はまる可能性

阪神・藤浪“菅野の極意”明かした 合同自主トレで学んだ制球力UP 2つのポイント(デイリー)

藤浪のロングインタビュー。読売菅野との自主トレでかなりの自信と手応えをつかんだのがうかがえる。

何を言われたかとか指摘されたポイントとかは、「what」の部分は、実はあまり関係ないのかもしれない。
「when」自分が置かれている立場に対してどういう思いを持っていたか。どういったいきさつがあって、その言葉と出会うタイミングだったか。自発的な気持ちで、受け入れる状態で聞けていたか。
「who」誰に助言を求めたいと思ったか。誰の口から出た言葉だったのか。その人への敬意や関係性はどうなのか。
それらが大事であって、そこがピタリとはまっていれば、自らの考えて「how」どのように取り組んでいくかという行動に直結していく。

確かにローテ候補はほぼ固まっていて、藤浪に入り込む余地などなさそうに思えるのだが、それこそ固定観念に過ぎず、菅野から与えられた視覚的あるいは聴覚的刺激によって「呪い」が解けたのなら、全候補者をぶっ飛ばしてエースの座を奪回する。忘れかけているが、全然あり得る話だ。

さあ、今日は雨も降らないみたいだし、アピール合戦楽しみだね。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

5 コメント

  1. なかっち
    Posted 2022年2月5日 at 10:52 | Permalink

    確かに今のタイガースの先発陣を見たときに藤浪の入る余地すらないほどのメンバーが揃っています。
    しかし、藤浪のポテンシャルが開花したら、去年の青柳以上の物を持っているのは3年目に実証済み。

    今まで出来ていたことを再度出きるようにするだけ。出来ないことはないはず。何故なら以前やっていたことだから。

    それをアドバイスしてもらえただけでも大きい。色んな事を取り入れすぎて、忘れていたことを思い出す。容易ではないが、出来ないことはない。

    藤浪が復活すれば、間違いなく、ローテーションの中心に戻るのは時間の問題。


    今のタイガースの先発メンバーはゴロピッチャーが多い。そこに三振の取れる藤浪と遥人が加われば、全体的なゴロアウトが減る。すなわち、エラー数も減るかもしれません。
    そう考えると、藤浪の復活はチームにとっても非常に大きくなります。

    遥人共々是が非でも活躍してもらいたいですね。

  2. 大虎真弓
    Posted 2022年2月5日 at 10:58 | Permalink

    無くした自信を取り戻すにはコントロール出来るストレートと緩急を付けた変化球を身に付けなければならないだろう!キャッチャーの構えるミットめがけ繰り返し投げ込んで貰いたいものですね。
    打者を立たしても同じコースに投げられるように反復して投げ込んでもらいたい!ストレートの威力だけで抑えられる幻想は頭から切り離し現実的に何が足りなかったのかを考えればやることは理解できるはずだ。
    whenいつやるの?今しかないだろう!

  3. Posted 2022年2月5日 at 11:08 | Permalink

    色々なコーチや山本昌などに指南を受けながらも丸5年落ち込んだ後に、年は違えど同期入団の遥か先行く菅野だからこそ何の仕えもなく入って来るものがあったのでしょうか。

    持っているポテンシャルは図抜けて努力もし人の意見を素直に聞ける。じゃあ足りないものはなに?ってことですが、自尊心と危機感が今まで邪魔をしていたように思います。菅野から掛けれた言葉は何か分かりませんが今の藤浪には刺さるものがあったのでしょう。それを信じやるべきことを定めたら今季は変身できるように思います。今は先発の末席を争う立場ですが少しずつでも上がって行きシーズンが終わるまでローテを守り切れれば、と期待しています。

  4. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2022年2月5日 at 11:46 | Permalink

    菅野大明神様から授かったエロイムエサイムの呪文で、藤浪の呪いを解くことができたのなら、こんなありがたいことはない。
    何年も苦しめられた呪いが、たったそれだけのことで?
    いや、意外とそれでうまくいったりして。
    そうなってくれることを期待して、今年の藤浪から目が離せない。

  5. 虎轍
    Posted 2022年2月5日 at 14:08 | Permalink

    藤浪と菅野は年齢は違えど同じ年のドラフトのドラ1でしたね。
    3年目までの成績は藤浪の方が良かったような気がしますが、そこからは藤浪が落ちていきましたが、菅野と同じような成績を残せてたら、2回くらいは優勝出来てたかも知れませんね。
    今年はどういうピッチングをするか分かりませんが、自らの力で立場を掴みとれ!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">