西争奪戦本格化

侍おつかれさま!岩貞、今年最後の実戦でいい感触を残せてよかったね。台湾戦で打たれてMLBを抑えてってのも、教訓と自信になる。

「西争奪戦」本格スタート。阪神とソフトバンクの一騎打ちにDeNAも乗り出すとかなんとか、どうなることやら。
本格的なマネーゲームになればソフトバンク以外に勝ち目はないという声もあるが、あそこはあまりにもタレントが揃っているので、かえって「将来不安」というデメリットもある。
そこへ行くってえと阪神のほうは、今ちょうど競争もゆるそうだし、「国産助っ人」はあとあとまで面倒を見るタイプの球団だ。

ここからはテキトーな推論になるが、オリックスから移籍したいと思う人のうち、一定数は「阪神に行きたい」と思っているのではないか。セパの関係性は昔と大違いなのだが、こと阪神地区に限って言えば、「人気のセ、実力のパ」が生きている。なんぼオリックスで活躍しようが、テレビも新聞も阪神阪神……。オリックスのことはチラリと報じればいい方だ。オレだって阪神に行けば、もっとたくさんの人に注目してもらえるのに……それが人情というもの。

今回の西へのアプローチは、糸井のとき同様になにか球団が堂々としていて、自信にあふれているように見える。かなりの好感触の中で進めているのではないだろうか。
知らんけど。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

7 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2018年11月16日 at 09:37 | Permalink

    使える投手は何人いても損はないので、西投手は獲得して欲しいです。

    そこで、今日のコラムを読みながら「おーっ西投手獲れそうやん↑」と期待感が高まりましたが、最後の「知らんけど」で「おーい知らんのかい↓」となってしまいました(笑)。

    まあ、あまりにも高額なマネーゲームになるようなら人的補償や助っ人たくさん補強できる事も考慮して「勇気ある撤退」でも良いとは思います。

    余談ですが読売さんはカープ丸に法外な額を用意するとのウワサですが、あんな事をするとチーム内競争の原理が揺らぐでしょう!知らんけど。

  2. 西田辺
    Posted 2018年11月16日 at 10:39 | Permalink

    終わってみれば日米野球も日本の5勝1敗。
    まぁ、これを以って日米の実力差が云々とは言えないけど、気分が悪かろう
    はずはない。
    「もうチョット気合入れて来いや!メジャーリーガー!」と、今回はイキって
    やろう(笑)
    こういった催しに一切選手を輩出しない球団もあるし、投手も若干格落ちの
    メンバーでもありました。
    でもまぁ、モリーナの健在ぶりも見れたし、若いアクーニャJrやソトと言った
    新しい力も画面を通して確認できた。
    岩貞も台湾戦(あれは調整不足で致し方なし)からよくぞ立て直してくれました。
    2試合投げて1回2/3と2回1/3。
    回跨ぎばかりでシンドかったと思うけど、来年のプレミア12や再来年の五輪
    メンバーに選ばれるといいですね。
    これで見る野球は見納めかと思いきや、来週24日から台湾でのウィンターリーグ
    が始まります。
    ウエスタン選抜に阪神から選ばれたのは、濱地・石井・長坂・藤谷の4選手。
    寂しい事に、これは1球団辺りの選出数としては中日と並んで最少。
    コーチとして安藤投手コーチも帯同します。
    国外で、他チームの選手と混じってプレーが出来る又とない機会。
    シッカリ色んなものを吸収してきて欲しいですね。

    今年のFA宣言選手は5名(国内3名・海外2名)。
    既に昨日、西武の中村剛也は宣言残留を公示されましたので、残るは国内宣言の
    丸(広島)・浅村(西武)・西(オリックス)と海外宣言の炭谷(西武)の4名。
    それぞれチームの中心選手ですから、引く手も数多。
    とんでもないお金が飛び交うんでしょうね。
    丸・浅村と言った強打者でなく、投手力の補強にターゲットを絞った阪神。
    そこには、我々の知らない戦力面での計算があるのでしょう。
    誰が何処へ行くかなんて我々が知る由もありませんが、適正な価値判断で適正な
    戦力補給にして欲しいですね。

  3. 虎轍
    Posted 2018年11月16日 at 10:41 | Permalink

    西を獲得出来ても人的補償で若手を持っていかれる事を考えれば撤退でもええと思いますがね。
    西に負けへんくらいの若手はいっぱい居るんやから、来年は竹安、福永、濱地が頑張ってくれるはず。
    メッセンジャー、藤浪、岩貞、才木、青柳がローテに定着してくれる!
    広島を自由契約になったジャクソンはどうなんやろ?
    広島を出たサファテ、ミコライオは活躍してたよなぁ…

  4. 大和
    Posted 2018年11月16日 at 10:53 | Permalink

    昨日の関西ローカル番組でも下柳が「西いるか?点取れんねやから浅村やろ。大阪出身やし」って言ってましたが正にその通りだと思います。

    20億円もそこに使うならもっと有意義な使い方があるでしょう。それこそ丸や浅村を取った方がよっぽど戦力アップになるかと。
    何ならエルドレッドやマギーでも保険で取ったらいいと思いますが。

    逆に今年の最下位の戦力のままで来季に大逆襲して世間をギャフンと言わせてやれ!と思います(笑)

  5. なかっち
    Posted 2018年11月16日 at 12:20 | Permalink

    カープを自由契約となったジャクソンはほしい人材の1人ですね。経験もあり、中継ぎ陣が高齢化してます。おまけに岩崎を先発に回しますから。
    先日ナバーロ残留が発表されましたが、もう1人の野手と中継ぎ候補の外国人2人に先発タイプの外国人1人はほしいでしょう。

    西獲得は人的補償が心配ですが、計算出来そうな投手は何人いても良いと思うので、私も賛成です。
    過去オリックスから移籍してきた選手(トレード含む)って結構タイガースで活躍しているイメージがあります。
    (松永は大した活躍もしてないのに甲子園を砂場呼ばわりしたので大嫌いですが)

  6. 虎蜂
    Posted 2018年11月16日 at 12:40 | Permalink

    バファローズの選手からすればタイガースは住環境をあまり変えなくていいメリットが大きいでしょうね。お子さんがいれば尚更。
    ホークスの場合、競争は厳しいですが安定して優勝争いに加われるということはあるでしょう。まさに選手がよく言う「厳しい環境に身を置きたい」というやつですかね。
    私も何となくですが、タイガースは西について確証めいたものがあると思っています。人的補償も期待の若手を取られることはないのではないかと⋯知らんけど。

    そりゃ丸も浅村も欲しいですけど、西同様ある程度話はついているのだと思います。しかし、どちらもまだまだ働き盛りの年齢。移籍となれば来季の戦力図に大きな影響を及ぼすでしょうね。

  7. こうさん
    Posted 2018年11月16日 at 12:50 | Permalink

    西は獲らなきゃ。計算できる選手に金を遣うって何年振りだ?若手や中堅の年俸を抑制するんだから結果を示さないと。タイガースに来るなら勝てない自分がどうなるのか想像つくんだから、しっかり悩め。南西…関東…やっぱり関西が一番シックリ来るぞ、
    なぁ西。

    先発が足らないのは解ってるんだから補強するのは当たり前。最下位なんだから。…ただ獲ったら鳥谷の2020年が心配。西への年俸、一番作りやすい部分かもしれないから。来季、しっかりと2020年の居場所を作る年にしないとね、競争の中で。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">