ストーブリーグの入り口にて

「2位→日本シリーズ進出」をどうとらえるかによって、来季へのスタンスが変わってくる。

あそこが悪かった、ここが悪かったと、ポジションや打順を一つ一つ細かくみていくやり方だと、全体としてのチーム力は上がらないだろう。結局、パーツ単位でのカタログスペックと、コンディションに引っ張られるだけ。

どうやって機能を作っていくかを考えないと、買ってきたパーツが生きない。あまり詳しくないけど、パソコンで例えれば、マザーボードやグラフィックボードといった統合する部分だとか、もっとそもそも論の電源系の性能だとか、さらに言えば、断線していないケーブルだとか…パーツを受け入れる方に問題があれば、どんな高性能のパーツも生きない。

しかもそのパーツというのは、ソフトウェアを学習させていかないと使い物にならなかったりするし、恐ろしいことに感情をもっていたり、怠けてしまったり、「もうこれだけお金もらえれば心配しなくていいな。オレも来るところまで来たな」なんて思ったりもすることもある。

今年の限界を現有パーツの限界ととらえていると、いつまで経っても同じことの繰り返し。「考え方の限界」「自分の発想の限界」ととらえることから始めて欲しい。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿 and tagged . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

17 コメント

  1. としとまき
    Posted 2014年11月3日 at 08:13 | Permalink

    来季へのスタンスを考える上で一番ポイントになってくるのが鳥谷の後釜だと思う!和田監督がスタメンを決める際にまず鳥谷の名前を書くくらいの存在感だったのでそんなに簡単には決まらないが是非若手の北条あたりに英才教育をし育ててほしい。
    一方で鳥谷はメジャーでは控え扱い(阪神でいう坂の様なあつかい)みたいだしできれば阪神に残留してほしいが・・・・・

  2. 西田辺
    Posted 2014年11月3日 at 08:31 | Permalink

    タイガース首脳の質が悪いのは、そのパーツが成長すると言うことを知らないのか
    信用してない所なんですよね。
    例えば、鳥谷が海を渡るとして、じゃあそこに誰をはめるのか、となった時に安易に
    外から連れてきて埋めてしまう(実際には彼の穴を埋める人材はどこにもいないのですが)なんて事を
    容易に想像出来てしまう。
    守備力抜群として、ドラフト指名した大和をショートで育て上げる大チャンスじゃないですか。
    それによって生じるセンターのポジションも、若手外野手の争奪戦が作れるじゃないですか。
    タイガースは今、生まれ変われる大きなチャンスを掴もうとしている。
    内側から変えて行かないと、負けた時に球場に物を投げ入れられるチームから脱却できませんよ。
    (投げ入れを肯定してはいませんが)
    いつまでも悔しい思いをしたくない、と思っているのはファンや選手だけなのでしょうか?

  3. Posted 2014年11月3日 at 09:34 | Permalink

    パソコンをやらないので、今日のコラムの意味がとっても解りにくい、頭の悪い私ですが……

    要はどんなに高級品でも組み合わせを上手くやらないと機能しないという事ですかねぇ。
    目指すべくは、(高級品を並べた)金満ホークスとペナントレースを最後まで互角に戦った今季のオリックスバファローズのようなチームかな?!
    バファローズはドラフト運が思うように行かない中、岡田監督がお金をかけずバランスよく土台を造り、それを森脇が今季開花させた素晴らしいチームだったと思います。

    タイガースの場合はある程度戦力は整っているので、補強ポイントである「鳥谷の穴・高齢化している(左腕不足の)中継ぎ陣・大和の打撃強化・ポスト福留・正捕手」この辺りをどうして行くか?!でしょうね。

    尊敬する西田辺様の意見「大和をショートに」は個人的には反対です。
    広い甲子園、しかもレフト マートンは恐らく来季も固定になると思うので、ディフェンス面でのセンター大和はもはや外せないかと….、ホークスとの最終戦で「守備で感動を生んだ大和」には、日本一の外野手になって欲しいです。

    一番の懸念である鳥谷の後釜は、まずサード守備力が一年で飛躍的に向上した今成をサードへ、スローイングに不安のある西岡をセカンドに戻し、「ショート上本」で凌ぎ、北條など下からの飛び出しを待つ!が個人的にはベストかと。上本はまだまだ守備力の伸びしろはあると思うのですが、どうでしょう?

    中継ぎは、左腕をドラフトでも獲得したし、いい素材の若手左腕投手はたくさんいるので「先発モレ」を中継ぎに上手く回せばOK!

    ポスト福留候補はうようよ競争。
    正捕手については名前を出さなくても皆様と同じ考えですw。

  4. 虎蜂
    Posted 2014年11月3日 at 10:38 | Permalink

    鳥谷の穴をどう埋めるかは来季の最大の課題ですね。仮に補強をしないとすれば「西岡がそのまま収まるのかなぁ⋯」と思っていましたが、肘の不安がありますか。

    外野は福留が秋頃のバッティングを維持してくれれば若手の入る隙はないのかな?と思っていましたが、いろんな角度から見ればまだまだチャンスはありますね。

    来季も上本のように定位置を掴む若手が出てきて欲しいものです。そのためにも緒方や隼太のように守備で使われなくなることのないように秋季キャンプではみっちりと守備力を鍛えて欲しいと思います。

  5. 虎一筋50
    Posted 2014年11月3日 at 10:45 | Permalink

    私の中では大和はまだレギュラーではないですね…器用すぎる選手で今年はセンターで有り余る守備力を見せてくれたがバッティングが非力過ぎる…スーパーサブとしては欠かせない選手ですが…センターは大和、緒方、江越で競あわせて欲しい!問題のショートは北條です!高校時代あれだけ輝けた選手…きっと何かを持ってるはず

  6. やんちん
    Posted 2014年11月3日 at 11:07 | Permalink

    批判覚悟で書きますが鳥谷の守備はここ数年でようやく大和に追いついたと思ってます。
    なので首脳陣がショートで育てたいと思う選手がいれば大和はセンターで、外野で育てたい選手がいれば大和はショートで、という風にすればいいんじゃないかなぁと。
    大和の負担は増えますが平野的な使い方もチーム状況によってはアリかなぁとか。
    個人的には福留をセンター、ライトを若手で競わせればショート大和の守備がまた見られるので嬉しいですが。

  7. 阿太郎
    Posted 2014年11月3日 at 11:08 | Permalink

    欲しい欲しい病の自分としては成瀬&宮西のW獲得を願ってます。

  8. こうさん
    Posted 2014年11月3日 at 11:46 | Permalink

    ショート問題は重要だが、穴になってるサードの方がヤバい気がする。
    とりあえず関本で乗り切るのか?兄ちゃんは大減俸されたらモチベーション下がるだろうなぁ。良太もサード向きじゃないし、今成はセカンド向きだと思う。
    キャッチャー同様、同じポジションに人が居すぎ。バランスが悪い。中島が穫れたら変わるのか?
    上本を簡単にセカンドから外しそうで不安。
    和田氏は迷うだろうけど、早めに選手に目的を持たせてほしい。
    「迷ったスタメンのまま開幕」が一番怖い。
    今、和田氏の中で確定は「ライト福留」だけなはず。
    若手が育たない?育てらんないコーチのせい?FAに頼るのはコーチも球団から信用されてないのか?
    来季は球団の土台を作り上げ、次の監督に引き継ぐ年になってほしいと思う。
    優勝も大事だが、そろそろ「長期展望」の選手育成を「1軍で」見たい。
    ソフトバンク相手に、自分達に足りない部分を発見したはず。
    チーム力。統率力。指導力。
    変わってほしいコーチが残るなら、そのコーチの考え方が変わるのを望むしかない。
    そろそろ熱くなってくれ和田氏。
    右手のストップウォッチは「自分が抗議に行く時間を計ってる」んじゃないでしょ?
    若手にもベテランにも厳しい監督になってほしい。
    嫌われてみようよ。

  9. 英くん
    Posted 2014年11月3日 at 12:32 | Permalink

    個人的な意見を言わせていただけるのならば遊撃は大和に守ってもらいたいです。
    当時中日で現巨人の選手になった井端が遊撃の守備だけでいえば大和が1番上手いと言っていた記憶があるのですが(間違っていたらすみません)
    中堅の守備の重要性も承知しているのですが外野を守るのならば打撃にも期待したい。遊撃ならば打撃はある程度、我慢して使い続ければ良いと思ってます。
    現有戦力で鳥谷以外の遊撃手の適任者は大和だと個人的に感じています。

    • 英くん
      Posted 2014年11月3日 at 13:47 | Permalink

      現有戦力と書きましたが私は2軍の試合を見ていないので、2軍で活躍している選手を知りません(無責任ですみません)
      北條など我慢して使う価値がある若手選手がいるならば、どんどん起用するのは良いと思います。

  10. なかっち
    Posted 2014年11月3日 at 12:56 | Permalink

    私は大和も上本もまだまだレギュラーとは思ってません。

    大和は打撃、上本は守備力を相当向上させないといけないと思ってます。

    個人的に大和コンバートは賛成です。
    外野は横田、江越、緒方、伊藤隼ら若手有望株が沢山いてます。

    大和のセンターの守備力と比較すれば、確かに?マークがつきますが、チャンスを与えるべきやと思います。


    正直今年のペナントレースは完全な守り負け!

    アウトが取れる時は確実に取れる陣容で来季のレギュラーを決めてほしい。

    そうなると必然的にサードは今成になるのかな?
    上本はセカンドで徹底的に鍛えて、北條、西田と競わせてほしい。コンバートは反対!

    ショートは大和、西岡、坂、黒瀬で競争。



    チームのバランスが悪すぎるせいか、同じようなポジションに同じようなタイプの選手が多すぎる。
    外野では足が速くて小技を使うような左打者。柴田、田上、緒方。右打者も入れたら、俊介も同タイプ


    こう考えると、スラッガータイプの選手が1人もいないんですよね。森田も自由契約になりましたし。それを考えると、横田は貴重な存在。
    何とか育て上げて欲しいです。

  11. ken3953 さんのアバター ken3953
    Posted 2014年11月3日 at 13:40 | Permalink

    なんとなくですがトラオさんの言わんとする事、わかる気はします。
    どういう機能のチームを作るかという前提ありきでパーツを集めないと
    上手く動作しないよって感じでしょうか。

    例えば仮に中島を獲るとした場合、どういう打線を作るかを仮定して、
    何番を打たす気で、どのくらいの成績で終えるかという青写真が
    先に必要です。鳥谷が抜けるとして、3番に誰を据えるか。
    中島を入れるならガンガン打たすしか無くなるがそれでいいのか。
    じゃあ中島を5番にしてマートンを3番にしてみるか。
    そういった仮のプランが先にあって、初めてパーツを買い求めるべき
    という事ですかね。

    こちらでもショートを誰にするかが分かれてますが、大和をセンターに
    据えた場合とショートに据えた場合で3番を打たせる選手が
    恐らく変わってきます。仮とは言えきちんと打線のプランを作った上で
    補強を考えて欲しいものです。因みに私は中島の獲得は大反対ですw

  12.  Yalkeys
    Posted 2014年11月3日 at 14:02 | Permalink

    toraoさんの今日のコメント、即ち、パソコン周辺機器とパーツとの関係の例え話はとっても分かり易いです。確かに阪神という球団はパーツは優秀ですが、その機能を十分に発揮させる環境が整っていないような気がします。環境面とは、球団フロントであり、現場指導者であります。
    さて、大和のことが話題になっています。大和の今季打率.264は、そんなに悪い、ハナシにならない、レベルだったのでしょうか。私はそうは思いません。ただ、彼のバッティングにはムラが多すぎると思います。そこをキャンプで鍛えれば何とかなるのでは・・・と思います。そのためにも彼はセンターを続けるべきだと思います。内野については現段階であれこれ言うのは時期尚早ではないでしょうか。

  13. ハマトラ親父
    Posted 2014年11月3日 at 18:50 | Permalink

    日本シリーズでホームランがゼロ!でした。ゴメス以外ホームランを30本期待出来る選手が居ない!あと1人は欲しいと思います!ライト、センター、サードのポジションの選手に期待したいところです!大和はショートのポジションを競争して欲しい。

  14. トラ11 さんのアバター トラ11
    Posted 2014年11月3日 at 21:47 | Permalink

    阪神タイガースという球団基盤は折角良い素材のパーツを獲ってきても上手く育てない、育たない、メジャー帰りの選手が好きという気質を持っていて、ファンとしては歯がゆい思いをしてしまう。
    今日も地元のお祭りのお手伝いをし、その合間に虎ファンとタイガースの話に花が咲き、ショートには誰が座るかいろいろ意見がありありました。基本的には鳥谷のフルイニング優先で若い選手を育てなかった球団首脳陣の考え方や資質を嘆き球団体質の改革をしなければならないという意見で終始しました。
    しかし、生え抜きの若い選手が育ってくれるのが最優先ですが、外からの助っ人選手の活躍も楽しみです。
    私としては、上本のセカンドは根気よく使って行って欲しいし、サード今成が良いのでは。ショートは北條を育ててみてもと思います。
    各々パーツをどの場面でどのように使っていくのが最も良いのかを見極めることのできる能力ある首脳陣が欲しい。

  15. yalkeys
    Posted 2014年11月4日 at 13:50 | Permalink

    新井選手が綺麗2死で打席に立った時、(ダブルプレイないから安心して打てよ)とヤジったこともありました。でも大好きな選手でした。パに移籍し2000本安打達成して欲しいです。

    • yalkeys
      Posted 2014年11月4日 at 13:55 | Permalink

      4日のコメントを3日のページに間違って打ちました。変な誤字まで入ってしまいました。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">