メンバー構成予想(1/23)

これまた毎年恒例、改変1回目は「くそ真面目にキャンプ振り分けを真に受ける」。

━━━━ ◇ ━━ ◇ ━━━━

2022 阪神タイガース メンバー構成予想(22/01/23)
※現首脳陣はこう考えているのではないかという筆者の予想。

(備考/感想)
・昨年実績とネームバリュー重視の前回の振り分けに、今回のキャンプ振り分けを加えるとこうなる。
・現時点で入国を伝えられたガンケルとロハス以外の外国人はとりあえず一番下へ(二軍スタートが発表されたチェン含む)。
・故障扱いの中野も一番下へ(本当はかなりの軽症っぽいけど)。
・そうするとこんなスタメンになってしまった。ないとは言えないけど……。
・もちろん最終的にはチャレンジ枠の選手たちがふるいにかけられて、繰り上がり当選も出て、さらに「タイプかぶり」の調整が入って選別されていく。
・一軍キャンプが発表されたあとで感染が公表された選手もいるが、おそらくすぐ合流となるだろうからそのまま。
・アップ  0  4  7 25 28 31 36 41 45 47 48 57 65 67 69 98
・ダウン 00 29 31 42 44 51 52 55 56 63 94

━━━━━━━━━━━━━━━

【A.スターティングメンバー】(9人)
いわゆる「開幕スタメン予想」。

1 中 5近本L
2 二 33糸原L
3 右 7糸井L
4 一 3大山
5 三 8佐藤輝L
6 左 24ロハスS
7 捕 2梅野
8 遊 0木浪L
9 投 50青柳

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【B.一軍選手登録枠】(A+22人=31人)
いわゆる「開幕一軍予想」。ベンチ入りは25人(2022年もコロナ特例で26人)。また開幕時は先発ローテ投手に代わって若手を体験登録させることも多い。なおFAの人的補償から保護されるプロテクトリストは28人(ただしドラフトされたばかりの新人と外国人は自動的に保護される)。

◇先発型投手
16西勇 19藤浪 27伊藤将L 21秋山 49ガンケル

◇救援型投手
13岩崎L 17岩貞L 18馬場 36浜地 37及川L 48齋藤 66小川 69石井

◇捕手
12坂本 57長坂

◇内野手
4熊谷 38小幡L 45遠藤L 67髙寺L

25江越 53島田L 97小野寺

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【C.日本シリーズ出場枠】(B+9人=40人)
日本シリーズ以外では特に意味のある数字ではないが、高確率で一軍出番が期待できる位置付け。ちなみにMLBでは、40人が「メジャー契約」となり、条件が優遇されるので、「メジャーとマイナーの分岐」になる。日本でもそんな感じ。

◇投手
28鈴木L 41村上 47桐敷L 65湯浅 98小野

◇捕手
94原口

◇内野手
55陽川 62植田S

◇外野手
63板山L

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【D.支配下選手枠】(C+30人以下=70人以下/現在66人)
育成中の選手が中心になる枠。そうでないのにここに入るようではいけない。

◇投手
14チェンL 15西純 20森木 29髙橋L 30佐藤蓮 34二保 40尾仲 42ケラー 43守屋 44アルカンタラ 52ウィルカーソン 54加治屋 56小林 64岡留

◇捕手
39榮枝 59藤田 68中川 95片山L

◇内野手
00山本 26北條 31マルテ 51中野L 

◇外野手
9高山L 32井上 58前川L 61豊田 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【E.育成選手枠】支配下選手を目指す選手
◇投手
120島本L 121才木 122岩田将L 124望月 125伊藤稜L 126牧 127川原L 128渡邉L

◇内野手

◇外野手


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

6 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2022年1月23日 at 10:38 | Permalink

    toraoさんの「ないとは言えないけど……。」という開幕スタメン予想ですが、これはほぼ無いと思います‪(笑)。
    様々な理由でライトに入る選手が消去法で糸井になるぐらいなら「井上広大を」(それかキャンプで毎年絶好調の髙山か陽川)と考えていると推測します。

    一番気がかりなのはやはり「◇救援型投手」のところ。
    先日も書きましたが、本当に信用できるのは岩崎だけ!という状況、しかも今季は延長12回までやるという事もあり不安です。
    現状「リリーフ専若手出てこいやー」&「ケラー頼み」なので、
    人数に制約はあるかも知れませんがリリーフ実績のある牧田や秋吉の獲得を視野に入れるのも有りだと思います。
    投手はなんぼおってもええですからねぇ。

  2. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年1月23日 at 11:05 | Permalink

    今季タイガース戦力で一番不確定要素は、スアレスの抜けたクローザー
    部門と、延長12回まであることでの中継ぎ陣部門。
    ところてん方式で、去年8回投げていた岩崎を9回に据えるのも手かも
    知れませんが、抑え候補と言われるケラーがすんなり嵌ってくれれば
    全く問題ないんですが、そうでない場合の見極めの基準と次善の手を
    用意しておいて欲しい。
    個人的にクローザーは、球が速いとか決め球となる変化球が有るというのも
    非常に大事な資質なんですが、それ以上にメンタルが大事だと思います。
    豪胆なだけでも細心なだけでもダメだし、ミスを引きずるような性格の選手は
    絶対に向かないと思う。
    いきなりスアレスのレベルを求めるのは酷なので、状況によってはWストッパー
    などの複数人で役割を担う事もアリかと。
    本格的にクローザーを固定する作業は、シーズンに入って何試合かを形を作って
    勝つパターンを重ねてからでしょうね。
    2003年も最初、ポートがクローザーとして使われてましたが、結果が出ず
    シーズン途中からウィリアムスを軸に抑えを構築しました。
    シーズン序盤は、人選や慣れの部分で苦労するかもしれませんが、シーズン前に
    これと決めつけて柔軟性がなくなるのが一番危ない。

    昨日放送された、各チームのプロ野球選手が出演していたバラエティ番組で、
    阪神から出演していた秋山が「シーズン中に怖かったこと」との質問に
    「シーズン序盤に好調だった時に関西ローカル局が優勝特番を作り始めて、
    これで優勝逃したらどうするんだろ」となったと語ってました。
    マスコミにしてみれば、視聴率や購買部数を増やすために、やたら浮かれた
    企画をやりたがるけど、それがやってる選手にとって決してプラスにならない事を
    理解して欲しい。
    これで優勝を逃したとは言わないけれど、自分で自分の首を絞めている可能性は
    少しは考えて欲しいですね。

  3. 虎轍
    Posted 2022年1月23日 at 11:40 | Permalink

    とりあえず抑えをケラーで行くのか?はたまた岩崎で行くのか?
    マルテが間に合わない考えで行くなら、江越はアピールや!
    高山もアピールせんとタイガースを去る事になるで!
    中野、木浪を抜いて高寺が勝負出来ると頼もしいですけどね(笑)
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

    • 虎ジジィ
      Posted 2022年1月23日 at 13:12 | Permalink

      虎轍様
      マルテは無事 陰性で入国したようなので間に合うと思いますよ。
      どこを守るかは知らんけど?。
      疫病退散!
      頑張ろう日本!

    • 虎轍
      Posted 2022年1月23日 at 17:01 | Permalink

      虎ジジィ様ありがとうございます。
      マルテが陰性で入国出来たみたいですね。
      マルテは一塁しか無理でしょうね(笑)
      去年のベストナインですからね(笑)
      大山をレフトに配置するとか、色々言われてますが、どうなるんでしょうね。
      ホンマに疫病退散して欲しいですね。

  4. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2022年1月23日 at 16:45 | Permalink

    阪神ファンで話すことはスアレスの後はどうすんのか、中継ぎが心配とかの話ばかりです。
    「今年の阪神はどう思う?」「なんせトラ年ですから…」
    延長12回迄ある、よけいに中継ぎが心配。「トラ年やから…」

    虎ジジィさんもおっしゃるように、予想とはいえ糸井を開幕スタメンに入れますか。
    そうでないことを祈ります(笑)。
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">