彼の岸と我が岸の間で

気がつけば秋分の日。これなんなん?の大連敗から始まり、いやこれ史上最大の逆転優勝あるで!となって、さすがにアレやからプランBでぎゃふんいわせたれ!からの、ああもう9月も終わりやなあの今。なにか阪神ファンをやっていると、やがて悟りの境地に達することができるのではないかと思えてくる。そしていつか「優勝即是空」と唱えながらミイラになる……。
予報では広島は雨上がりかな。誰が来季このチームからいなくなるかわからないが、短いプロ野球選手人生、今この試合をやりきって清々しい気持ちになってくれたらそれでいい。

今日11時、文春野球コラムペナントレース今季最終登板、「まだ試合は残っているけど…矢野監督への複雑な感情を”正直”に吐露してみた」(←監督である編集の花田雪さんがつけてくれたタイトル)、良かったら読んでみてくださいね!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. とらかっぱ
    Posted 2022年9月23日 at 09:40 | Permalink

    ファン歴も40年を超えると悟りを開けそうな気がしてますが、実際には一試合の勝ち負けでまだまだ一喜一憂しております。まだまだ小童だと反省してもおります。

    今になって木浪抹消の高寺昇格。今季は諦めたら置き土産に、いや実際に間近に将来有望な若人を観てから去り行くか、の心境なのか。今さらなのですがそれならなぜ小幡を使い続けなかったのか。小幡には将来性を感じなかったのか。それとも打てる選手でないとダメなのか。判断基準が最後の最後まで良く分からん起用です。それでもあげたなら今日は先発で使ってやって欲しい。今の望みはそれだけです。

    • Posted 2022年9月23日 at 12:52 | Permalink

      >それとも打てる選手でないとダメなのか

      「打てる選手」が糸原ってのがポイントですね・・・
      せめてドラゴンズの阿部くらい打ってくれてればまだ議論の余地もあるのですが・・・
      OPS.600前半の糸原なら育成も兼ねて小幡をもう少し我慢して使った方が良いと思います

    • とらかっぱ
      Posted 2022年9月23日 at 21:10 | Permalink

      哲さま
      糸原の守備力ならば率で言うなら320は欲しい。数字では表れない貢献度とか事起こしできるとか言われても説得力に欠けます。セカンドで言えば山田、牧、そして阿部と打力で貢献できる選手が同じリーグに居るだけになおさらそう思います。そして彼らは守備での貢献度も上を行ってます。今年の失速した要因にセカンド糸原固定はかなり大きく占めると思います。

  2. こうさん
    Posted 2022年9月23日 at 10:25 | Permalink

    昨日、トラオさんの文春野球コラムの対戦相手を知って驚き。古くからスロットを打っている人なら知らない人はいないカリスマライター・ガル氏。尊敬するタイガースファンのアニ氏とのコンビ「マッパチ」で業界を盛り上げてくれた。

    生粋のカープファンであるが野球を愛していることが文字から伝わる人。トラオさんの存在を知る前なら間違いなくガル氏にヒットボタンをプチだが(野球ファンとして)、今はそれはない。名勝負になりそうな予感がして仕方ない。

    時間がある方はガル氏が初期に書いた文春野球コラムも読んでほしい。野球に、カープに、どれだけ金本さんの打席に、一球に真剣なのかが伝わると思うので。

    そんなガル氏と、矢野さんに対する想いで勝負するトラオさん。もう今日は俺の中で勝ち負けを超越する戦い。

    感涙必至。

  3. イアン
    Posted 2022年9月23日 at 12:35 | Permalink

    トラオさん、文春の記事ヤホーに出とりますね!
    100万人単位の人が読むんですよね!!
    なん100万人の者共よ、見たかトラオ節!!!って感じですわ、なんか誇らしい気分ですわ。

  4. Posted 2022年9月23日 at 13:27 | Permalink

    文春コラム、素晴らしい内容でした
    もう私の言いたいことは全て入っていた感じです

    矢野政権は金本政権の育成路線、バントしない戦術を引き継いでくれたのは素晴らしかったと思います
    盗塁数を高い盗塁成功率で増やしたのも素晴らしかった

    一方で投手運用に関してはややグレードダウンした感がありました。金本政権は投手の登板表とにらめっこしながらブルペンの負担を軽減することに努めていると言っていましたが、そこまでの細やかな気配りはできていなかったかなと
    攻撃面ではセンター方向に強い打球を打てるようになることと奪四球力の向上は果たせぬまま。金本政権が目指したけど頓挫したので最初から諦めていたのかもしれませんが・・・
    守備はまずはセカンド(というか糸原)をどうするか、からですね・・・

    一番残念だったのは期待していた面白い采配がほとんど無かったことですね・・・真面目さのせいか、古いのも新しいのも情と勝負のバランスも全て「(自分なりの)こうあるべき」に終始した感があります。のむさんや仙一の面白いところを継いで欲しかったですがどちらかと言うとむしろイマイチなところを継いでしまったとすら・・・

  5. setta
    Posted 2022年9月23日 at 13:42 | Permalink

    torao様の文春コラム読ませて頂きました。
    イアン様の言われる通り、Yahoo!で野球の一番上に出ました(私の検索傾向から?)。
    たくさんの方に素晴らしいコラム読んで欲しいですね!
    チームは4試合を残すのみ。誰もが後悔の無い4試合を全力プレーで戦ってもらいたい。

  6. タクロー
    Posted 2022年9月23日 at 14:27 | Permalink

    矢野野球に未練なし

     もうすぐ幕を下ろしますね今季のペナントレース。早いですねぇ。昨季は東京五輪で長ーい夏休みがあったので、10月の終わりまで熱い戦いが続いたし、一昨年は、新型コロナのせいで開幕が6月19日だったので、これまた、11月上旬まで楽しめた。2019年の最終戦が9月30日だから、ほぼコロナ前の3年前の普通の形に戻っただけなのに。秋風が身に沁みます。
     金本前監督の思わぬ退任から始まったこの4年間、コロナで苦労されたし、矢野カラーのアピールに懸命になりすぎて、空回りしたところが大いにあったけど、ほどよくできました。昨季はよく頑張ったし、ご苦労様でした。早く自由気ままになってくださいませ。
     残り4試合。最終戦は10月2日の甲子園。矢野監督が4年間の総括演説をするのでしょう。個人的には、もう聞かなくてええけど、やっぱり足が向いてしまいそう。明日がチケットの発売日だし。去り行く人のお言葉は短めにして、この機会にオーナーが登場して新監督を発表!してくれないかな。まさか、「急募!猛虎復活の闘志あふれるリーダー」ということはないでしょうし、それとも、まだ球団あげて、三択?五択?クイズに取組中でしょうか?
     とりあえず、ゲームは続きます。まずは、注目の「文春コラム」。接戦でリード中ですね(14時現在)。いいぞ!このまま差を広げましょう。そして、ナイターのズムスタ。赤だ、赤だというけれど、白地のHの地味な球団旗の相手をやり込めましょう!!

  7. 夢 さんのアバター 寿
    Posted 2022年9月23日 at 14:38 | Permalink

    トラオ様のコラム、さすがですね。
    コラム最終章に「阪神監督の地獄を4年間勤め上げた矢野監督に感謝」

    う~~ん 本当にそうだったかもしれませんね。
    「意地に欠ける」あそこで投手交代を・・・あそこでバントを・・・ってもう言いません。
    残り4試合ですから、頑張って全うしてください。

    皆さん教えてください。
    直接対戦の広島に勝ち、中日に巨人が負けると3位に返り咲きですか?
    もう選手たちを休ませてあげたいと思いつつ,CSも観てみたいって思っています。

    本日マツダスタジアムは試合ができそうです。
    頑張れファイト~~!!~~古いですねWw

  8. 虎轍
    Posted 2022年9月23日 at 15:05 | Permalink

    もう矢野無能采配には飽きましたが、野球観戦モラルの低いファンのチームには勝って欲しいし、Gより順位は上で終わりたいですね。
    ただ、それだけです。
    今から文春野球を読みます!
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">