なにがさいた?

気がつけば1月も下旬にさしかかる。キャンプメンバー発表なんて話題ももうすぐだ。
それにつけてもニュースは感染者の話題が中心。最多、最多、サクラが最多。比較的症状は軽くても感染爆発ならなんとやら、軽快するのも早いが後遺症の恐れはどうたらこうたら。
芸能人の誰々、プロ野球の誰それ、大相撲のなになに部屋、○○高校の○○部……。
アメリカではどうした、イギリスではこうなった、イスラエルはどうこう……。

アメリカでは2割の人が感染を経験しているなんてニュースもある。彼の国では「絶対にかかってはいけない病気」なんかじゃなく、いずれ誰もが順番にかかる病気になっているのだろう。

運悪く後遺症が残る人もいるだろう(それにしたって、オミクロンの後遺症だなんて、一生残る風に語られるが、まだ数か月しかたってないんだから、後遺症っていえるんだろうか)。免疫の働きが弱まっていれば、残念ながら命を落とす人もいるだろう。

厳密にはいろいろと「ただの風邪」とは違うのかもしれない。しかし、数字や現象は「既存の風邪症状」とほぼ同じといえるレベルにある。

本当に「誰がかかった」「誰がうつした」「誰が死なせた」みたいな話にしたままでいいのだろうか。今までだってずっと誰かがかかって、誰かがうつして、誰かが死なせていたのに、既存の感染症を含めた総体として特に死者が増えていないというのに、まだ罪と罰を背負わせていくつもりなのか。

戦時に慣れると、当たり前が当たり前でなくなる。普通のことが、ぜいたくになる。やがて「ぜいたくは敵だ」という意識が芽生えていく。従来の常識が捨て去られ、すべてが新型コロナ基準の価値観で考えられるようにならないと誰が言えようか。私はこんな「潔癖社会」が常態化するのだけは断固拒否する。

感染症対策がまったくいらないなどと極端なことは言わない。ただ、こんな異常事態に誰もが(とくに子どもや若者)が慣れきってしまう前に、一刻も早い正常化という出口を意識せねばならない。安全マージンばかりとっていては、「普通の人」を「つみびと」にする世の中がすっかりできあがってしまう。
リアルワールドでは言いにくいし、かき消されてしまうが、ネットでそれを叫ぶ人の声は極めて大事だと思う。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

9 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2022年1月19日 at 09:09 | Permalink

    さいた(最多)は
    青柳=最多勝
    輝明=最多本塁打
    大山=最多打点
    近本=最多安打
    岩崎=最多セーブ
    中野=最多盗塁
    藤浪=最多奪三振
    秋山=最多投球回
    阪神タイガース=最多勝利数V
    だけで十分(欲張り過ぎ?)。

    重症化が極端に少ないオミ株は病名を変えるべき。

  2. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年1月19日 at 09:58 | Permalink

    感染が先行していた国の推移をみると、感染力の強さは確認できていたし
    重症者・死亡者の率は以前のピーク時に比べると下がるのも見えていた。
    またマンボーとやらを発出するようですが、飲食店を締め上げて効果
    ありましたか?
    2年以上も効果のハッキリしない同じ事しかできないって、一体どうなって
    るんでしょうか。
    もちろん、高齢者や基礎疾患を持っている人はガードを固めた方が良いんですが
    見ていると、流行り病にどう対処するかというより、どう世間の批判を躱すかに
    主眼が置かれているような気がします。
    効果があろうがなかろうが、前例を踏襲しておけば文句を言われないだろうという
    魂胆が透けて見えてくるんですよ。
    変異株変異株と騒ぐなら、それに合わせた対策もあって然るべき。
    この流行り病のおかげ(?)で著書が売れたり講演料の単価が上がったり、
    経営している病院が専用のベッドも提供せずに、国からお金をせしめてる例もある
    と聞きます。
    こういう人にとっては、この状態を一日でも長く続けたいと思っても不思議じゃない。
    一部の人のビジネスのタネになってやしないですかね?
    どう抑える、どう直す、どう防ぐ、どう扱う、を状況に応じて対応していかないと、
    社会や経済だけが壊滅していく気がします。

  3. 岩修
    Posted 2022年1月19日 at 11:18 | Permalink

    友人がオミクロンを尾身クロンと呼んでいる。国内大手製薬メーカーは未だに治療薬もワクチンも治験のみの状態。国際外交がわざとそうさせてるのか分からないけど、世界コロナ戦争であるならもっと積極的に予算を控え無いで本気で取り組むべきと思う。
    今のままでは国民も医療人も疲弊感しか残らない。モルヌピラビル、パクスロビド何て年寄には覚えるのはしんどいし…。
    torao様やファミリーの方々が元気になるメソッドはタイガースが強くなりトップに君臨すること。 
    2年前から虎轍様が仰っていた疫病退散!頑張れ日本、タイガース! 
    これが1番の特効薬と思う。

    • 虎轍
      Posted 2022年1月19日 at 17:51 | Permalink

      岩修様こんにちは。
      疫病退散して欲しいですね。
      今年に入って書きたくは無かったんですが、各地で過去最多を更新してくると、終息を願うばかりです。
      検査数が増えてるから過去最多を更新するのか?
      検査数が増える事は悪くは無いんでしょうが、過去最多が増えるのは精神的にも参ってしまいますね。
      手洗い、うがいを徹底してても感染してしまいそうな世の中から早く回復する事を願うばかりです。

      • 岩修
        Posted 2022年1月20日 at 08:56 | Permalink

        虎轍様 コメント有り難うございます。
        2月ピークで3月徐々にピークアウトとの予報ですが、出来れば早くに収まりキャンプ~オープン戦に突入して欲しいものです。自分もただただ選手達に感染が拡がらないことを願うばかりです。

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2022年1月19日 at 12:18 | Permalink

    人それぞれ守らなければいけないものが異なってくるので、一概に何が正しいと言い切れないけど、偏った情報に惑わされず自分の頭で判断することですね。

    なんでもNPBが今年は従来通り延長戦を12回まで行う方針だとか。
    今後の成り行きで変わるかもしれませんが、だとしたら去年とは、また違う戦い方が求められます。
    ますますリリーフ陣の層の厚さが重要になってきますね。
    タイガースの投手陣はリーグでもトップクラスなので有利に働くように思いますが、ポスト・スアレス問題含めて今後の陣容が気になります。

  5. hi64
    Posted 2022年1月19日 at 13:02 | Permalink

    風邪でもインフルエンザでも,ウイルスはどんどん体内に入ってきますが,
    症状がでなければ感染とは呼びませんよね。
    それをコロナだけ,ウイルスを確認しただけで感染と表現することに違和感を感じています。
    風邪のウイルスは200種類以上と言われていますから,
    私は,新型コロナもいわゆる風邪と呼ばれる症状の原因ウイルスの一つになったと認識しています。
    (今は,風邪の中でもやや症状は重い部類でしょうか)
    風邪ウイルスもインフルエンザも,ウイルスに曝露しても免疫機能が強ければ発症しない。
    重症化要因のある方は別として,
    一般的感染予防を施し,免疫力を高めて普通に生活するのが一番ではないかと感じています。
    免疫力を高めるには,栄養睡眠をしっかりとって心身のストレスを溜めないこと。
    我々の心身の一番のストレス要因を考察すると,
    タイガースが勝つことが感染対策に一番効くはずなので,油断なく頑張って欲しいものです。

  6. 虎轍
    Posted 2022年1月19日 at 15:32 | Permalink

    コロナ感染は誰が悪い?
    伝染した方が悪い?
    感染した方が悪い?
    合同自主トレで大量感染?
    集まった選手が悪い?

    政府が曖昧にしてる事が一番悪いと思います。
    感染傾向が治まってきてるので、そこで止めておきたいのに変異株を持ち込ませてしまったんですからね。
    まぁその変異株があったから、新しいコロナ対策になるんでしょうが、いたちごっこがいつまで続くのやら。
    タイガースからは出さないで欲しいですね。
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  7. Posted 2022年1月19日 at 19:27 | Permalink

    「軽症が多い」という話が広まったら「軽症ってみんなが思ってる程楽なもんではない(インフルエンザよりはしんどい)」「後遺症が残る」って話が広まりだしましたね。

    一応重視する指標が感染者数ではなく医療の逼迫状況にはなった点は進歩だとは思うのですが、結局あっさり逼迫してしまいましたね・・・それなりに医療の現場も増強はされたという話だったと思うのですが、感染者数が予想以上に増えてしまったのが原因なんでしょうか。

    因みに遂に私の友人から感染者が出まして、月曜日から隔離されているそうです。
    幸い軽い発熱があった程度だったそうなのですが。
    どんな感じなのかまた隔離が明けたらヒアリングしようかと思っております・・・。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">