坂本金メダルを勝利で飾れず

表現するなら、「ヒーロー坂本に無援護でドロー」。連日の好配球、好捕球。打っても今季1号ホームランを含む全2打点をあげた。そんな攻守で輝いた坂本の活躍を勝利で飾れなかった残念な試合となった。スクランブル当番で繋いだ馬場、第2先発の形で3回をピシャリ抑えた将司、同じく2回ピシャリのアルカンタラ、ギリギリ踏ん張ったスアレスの投球もそれぞれ素晴らしかった(アクシデントで降板した先発の西勇の状態は心配だ)が、やはり坂本が相手を悔やませるような配球をしたのが大きい。
とくにこの日制球力抜群だった将司は、各打者の初球でことごとく見送りストライクを奪っていた。もちろん構えたところに間違いなく投げられる将司が素晴らしいのだけれど、外目のいいところでスッとストライクを取る。まっすぐ狙いの打者には遅い球、変化球を狙う打者には速球。裏、裏と行って、2球目以降も自分のタイミングでスイングさせないし、ストライクからボールへ、ボールからストライクへの使い分けで打者を惑わせる。挙げ句の果ては、フレーミングでボール球までストライクと言わせてしまう。
球審のマスク直撃のファウルボールがあり、異変を察知するや自軍のトレーナーを呼んで様子を見てもらう。ここらあたりの気のつき方が坂本の真骨頂なのだろう。
選手たちを結びつける帯は有形無形さまざまなものがあるのだろう。マルテのラパンパラも、糸井が垣間見せてくれたロッカールームでの和気藹々とした雰囲気も、最近流行っているらしいハンドルポーズもそうだ。ホームランを打った選手にかけられる坂本手製のゴールドメダルもそのひとつ。出番はなくともチームのために気を配ってきた捕手が、それらしい地味な働きと、自らがメダリストになった試合。勝ちたかった。
今日ドーム行ってくるでー。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

15 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2021年10月14日 at 09:15 | Permalink

    今季ここまで殆どスタメン起用がなかった坂本が攻守に孤軍奮闘したゲームでした。
    ずっと悔しい思いをしつつ、配球の研究や、
    色んなアイデアでベンチを盛り上げてきた姿は皆が観ていた。
    影のキャプテンと言っても良い、控え組が手本にするべき選手だ。

    ゲームは勝たなければならない中、痛恨の引き分けですが、
    「神宮球場天王山で負け越した」
    「東京ドーム3連勝が絶対条件をクリア出来なかった」
    この現実を受け止め、悔しさを次のステージにぶつけるしかありません。

    昨夜は、打線に不満の多い方が たくさんいらっしゃると思いますが、前回登板で怖いヤクルト打線を7回までノーヒットに抑えた菅野からヒットは良く打ったと思います。
    ただ「チャンスで出ない」通常運転は非常に残念でした。

    しかし、西勇トラブルでスクランブル登板になったリリーフ陣は良く頑張ってくれました。
    特に伊藤将は捕手坂本との相性も良く安心して観ていられました。彼が先発していたら結果は違っていたかも知れないけど結果論。
    先発西勇は立ち上がりからコントロール悪くヨレヨレで、登板前から違和感があったような感じがしました。
    そういう時はチームの為にゲーム前に登板回避を申し出る事も大切かと思います。

    今日はこの先のステージの為にも讀賣の「遥人アレルギー」を深刻な物にしておいて欲しい。

  2. Posted 2021年10月14日 at 09:31 | Permalink

    坂本の良さが色んな所で全開したゲームだっただけに勝ちたかったですね。もちろんスワローズが勝ってるしそれ以前にタイガースに落とせるゲームなんてものはないのですから。

    坂本のチームに対する想いは他の誰よりも強い感じがします。雑に言ってしまえば”よく気が利く”選手なのでしょうね。一昨日の打席を観てたらちょっと厳しいかなぁって印象でしたが、昨日はタイムリーに二死走者なしからのHRで2回もの同点打で意外性のある坂本らしいバッティングが出ただけに坂本の為にも勝ちたいゲームでした。

    打てないなら策を講じて動かないと現状打破は難しいでしょう。走る事で勝ってきたチームなのですから無理目でも走らせるべきかなと感じます。エンドランも極端に減ってる気がします。リスクは大きいけど勢いを付け勝っていくにはこれしかないように思います。

    西勇は相変わらずで2回途中交代って何なんでしょうか。実際怪我があったのかも知れませんが、あんなふてくされたようなベンチへの戻り方は「規定投球回クリアしたからもうエエわ」って思われても仕方がない。ポストシーズンも含めもう今季はいいでしょう。このオフはいろいろ見直してもらいたいものです。そのあと投げた4人が頑張ったのとは好対照でした。

    • とし虎
      Posted 2021年10月14日 at 11:06 | Permalink

      とらかっぱ様
      西について
      私も違和感を感じました。
      チームの内情はわかりませんが、坂本捕手にも福原コーチにも説明せず、ベンチに下がったのは守ってるチームメイトにとっては不安しかありません。後を任せる投手の肩を作る時間の事も含めて、残念な行動だったと思います。

    • Posted 2021年10月14日 at 12:18 | Permalink

      とし虎さま
      矢野監督の交代決断や馬場の素早い登場なんかを観てたらシナリオ通りやったの?って勘ぐってしまいますね。こんな事では首脳陣やチームメイトの信頼を得られる訳がない。

      • とし虎
        Posted 2021年10月14日 at 12:56 | Permalink

        とらかっぱ様
        確かに馬場の調子から見て準備していたかも知れませんね。
        坂本はキョトンとしてましたけどね。

  3. 西田辺
    Posted 2021年10月14日 at 09:49 | Permalink

    坂本入団時に、高校・大学の指導者が口をそろえて「キャプテンシー」と
    言う言葉で彼を表現していました。
    パドレスもどきのメダルや、佐藤輝への新人最多三振への表彰状、昨日の
    審判への気遣いなど、持ち場でのチームへの貢献を常に考えられる選手
    なんだと思いました。
    キャッチャーというポジション、捕球や送球と言った技術的な事も勿論
    大事なんですが、打者の挙動から狙い球を推察したり周囲の状況を観察し
    判断する「頭」も必要になります。
    昨日も書きましたが、もはや現代野球において一人のキャッチャーがシーズン
    の全てをカバーするというのは至難の業。
    配球傾向などは、1カード毎に割り出され対策されてしまう。
    どちらかと言えば石橋を叩いて渡るオーソドックスタイプの梅野と、打てないと
    見るやガンガン攻め込み危ないと感じればサッと身を引く坂本。
    どちらが良い悪いじゃなく、バランスであったり相性もあったりします。
    今、坂本が良いリードや配球をしているからと言って、通年やればやっぱり
    何処かで読まれたり対策をされてしまう。
    基本的には、スコアラーの採ったデータを基にはしているのでしょうけど、
    それぞれに解釈が違ったり、現場で感じることも違ってくるはず。
    ベンチにいる原口や榮枝も含めて、お互い刺激し合って高めあえばいいと思い
    ますよ。

  4. 虎轍
    Posted 2021年10月14日 at 10:17 | Permalink

    西勇は怪我なのか?
    規定投球回に到達したから降板やったのか?
    分からんねぇ…
    序盤から制球出来て無い感じやったので、とりあえず規定投球回までは…って事やったんか?
    坂本は攻守で結果を出しましたね!GJ
    勝ちたかったねぇ…
    スアレスはピンチになっても、きっちりと抑えてくれるね。
    島田の打球も抜けてたらなぁ…
    今日は勝って関東遠征を良い形で締めくくろう!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  5. 虎世界一
    Posted 2021年10月14日 at 10:46 | Permalink

    梅野の最近のリードは読まれていたのは感じていたが、疲れからかバッティングにまで影響していた。しかしここまで酷使してしまった首脳陣に責任があります。こんな素晴らしい控えがいるのに。先発投手との相性で昔から捕手を変えるイメージがあるが、私は三連戦でまとめて1人の捕手で使ってほしい。リードが分析されるだろうが、分析されてからがプロの勝負。駆け引きは捕手がリセットされてしまうと2、3試合目の配球もまた新しく始めなければならない。もう三連戦がない日程になるが来シーズンから捕手もローテ組みたいですね。

  6. こうさん
    Posted 2021年10月14日 at 11:19 | Permalink

    坂本が~
    坂本メダル~
    掛けられる~
    嬉しくもあり~照れ臭さあり~

    輝け輝け‼️坂本‼️

    今季、初めて「引き分けじゃアカン‼️勝つんや‼️」という矢野監督を見た。…もっと早く見たかったな。

  7. 虎番地
    Posted 2021年10月14日 at 11:29 | Permalink

    相変わらず一試合1イニングしか点を取ってはいけない契約中の我がタイガースですが、この貧打の中で近本3番はどうなのか。。
    盗塁エンドランなど物静かな采配で、選手任せとしか思えない打順をいかがなものかと。
    (昨日は多少動きありましたが…)

    今の状態なら近本中野糸原を1〜3番にして点を取るしかない様に思えます。
    4番も佐藤君で。
    狭いドームで機動力全面のスタメンではなく、脚は1.2番に任せ、4〜6は1発のある選手で固めるのはどうでしょうか。

    相手からも多少なりとも恐怖を感じさせるのでは。。

    ま、今日しっかり勝って9.10月ドーム負けなしで終わりましょ!

  8. ヒデボー
    Posted 2021年10月14日 at 12:32 | Permalink

    結果論ですが、8回表、先頭近本出塁の場面、大事にいって欲しかったです。
    首の皮が薄くなりましたが、最後まで信じて応援しますよ。

  9. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2021年10月14日 at 12:33 | Permalink

    西投手の昨日の振る舞いはどうなんだろう。
    どこか故障して降板せざるを得なかったことは仕方がない。
    だとしても、次に慌てて緊急登板せざるを得ない投手のことを思えば、まずはコーチをマウンドに呼んで話し合いするなりしてでも、もっと時間稼ぎするくらいの配慮があっても良かったんじゃないか。
    自らスタスタ降りて、監督、コーチにも何も報告せず「はい交代」って何なんだ。
    幸い緊急登板の馬場がしっかり投げてくれたからよかったものの。
    藤川球児さんも唱えてましたが、私からも「喝だー!!!」。

    • 西田辺
      Posted 2021年10月14日 at 16:42 | Permalink

      あれねぇ。
      まぁ、私たちには降板の原因も西の痛みの度合いも分かりませんが、
      褒められたもんじゃないですよね。
      自分勝手な判断で、ああいう行動に出たのなら二度とマウンドには
      上がらなくて結構ですよ。
      一人で試合をぶっ壊しかけて、職場放棄する選手よりよっぽど戦力に
      なる投手は、後ろに幾らでも控えてますから。
      ここはシッカリ首脳陣がけじめを付けさせなければ、チームがバラバラ
      になってしまいます。

  10. タクロー
    Posted 2021年10月14日 at 13:05 | Permalink

    君は何故初球を打ったのか?
     
     今季は開幕1軍登録。さぞかし嬉しかったことだろう。守備固めが主な役割だったけど、懸命に出番をうかがっていたはずだ。けれどスタメンの壁は厚く5月23日に抹消されてからは、1軍に呼ばれることもなく暑い夏を鳴尾浜で鍛えなおしていたはずだ。
     やっと昨日、ペナントレース最終盤になって再登録された。貧打線、相手先発は右投手でチャンスだと思ったけど、登録即スタメンとはならず、代打の出番をベンチ奥でひたすら素振りをしながら待っていたんだろう。
     いざ、その時がきた。同点の7回。先頭の坂本が初球を打って倒れた後、投手の代打でお呼びがかかった。役割は四死球でもエラーでもよいからとにかくチャンスメーク。なのに、だ。2軍の投手とは格が違いすぎる球界のエース菅野の初球難しいフォークに手を出し、あえなく弱弱しいセカンドゴロ。せっかくのチャンスを露と消してしまった。
     昨夜のゲームで初球を打ったのは、西のバントしくじりを除いて阪神、4人6度、内訳をみると近本が3度で2安打。マルテが併殺打、坂本と君が連続しての凡打。ヨミウリは3人3度、すべて凡打。まさか近本に倣おうとしたわけではあるまい。思わずバットが出たのか、狙い通りのフォークが来たから振ったとは到底思えない。君は、レギュラーとして試合に出続けて首位打者を狙える位置にいる近本とは、違うんだ。勘違いをしているとは思わないが、どういう狙いで、やっと立てたバッターボックスで何を考えていたのか。チャンスを自らがつぶしてしまった板山の代わりは次から次にいるのだ。

      それからも一つ残念なこと。いくら自分しかわからぬ異変あったからといって、スタコラとマウンドを降りる態度はなんなん?
     まずは坂本を呼び、投手コーチに来てもらって事情を説明するのが当然の振る舞いだろう。虎のエースとか言われて天狗になって、思うような結果がでないと口先だけのただの投手になってしまった。誰が呼び始めたか、エースという称号ももうおしまいだ。

     さあ、今日は次代のエース遥人に関東遠征を締めくくってもらおう。

  11. 岩修
    Posted 2021年10月14日 at 17:04 | Permalink

    今夜はtoraoさん参戦の大事な大事なゲーム。しっかり録画もして観戦します。西勇は残念。2年間孤軍奮闘で投手陣を支えてきたのに…。
    調子悪いとやっぱ例のアレが原因ではと下衆な自分は考えてしまう。その後の馬場ちゃん、イトマサ、アルカンタラとスアレスが輝いてたから余計悪く見えた。でも近い将来復活してくれる筈。9回、妙にスリムな中田の当たりをスーパーキャッチ中野。これが無きゃ負けてたかも。
    そして引き分けのヒーロー、金本前監督が指名した坂本誠志郎。梅ちゃんだけでなく、こんなに存在感溢れる選手に成長していた事が大袈裟かもだけど泣けてしまった。
    ダンにメダルを掛けられるのを観て、今年を象徴するシーンと思った。
    どうなろうとタイガースが諦めない試合をする限りシーズンは続く。
    頼む!遥人!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">