「思いやり試合」に負け貯金を使い切る

2回ウラ先発秋山が、相手投手バルデスにもフェンス直撃を打たれるなど連打で2点取られたところで投手交代。島本、二神と繋いだが拙守などもありこの回4失点。阪神は6回にマートンのソロと鳥谷のタイムリーで2点を返したが、再三のチャンスを逃して4連敗。喪章をつけた試合だったが勝利はならず。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

対中日 25回戦 ナゴヤドーム

神 | 0 0 0 0 0 2 0 0 0 | 2
中 | 0 4 0 0 0 0 0 0 x | 4

勝:バルデス5勝8敗0S
S:浅尾1勝0敗3S
敗:秋山0勝1敗0S
HR:マートン ソロ9号
阪神:秋山 – 島本 – 二神 – 歳内 – 高宮 – 安藤
中日:バルデス – 祖父江 – 田島 – 又吉 – 岡田 – 浅尾

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「残り全部勝つつもりで」という言葉が出る時期、そのとおりにしているヤクルトと読売が残り、そうできずに全部負けてしまった阪神が落ちた。球団経営的にはたとえ優勝を逃しても、クラシリを主催できる2位は取らなければいけないのだけれど、あっという間に置き去りにされてしまった。かくなる上は同じく置かれてしまった広島との3位争い。一気に貯金をすべて吐き出した今の状況では、Aクラスキープさえ危ぶまれる。勝負は怖い。

中日ドラゴンズのご好意で、中村GMがいつも観戦していた席に花を供え、一緒に喪章をつけてプレーしてくれた試合。阪神側は、現役引退する谷繁に長年ともにプレーした福留が、和田一浩には鳥谷が、それぞれ花束を手渡した。数日前までの「絶対に落とせない試合」という雰囲気より、何かお互いを思いやるような試合だった。

序盤から守備で集中を欠いたプレーを続けてしまったゴメス。厳しさの感じられない投球であっさり失点を重ねてしまった秋山。2回、ピンチで登板した島本が苦しみながら亀澤から三振を取って二死満塁。この良い流れを遮ってまで左右にこだわり二神にスイッチした和田監督だったが、「こだわり倒れ」に終わり、ルナ、平田に連続押し出し四球。和田監督は悔いがないよう、自分の思う通りにやりきったのだろうから、結果は受け入れるしかなかろう。

それにしても12安打を放ち、6四死球をもらいながらわずか2得点。まるで細心の注意を払って得点が入らないようにするゲームみたい。困った問題だ。でも江越、梅野は良かったね。せめて彼らがシーズンを戦いきって、自分たちの力が及ばずに悔しい思いをする…そんな成長のあるペナントレースであってくれれば良かったのに。何を言っても虚しいけれど、そういう理屈が通じる阪神タイガースであって欲しい。

ぼけぼけしたぬるい試合しとる場合じゃないぞ。プロ野球はずっと続いていくんだ。残り試合→クラシリを来季に繋げていくことを考えろ。しっかりやろう。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

25 コメント

  1. サヨナラ3ラン
    Posted 2015年9月25日 at 08:14 | Permalink

    中村さんの急死というショッキングな出来事も加わり
    優勝という目標も消えて、戦意喪失、消化ゲームって感じだった
    んでしょうか。ゲームを観ていなくても想像はつきます。
    和田も、ちょうど辞任を表明するには良いタイミングだと思う。
    もっとも和田が辞めたところで社長にミナミがいる以上は
    このチームが変わることなどないのだけれど。
    今朝のサンスポには金本監督の待望論なんて言う記事が出ていたが
    個人的には金本監督は ありえない。
    個人記録に執着する人間が透明性のある選手起用や育成など
    できると思っていないから。
    先ず、このチームは劇薬が必要。
    監督は原や落合のような(現実性はないが)人事が必要。
    少なくとも和田には最後の置き土産に 鳥谷のフルイニング停止と
    サードコンバートを残り試合で実現してほしい。
    今後のために絶対に必要なこと。
    ここが来期以降の間違いなくキーポイントになるだろう。
    って1年前も同じこと書いているけど。

  2. Posted 2015年9月25日 at 08:59 | Permalink

    中村GMの喪章を着けての戦い、あんな内容のゲームで恥ずかしくないのか?
    すっかりドラゴンズの「谷繁&和田祭り」に花を添えてあげた「思いやり」というか「お人好し」のゲーム。

    ゴメスのエラーやエラーに記録されないミスも痛かったですが、先発秋山は過去最悪の投球でした。
    普通の投手なら、初回のピンチに平田のジャストミートが外野手正面で助かったツキを生かし2回から立ち直りそうなものですが……
    スパッと代えた和田監督の判断は良かったと思います。
    しかし、二神の一人相撲が痛かった。

    打線もお馴染み「あと一本が出ない残塁祭り」!
    この日も左右病でサードは良太。状態のいい今成や、関本を使うという方法はなかったのか?

    優勝が完全に消滅した今、いい意味で開き直って欲しいです。
    投手関係なく梅野を使い、左右関係なくセンター江越、ゴメス・マートンを抹消し、ペレスやサンティアゴを試すのもいいかも知れません。
    希望が見える戦いを望みます。

  3. こうさん 
    Posted 2015年9月25日 at 09:12 | Permalink

    両チーム合わせて10個のフォアボール。ふあっとした試合だった。以前「花束の疑問点」を書いたが、鳥谷がキャプテンの務めを果たせて良かった。
    もう試合の経過はトラオさんの記事で充分かな。
    ただ1つ。終盤、9回だったか。笑顔の福留と鳥谷がカメラに抜かれた。笑顔の理由は解らない。けど中村さんが亡くなり負けてる試合で笑顔になれる神経が解らない。
    あまりにも情けなくて怒りを通り越して呆れて俺も笑ってしまった。同時に涙が溢れた。笑い泣き?怒り泣き?呆れ泣き?どの感情なのか自分でも解らなかった。
    …もう何がなんだか。読売に介錯されて中日に止めを刺されたと試合を観ながら思っていたが、福留と鳥谷に止めを刺されるとは…。ボロボロになりながら「切り替えて。まずは一勝。」と言ってる和田に初めて同情した。

    • 月見草
      Posted 2015年9月25日 at 11:28 | Permalink

      選手の表情にたいして批判するのはやめましょう。心の内は誰にもわからない。笑顔の裏に涙あり、むっつりの裏にスケベあり。かつて松坂は清原にホームランを打たれて笑みを浮かべ、イチローは凡退の打席でバッティングをつかみ、笑みを浮かべた。選手もそんなところまで批判されてはたまらないのではないでしょうか。

      • こうさん 
        Posted 2015年9月25日 at 12:06 | Permalink

        誰か理由が解れば教えてほしかったので。批判したいと思って書いてませんでしたが、気を付けます。

        • こうさん 
          Posted 2015年9月25日 at 14:54 | Permalink

          やっさん様、ありがとうございます。長くなるので、こちらで返信させていただきます。全員に「批判的だ」と言われたら俺の観察力不足ですが、同じ考えの方々がいるのは、やはり野球の楽しいところだと思います。もちろん楽しい雰囲気のベンチが一番だと思いますが、昨日は楽しくなる理由が俺には解りませんでした。それこそ今のソフバンのベンチが暗い雰囲気になるのと同じような(上手く伝えられませんが)。工藤監督が優勝後に言ってました、「俺は1ヶ月に1回は2軍の監督と話してるよ。しっかりとね。それと上の選手が、こんなに練習するチームを俺は見たことがない。」と。どちらもヨダレが出ました。栗山監督といい工藤監督といい「高校野球に何かしらのヒントが…」と思わずにはいられません。日本では12人しかなれない1軍の監督。誰かに守られてる監督は何かを守ることに執着しているような。タイガースだけかもしれませんが。さすがに昨日の試合でJスポーツチャンネルを解約しました。今日はテキストで試合を追います。

  4. としとまき
    Posted 2015年9月25日 at 09:17 | Permalink

    ぬるい試合と言う言葉がぴったりやった試合やった。
    プロ野球界はなんやかんやで精神論の世界。験担ぎはもちろん、野球の神様的な発言する選手がたくさんいる。そんな世界に身をおいてる阪神選手には意地とか気合いみたいなものを全く感じない。
    昨日の試合なんかはまさしくそう言ったものを感じさせてくれる事を期待しててんけどな。
    和田監督が辞任で金本や岡田の名前が出てるけどこのチームは昔から言われてるフロント背広組からごそっと変えてゼロからチーム作りせん限りあかん。目指す野球がフロントと現場で違いすぎる。
    金本、岡田は目指す野球がフロント背広組とちゃうやろから意見ズバズバ言うやろなぁ〜
    どっちかが監督するの見てみたいけど…..

  5. 西田辺
    Posted 2015年9月25日 at 09:51 | Permalink

    秋山なぁ・・・
    いつもいつも同じことを繰り返してますね。
    チャンスで凡退した後、危ないなぁと思ってたんですが案の定崩れてしまいました。
    本人じゃないので分からないんですが、精神的な切り替えが上手く出来ないんでしょうか。
    ある時突然、ピッチングに集中できないように見える時があります。
    フォームを気にしたり、攻撃時のミスを引きずったり。
    期待はしてるんですけどねぇ・・・。
    中々応えてくれませんねぇ。

    和田選手引退
    生涯打率3割超えは素晴らしいの一言。
    西武・中日と強いチームを渡ってきた経験を活かして、良い指導者になると思います。
    あの豪快なフルスイングが見れないのは寂しいけれど、自身の決断ですから
    止める術はないですよね。
    19年間、お疲れ様でした。
    谷繁捕手引退
    近年の強い中日の象徴のような選手。
    憎たらしいまでに、阪神打線が手玉に取られてました。
    監督との兼任もそろそろ限界に映ってましたし、本人もそれを感じていたかも知れません。
    まだ敵将として対峙しないといけませんが、一先ず選手として一区切り。
    こちらもお疲れ様でした。

    タイガースの周辺も何やらキナ臭くなってまいりました(笑)
    誰が指揮を執るにしても、「チームの立て直し」から始めなくてはならないでしょうね。
    それほどまでに、傷みが目立つようになって来てます。
    先発・中継ぎの整備。
    外国人選手頼みのチーム体質からの脱却。
    35歳以上の選手がいるポジションの世代交代。
    生え抜き中心打者の育成・起用。
    はてさて、この火中の栗を拾える人は誰になりますやら。

  6. yalkeys
    Posted 2015年9月25日 at 10:04 | Permalink

    一時(それもつい最近まで)併走していた3球団から、脱落したのがタイガース。創立80周年と言う節目の年、一番モチベーションが高くなければいけないチームのハズがこの体たらく。戦力的にもライバルと大差ないのに何故でしょう?
    いろいろな分析がなされていますが、究極的には、和田監督の力不足に帰結すると思います。「万死に値する」と思います。
    残り7試合で4勝しないと負け越しとなる事態は、情けない・・と言うより、怒りの気持です。広島がCS進出した方が、間違いなく盛り上がるんではないでしょうか。

  7. 生野の虎
    Posted 2015年9月25日 at 10:14 | Permalink

    和田監督が指揮を執った4年間で何か変わった所があるのだろうか?ただただ年月が流れただけで、同じ事の繰り返し。藤浪がようやく一人立ち出来そうになってきたくらい?

    日々切磋琢磨している選手もいると思います。「人は育てるのではなく、人は自ら育つ。」のだと思いますが、その努力が結果に表れない様であれば、考え方方法が間違っている可能性もあるでしょう。その際の手助けやヒントなどが監督、コーチ(スパイス)なのでは?

    なんとなく過ぎ去ったように思う4年間。広島やヤクルトなどは若手など自前の選手が育ってきている。隣の芝生は青く見えるものだが、何とも羨ましい。

    今後どなたが指揮を執るのか知らないですが、適材適所しっかり適正に合った人を登用して欲しいものです

  8. やっさん
    Posted 2015年9月25日 at 10:54 | Permalink

    谷繁、和田、お疲れ様でした。あなた達の勇姿忘れません。
    ありがとう!!

    和田監督の今季限りが決まったみたいですね。
    来期監督は岡田か掛布か金本が有力とか?
    兎に角、若手、ベテランをうまく活かせる指揮官がいいですね

    18日から始まった12連戦、18日って何位でしたっけ?
    アホらしくってそんな事も分からなくなった今日この頃です!!
    先発が、中継ぎが、打線が、と言っても10年ぶりの優勝の芽を
    摘んだのはマートンとゴメスの低迷と思っています。
    残り7試合まだ使うのでしょうか?
    守備力の無いマートンとペレスなら私はペレスを見たい。

    残り7試合、まだまだホーム開催の芽は残されている、
    がんばれ阪神タイガース!!

  9. 南の虎
    Posted 2015年9月25日 at 11:35 | Permalink

     7回の攻撃。1死1・2塁。相手投手は右の田島。当然、代打・今成がコールされると思っていたら、そのまま良太で最悪のゲッツー。良太は好きな選手だし頑張って欲しいけど、今シーズンの成績や今の調子では期待できない。良太を我慢強く起用するなら、江越や梅野(昨日に関しては島本も)我慢強く使って欲しい。
    9回の攻撃。ゴメス・マートンがあっさり凡退した後も、「まだ2点差や。江越・梅野に回してくれ!。」と願って良太の打席を見ていたら、笑顔で福留に話しかけている虎のキャプテンの姿がカメラに抜かれた。
    こうさん様もコメントされていますが、あのシーンを見たら、あまりにも情けなくなってしまった。必死に応援している自分が虚しくなった。
    現役時代の金本氏は、内野ゴロで全力疾走しなかった鳥谷を叱責したと聞く。下柳氏は、星野監督時代に大ベテランの広澤さんが星野監督にドヤされているのを見て、チームが引き締まったと言っていた。
    来シーズン監督が代わるなら、ベテランや主力にはっきりものが言える人にやってほしい。
    ベテランや主力の必死さがなければ、虎は変わらないのでは・・・。

    • こうさん 
      Posted 2015年9月25日 at 12:11 | Permalink

      ありがとうございます。自分の書き方が拙いばかりに伝わりませんでした。俺も同じ気持ちになりました。あまりにも和田のコメントと選手の気持ちに差がありすぎるようなシーンでした。

      • やっさん さんのアバター やっさん
        Posted 2015年9月25日 at 14:13 | Permalink

        こうさん、
        私もあのシーンを見て違和感を感じたひとりです。
        例えばソフトバンクの松田キャプテン、ベンチのフェンスに身を乗り出し常に仲間に声をかけ鼓舞していますね。性格の違いと言ってしまえばそれまでですが、鳥谷にはもっとキャプテンシーを出してほしいです。阪神では禁止なのでしょうか?
        チーム一丸となって勝ちに行く姿見たいものです。

    • 南の虎
      Posted 2015年9月25日 at 18:06 | Permalink

      コメントを投稿した後に、月見草様・いわほー様、他の方々のコメントを拝見しました。確かに、その通りだなと思いました。
      どれだけ不満を言ったり他を羨ましがっても、他のチームのファンになることはできない。最後までタイガースを応援します。

  10. とし虎
    Posted 2015年9月25日 at 12:04 | Permalink

    2点ビハインドの9回ツーアウトランナーなし、絶体絶命の場面でベンチの鳥谷と福留が談笑している所が映し出された。緩いベンチのムード、ベテラン選手、外国人選手の対応を含め「そら勝たれへんわ!」と感じた。来年はその辺から締めていかないと優勝は出来ません。
    中日和田選手の引退セレモニーでタイガースファンからも和田コールが起こってましたね。少し気持ちが和らぎました。

  11. 黄金バッテリー
    Posted 2015年9月25日 at 12:34 | Permalink

    次のの監督を誰にするかもだいじですが、その前に、もしGM制度を維持するのであれば、GMとして誰を選ぶかで今後のタイガースの姿が見えてくるように思えます。

    中村さんがおこなったことで、もっとも成功したひとつは、掛布のきよう

  12. 黄金バッテリー
    Posted 2015年9月25日 at 12:39 | Permalink

    起用だつたと私は考えています。

    今年平田をヘッドに起用したのは、もしかしたら次の監督候補として考えていたのかと思います。もしそのシナリオ通りになったとさるなら、平田の資質は別にして、かなり失望しますね。

    中村体制のおわりとともに、まずはしっかりしたGMを、招き入れ、それからすべての体制を詰めていって欲しいと思います。

  13. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2015年9月25日 at 12:41 | Permalink

    お通夜の席で友人らと談笑していると、たまに気分を害されたご親族の一人にドヤされることがある。
    ま、仕方のないことかもしれませんが、苦虫噛み潰した表情で一時間も二時間もは苦痛だしね。
    緊張感も大事だけど、緊張を持続するためには適度な緩和も必要なのかも。

    秋山よ、そろそろ野手転向考えて見るか?

  14. 虎見
    Posted 2015年9月25日 at 13:18 | Permalink

    中村さんの御冥福を御祈り申し上げます。
    2軍監督時代から私の阪神タイガースの記憶にずっとおられる方です。昨日の雨は涙雨だと思いました。関係者の皆様の気持ちを考えるととても胸が痛みます、特に失速の現場にいる監督選手方の辛さはいかほどでしょうか。80周年で内外とも盛り上がる中、失速の最中同行され共に戦っていらっしゃったGMの訃報です。とてもショッキングで辛く悲しい出来事です。どうか残りの試合、後悔のないよう、御供養になる試合運びになるよう只々祈らざるを得ません。大変微力ではありますが、いつなん時どの様な時も阪神タイガースの皆さんの味方ですし応援し続けます。

  15. 星の輝き
    Posted 2015年9月25日 at 14:00 | Permalink

    私が次期監督に一番お願いしたいのが「チーム」を作って欲しいということです。
    「覇気が感じられない」理由は何なんでしょうか?
    監督に求心力がないのか?選手側に問題があるのか?
    私は外国人頼りだとかベテラン偏重だとか、生え抜き不足なんて問題は気にしなくていいと思います。
    常に若手を求めたいのはファンが将来への不安を払拭したいだけであって、現時点で実力が上であるならば必然的にそうなるのが当たり前だと思うのです。スタミナ等の不安があるなら、休ませつつ使えばいいだけです。
    我慢して若手を使って育てろというのであれば、勝敗は無視してそうすればいい。
    若手の覚醒ってのはいつ起こるかわかりませんからね。
    要は「チーム」としてのバランスが大事なんだと思うんです。
    また和田批判になって申し訳ないけれども、選手起用から作戦選択に至るまで、常に小さく狭くさせてしまって、いざとなったら出せる策がないばかりか、自軍の選手にプレッシャーまで掛けてしまうという悪循環を引き起こす。
    他に最善手があるかもしれないのに、いつも自分の決めた作戦を頑なに守り続けて、それでだめならしょうがないと開き直り、選手の責任にする。
    まるで監督の石頭が全てに伝播したかのような「フリーズ野球」、これが和田野球の神髄です。
    勝負事とは常に相手のあることで、相手が嫌がること、相手が想像もしていないことをやりながら、硬軟、強弱、遅速等を織り交ぜることが肝要です。
    それと、最後に「明るいチーム」を作って欲しいですね。
    確かにベンチ内での「ニヤケ」は気になるところですけど、何を話してるのか分かりませんし、考え様によっては「お通夜」みたいなベンチよりは数十倍いいような気もします。
    プレジデントオンラインに『プロ野球No.1監督が判明!「ポジション別」野球人物学』というコラムがあって面白い記事がいっぱい載ってます。
    これを読むと、次の監督には懐が深くて、我々素人の勝手な野球観を思いっきりひっくり返してもらえるような人にお願いしたくなりますw

  16. hi64
    Posted 2015年9月25日 at 14:31 | Permalink

    試合は全く見てませんが、まるで見たかのように想像出来る試合です。
    もうCSの勝ち上がりすら選手も諦めたってことでいいんですよね。

    とすればこれからの試合を少しでも意味のあるものにするために、選手を入れ換えるべきです。
    先発には横山、リリーフに石崎を使ってみてほしい。
    サードは北條、レフトにペレス。
    あとは中谷、隼太。
    この辺りを使ってCSを取りに行ってほしい。
    4位になってもいい経験になるし、CS行ければそれこそ大化けも期待できます。
    ま、やんないだろうけど。

  17. TJ風船
    Posted 2015年9月25日 at 19:46 | Permalink

    谷繁選手、和田選手お疲れ様でした。隆盛(竜盛?)を極めた落合ドラゴンズの主戦中の主戦。憎たらしいことこの上ない敵でしたが、いざ引き際となると寂しいですね。また2人共に移籍選手にもかかわらず手厚くセレモニー出来るのは本人達の血の滲む努力があったのだなぁといち野球ファンとして思いました。

    さて一部報道されてましたが…残り何試合になるかわかりませんが、私もさすがに開き直って和田野球を「堪能」したいと思います。徹頭徹尾、和田の考えで通して完結していただきたいです。
    ま、やるのは選手なんですけど。まさか選手までこの9月を「知ってた」なんて腹の中で…んな訳ないですよね(涙)。スンマセン。

    頑張れ能見さん。

  18. 英くん
    Posted 2015年9月25日 at 22:12 | Permalink

    昨日も試合は観れなかったのですが、私が密かに期待している秋山が不甲斐無い投球で早々と降板した様で残念です。

    いわほー様も書かれていますが、そろそろ野手に転向も考えないといけない時期ではないでしょうか。球団からもその話がでてきてもおかしくないのでわ。
    年齢はまだ若いと思いますが、高卒で入団して未だに目立った成績を残せていないのでは致し方ないと思います。

    本当は投手、秋山に頑張ってもらいたい。私を見返してくれ。

  19. 熊虎
    Posted 2015年9月25日 at 22:51 | Permalink

    この期に及んで・・・と言われそうですが、今シーズンのタイガースの興廃は明日の一戦にあります。
    苦言を呈させていただけば「タイガースの評論家」の皆様は勝つことに鈍感すぎます。敗北宣言が早すぎます。勝利に対する貪欲さの対極は無欲ではありません、無気力です。
    連敗しようが、3位に落ちようが、監督解任報道が出ようが、手前の無気力を応援するチームに投影するのはファンとして御法度です。
    そりゃ現状は理解してますが、私は「評論家」なんて自認していませんし、単なる阪神ファンですから数字眺めて「もう優勝も同然」とか「もう絶望」とか、全然立場が違うんで話が通じないことこの上ないでしょう。

    今シーズン最後のマエケンとの最終対戦。ここを勝利で切り抜ければ残り広島1試合。後は甲子園3試合神宮1試合、おまけに日程的にローテーションはベストの布陣が組めます。もっと言えばシーズン最終盤、選手の気持ちやらプライドやら、コンディションの後先やらそっちのけで全力が投入できる環境が整っています。

    勿論タイガースが6戦全勝をすればの話ですが、(私は打撃陣の復調と先発陣のQS率で不可能ではないと考えています)タイガース74勝。巨人が阪神戦以外で3勝2敗でも勝率で上回り、ヤクルトは厳しいながら2勝4敗なら同率首位で前年順位が上回る阪神が優勝します。
    もっと前に1勝でも2勝でもしておけば勿論有利は承知の上だけど、CS、日本シリーズ、そして日本一を目指すチームのファンとして、重ねて言うけど、「ファンとして」発言させてもらえば、この期に及んでファンのくせに評論家みたいなこと言うなよ!
    とにかく絶対明日は決死の心意気で勝利を目指せ!タイガース!!

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">