GG賞ほか

契約更改の季節、はじめはなんとなく十把一からげに「二軍の若手たち、だいたい全員現状まま」みたいなのでスタートする。そこにおったらあかんのよ。

三井ゴールデン・グラブ賞が発表され、阪神からは近本が選ばれた。おめでとう!
最近ますます「なんとなく守備がいいっぽい人大賞」になっている風があるのは、他の記者投票による賞と同じく、投票する人たちに見る目があるのかどうかの問題かもしれない。取材記者をディスるつもりはないが、各紙横並びの記事ばかりのスポーツ紙記事を見ているとそんな風にも思えてくる。だから、さまざまな知見に立脚する専門家が審査員となり、議論して決めるタイプの賞がもっとあってもいいような気がする。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

5 コメント

  1. とらかっぱ
    Posted 2022年11月15日 at 08:23 | Permalink

    入団間もない選手や一軍に上がれなかった選手の契約更改は「ほら、来年はコレだからね。ココにハンコ押して。はい、早く!」的な流れ作業みたいなイメージです。実績を残して出来るだけ後の方の順番になるように頑張って欲しいものであります。

    GGは現在の記者投票で決まるうちはお飾りの称号と個人的に思っています。別にセイバーでないととかデータを基にとかは思ってませんが、投票権のある記者の人選に問題があると思います。どこかのチームに肩入れしているとかビジネス上忖度がいる職務の人が選んでるうちは・・・とはいえ近本が2年連続受賞は嬉しかったりもします(笑)

  2. 虎ジジィ
    Posted 2022年11月15日 at 08:50 | Permalink

    契約更新、二軍で大活 躍した岡留・村上投手など現状維持、二軍でそこそこ撃った井上・前川がやはり現状維持。
    toraoさんも仰るように「そこへおってはアカン」選手達だと思います。
    来季は湯浅のように数百%アップを目指せ!

    赤星以来の外野手2年連続ゴールデングラブ賞の近本選手、おめでとうございます。
    決して肩は強くはないけれど、打球に対する1歩目の反応や、肩をカバーするチャージしながらの捕球は素晴らしく、イメージだけの受賞ではないと思いますよ。
    岡田監督は「左投げの外野手は肩が弱い、新庄や北村は、、、」と比較していますが、新庄・北村の肩はオバケ級だったので比べてはいけない。北村などは肩が強過ぎて送球が捕手の遥か上を越えてしまう事もありましたから、近本のように中継にコントロール良く投げられる事も大切だと思います。来季も是非受賞して欲しい。

    そして来季は とにかく二遊間からゴールデングラブ賞を受賞できる選手をタイガースから輩出する事が何より大事。アライバ級とまで行かなくても鳥谷〜平野級の二遊間を形成出来れば自ずと「アレ」に近づくでしょう。
    セカンド中野には期待大、ショートは誰が入るかな?!

  3. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2022年11月15日 at 09:40 | Permalink

    昨日更改になった選手の殆どは、今年一軍に上がれなかったり結果を残せ
    なかった選手。
    その選手に対して、減額や現状維持が多かったのは「一軍で結果残して
    ナンボ」の姿勢を示しており、それは正しい事だと思う。
    更改を済ませた選手たちもその事を口にしており、おそらく更改の場で
    球団側からそういう説明があったことを伺わせる。
    給料を上げるヒントは球団から提示された。
    後はそれを実行に移すだけ。
    来年は、球団に嬉しい悲鳴を上げさせて欲しい。
    GG賞。
    正式には三井ゴールデン・グラブ賞と言うらしい。
    投票する記者の主観に依る所の大きい賞ですから、指標や数値として表した
    守備能力とは異なる結果が出る事の多い賞です。
    中には、「んなアホな」と言う選手に1票を入れる記者も毎年少なからず居ます。
    あれは「俺あいつに入れたんやでぇ」と、酒場でのネタにする為に投票したのでは
    ないかと疑ってしまう。
    守備面でかなり上手い伊藤将に票が入ってないと思ったんですが、規定投球回
    を放るか、試合数の1/3の出場がないと資格がないらしく、今回は対象外に。
    まぁどうしても、優勝チームや名手と名高いベテランに票が集まる傾向に
    なるのは、人間の主観で決めることゆえ仕方のない事。
    今年の大山や佐藤輝のように、試合ごとや試合中でも守備位置をコロコロ
    変わる選手は、票が入りにくいでしょうね。
    来年佐藤はサードに本格的に取り組むなら、G岡本やYs村上、Yb宮崎と言った
    有名どころと競わなくてはなりません。
    一塁大山と共に、アレして文句なしのアレ(受賞)を目指して欲しいですね。

  4. 虎轍
    Posted 2022年11月15日 at 12:04 | Permalink

    契約更改も12月に入ってからや、12月中旬くらいにされるようになれば、プロ野球選手として認めて貰えたと思ってもええかも知れませんね。
    GGは記者投票なんで在京球団に肩入れしてる記者が多いでしょうね。
    新人賞も在京球団から選ばれそうなんが嫌なんですがね。
    あの守備は巧かったと思う選手が投票する選手間投票にすればええのにね。
    疫病退散!
    頑張ろう日本!

  5. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2022年11月15日 at 12:35 | Permalink

    GG賞と聞くとどうしてもGG佐藤を連想してしまう。
    ゴールデングラブ賞と北京五輪での、あの「世紀の落球」とのコントラストが強烈だからでしょうか。
    当時は大量のバッシングを受けて、奥さんに「死にたい」と漏らしたという逸話もありました。
    「悪名は無名に勝る」ではないですが、後にノムさんが「あの北京のメンバーで、いまだに名前を覚えられているのは星野とお前だけだ。エラーはしたが、名を残したお前の勝ちだ」と語ったとか。
    今ではあの経験があったから、失敗した人の気持ちが理解できるようになったとプラスに捉えて、自分だからこそ語れる話を伝えていこうと活動されているようです。
    ルサンチマンからの逆転の発想ですね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">