5点差大逆転で連勝!甲子園7連勝!

二軍では打撃好調の荒木が目立っているようだ。俊足で内野ならどこでも守れるユーティリティ。上げてもいいよね。

首位の広島を破って5連勝の阪神ファーム 今度は荒木がプロ1号!(小虎日記)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

序盤で0-5のビハインド。しかし中盤から追い上げ、追いつき、勝ち越せば、好調リリーフ陣は中盤以後ピシャリとスワローズ打線を抑え込んで連勝。金田、梅野のバッテリーチェンジが流れを変え、絶好調のゴメス、上本が決めた。これで甲子園7連勝、再びジャイアンツを勝率で上回り2位に浮上。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対ヤクルト 5回戦 甲子園

ヤ | 3 0 2 0 0 0 0 0 0 | 5
神 | 0 0 3 0 2 2 0 0 x | 7

勝:加藤2勝0敗0S
S:呉昇桓1勝0敗4S
敗:石川0勝2敗0S
HR:ゴメス ツーラン2号
ヤクルト:石川 – 真田 – ロマン – 秋吉
阪神:榎田 – 金田 – 加藤 – 安藤 – 福原 – 呉昇桓
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

先発榎田は打ち取った打球がことごとく野手のいないところに飛ぶアンラッキーもあったが、前回ジャイアンツ戦で見せた低めに集める投球が出来ず、3回途中、5失点でKO。もともと微妙なコントロールで勝負するタイプではないが、高さが良くなればもっと勝てるはずなので、次のチャンスに向けて調整だ。

次の回の打順の絡みで先発マスクの鶴岡もろとも、金田・梅野にバッテリーチェンジ、これが上手くはまった。荒れ球が持ち味の金田はスワローズ打線にいいと思う。伝統的に狙い球、特に外角球狙いで「踏み込み打ち」してくるスワローズ打線に対して、クロスステップで向かってくるようなフォームで、しかも球はあっちゃいったりこっちゃいったり、かと思えばど真ん中にも来る金田のようなタイプは脅しかがきく。なんとも鷹揚な梅野のリードも金田に合っている。

ピンチを切り抜け、3回ウラ一死で打席に入った梅野。あと少しでバックスクリーンに飛び込もうかというライナー性のフェンスダイレクト二塁打が反撃の口火だった。あの振りは、チームに勇気と元気をもたらす。今、タイガースにそういうスイングができる日本人選手が他にいるかい?

上本三振で二死二塁となったが、大和が一塁線を破る技あり二塁打で1点を返し、続く鳥谷左中間突破二塁打で2点目、さらにゴメスも中前に運んで3点を返し、もう一気にタイガースペースになった。

5回は鳥谷が2ストライクから粘って見切って四球をもぎ取り、続くゴメスがドカンと一発左中間へ特大の第2号、甲子園1号は価値ある同点ホームラン。直前にすこしタイミング早すぎの大ファールを打って、直後に打ち直した。ついこないだまでの「無敵マートン」が一つずれて「無敵ゴメス」になっている感じ。実際のところ、相手投手がすーっと引き込まれてしまうような動きでタイミングを取り、コースに逆らわず弾き返す様は、まさに「第2マートン」。素直な一番弟子は師匠の良いところをどんどん吸収し、追い越していきそうな気配まである。

6回は解説金本氏ご立腹の先頭打者代打関本の四球から好機を拡大させて、上本の初球アタック、中前タイムリーでついに逆転、鳥谷の距離十分の犠飛でさらに追加点、7-5とし、これが最終スコアになった。

6回以後は加藤、安藤、福原、呉昇桓が、いずれも走者を出しながら、打者を選びつつ賢く毎回ゼロを入れる。ムードがタイガースに来ていたので、いずれも楽に投げていたように見えた。

梅野は打席が3度回り、敬遠四球を含む1打数1安打2四球で2得点。出しておけば成長してくれそうなところを見せられた。

マートンと良太が「打率調整中」的な「ノー感じ」だったのが気がかりながら、全員でカバーする野球ができているのはとてもいい。見ていて楽しい。今日の先発は岩田。期するものがあるだろう。思う存分出し切って欲しい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

14 コメント

  1. Posted 2014年4月20日 at 09:10 | Permalink

    5点差からの逆転勝利は快感ですね!

    先日toraoさんが指摘した「不活性」を梅野・金田が入る事で完全に払拭しチームが活性化、ゲームの流れを此方に向かせてくれました。

    榎田は不運な当たりも多く、少し気の毒な失点でしたが、代わった金田(和田監督は敗戦処理で出した!?)がしっかり大隅半島の先輩を救う救援をしてくれ、勝ちパターンのKAFOに繋いでくれました。

    この連勝は「守りのタイガース」らしいゲーム。特に昨日は05年の「ビハインドからでもSHEが繋ぎJFKで抑えて勝つ」ゲームを思い出しました。
    オープン戦はドン底でワクワク感ゼロでしたが、今季のゲームは面白い!
    金本・藤本の解説も私は好きです。

  2. 阿太郎
    Posted 2014年4月20日 at 09:17 | Permalink

    オレがヤクルトファンならショックで2日間は寝込みます。

  3. サヨナラ3ラン
    Posted 2014年4月20日 at 09:28 | Permalink

    ナイスゲーム。
    たくさんヒーローがいるゲームだったけどゴメスのホームランを
    呼んだ鳥谷のフォアボールが大きかったと見ている。
    個人的に鳥谷には、もっと仕留めに行くバッティングをして
    ほしいと思っているけど。
    梅野起用に関しては、打順の絡みもあって鶴岡からスパッと代えた訳だが
    状況から見ても結果的にも判断は良かったと思う。
    福原vsバレンティンは見ていて面白かった。実は夜中に録画観戦だったので
    (勝ったという)結果だけは知っていたのだが、それでも見応えあったな。
    昨日は録画していたウェスタンのSB戦(いつのゲームか知らんが)も見たが
    うーん、全体的にはイマイチだなぁ・・・と言った感想。
    隼太がセンターオーバーのホームランを打ったけど、打てる球が少ないな。
    落ちる球の見極めは相変わらず悪く、下半身を崩されるシーンが多い。
    彼は真面目すぎるんじゃないかな。何となく型に拘りすぎてる気がしてならない。
    バッターボックスでの構えなんか見てると、典型的なスラッガータイプで
    カッコ良いんだけどな。
    まだ上で活躍するイメージが俺には沸いてこない。

  4. 虎一筋50
    Posted 2014年4月20日 at 09:34 | Permalink

    若手の目がギラギラした選手(梅野など)が出場すると他の選手まで意気盛んになるというかチームが活気に満ちていかにも好いムードで戦ったいるような!福留が影の戦力としてチームに好い影響をもたらしてると言う意見も多数ありましたがやはり目の前の敵を倒す闘争心溢れた戦力を先発起用すべきです!今のタイガースに必要なのは過去の実績ではなく強い闘争心です

  5. TJ風船
    Posted 2014年4月20日 at 09:35 | Permalink

    今年は聖地で強い! 器に合った野球をしているからでしょうかね。

    仰る通りにバッテリーチェンジがアヤでしょうか。金田は勝ち星付けてあげたいくらいのリリーフぶりでした。

    また梅野の勇気湧く一撃を点にしてくれた大和「おっと!フェアや走らな!」タイムリーが個人的にはたまらなかったです。

    ゴメスさん、初お立ち台オオキニー! 興奮してましたね。

    金本アニキご立腹(笑)ごもっとも…

  6. なかっち
    Posted 2014年4月20日 at 09:44 | Permalink

    榎田は審判に泣かされた感がありますね!低めに制球してもことごとくボールの判定。金本さんも
    『今日の審判は厳しいですね』
    と言うてたくらいですから!
    榎田はもう一度チャンスあげてほしい!
    梅野は新人にして甲子園の雰囲気を一変させる何かを持ってますね!歓声がすごい(笑)使ってほしいなぁ!観客増えるんちゃいます?(笑)

    昨日の試合は5点差をひっくり返したのもありましたが、見所満載でしたね!

    梅野の2ベースからの反撃!

    ゴメスの豪快な一発!

    福原vsバレンティン!

    楽しかった(笑)まあタイガースが勝ったからやけど(笑)



    さあ今日は岩田!彼には正直何も期待してません!
    今日の見所は岩田が初回で失点したのをどうやって打線が取り返すのか?
    岩田をどこで諦めるのか?
    岩田交代時藤井も変えて梅野を出す勇気が和田監督にあるのか?


    これに尽きると思います。

    もちろん岩田が好投するに越したことありませんが、想像も出来ないもので(笑)
    岩田が自身で貯金を作り、二桁勝てばこの場を借りてお詫びさせて頂きます。

    1度や2度好投したからといって、彼への不信感は拭えませんから(笑)

  7. りょう
    Posted 2014年4月20日 at 10:44 | Permalink

    甲子園で観戦でした。
    金田を引っ張って立て直したのは監督のファインプレー。前監督以来、先発KOの二番手が打席に入るの初めて見ました。




    一方で、6回先頭の代打関本は全く理解できません。先頭かリード場面で滅法強い新井でしょ。先週のG三戦目の代打新井も一気にテンション下がりました(笑)

    一昨日西岡が甲子園に来たみたいですね。課題の夏以降のタイミングに元気な西岡が戻ってきてくれれば…期待が膨らみます!

  8. りょう
    Posted 2014年4月20日 at 10:44 | Permalink

    甲子園で観戦でした。
    金田を引っ張って立て直したのは監督のファインプレー。前監督以来、先発KOの二番手が打席に入るの初めて見ました。


    一方で、6回先頭の代打関本は全く理解できません。先頭かリード場面で滅法強い新井でしょ。先週のG三戦目の代打新井も一気にテンション下がりました(笑)

    一昨日西岡が甲子園に来たみたいですね。課題の夏以降のタイミングに元気な西岡が戻ってきてくれれば…期待が膨らみます!

  9. 熊虎
    Posted 2014年4月20日 at 10:51 | Permalink

    昨日は例によって仕事中に途中経過をチラ見して、帰宅後7回以降のおっさんリリーフ陣、無難な好投をテレビ観戦。「(完全に見逃したけど)おお~っ!5点差ひっくり返してるやん!」ってなもんです。
    実際見たのは1イニングだけでしたが、梅野はもっとキャッチングやリードが下手なのかと思いきや打撃のみならず守備も案外合格点レベルだったと思います。確かに一軍に身を置いて修行するのには適材との評は頷けます。

    ちょっと心配なのはマートンかな。足元がぐらついて上半身の追っかけ気味のスイングの軸と土台の下半身が連動してない感じ。この人は目とバットコントロールが抜群だから多少不細工なフォームでもヒット量産できるけど、目の良さも土台の安定あってこそですからね。

    さて、今日は岩田。開幕当初の投壊は無論、岩崎・榎田の好不調も併せて先発投手の弱いところを埋めるピースはペナントを戦う上での最重要ポイントです。エース級ではない岩田はどうしてもオープン戦などの実戦登板不足で春先はポカが多いイメージですが、今シーズンは先に2軍調整を言い渡した首脳陣は好判断だったと思います。
    ココでの評価は存外低いですが、岩田が負け越したり無援護の代表格の様に言われるのは、少々点を取られるのは想定内だけどそれなりに試合を作れる投手であること(&去年まではひどい貧打だったこと)の現われだと思います。
    出来れば今日は単調になりがちな藤井のリードではなく、投手のスタイルを一から構築するような幅広いリードをする鶴岡に任せて欲しいのと、よしんばそうなったとして、四球でも崩れない岩田のメンタルを期待したいです。特にヤクルト打線は畠山やバレなど、ボールを振らせなきゃ抑えられないような言ってみりゃ逃げるが勝ちのバッターを以下に処理していくかがキモの打線ですからね。

  10. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2014年4月20日 at 11:02 | Permalink

    榎田は多数の不運もありましたが、畠山に打たれたポテンヒットは
    内角高目に要求されたのがド真ん中に行ったもの。
    巨人は広島の打線なら序盤で決められてたかもしれません。
    本人には不運で片付けて貰いたくない所です。

    試合の方ですが、その後の金田・梅野へのバッテリーチェンジ、
    非常に良かったと思います。こういった形で勝ちに繋げられるのが
    チーム力と言えるでしょう。長いペナントレースを考えると重要な
    要素です。

    あと兄貴フジモンの解説面白かったです。
    福留がスイングに入るときに左肩が下がるとか、梅野は軸で
    回転して打てるようになると面白いとか、バレンティンは
    意外とビビリとか、よく観察してるなあと感嘆しました。
    ガッツリコーチでやるとなると、色々と別の要素が関わってくるので
    アドバイザー的な立ち位置で選手達に助言とかをしてくれると
    いいのになーとなんとなく思いました。

  11. トラ好きおばちゃん
    Posted 2014年4月20日 at 11:28 | Permalink

    敬遠後の上本の女豹の様なあの目
    それが女性たちをキュンキュンさせるんでしょうね(笑)
    イヤ、自分は違うけど(^^;)

  12. ミツルハナガタ2000 さんのアバター ミツルハナガタ2000
    Posted 2014年4月20日 at 13:07 | Permalink

    5点差くらい、今の阪神やったらひっくり返せるわい!と強がっていました。
    ホンマにひっくり返してどうすんねん!
    ヤクルトが気の毒で気の毒で…。
    きょうも、気の毒がらせてね。

    勝利を呼ぶ梅野の輝き。
    今日はスタメン、あるのでしょうか?
    ないのでしょうねぇ…。

  13. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2014年4月20日 at 13:07 | Permalink

    若い選手の活躍やゴメスの日々成長していく姿を見るのは嬉しいですね。
    しかし、マートン「ゴメスよ、後はお前に任せる」と言わないで下さい。二人の相乗効果は大きいですから。

    同点のきっかけになった梅野の2塁打、その梅野敬遠後の上本の根性勝ち越しタイムリー、痺れます。

    夜のDG戦も面白かったです。

  14. 英くん
    Posted 2014年4月20日 at 18:38 | Permalink

    昨日の試合、5点差をひっくり返し勝利出来たのは交代で替わった若いバッテリーでしょう。
    金田は勝ち投手の権利こそ逃したが、ヤクルトの勢いを止めた好投は球団は、しっかりと評価してほしい。そして捕手の梅野は追加点をやらない、リードと逆転のきっかけとなる二塁打を打ち好守で大活躍と若い、2人の活躍に顔がほころんでしまいました。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">