森田5安打大前進

オランダが勝ち抜け、韓国が敗退。一発勝負の野球は怖い。日本も今日のキューバ戦のように「勝たなくてもいい試合」はあっても、「楽に勝てる試合」はないと思うべき。

中国がブラジルに勝利。もし中国プロ野球がものすごく人気になって、観客が大勢入って興業が成長するようなら面白いなあ。実力は着実にアップしている。

鳴門での対ドラゴンズオープン戦はまたもや打棒爆発で大差勝ち。試合やるたびにこのパターンのような気がする。そしてだんだん「今打っても(勝っても)意味ない」という気持ちがむくむく。特に評価を固めたコンラッドについては、どうか謙虚な気持ちのままでいて欲しい、できればしっかり打てない日、打てない投手というのを経験して欲しいと思う。

その一方、「ダメなら二軍」という競争に晒されているボーダー上の選手たちについては、「意味ない」なんてことはない。そしてそんな選手たちの働きによる大量点なのだから、これはこれでしょうがないのだ。手加減できるような立場の選手じゃないから。

森田は右左センターに打ち分けて、しかもすべて自分の形で振り切っての5安打4打点。これはデカい。もちろん相手は一線級とは言えないが、そうだとしても内容がいい。ボールの軌道をきっちりと予測し、それを自分のヒッティングポイントまで正確に呼び込んで捉える。その距離感、間合いがピッタリ合っているから、打球は内なら右へ、外なら左へ、投球コースのまま素直に鋭く弾き返される。これで「打つだけ要員」の実力上位(人気中位)に一気に食い込めた。まだ上に行けるぞ。

小宮山が打撃で目立っている。この冬相当やってきたという自信に満ちあふれたスイング。そらもう去年のアレで消えてなるものかという強い気持ちを感じるよ。それでいいんだよ。失敗したヤツだけが、それを意地になって挽回するチャンスを持っているんだから。

柴田とか大和とか良太とか、みんな必死でよく振っている。若い野手たちの活況は相変わらずいいね。

投げる方は鶴4回、藤原1回をはさんで岩本4回。先発候補の鶴、岩本はともに「悪い方の持ち味」が消えないまま。だけどそれもひっくるめた安定感は出てきている。二人とも時々投げる「すごくいい球」がある。あとはいかに勝負所でその球を決められるか、そこだけだ。それは長い回を投げながら、どこをどう手抜きして、すごくいい球を出やすくするか、よりすごく見せるか。コツを掴むという問題でもある。

鶴は意識の低い球が多く混じりすぎる。岩本は意識が高すぎて死んでしまう球が混じりすぎる。二人合わせて「いいとこ取り」できればいい投手になるんだけどなぁ。

さて甲子園に戻って春爛漫の5連戦。中堅、ベテランもまったくうかうかできないという状況は見ていて楽しい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

8 コメント

  1. 大虎真弓
    Posted 2013年3月6日 at 10:36 | Permalink

     一人だけ蚊帳の外だった西田くん。悔しくて眠れなかっただろう!
     入団した時に乙女ちゃんと言うニックネームを貰うくらい男っぽさのない
     好青年だったが、昨日見たときにはバットを2年間必死に振ってきたのだろう?
     逞しくなっていた。
      結果は5打数ノーヒットだったが、森田だってそんな思いをしてきたことで
     ようやく花開こうとしているのだから気持ちを切り替えて今日からまた頑張って欲しい
     一軍に上がれずにもがいている仲間たちの分も背負っているのだから!

  2. 西田辺 さんのアバター 西田辺
    Posted 2013年3月6日 at 12:14 | Permalink

    台湾の熱気凄かったですね。
    ホームタウンアドバンテージか、声援を背に受けてのプレーは溌溂と、そして力強く見えた。
    韓国の1次リーグ敗退は、「まさか」でしたけど、今強豪と言われるチームもいずれ力を付けた国に
    敗れる日が来るのは世の常。
    決して日本だって例外じゃない。
    そしてそれはそんなに遠い未来ではないはず。
    浮かれるのはマスコミだけでいい。
    本当に強い代表を作りたければ、見直す事は多いと思う。

    阪神の試合は荒っぽい試合になりましたねぇ。
    中日の先発岩田も酷かったけど、鶴や岩本と言った先発枠を争う若手投手もピリッとせず。
    中西コーチは追試を明言したようですが、次こそは一発快投を。
    「猛虎打線爆発や!」「行けるで!○○」と浮かれるのはマスコミだけでいい。
    こんな試合の中で、選手の本質をシッカリと首脳陣は見極めて欲しいです。

  3. TJ風船
    Posted 2013年3月6日 at 12:29 | Permalink

    全く昨日は森田一成アワーでしたね。右方向に引っ張れなんてキャンプ前に聞かれましたが、もう器用なところを磨きあげ右に左に強打してもらいましょう! 課題は守備のフットワークですよ。

    地味に清水君がアピールしてますね。リードはそこそこ、日高、小宮山もうかうかしてられません。

    猛プッシュしたい岩本輝ですが、下半身の粘りと言うかバネが感じられずランナーを置いてから単調に感じました。思えば高卒ドラ4で3年目、応援する側が焦っちゃいけませんね(汗) まだまだ発展途上、ピッチング研究の余地ありです。頑張れアキラ!

  4. さら
    Posted 2013年3月6日 at 12:47 | Permalink

    韓国の初戦は日本のように、格下相手だと油断したんでしょうか。安心したような残念なような。
    日本にはもうひとつ何か足りない気がするんだけど。
    阪神は強いのか弱いのか。勝てばいいってものでもないけど、森田、楽しみですね。将来生え抜きの4番…とはならないものか。

  5. 徳虎
    Posted 2013年3月6日 at 13:28 | Permalink

    こんにちは
    もともとバットコントロールには定評のあった森田。
    結果を求めて当てに行き過ぎ傾向が強すぎましたが、今は振り切った当たりが鋭く左に飛んでいる。
    今後が大きく期待できる。
    一方コンラット。
    彼の猛打に かつてオープン戦で打ちまくったものの、その間キッチリ研究され 5月にはスタメンから姿が消えた 、グレンデービスと スコットクールボーを思い出してしまう、もう古株の虎キチがここにいます(笑)

  6. Posted 2013年3月6日 at 14:58 | Permalink

    8連打とか、もう公式戦まで取っておいて欲しいですわー!

    森田と小宮山は、好調を維持していけば開幕スタメンも十分に狙えると思います。強い気持ちで狙って行って欲しいです。

    コンラッドの評価は、いわゆる一線級と当たってからにしましょう。私もグレンがオープン戦でHRたくさん打ったのをよく覚えていますし、逆にオープン戦からっきしだったフィルダーが公式戦ではよく打ったのも覚えています! まだまだ‥‥

  7. わかめ
    Posted 2013年3月6日 at 15:41 | Permalink

    はじめまして
    大学受験も終わったのでこれから時々コメントしていこうと思います


    岩本はキャンプからの疲れが抜けていないのでしょうか?
    期待している選手の1人なので、次の登板ではしっかり抑えて欲しいです

  8. なかっち
    Posted 2013年3月6日 at 20:23 | Permalink

    侍ジャパン今日もパッとしませんね。韓国やないけど、今のままなら2次予選敗退もあるかもですね。

    タイガースほんま打ちすぎ(笑)贅沢な悩みです。西田はいい経験をしてるんやないですか?今年の強化選手の1人シーズン中の一軍はないと思いますが、来年、再来年に向けて頑張って欲しいです。

    今日からの甲子園5連戦。初戦の今日はメッセンジャー、福原、加藤ら実績組がさすがのピッチングでした。西岡、マートンもさすが。3年前のセ・パの最多安打コンビが打ちまくると、優勝ありますよ(笑)

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">