セ好調、ベイ好調で交流戦は前半ラストへ

交流戦は「劇中劇」のような24試合の中期戦。現在、各チームとも10試合を消化したところで、ジャイアンツが貯金4(7勝3敗)でトップ、ドラゴンズが貯金3で続き、ベイスターズとマリーンズは貯金2で追う。で、残り8チームは5割から借金2までの間にごちゃごちゃとひしめく混戦模様。

前評判上々だったベイスターズが交流戦から上昇気配だ。尚成、久保、モスコーソ(現在は外国人枠の関係で抹消)らが名を連ねる先発ローテは相変わらずパッとしないが、柱として活躍している井納とクローザーで安定感のある三上がチームを引き締めた。



「エース誕生」によりチームが落ち着き、大原、ソーサと繋ぐ勝利パターンも固まり、加賀、長田という中継ぎも機能している。加えて山口を一度抹消して先発に転向させ、見事今季初勝利。思い切った起用方法に選手が応える好循環が生まれている。ボロボロだった投手陣がある程度整備され、今季序盤は不振だった攻撃の方も本領を発揮しだした。勝負強い筒香が中心に座り、小技とパンチのある選手と両外国人(ブランコ、バルディリス)が挟まってくる打線はなかなかイヤらしい。そこへさらに新外国人、これがどう作用するかだね。

スワローズは引き続き投手陣の故障続出に苦しんでいるが、打線の強さは相変わらず凄まじい。

現在、総星勘定ではセがややリードしている。今年は最終的にセの圧勝になったらいいな。たまにはそんな年があってもいい。セの各チームが交流戦の優勝を争い、その後のペナントレースも大混戦。例年のパのような現象が、今季のセに起きて欲しい。その予感は十分にある。

その時、タイガースは置き去りにされるって?いや、いやいや。課題と問題はたくさんあるが、「遅々として進まない」と思われていた新陳代謝は、じわじわと確実に進行している。それはまるで自然の摂理。この流れは次に投手陣に顕著になってくる。今までとはひと味違うシーズン中盤→終盤が見られるような気がする。とりあえず岩本抹消で、福原合流。張り切っていこう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

13 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2014年6月3日 at 09:23 | Permalink

    どのチームにだって、やがて「新陳代謝」「改革」の時期がやって来る。
    ここ数年のタイガースは、そこが進みそうでその実牛歩以下の歩みしか出来なかった。
    敢えて、その原因は探らないが、今期と言うか今、最大のチャンスを迎えようとしてます。
    該当する選手には悪いが、西岡の負傷によって上本が。
    藤井・鶴岡の故障により、清水・梅野が。
    福留の不調(と言う事にしておこうw)で俊介・緒方にチャンスが来て、その中で結果を残そうとしている。
    所謂「怪我の功名」だけど、掛布氏の例を出すまでもなく、得てしてこんなものかも知れません。
    ただ、先に挙げたレギュラー陣が復帰してきた時に、時計を進めるのか
    針を戻すのかは、首脳陣の心一つ。
    どうなりますやら…
    それ以上に残念なのが投手陣。
    スタンリッジ・久保の抜けた分を奪い取れる若手投手が出てきません。
    岩田が試合を作り、何とか格好はついているが、ドラ6ルーキーに出番を
    奪われている連中が情けない。
    中継ぎ陣も、起用法に疑問はあるものの、結果を残せてない内は言い訳にもなりません。
    ホントは、シーズン当初から投手陣の方にチャンスは転がってて、ハードルは低かったはず。
    我こそは!と言う姿勢と結果を見せないとね。
    20代が出てこないと、久保田辺りにサッと攫っていかれますよ(まぁ、それでも良いんですが)。

    • いわほー さんのアバター いわほー
      Posted 2014年6月3日 at 13:03 | Permalink

      いよいよ新陳代謝その時をむかえましたな。
      監督コーチ陣の(笑)

  2. ガク
    Posted 2014年6月3日 at 11:17 | Permalink

    横浜は抑えが固定されて山口がローテに入ればチームに活気があるし今後脅威になりますね。
    まだ2軍には三浦や三嶋も調整中でそろそろ上がってくるだろうし。
    去年でさえ横浜戦に苦しんだ阪神は気を引き締めていかなくては。
    でもいまは交流戦を全力で戦い、何とか残り最低でも8勝6敗で乗り切ってほしいです。
    そのためにも活きのいい若手投手、出てこいや!

  3. 虎三郎
    Posted 2014年6月3日 at 11:54 | Permalink

    得点5-0、阪神リード。ノーアウトランナー2塁。
    バッターは大和。

    ベンチのサインは進塁打。

    大和は『初球インコース直球』を強引に流し打ち。

    ボテボテのファーストゴロでセカンドランナーは
    無事進塁!!

    大和はベンチでハイタッチ!!

    ここで金本知憲が大和に『喝!!』
    何が喝!か分かるでしょうか?

    「ボテボテのゴロだったら、バントでいいでしょ。
    この局面、ベンチが一番ほしいのはヒットなんですよ。
    だからセカンドに“強いゴロ”を打たないと。
    結果、セカンドゴロだったら全然良いんです。
    サインの意図をしっかり考えて欲しいですね」

    後ろから藤本敦志が、

    「僕も現役時代ボテボテの進塁打打って
    ご機嫌にベンチでハイタッチしてたら
    アホかお前は!!なんじゃあのバッティング!!

    って本気で怒られましたよ~と告白。

    インコース(ピッチャーは逆方向に打たせたくない場面)
    を逆方向に強い球を打つ、言うのは簡単。
    しかし並クラスの選手には出来ない高等技術。

    阪神で言うと、マートンでしょうか。
    インサイドを引っ張るようにインからバットを出して
    逆方向に打つ。あれは神業、いやシルク・ド・ソレイユです。

    技術があるのに漠然としているのか、単に技術がないのか分かりませんが
    まあ大和クラスがこれなんで、和田監督も『工夫がない』って
    言いたくなるんでしょう。

    こういう細かい技術に目を凝らして見ると、野球がもっと面白く
    なりそうです。

  4. なかっち
    Posted 2014年6月3日 at 11:58 | Permalink

    横浜は確実に新陳代謝が上がってきてますね!野手では去年の梶谷と荒波、今年の筒合とバルディリス。投手ではストッパーに三上を抜擢したのが大正解!先発も井納や加賀見らも着実に伸びてきてます。補強はしましたが、競争をさせた上で生え抜きの若手にチャンスを与えてるのが素晴らしい。生え抜きベテラン勢もうまいこと使ってる印象です。

    タイガースも今年は怪我の功名やけど、西岡に変わり上本が、福留に変わり緒方と俊介が、新井に変わりゴメスが、藤井に変わり清水と梅野が入り、少しづつ新陳代謝が上がってきてます。

    投手は久々に岩田が出てきましたがまだまだ駒不足。

    若手投手にはチャンスが転がってるんですが、必死に取りに行こうという姿勢が見えないですよね!
    何とか交流戦明けまでに2人は出てきてほしい!


    交流戦も10試合が終わり4勝6敗。甲子園で負け越したのは気に入りませんが、まずまずやと思います。後半は地元での試合が多いので、しっかり勝ち星を増やしてほしい。

    頑張れタイガース!

  5. こうさん
    Posted 2014年6月3日 at 12:42 | Permalink

    「新陳代謝は、次に投手陣に波及する」
     
    トラオさんの言葉通りになってほしいが、うーん…って感じだ
     
    時間が掛かる改革に球団や首脳陣が耐えられるのか
     
    じっくり育てるなら耐えるけど、前半戦の激しい入れ替えを見たら、後半戦も同じやり方なんだろうなぁ
     
    「活気がでる」入れ替えなら大歓迎だが
     
    「先発は8回まで」って流れになったら、秋の風景が見えない
     
    頼むよ中継ぎ陣
     
    「先発の○○が戦線離脱」ってなった時が怖い
     
    ダメだ…まとまらねー
     
    和田氏の公式を潰す投手の登場に期待
     
    星野さんがいない楽天
     
    ここは連勝するチャンス
     
    勢いつけて甲子園へ帰ろう
     
    則本に勝とう
     
    我慢だよメッセ
     
    頑張れタイガース!

  6. タイガー・アイ
    Posted 2014年6月3日 at 12:55 | Permalink

    ベテランから若手への新陳代謝は誠に結構なことです。しかし、今年の7月27日で30歳を迎える西岡選手をベテラン選手と見なすのには少々違和感を覚えます。彼はいまだに若手扱いされている新井良太選手よりも1歳若く、もうすぐ33歳となる鳥谷選手よりも3歳も若いのです。何歳からをベテランとするのは解釈が分かれ、判然としません。とはいえ、ひと昔前のスポーツ選手は30歳を超えれば、たいていベテランと言われていました。
    西岡選手の肩を持つような発言になってしまいましたが、選手会長である上本選手の活躍は嬉しい限り。このままセカンドのレギュラーに居残っていただきたいものです。そうなると、西岡選手の処遇をどうするのか。復帰後は代打および守備固め要員になるのか、サードのポジションをあたえるのか。そして来季はトレードに出してしまうのか。管理人様並びにこのサイトに集う見識のある皆様方はどのようにお考えでしょうか。

    • こうさん
      Posted 2014年6月3日 at 14:06 | Permalink

      俺は西岡をベテランとは思っていません
       
      西岡が戻ってきた時に和田氏がどんな対応をするか
       
      簡単にセカンドを渡すのか
       
      上本の控えにするのか
       
      名前や年俸で判断してしまうのか
       
      他のポジションを与えるのか
       
      和田氏の行動や考えで西岡の印象はベテランにも若手にもなると思います
       
      下でライトの練習とかしてくれてれば一番いいんですがね
       
      「FA選手がFA選手のポジションを奪う」新しい形
       
      …無いわな〜
       
      見識は、あいにく持ち合わせておらず、参考にならなくて、すんまへんw

  7. トラ11
    Posted 2014年6月3日 at 13:58 | Permalink

    パはホームでDH制が無くなりビハインドでの先発投手にいつ代打を送り継投に入るのかに違和感があるのでしょうか。
    セリーグ優位の意地も見せて欲しいですね…と言うものの交流戦は阪神以外のゲームはパばかり応援している嫌な自分があります(笑)。
    我が阪神タイガースも若い選手の溌剌なプレーも期待できるようになって来ました。
    ベテラン選手の入る余地のない活躍が見たいです。
    中盤、終盤にヘタることなく若い力で押して行けそうに思います。
    ただ投手陣に若い選手が無さそうで、やはり無いのが気がかりです。

    西岡の件ですが、上本をはずすのは反対です。かと言ってムードメーカーの西岡は必要です。全くのど素人の私の希望はサードしかありません。
    今成、良太ゴメン!
    しかし、調子の良い選手を見極めて使うのはベンチの力量です。

  8. hi64
    Posted 2014年6月3日 at 15:00 | Permalink

    近年にないペースで新陳代謝が起きているタイガース
    今シーズンは戦力不足が言われていましたからその良い副作用ということでしょうか
    セカンド上本は動かしようもないし,しばらくは緒方,梅野も主戦的使われ方をされそうです
    まことに喜ばしいことです
    あとは投手陣ということになりますが,私の計画では,
    夏以降は,松田,伊藤和,島本が一軍に上がり,KAFOと強力ブルペンを構成します
    あと一人ロングもできる要員として二神(白仁田,鶴)でブルペン8人
    (ただ今年のタイガースはブルペン7人で回しているんですが)
    先発要員として出てきてほしいのは秋山ですね
    未だにフォームがどうこう言ってるんですが,それ以前の問題としか思えないんですよね
    岩田は西田辺さんの檄で蘇りました(ってまだ判断早いかな)
    同じく西田辺さん期待の(私も期待してますが)秋山も秋には大きく羽ばたくものと信じてます
    あー,楽しみ

    • Posted 2014年6月3日 at 17:37 | Permalink

      こんにちは。
      秋山、私もブレークして欲しいです、岩田のように。
      いつも行儀よく正論を書き込む西田辺様は推測するに相当なキレモノ!
      しかし岩田の事になると何故かメチャクチャ厳しい事を何度もココへ書き込んでおられました。
      私は正直「そこまで言わんでも」とイラっとした事もありましたがおかげで!?岩田が復活しましたw。
      このさい西田辺様には、坂上忍のように毒舌化して頂き、秋山→岩本→歳内→二神→白仁田→小嶋〟〟〟〟〟毎日「毒・激」を吐いて欲しいです(笑)。

  9. ミツルハナガタ2000 さんのアバター ミツルハナガタ2000
    Posted 2014年6月3日 at 16:07 | Permalink

    「長い目」に「イイトコメガネ」を着用し、若手の活躍を期待して虎の戦いを見る。
    人はそれを「負け惜しみ応援」と呼ぶのでしょう…orz。
    それでも、勝ち負けにこだわって粗を探して応援するよりも、はるかに心穏やかに希望をもって、観戦することができます。
    FA補強というカンフル剤も必要ですが、新陳代謝による成長のほうが、先が楽しみです。

  10. TJ風船
    Posted 2014年6月3日 at 16:47 | Permalink

    隠しても現る才能…
    緒方、梅野と野手陣はポツポツ現れてますが、若虎投手陣よ目の色変えんかい!と言いたいところです。

    今年程のチャンスはないのですが…頑張れ!待ってるゾ!

    メッセ−梅野のバッテリー希望。

    則本に気合い負けだけはするな。

    頑張れタイガース!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">