仙台二夜目は恵まれて大勝

全世界の阪神ファンを気絶させた逆転サヨナラ負けから一夜明け、どうなることかと心配させた仙台二夜目。好機を逃した後の1回ウラ、先発藤浪は四球→投ゴロ悪送球の独り相撲コンボで先制を許し、悪夢が続くのかと思いきや、直後にサードスタメンの新井が突破口となり、俊介「タイムリー」バスター、鳥谷2点タイムリーでイーグルス先発川井を早々にKO。続く3回も新井のヒットを足がかりに下位から上位へ繋いで梅野2点タイムリー二塁打、上本タイムリー二塁打、大和タイムリーヒットと出て、イーグルス2番手上園から4得点。鳥谷2ランでダメを押した。大量援護をもらった藤浪は制球バラバラながら7回まで、久々復帰の福原、筒井がそれぞれ1イニングをゼロに抑えて完勝した。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

対楽天 2回戦 コボスタ宮城

神 | 0 3 4 0 0 2 0 0 0 | 9
楽 | 1 0 0 0 0 0 0 0 0 | 1

勝:藤浪4勝3敗0S
敗:川井1勝3敗0S
HR:鳥谷ツーラン3号
阪神:藤浪 – 福原 – 筒井
楽天:川井 – 上園 – 長谷部 – 宮川 – 西宮

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「恵まれた」と言っていい部分は多分にあった。イーグルス先発川井は、攻めなきゃいけないところで弱くなって四球。勝負の球は甘いという内容で、タイガースにとっては助かった。上園も頑張っているようだが、この日の内容は良くなかったね。

序盤で大量リード、藤浪は援護に恵まれた。なかなか思ったところに制球できず苦労していたが、心の余裕のおかげでボールも良くなった。悪戦苦闘はしてるけれど、生き死にがかかった本番の中で、どうやって自分の球を生かすか、相手の打撃を殺すかを学んではいる。これはこれでいい二年目のような気がするんだけどね。

引きずらない、切り換える。その強い気持ちが感じられた一戦。特にサードでスタメン起用された新井がファーストストライクから気迫いっぱいのスイングを見せて、結果も出した。守備の不安はもちろんあるが、そのリスクを取った上で、「なぜオレを使わないんだ」という鬱屈したパワーに賭けた。いい判断だったと思う。新井のスイングが、チームに勇気を与え、じんわりとたれ込めてくる暗いムードを変えた。

1点を追う2回表無死二塁、打席の俊介の初球、バントの構えから引いて三塁横を鋭く破るタイムリーヒットを打った場面も見事。様子見にボールから入るか、バントさせに内角気味に投げてくるかのどちらか。後者で来るのだけに狙いを絞って叩くイメージ。まさに待ってましたという感じだった。このあたりにも、あんな負けをした翌日だから「前に出る」というチームの気持ちが表れていた。痛い目にあえばあうほど、進んで前に出てくる。ようするにアレか?マゾなのか?どうもそういうとこあるよね(笑)。

毎日見ているとよくわからなくなっちゃうところがあるのだけど、鳥谷が今絶好調だ。見た目にしても醸し出す雰囲気にしても大きな変化がないから。でも確かにコンスタントにヒットが出ている。.457で、交流戦ダントツ首位打者なのだそうだ。
二死満塁で入った2回の第2打席が良かったね。カウント3-1、インハイ直球。投手にしてみればエイヤと投げた球だが、普段の鳥谷だったら振らないかも知れない。でもやはり昨日の今日で積極性が出ていたのと、好調さもあって、鋭く引っ張り込んで叩けた。インサイドを一二塁間(ボールの芯より少し下ならライトオーバー)という打球があまりにも少なくなってしまったから、「絶好調」と言われてもピンと来ないのかも。もっとこういう打球が見たい。もちろんレフトへのホームランもお見事!

守りに頭がいっちゃっているところもあるだろうが、梅野が「主戦捕手」に座って始めて「梅野らしい打球」を飛ばしてくれたのも嬉しかった。大和がセンターを駆け回って難しい打球を捕りまくってくれるのも嬉しかった。打撃も復調気配、アベック盗塁も出て、上本・大和の黄金コンビが再び輝きそうなのも嬉しかった。福原・筒井も完璧に復活してくれたら大きいよね。

交流戦はこれにて半分。梅雨空がかかってきそうな後半が非常に重要。大混戦を予感させる今季のセントラルリーグ、その流れを決めていく大事な期間になるだろう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

17 コメント

  1. Posted 2014年6月5日 at 10:52 | Permalink

    それにしても藤浪先発の時は援護が大きいですよね。上園の猛虎魂に助けられた感もありますが….
    メッセや能見さん先発の時に少し援護得点を分けてあげて欲しいです(笑)。

    1回裏、藤浪の初球シュート回転を見て「今日はダメだ」、そして自らの悪送球で先制された時は「今日はダメだ」が確信に変わりました、toraoさん風オシャレに言うと「独り相撲コンボ」ですか?!、一昨日には「うっちゃられ」もう相撲は懲り懲りでしたが、野球に「筋書きはない」ようです。
    余談ですが藤浪はフィールディングの練習をもう少し行う必要があると思います。
    全力疾走していたAJも彼の悪送球を誘ったのかも知れませんが。

    サード新井兄は両刃の剣、昨日は成功したし、あれくらい打ってくれればマートン同様「守備力に目を瞑っての起用はアリ」かと思います。
    それに今成や弟となら守備力もそう遜色ないので現状では良い策かも知れません。
    問題は西岡が戻った時ですが、それは私なんぞが心配する事ではありませんねw、ベンチがしっかり判断するでしょう。

    完全に「投手並みの打撃」になっていた大和にも当たりが戻り、少し希望が湧いて来ました。大和は我慢して使ってくれたベンチに感謝感謝!

  2. 阿太郎
    Posted 2014年6月5日 at 11:14 | Permalink

    藤浪の両親が子育て本を出せば売れるかもしれません。ホンマに しっかりした孝行息子や!

  3. ガク
    Posted 2014年6月5日 at 11:17 | Permalink

    負けを引きずらないで攻めたことは高評価です(エラそうですいませんw)
    新井兄弟、今成の三つ巴の戦いも面白くなってきました、なんとかうまいこと使えんもんですかね。

    伊原監督の休養宣言は驚きました、就任2か月ちょっとでは早すぎです。
    よほど選手とうまくいってなかったんでしょうか?
    決断の速さが藤田平のときとえらい違いだw

  4. 西田辺
    Posted 2014年6月5日 at 11:18 | Permalink

    安定感とはまだ言えないものの、藤浪の強い球で打者を押し込むスタイルは、
    現状ではベターな選択でしょうね。
    何やら北の大地の方では同い年の投手が160km/hの球を投げたとかなんとか。
    ピッチングは、スピードガンコンテストじゃないんで、藤浪には「勝てるピッチング」
    を追求して欲しいですね。
    相手にヒットを打たれる確率、所謂被打率は、セ・リーグ先発投手で2位の0.215。
    これはC前田と同クラス。
    でも、与四球が多くて被出塁率は、それより1割以上跳ね上がってしまう。
    (マエケンや菅野でも4〜5%アップに止まっています)
    まぁ、こんな数字やデータは、こんな素人オヤジに言われるまでもない事でしょうけど。
    シーズン序盤、もどかしい程に思うようなピッチングができなかった事を思えば、その修正能力には
    驚くばかりなんですが、まだ登るべき階段は果てしなく続きます。
    この稀代のエース候補の成長物語を、これからも楽しみにしたいと思います。

  5. 虎一筋50
    Posted 2014年6月5日 at 11:41 | Permalink

    藤波投手はやはり持ってる物が違います☆今までのタイガースが獲得した事のない素材だから今後の育成はより慎重に願いたい!自己修正能力も持ち合わせた素晴らしい素材の投手だが藤波投手には真の日本のエースになれる素材だから…後ライトは緒方をメインに俊介や今はファームの伊藤隼太を上手く活用して欲しい!捕手はもう梅野メインでいいのかも…

  6. TJ風船
    Posted 2014年6月5日 at 11:56 | Permalink

    魅惑…そして禁断のサード新井さん。
    スタメン見て「おわわぁ〜」となりました。
    「ワシ、やっちゃるけぇの!」な気迫のスイングがチームに漂いかけていた変な空気を一掃してくれました。

    激走→激スライディング?も堪能でき、感無量でありました。やはり新井さんはチャンスメイク派なんですね。

    満塁、カウント3−1の鳥谷。川井のデキは悪かったですが打って出たというのが好調の証しなんでしょうね。

    梅野は嶋捕手に散々抜いた球でヤラれていたのでどうかなと見ていたのですが、甘い抜いたヤツを見事タイムリー。 ホッとしました。

    ホッとしたと言えば大和です。

    2打席目辺りから顔付きが鋭くなりヒット、盗塁の活躍。
    ひと安心。あまり自分を追い詰めないようにネ。

    晋ちゃんの進化ぶりが毎回楽しみです。

    東北ファンの皆さま、お疲れ様でした!

  7. こうさん
    Posted 2014年6月5日 at 12:14 | Permalink

    昨日は深夜まで皆さんのコメントを読んで「まあ一杯やれよ」って肩をたたかれてる感じで
     
    昨日の和田氏は別人みたいに「さあ〜終盤の守備固め、やるよ〜!!」って感じだったなぁ
     
    「昨日は掃除をサボりやがって!!今日はシッカリやりなさいよ!!」って女性の教師に怒られた小学生の自分を思い出した
     
    逆に言えば「俺は、この点差にならないと守備固めをしないんだからな!!覚えときな!」って言われたみたいだ
     
    梅ちゃん、待ってました!
     
    新井の兄ちゃんは五分五分のスタメン起用だと思う
     
    兄ちゃんにマートンと、ドキドキのレフト線になってしまう
     
    けど兄弟でのポジション争いも、いいねぇ
     
    「競争とは、これだ!」って見せ付けてほしい、首脳陣に対して
     
    交流戦でメンタルが鍛えられて、セ・リーグの公式戦で爆発してほしい
     
    そろそろ…連勝…いいっすかね?

  8. なかっち
    Posted 2014年6月5日 at 12:35 | Permalink

    初回の藤浪の独り相撲を見たときは
    『またかいな!』
    と正直思いましたが、そこから悪いなりに立ち直りましたね!ストレートで押すスタイルを確立すればそこそこ投げてくれそうですね(笑)


    新井さんのサードは、米子観戦したときに練習してたので、驚きはありませんでしたが、前夜の悪い流れをベテラン投入で変えたかったんでしょうね。その起用に見事応えた新井さんはさすがの一言。
    西岡復帰後の起用法が楽しみです。


    梅野がスタイル起用されだした今月から、先発投手がしっかり試合を作ってるのが嬉しい。ずっと使い続けるのは厳しいと思うので、能見には清水、榎田には日高、それ以外は梅野で行くべきやと思います。大和も光が少し見え始め、上本、鳥谷、梅野、緒方、俊介と若い生え抜き野手が躍動すると凄く嬉しい!


    これからまだまだ壁はあると思うが、勝てる試合はきっちり勝って成長してほしい。やはり成長するには勝ちが一番の良薬やから(笑)

    • なかっち
      Posted 2014年6月5日 at 12:38 | Permalink

      梅野スタイル起用→スタメン起用の間違いでした(笑)

  9. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2014年6月5日 at 12:36 | Permalink

    鳥谷がバッティングの調子をかなり上げてきましたね。
    彼の凄いところはバッティングの好不調に他の要素(守備、走塁、表情、テンション)が全く引きずられないこと。
    打ってる時も打てない時も、そのこと以外は何から何まで「いつもの鳥谷」であり続ける。
    その職人気質には天晴れ。

    • ミツルハナガタ2000 さんのアバター ミツルハナガタ2000
      Posted 2014年6月5日 at 16:30 | Permalink

      藪恵壹氏の解説によると、鳥谷は走者のときも、盗塁を「する」「しない」のクセがまったくないそうです。
      トピずれですみません。

    • ハマトラ親父
      Posted 2014年6月5日 at 22:48 | Permalink

      いわほー様

      全く同感です!プロフェッショナルですね!

  10. 熊虎
    Posted 2014年6月5日 at 14:37 | Permalink

    初回は前々回登板の悪夢を思い出させるような藤浪のエラー&失点で幕を開けましたが、以降は立ち直るどころか更に進化して安定感を増したピッチングを見せてくれました。
    私はてっきり骨格的に出来ないからやっていないんだと思っていましたが、藤浪投手の昨日のフォームは体重移動をスクエアに戻した上での「肘をたたんでコンパクトに腕を振る」理想的というか、プロの投手として当たり前の上半身の使い方になっていたと思います。所謂アーム式とは逆で鞭のように腕をしならせるという投げ方で、コントロールとボールの回転の質の向上と打者からボールの出所が見えにくいという利点があると考えられます。
    ちょっと気になるのはストレートでボールをリリースするときに球の右半分を持って(つまりは普通だったらスライダーを投げるときのボールの重心で)投げていましたが、結局今の腕の振りだけではシュート回転する危険性が残っているということなのでしょうか。
    ただ、前回は右打者外角のエリアだけが良質のストレートだったのに対して今回は内角もキッチリコントロールされた球筋だったので、本当に学習能力が高く器用な投手なんだと今更ながら感心します。

    打線では左右の「足を高く上げる打者」、鳥谷と梅野が面白いですね。
    鳥谷の選球眼・打率・打球の伸びは、右足を上げて左足に体重が乗ったときにボールを見極める間をとることができる故のことだと思いますが、この辺りのことは古くは大豊、去年前半のマートン、今の良太などはなかなか足を上げるタイミングで悩んで、その後の投球を待つ「裁きの時間」を取れないものですが、に梅野は昨日、足を上げる打法の逆手を取られて投手に焦らし投法をされても一旦足を上げた状態で体を開かず粘ってボールを待つことが出来ていました。力いっぱいボールを叩く姿勢でタイミングを待ってバットを一閃する門田タイプですね。
    その打席は凡退してしまいましたが、慣れてくると相当打ちそうな気がしました。

  11. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2014年6月5日 at 15:15 | Permalink

    いやーな流れから始まった昨日の試合。
    終わってみれば弾みのつく大勝でスッキリ爽やか万々歳。
    お陰で今日一日も晴れ晴れと過ごせますw

    藤浪は良い進化を遂げているように思います。
    今は成長しつつ経験を積むべき。大きな怪我をする事が
    結果的に最もマイナスとなるので、無理しないようにしつつ
    試行錯誤を繰り返すのが重要です。
    同時にベンチも試行錯誤は重要です。何も動かなければ
    あまり叩かれずにすみますが、チームとして相手に脅威を
    与える事ができません。また本当に大事な場面で動こうとしても
    普段から試しておかないと急に出来るものではありません。
    昨日のように出来る時にやっておく必要があります。

    あと日高はベテランとは言え、急に重要な場面で出されても
    力が出せるとは限りません。昨日は梅野-清水だったようですが
    余裕のある時に試しておくべきだと思います。

  12. やんちん
    Posted 2014年6月5日 at 16:03 | Permalink

    照れ隠しにしても新井兄の笑顔が見れてよかったです。
    西岡が戻ってきても簡単にスタメンを譲らないぞって面々で今後が楽しみ~

  13. ミツルハナガタ2000 さんのアバター ミツルハナガタ2000
    Posted 2014年6月5日 at 16:23 | Permalink

    9点もとったのは、久しぶりですね。
    会心の勝利でした。
    逆転されるかもなどという不安はこれっぽっちも抱きませんでした。
    ええ、抱きませんでしたとも。

    あしたは1-0のアダルト・オリエンテッドな勝ち試合を期待します。

  14. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2014年6月5日 at 17:40 | Permalink

    衝撃の翌日、雨の一日でしたが心は晴れやかです。
    1回裏は、あわや前々回の藤浪に戻ったかと、テレビから離れてしまいました。
    しかし、この1失点だけで7回までよくぞ投げきったと拍手です!

    新井兄が引き金になり、次々とタイムリーで勝利!
    新井さんもやればできる子でしたね。
    西岡復帰後は監督の腕の見せ所です。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">