20-11バカ試合をバカバカしく堪能す

台風の影響かセンター方向へ強風が吹く神宮。1回表、鳥谷の大きいセンターフライ、比屋根が追いついて三者凡退で終了…と思ったらポロリと落球。先発八木の緊急降板もあり、四球2つの後、新井が右中間に満塁本塁打。以後は小川監督が出し渋るスワローズの中継ぎ陣をメッタ打ちにして23安打20得点。しかしタイガースもほぼ似たように守備の乱れあり、先発メッセンジャーの乱調あり(5回で8失点)という内容。最終スコアは20-11、なんじゃこれ?なんとも微妙だが、とりあえずロードの初戦で景気づけが出来、夏祭りのような変わったものを見せてもらったと、喜ぶとする。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
対ヤクルト 15回戦 神宮

神 | 4 0 4   5 2 0   1 0 4 | 20
ヤ | 0 1 2   2 3 0   0 3 0 | 11

勝:メッセンジャー9勝8敗0S
敗:八木5勝5敗0S
HR:新井貴満塁3号、鳥谷ソロ7号、マートン ソロ11号、ゴメス ツーラン18号、
山田ツーラン18号・ソロ19号
阪神:メッセンジャー – 榎田 – 建山 – 二神 – 小嶋 – 安藤 – 福原
ヤクルト:八木 – 山中 – 阿部 – 久古 – 松岡 – 江村
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

あんまり球場に行かない「野球テレビっこ」の私なのだが、たまに誰かに誘われるとひょこひょこ出て行く(笑)。まいこさんお誘いありがとうございました。日中とんでもなく暑い日だったが、夕方以後の三塁側は日陰で風が気持ちよく、ナイター日よりだった。

ということで神宮で見た一戦は、甲子園を留守にするロード初日、ある意味で合宿生活のスタートのようなところがあるので、ここで盛り上がると楽しい夏になる。そういう意味では申し分ない試合…うーん、そう言うにはちょっと点を取られすぎた。特にメッセンジャーは、球速も出ていて調子が良さそうだったのに意外なほど失点した。エラーやまずい守備で流れに乗れなかったというのもあるし、慣れない大量援護(みずからもタイムリー2本の4打点)に投げ急いでしまったのかも知れないが、不本意な投球内容だった。白星を薬にして次は頑張ってね。

大量失点で梅野も試合途中で下がった。バレンティンのスイング後のバットが当たったり、ファールチップが立て続けに当たったりというのも下がった理由かな。リード面では、好調スワローズ打線の勢いに飲まれたようなところもあった。粘りがあり逆方向打ち中心なので、インハイを効果的に使いたかったが、そこに正確に投げ込めないと相手の思うつぼ。楽に間合いを取らせないことを心がけて欲しい。

荒れた試合の中で1回ずつピシャリと行けた榎田、建山は良かったね。二神と小嶋もこんな試合なんだから、荒々しく行かないとね。新チームへのトライアウトはとりあえず結果保留(というか現時点では不合格)。6タコの俊介もね。

あとはなんだろう、とにかくみんなよく打ちました。3番鳥谷、4番ゴメス、5番マートン、6番新井がホームランだもんね。打ち上げ花火も良かったけれど、虎の花火も美しかった(山田の押し込み打法もたいしたもんだ。対策せよ)。

途中からは何の試合だかわからない感じだったが、思い返せば初回の攻撃が良かったということ。特に新井の満塁ホームランはボール球を見極めながら、苦しい球をファールで逃げて、甘い球を逃さずに、コースに逆らわず素直に打ち返した打撃。この日やるべきだったことがしっかりできた。一撃でダウンを奪う見事なグランドスラム。みんなを乗せるいい一発だったね。

楽しい試合を見せてくれた選手のみなさん、大騒ぎだったスタンドのみなさん、お疲れさまでした!


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

20 コメント

  1. Yalkeys さんのアバター  Yalkeys
    Posted 2014年8月6日 at 06:49 | Permalink

    表現とすれば「大荒れのゲーム」でした。解説の池田氏が何度も言って居られましたが、ヤクルトが投手交代をきちっとやっていたら、どういう結果となっていたか分からない展開となりました。
    そうは言っても、ロード初戦の大勝は演技がいいです。3,4,5,6番が全員猛打賞でアーチの競演、こんな素晴らしい成果は滅多に見られません。toraoさん、まいこさん いいものをご覧になりましたネ。
    本日、神宮に参ります。連夜の花火となることを願いつつ・・・。

    昨日のコメントから、本日川崎でランディ・バース氏サイン会開催とのこと、六本木での友人との食事会をキャンセルして、川崎~六本木(写真展鑑賞)~神宮のコースにチャレンジする所存です。

  2. Yalkeys さんのアバター  Yalkeys
    Posted 2014年8月6日 at 06:52 | Permalink

    誤字訂正します。演技⇒縁起でした。

  3. 阿太郎
    Posted 2014年8月6日 at 07:36 | Permalink

    やっと安心出来たのは最終回でした。

  4. こうさん
    Posted 2014年8月6日 at 07:54 | Permalink

    神宮に行った知人が「野球は最後まで分からない。…と言うが、早くトドメを刺してくれ!もう逆転されないんだから!お客さんもだけど、選手も早く帰りたいだろうなぁ。」って言ってた。
    安藤&福原を出さざるを得ない和田氏は自分の不安と阪神ファンの不安を背負ってドキドキ継投。
    野手が、あんなに点を取ってるのに「自分が打たなきゃ!」って思ってるかもしれないメッセが気の毒。
    「打撃うなぎ登り」って勘違いしないでね。
    讀賣のサヨナラ負けが救いだった夜。
    今日が怖いが頑張ってタイガース!

  5. Posted 2014年8月6日 at 08:04 | Permalink

    「全ては比屋根のポロリから始まった」(まあとにかく風が強かったので…)。

    あとは両軍の、いわゆる敗戦処理と大勝処理の投手がグダグダで「稀に見るバカ試合」になりました。
    10時過ぎても帰らないスタンド左側半分と、ほとんど帰ってしまった右側半分のコントラストが面白かったです。

    toraoさんは、八木が交代した辺りから酔って寝てられましたかねぇ(笑)?
    冗談はさておき、年に一度あるかないかの乱打戦(?!)を生観戦出来て良かったですね。
    今日は私も娘を花火で誘い出し、一緒に観戦予定です。

    打ち疲れ注意報を発令しておいて欲しいw

  6. TJ風船
    Posted 2014年8月6日 at 08:59 | Permalink

    いやぁ〜ホントに昨日のヒーロー?は比屋根君と言っても過言ではないでしょう。落球を見た八木君がズッコケた時に左太ももを痛めたと推測します(ウソw)
    山中君を気の毒に思い、アベケンを叱咤激励していましたがまさかのメッセさん8失点。人の振りみて我が振り直せ。ちがうか。でも勝ちが付いた。でもメッセさん大丈夫。私は知っている。以前、同じ神宮のSG戦で7失点途中降板した館山投手がお立ち台に上がった事を。そして第一声「やりました〜!」新喜劇ばりにズッコケた(笑) ヤクルトはんもよく解らない球団だ。

    それはさておき、昨日のバカ試合の中、榎田の好投が光りました。岩田は抑えてはくれるでしょうが、更なる好投のヒントになるのではと見ております。もちろん梅ちゃん込みで。

    大振り禁止!
    頑張れタイガース!

  7. ぴゅあらっく
    Posted 2014年8月6日 at 09:30 | Permalink

    私も昨夜はネット裏二階席の最前列から観戦していました。マートン四球で満塁で新井さんに回った時は「新井さんと勝負するなんて卑怯だぞ!」とか思ってました(^^;;。ごめんなさい、新井さん(笑)。
    クリーンアップのホームラン揃い踏みやらメッセ四打点の活躍やら伊藤隼太が左腕から2本の犠飛やら色々あったのに、全然楽勝じゃなかったのが不思議です(^^;;。
    今日の試合は気持ちを引き締めて臨んで欲しいですね。岩田投手、頑張れ!

  8. 虎見
    Posted 2014年8月6日 at 09:33 | Permalink

    トラオさんと同じ試合の現地応援ができ嬉しいです。
    台風の接近を感じる強風にあの狭い球場での試合・・と心配していました。序盤は守備の乱れが引き金となり点が入る投手にとってつらい展開でした。どうか我がタイガースは相手に引き摺られずに締まった展開を導いてほしいと願いましたが、いつの間にやら、両軍入り乱れての大量得点失点試合となってしまいました。あれよあれよの攻撃に六甲颪を幾度も歌える豪快な試合となりました。
    しかしトラオさんも仰っている結果が出せなかった選手方には“開き直って”“全力で”プレーされたら、一緒に勝利を喜ぶ事ができたのではないかと折角の活躍の場を物にできずとても残念に思いました。
    酷暑の中敵地ロードですので、省エネでなんとか巧試合で乗り切って行って欲しいです。

    劣勢な試合では、投手打者野手の一球一挙手一投足に終盤まで沸き続ける事はあまりないと思いますが、22時を過ぎても沸き返る元気一杯なスタンドがとても楽しかったです。選手の皆さんもつらい事もあると思いますが、これからも私達ファンに元気を与えて下さい!

  9. 西田辺
    Posted 2014年8月6日 at 09:37 | Permalink

    昨日現地観戦した方は、大変楽しい思いをした試合でしょうね。
    20点と言う大量得点だったけど、11失点と言う褒められた試合じゃなかったですけどね(笑)
    個人的に、あまり大量得失点の試合が好みじゃないのでお気を悪くしないように。
    メッセの状態が心配ですねぇ。
    ここまで群を抜くイニング数を投げている疲れなのか?
    元々神宮での相性が良くない影響なのか?
    ヤクルト打線が、メッセに合ってしまっているだけなのか?
    状態考えて、5回で降板させたのは良い判断だったと思いますが。
    この先も、こんなピッチングが続くとすればかなり不安ですけど・・・。
    いくら頑丈なメッセといえど、そこは人の子。
    登板間隔は、本人が望もうとも開けてあげた方が良いかもしれませんね。
    今日は岩田で締まったゲームを期待したいです。

  10. ガク
    Posted 2014年8月6日 at 10:00 | Permalink

    しかしヤクルト打線はあきらめずにしぶといですね。
    普通はあれだけ点差がついたらあきらめるもんですが、各打者(除くバレ)が大振りせずコツコツと返していく姿勢は見習うべきものがあります。
    5回は追いつかれるんじゃないかとヒヤヒヤしました(^_^;)
    今日俊介の出番があるかわかりませんがあればぜひ昨日の悔しさを晴らしてほしいですね。

  11. 大虎真弓
    Posted 2014年8月6日 at 10:33 | Permalink

     長い試合でしたね~!
     滅多に途中で帰る事のないワシですがバスの時間もあり戻りました。
     家に着きまさかと思いテレビをつけたらまだやっていました。(笑)
     今晩は岩田が先発です。
     しつこいヤクルト打線をいかにかわすか!見せてもらいます。
     トラオさんはじめ現場でご観戦の皆様お疲れ様でした。
     

  12. 夢 さんのアバター 寿
    Posted 2014年8月6日 at 10:56 | Permalink

    神宮ウル虎の夏!!←勝手に命名!!
    薄緑のユニホーム、あれ~~?どこかで見たような・・・

    阪神20名、ヤクルト19名の出場選手、阪神の攻撃が我が後輩俊介でチェンジばっかり(泣)
    次攻撃は鳥谷で始まりゴメス マートン 新井(兄)で加点する!!
    俊介、スタメンなんだからネチャネチャするぐらい和田ちゃんにツバつけなきゃ、
    いま母校偏差値高いんだぞ(笑)

    1回2アウト満塁でバイキング八木が太腿の痙攣で山中にタッチ、チャンス~う!!
    見た見た、兄ちゃんの満塁ホームラン。バットを田淵流に後方にクルクル回転させ放り投げたか投げないか厨房にいたから知らん。1回に4点だぜ~、やればできるじゃん、今日は楽勝だねって思った、でもスミ4かも・・・(ニヤ)
    終わってみれば20対11。ここは秩父宮ラクビー場か?

    巨人が延長で負け、広島も負けた。いやいや今年は何かとんでもない事が起こるかも、
    絶対ある!!・・・と思う(願)
    今日も気持ちよく岩田でとんでもない事に向かい、石山を叩きましょう。

    PS: 先週金曜日にトラオさんのブログ愛読者(飲み会には参加せず)のお客さんが来店してくれました。5日神宮の帰りに寄りますからって言い残し・・・
    23時前ユニホームのまま本当に来てくれました。男性は上本、美人の(イマル風)女性はリンちゃんのユニホーム、感激です。やっぱり阪神ファンは最高に素敵ですね。

       

  13. サヨナラ3ラン
    Posted 2014年8月6日 at 11:02 | Permalink

    夏休みの来週、東京ドームでの直接対決が楽しみだ。
    で、久々にドーム観戦しようとヤフオクでチケットを
    落札したけど定価より かなり安く落とせた。
    調子に乗ってハマスタのゲームのチケットも落札した。
    今年の夏こそ熱くしてほしいものだ。

  14. 南の虎
    Posted 2014年8月6日 at 11:18 | Permalink

     大味な試合でしたが、長期ロードの初戦を勝てたのは何よりでした。
    勝因は、もちろん20点を叩きだした打線ですが、好走塁も見られました。
     まず、初回。4-0、2死1塁から梅野のファーストフライ。1塁ランナー良太が全力疾走で2塁を蹴って3塁へ向かったシーン。得点にはなりませんでしたが、3回、2死1塁で梅野のレフト線ポテンヒットでも良太が全力疾走を怠らなかったから生還できたと思う。ヤクルトの守備に助けられたのも確かですが…。
     最終回、2死2塁から上本のサードフライ。2塁ランナー鶴岡が全力疾走で本塁へ。川端が捕球したときは、すでに本塁付近に。
    2死なので打った瞬間にスタートというのは当たり前のプレーと言えばそれまでですが、大量リードの展開でも気を抜かない走塁に、昨年までとはひと味違うタイガースを見ることができました。

    • Posted 2014年8月6日 at 11:56 | Permalink

      そう!そうでした。ダルい試合で忘れてしまいましたが、あのポテンで一走が生還というのはナイスでした。しばらくして、静かになった頃を見計らって、「ナイス!高代コーチ!」と掛け声しました。きっと聞こえていたはず(笑)。

  15. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2014年8月6日 at 11:30 | Permalink

    ホームラン両チーム合わせて6本も観ることができ、その上、豪華な打ち上げ花火。
    最後は勝利というお土産をもらい、現地で観戦されたトラオさん初め阪神ファンの方々良かったですね。
    草野球のような点取りゲームにあきれながらも最後まで勝っているような気になれませんでした。
    メッセンジャーは先日、雨で中止が決まるまでベンチの中、緊張の表情でいるのを見たときにスライド、スライドで精神的にしんどいんやないかと心配していました。
    とにかく、ロード初戦勝利、メッセンジャーに勝利が付き本当に良かった!

    今日は好調岩田、頑張れ!

  16. 阪神ファンのおっさん
    Posted 2014年8月6日 at 12:32 | Permalink

    しかし左用オーダーで臨んで右ピッチャーを粉砕して勝つというね。
    2番俊介はもういいんじゃないかな。
    今成で通しましょうよ。

  17. なかっち
    Posted 2014年8月6日 at 12:42 | Permalink

    本当に年に1回あるかないかの大乱戦でしたね。
    しかし私もメッセンジャーの状態が心配です。

    スライドのスライドでオマケに1日の移動日。登板に向け3日も緊張状態を保っていた事を考えると、相当疲れたと思いますし、この疲労が今後の投球に影響しないかが不安です。


    打線の方は、鳥谷から新井までの4人がホームランを打つなど23安打20得点と大爆発。
    ヤクルトの不可解な継投にも助けられました。

    その中でも梅野のポテンヒットで1塁走者を回した高代さんの判断は素晴らしかったし、良太もよく走りました。
    ホームラン量産の試合も楽しいでしょうが、やはり走塁で取った得点は個人的にも数倍嬉しかったですねo(^-^)o
    ホームでのクロスプレーは野球の醍醐味ですから。
    (キャッチャーへのタックルはダメですが(笑))





    大味な試合の翌日は打線が沈黙しがち!
    又岩田に無援護とかならないようにしてほしいですね。
    燕打線のように、センター返しを心掛けて、今日も二桁安打を期待したいです。

  18. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2014年8月6日 at 13:55 | Permalink

    なかっちさん仰るように大量得点の後の試合はなぜかロースコアに
    なりがちだったりします。大振りにならないよう、基本に帰って
    試合に臨んで欲しいですね。
    今日は先発岩田。相手は石山。予告先発を見る限り負ける要素が
    ゼロに見えてしまうのが逆に怖い所。前回はそれで負けてます。

    さて自責7で勝ったメッセに対して相手の八木は自責0で負け投手と
    なってしまいました。相性的な部分で嫌な感じを持ってくれると
    ありがたいです。

    メッセですがやっぱり暑いのが苦手なのかもしれません。
    夏場はドームの方が良いのかな。ローテが合うとちょっとした
    テストになるんですけど。

  19. 熊虎
    Posted 2014年8月6日 at 16:44 | Permalink

    両チームとも大量安打・大量得点でしたが、いい当たりという点ではタイガースの方が上だったと思います。しかしスワローズの打線が厄介なことになっていると感じたのもこの点で、確かに数人の打者がHR量産を思わせる鋭く的確な打球の捉え方をしている怖さもさることながら、脇役・繋ぎ役がアウトローのボールをゴロにもフライにもファールにもせず、反対側の外野手の前にポトリと落ちる当たりを大量生産していて、所謂どこからでも点が取れる打線になっていました。

    この打線に一番適役なのは藤浪のようにシュート回転して荒れる速球派で、踏み込ませない・打撃をさせないタイプだと思いますが、さて、今日の岩田は低目と外角のコントロールが生命線の投手なワケで正直、フォークボール以外は相性が悪いかと思います。横浜の中村や巨人の村田のように外角を拾うようなバッティングをする人は内角高目を突いて体を起こす・・・というのはセオリーですが、本来は多用するべきではない外角高めの速球とインローの変化球は手を出したくなる&マトモにバットに当たらないゾーンになっている筈です。
    もちろんヤマを張られたら危険なコースですから、捕手は高度な配球が必要でしょうし、ここで岩田を上手くリードできれば相手打線の勢いを明日の分まで抑え込めると思います。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">