走って守って名古屋今季初星

3回二死から無走者から2番スタメンに入った島田が右線に三塁打すると、3番中野の三遊間へのゴロ、ショート三ツ俣が追いつくも送球がワンバウンドになりファースト・ビシエドが捕球できず(記録はショートの悪送球)、エラーにより先取点。島田の足と、中野の「足速いイメージ」による重圧で奪った1点。
リードをもらった先発西純は5回ウラ鵜飼に逆転2ラン、6回にも石川昂にソロを打たれたが、残したピンチもなんとか投げきって6回3失点のQS。
すると直後7回表、一塁にヒットの糸原を置いて7番大山がレフトへ同点2ラン。さらに8回は今季初四球(なんで今頃や)の中野が二盗を決め、輝明が中前打でつないで一死一三塁とし、ロハスJrが併殺体制で広く空いた三遊間へ詰まったハーフライナー性のゴロ、二塁送球で一走輝明はアウトになったが、この間に中野が決勝のホームイン。
投げては、同点の7回からはアルカンタラ、湯浅、岩崎の勝ちパターン継投で中日をゼロに抑え、アルカンタラに今季初勝利がついた。
終盤に盗塁3つを決めて流れをものにしたこと、逆に隙のないマークで相手のスピードを殺したこと、それを含めて中野を中心に守備力で負けなかったこと、いいところで長打が出たことで、安定感ある投手陣の働きが報われ、6試合目にしてバンテリンドーム今季初勝利。なんとかまた3連敗は逃れた。
強さは感じないが、やれることをやった結果勝てた。いまはそれを愚直に続けるのみ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2022年5月9日 at 08:26 | Permalink

    やはりいろいろな「足絡め」で得点する(しかない)チーム!

    まあ勝つには勝ちましたが、また前日の大山サードゴロ無得点と同じような事が….、
    2回無死一、三塁から糸原がサードゴロでそのまま無得点の時は「今日も無策かっ」と呆れました。
    今は「打線が畳み掛ける」が出来ない事は散々経験しベンチは分かっているはず。
    大山のツボに入ったツーランで救われましたが、そうそう出る物ではない。
    打線が繋がらない時は高校野球のように小技も絡め 取れる時に1点でも取りに行く野球をするしかありません。

    そうそう意味では「8回1死一、三塁からロハスの遊ゴロの間に勝ち越した」ああいう1点の取り方で仕方ないと思います。

    幸い、7回までにリードさえすればアルカンタラ〜湯浅〜岩崎という素晴らしい勝ちパ投手を持つだけにベンチの作戦次第で接戦をモノにできるチカラはあります。
    つまらない野球にはなりますが、スモールベースボールで巻き返すしかない事を首脳陣は学ぶべき。

    先発した西純は良く頑張りました。不用意に食らった1発は次回への糧となるでしょう。

    そして今季1番の「嬉しい誤算」湯浅、本当に素晴らしい。スタンドのお母様へ最高のプレゼントになりましたね。

  2. こうさん
    Posted 2022年5月9日 at 09:32 | Permalink

    6連勝した時に「2勝1敗ペースで行っても借金を返せるのは…」と書いたが、6連勝後から見事に2勝1敗ペースになっている。1カードで借金1を返済する流れ、矢野さんはどこまで耐えられるか。

    大山の上手く掬ったホームランだが「これで完全復活」とはならない。もう4番の重圧に耐えられるメンタルじゃないことは周知の事実だ。これで4番に戻すのは愚策。数年前に書いたが、やはり真弓さんのような1番タイプなのかな。ランナーがいない方が伸び伸び打てるのかも。

    新しい朝ドラが始まって1ヵ月。…全く感情移入できないなぁ。週一回、必ず泣ける回があり涙を流すことで毒素を出しているが…泣けないんだよな。

    やっぱり大好きな野球で泣きたいねぇ。

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年5月9日 at 09:36 | Permalink

    今年はもう1つも勝てないんじゃないかと思ってたバンテリン。
    形なんてどうでもいいんですよ、勝てば官軍。
    西純矢は、前回の東京ドーム比べて若干真っ直ぐの走りも、もう一つ。
    でも、彼の良い所はどんな展開になろうと少ない球数でイニングを終了
    させられること。
    縦の変化球と言う計算できる決め球があるから、打者の側も追い込まれる
    前にと言う意識が強くなるんでしょうね。
    球審村山の少し広めのゾーンも、彼にとっては良い材料だったかも。
    それについては柳も同じなんですが。
    結果的に7番大山の同点弾が効いた形になってますが、本来なら中軸を
    打って然るべき選手。
    ビックリ箱的な一発を活かす選手じゃないはず。
    浮き沈みの激しかったGWも、終わってみれば5勝4敗の1つ勝ち越し。
    (G〇ants Weakなんて言われてる球団もあったようですが)
    中継ぎ陣の安定感が、日に日に高まってきていますね。
    強味が出来た今こそ、シッカリと腰を据えた打線構成と積極的な走塁意識で
    「勝つ形」を作る時期だと思いますよ。
    何を気にしているのか知らないけれど、あっちにフラフラこっちにフラフラ
    しているような野球では何時まで経っても浮上できません。
    上位も決め手を欠く今こそ、反撃開始のチャンスですよ。

  4. とらかっぱ
    Posted 2022年5月9日 at 09:55 | Permalink

    勝ったけど苦言しか出てきません。スルーして頂いて結構な内容のコメです。

    ドラゴンズが「3タテは可哀そうだから一つくらいドーゾ」って譲ってくれてるのに丁重にお断りするタイガース打線。2回の無死一三塁の場面なんて相手は併殺打狙いで一点ドーゾって守備隊形なのにどうやったらそんなゴロ打てるの?ってくらいのありえないサードゴロ。挟殺もあっさりで進塁もなし。勝つ気あるんかってスタートでしたが、西純の若々しい投球と思いだしたかのような盗塁で流れを押し戻せました。

    なんだか呪縛にかけられたようなチーム状態ですが、みなさんご指摘の通りこんな時こそベンチが徹底した指示を送ってやらないといけない。なんでもかんでも選手個人の力量まかせではベンチの存在意義がありません。作戦ミスで敗けてもいいじゃないですか。無策で「個々の状態を云々かんぬん」って言葉はもう聞きたくありません。どうせ既に叩かれまくって辞めるのも決まってるんだから「メチャクチャやったれ」って思います。

    大山は期待しなかったら打ちますね。メンタルトレーニングと作戦についての勉強を一から、いや0からやり直して欲しいものです。

    • 虎轍
      Posted 2022年5月9日 at 13:46 | Permalink

      とらかっぱ様こんにちは。
      昨日の2回無死1.3塁の場面ですが、3塁ランナーの佐藤輝明がスタートを切らないのが普通なんですけどね(笑)
      ランコーが「バック」の声かけをしてたら打球が弱かったので1塁アウトだけやったかもですね。
      三塁手がランナーがロハスJRやったんで併殺狙いで2塁に投げてたなら、投げてからスタートしてホームを陥れる走塁もあったでしょうが、策無し采配ではそんな練習をしてへんでしょうし無理でしょうね(笑)

    • とらかっぱ
      Posted 2022年5月9日 at 16:02 | Permalink

      虎轍さん
      ゴロゴー(或いはアタリゴー)は一死での作戦なのに…あの飛び出しは明確に指示できてなかった説が濃厚かと。浅いイニングで出してたのだとすると相当ベンチには焦りがあったのかと思います。
      私はそれよりも糸原の打撃姿勢に疑問を感じました。あそこでやっちゃいけないのが①三振②ホップフライ③サード又はファーストゴロです。ならば追い込まれる前にさっさとセカンドゴロゲッツー打っとけよ!と思った次第です。

  5. 岩修
    Posted 2022年5月9日 at 11:14 | Permalink

    とりあえず母の日に勝って良かった。湯浅のお母様同様に同年代の子供さんを持つ全国の虎ファンの女性達にはホッコリの日に。
    相変わらずチャンスに無策のベンチと糸原、大山。彼等が取り返してくれたから良いけど何かモヤモヤしてしまった。その瞬間は歓喜でしたが…。
    島田と中野の足圧力に守備力。
    繋ぎに徹してるかの様な好打のハートマークサトテル。
    2被弾の西純も最後は笑顔で母の日に良い仕事したと思う。
    しかしなんと言っても新勝ちパの3人。彼等の投じた57球に酔いしれ、これからの反撃を信じたい一戦になった。気がする…。

  6. with虎
    Posted 2022年5月9日 at 12:55 | Permalink

    こんにちは

    なんとか昨日勝てましたね、よかった。
    3タテキツいので…

    昨年優勝のヤクルトは、昨年、序盤の投手陣の再整備とオスナ サンタナの外人補強で、中盤以降ぐーんと伸びてきました。

    阪神は昨年との戦力ダウンは、スアレス、サンズなのかなと思います…今年は守備は健闘していますね。

    スアレスの穴埋めは投手陣整備でなんとか形が見えてきました。まだケラーもいますしね。

    打つ方は、どうするつもりなんでしょう?
    フロントは動いている、と信じたい。

    今週負け越したのは、糸井の故障?が大きいですからね。

    あとは、昨年のスタミナ切れ…
    これは勿論対策考えてます?よね?
    4年目の監督?とものすごく不安を感じています。

    今週、なんとか広島、横浜で勝ち越したいです!

  7. 虎轍
    Posted 2022年5月9日 at 13:02 | Permalink

    中野が今季初四球からの盗塁でチャンスを広げてくれて良かったです。
    昨日ここに書いた事を実践してくれて勝てたのが嬉しいですね。
    佐藤輝明が繋いでロハスJRが全く打てる雰囲気は無かったので併殺を無くす為のダブルスチールを仕掛けてもと思ってましたが(そんな策は持ってない?)、なんとか粘っての、ええ内野ゴロで泥臭く勝ち越し点を稼ぎましたね。
    エンドラン、バスターなどのサインを出しても裏目力が発揮で上手くいかない監督やからサインを出さないのか?出せないのか?知らないのか?
    もっと積極的に動かして活路を拓こう!
    大山は読みが当たって、ミスショットせずにスタンドまで放り込んだのは良かったですね。
    たぶんストレートやったら見逃し三振か空振り三振やったでしょうが、今は結果が出て良かったと思っときましょうかね。ええホームランやったで!GJ
    西純は失点が全てホームランやという事を勉強やね。
    構えたミットから真ん中に入ってくる失投を減らせば、また勝てるよ!制球力の鍛練を頑張ろう!
    アルカンタラはちょっと調子が悪かったように思えましたが、今季初勝利おめでとう!
    湯浅はマウンドが合わずに最初はボールが浮いてましたが、微調整して上手くアジャストして投げきりましたね。凄い修整力やと思いますね。怪我をせずに投げ続けてや!
    岩崎はボールをこぼしても勝利はこぼさなかった。ハラハラしましたが、ありがとう!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  8. タクロー
    Posted 2022年5月9日 at 14:09 | Permalink

    桃色……吐息
     おっ、球審のマスクがピンク。塁審の帽子もピンク。梅野のプロテクターもピンク。近本のバットも輝明のバットもみーんなピンク。ベースまでピンク。こんな日は、華やかにバッと行きたいところだけど相変わらずの灰色打線。無死1.3塁で点が入らない。相手の情けで1死2.3塁に進めてもらってもダメ。吐息。ため息。嘆息。
     打たせて 勝たせて 青息吐息。
     何とかかんとか、ダントツ最下位の中でもこれだけは誇れる、投手陣の踏ん張りで勝てた。大山の同点2ラン、あのままズルズルと3タテを食らうところでよく打った。でも他の打席をみると偶然の一発だったみたい。近本も5タコだし、輝明と中野しか期待ができない。ロハスが起きてくれないかなあ。
     黒星 黒星 やっと白星
      強いと言われる 時は短すぎて……

虎轍 に返信 返信をキャンセル

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">