが起きそうな気がした1戦だった。
    珍しく3点とるも西が2死から5失点の大失態。しかしマルテも2死(西)から2ランで追い上げた。馬場ちゃんが1失点したが及川の快投などもあり問題の9回へ。
    同点タイムリーサンズは喜び過ぎたのと速球にかすりもしない糸井。不安な裏の守りだったが中野と坂本のビッグプレーに感動!赤星さんもファインプレーどころじゃ無いと大絶賛。
    50回は観たかなぁ。
    しかし今日のデーゲームも何か起きそうな気がする。遥人と虎打線と守備に大注目!ですね。

  7. Posted 2021年9月25日 at 11:40 | Permalink

    正直、昨日は負けたと思ったゲームだっただけに引き分けた結果にはタイガースに分がありジャイアンツに上がり目なしと、かなりタイガース目線ながらもホッとしてます。今日明日と叩けばジャイアンツは沈むでしょう。

    中野の永久保存版ファインセーブはスゴかった。あの身のこなしは坂本ってより今宮っぽい。来年から10年連続でGG取ってしまおう。

    その中野の好守備も坂本の献身的スーパーストレッチキャッチあってのもの。全身これ以上伸びませ~んってくらいそう大きくもない身体を伸ばした上で右足は磁石でもついてんのかってホームベースからは離れなかった。ああいった場面では取ることに集中し足は意識が薄れるところなのに、リプレーでもハッキリ引っ付いてるのが分かる文句無しのアウトでした。昨年まではなぜ一軍に居てるのか存在価値が私には不明だった坂本。しかし、今季ベンチでの盛り上げ役や思い出したように使われた時でも、知らない人が見たらレギュラー捕手かと思う程の落ち着きにタイガースには欠かせない選手だと実感してます。主戦は梅野ですが今は心身共に疲れが半端ない様にみて取れます。今日明日は坂本でジャイアンツに今季を諦めさせる勝ちを取りに行きましょう!

  8. 虎番地
    Posted 2021年9月25日 at 11:55 | Permalink

    昨日はドーム観戦でした。
    試合には負けませんでしたが、この試合に賭ける!という信念は負けていたような気がします。
    一平ちゃんも岩貞も、サンズも島田も本当に良く抑え、打ち、送ってくれましたが、

    一平ちゃんの所は岩崎
    これ以上点はやらないし、勝ちパターン投入する事で味方の士気を上げ相手へは嫌な感じを与えるかと)


    サンズには代打
    全くのノー雰囲気。サンズ代えないならバントをさせるくらいで。。そしてツーベースではなく、3塁に行けたのでは?。

    佐藤君は代えずにそのまま打席へ
    何だかんだ1番ワクワクする打者ですし、一軍に上げたなら信じてやって欲しかった。佐藤君打てなければ負け。であるなら納得は出来る。

    代走で走るプレッシャーは続けて欲しいけど、もっと何か納得というか頷ける采配が見たい。

    とは言ってももう勝ち負けしか意味のない時期なのでグダグダは抑え、とにかく勝つ為に今日はテレビの前で応援します。

  9. こうさん
    Posted 2021年9月25日 at 12:10 | Permalink

    両リーグで一番、引き分けが少ないタイガース。もしも確率というものが収束するのなら、これからもっと引き分けが増えるのかな。けど引き分けも希望が出てくる内容だった。勝てない試合が続いていたが「もう少しで勝てそうな引き分け」が増えてきた。あとちょっとだよ、矢野監督。

    しかしこちらの思い入れのせいもあるだろうがタイガースの選手、読売と戦う時は気合いの入り方が全く違う。昨日は全選手が熱く、動きに自信があり、直向きにボールに食らい付いていた。…あれを読売以外のチームとの対戦でも見たいんだよなぁ。一年中、持続するのは難しいのは解る。だから大差負けの試合では頭を切り替え、勝たなきゃいけない試合は取りこぼさない。その癖をつけていかないと。

    西と一緒に梅野も代えた。いよいよ打てない梅野を我慢することに限界がきたのかな。坂本も良いがチームをノセるのは原口の打撃。俊介の会見に顔を出した原口だが自分自身も危機感はあるはず。大病を乗り越えた原口…野球をやらせてやりたいねぇ。

    2カードで4勝2敗を希望していたがマックスで3勝。読売とはノーガードの殴り合いで全戦引き分けも有り得る。

    ヤクルトに引き離されない為に、読売を引き離す為に、勝て‼️

  10. 虎轍
    Posted 2021年9月25日 at 12:51 | Permalink

    昨日も負けなくて良かったですね。
    中野のダイビングキャッチからのバックホーム送球と坂本の絶対捕ってやるの意識が引き分けに持ち込めましたね。
    サヨナラ負けてしてるか引き分けでは全然違いますからね。
    勝つにはホームランという花火が必要かな?
    佐藤輝明が今日は打ってくれると信じます!
    佐藤輝明が打って、全国の、世界中のタイガースファンを喜ばしてくれ!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">