8回大逆転を許し先敗

初回、二死から2失点でスタートしたが、すぐに追いつき、粘って終盤ついに追い越して2点リード。あとは得意の逃げ込み態勢へ……というところだったが、詰めの8回で流れを失い一気にまくられてしまった。
全体的なバランスから言うと、矢野監督は「オートマチック野球」より、戦い方の幅を拡げることを優先し、早めの継投突入よりも先発投手にチャレンジさせて成長を求める。難しい判断が必要なときは、後悔するかどうかを基準にする監督だ。
その帰結として、継投が遅れる。ただし、無自覚でやっているわけではなく、それによって得られるものを期待してのこと。フリーズではなく、貪欲すぎ。
矢野監督のギャンブラー気質は、前年最下位チームを引き上げている一つの要素ではあるが、そろそろ「撤退基準」も大事にしながらバランスを整えていってもいい時期。

追いつき追い越し4点取った攻撃はなかなか見事だった。最近、なぜか点を取るときは2点ずつなのがいいね。大山の併殺打と代打鳥谷で好機をフイにした8回表だったが、しっかり振って強い当たりの三ゴロ併殺は「それでいい」。
ただ8回表の「拙攻」により、そのウラ相手に勢いが傾くことを見越し、それをいかに抑えるかというベンチの工夫はあってよかった。

やすやすと西にやられてたまるか、阪神に負けられるかという意地に屈したが、こちらとしても絶対に負け越せないカード。今日は大事な土曜日だ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

10 コメント

  1. 虎ジジィ
    Posted 2019年6月15日 at 10:09 | Permalink

    矢野監督は「俺の継投が一個遅れた」と言うけど、
    投手のせいではない。

    やはり8回の無死1、2塁で四番大山をゲッツーを取られた時点で流れがアチラに行ってしまった。
    直後の代打鳥谷も疑問が残る。
    相手があの程度の投手のところで切り札の福留を使いたかった。

    西はロメロに食らったツーラン以降はほぼ完全に抑えていたので、8回の続投は当然(に見える)。
    だけど西には「ああいうところがある」という事は頭に入れておかなければいけない。

    個人的には今季の西を観て「あんなに素晴らしい制球と、にこやかな強いメンタルを持ってして、何でオリックスでは10勝止まりの投手だったのか?」
    ずっと疑問に思っていましたが、
    こういう「急変がある」という事を矢野監督も私も学びました。

    PJの穴を孤軍奮闘で支えてきた疲労困憊の藤川球児を責める気にもなれないし、
    その球児が8回投げ終えてベンチに戻ると「スミマセンでした」を声をかける西の姿を見て、本当に切ない気持ちになりました。

    次に西が先発する頃にはPJも戻っているでしょう。
    継投の見極めが難しい西ですが、次回こそ
    この好青年に勝ち星をプレゼントして、満面の笑顔をみたい。

    昨夜は、オリックスの執念=toraoさんの仰るように「西にやすやすとやられるかれ!」が勝っていたという事で納得する事にします。

  2. Posted 2019年6月15日 at 10:20 | Permalink

    勝ちへの執着心でバファローズが上回ったってことにしときましょう。

    西の交代が遅かったのは誰もが思うことですが、toraoさんが仰るように矢野監督の先を見据えた投資が上手く行かなかっただけ。後に活きると思います。PJも居らんかったし。

    近本の元気のなさが気になります。なんとか跳ね返すのか、少し休ませて復調を待つのか。梅雨時期の遠征続きで疲れMAXかな。上本の1番も見てみたいし、少し休んでもいいかなと思います。

  3. 虎轍
    Posted 2019年6月15日 at 10:42 | Permalink

    矢野監督も認めてますが、投手交代が遅かった。
    西は7回2失点(西だけに西っ点)で交代で勝ち投手で良かったんよ。
    ジョンソンが居らへん皺寄せがここでも出てしもたね。
    ジョンソンが居たら…ってタラレバしか出てこないです。
    早く帰って来て!

    打線は逆転はしたんですけど、成瀬に抑えられるって…
    大差で勝つと思ってたのに。
    近本に元気が無いのが心配ですが、近本は野球脳がええから打破してくれるはず!
    大山があのチャンスの場面で併殺にはなりましたが、自分が打てると思って引っ張ったなら、それでええと思います。
    下手に右打ちを意識して三振やポップフライより、今日からのオリックスは考えてくれると思いますね。

    タイガースは負けましたが、セ・リーグは上位のアッチもコッチも負けてるから、まだ大丈夫やけど、タイガースだけが勝ってもええんやで!
    今日は岩田が6回2失点以上の快投を期待したいです。
    打撃陣は相手チームより得点してくれ!
    頑張れ岩田!
    勝ってくれ!タイガース!

  4. Akira28
    Posted 2019年6月15日 at 11:18 | Permalink

    過去の経験から言うと、8回頭から藤川がセオリーだと思って心配してたら、案の定やられましたが、矢野監督の思いは、今朝のtraoさんのコラム通りだと思います。
    また、虎ジジィさんが仰っているように、あれが西の欠点で、オリックスで2番手に甘んじた元凶です。
    メッセに比べて若い西がまだ100球に満たない球数なら、せめて8回は持ち堪えないといけませんが、それが出来ないから、私は何回も西の継投は早めだといい続けてきました。継投が決まっていれば今頃8勝してますよ。
    でも、今日が岩田なんですから、矢野監督始め、ベンチも今日に備えてリリーフ陣を休ませておきたかったはず。
    西には8回の先頭バッターにもっと集中して欲しかったし、虎轍さんが仰るように打線はもっと成瀬を攻略して多めの点を取らないと。
    虎ジジィさんがご指摘されているように、流れが相手に行ったと感じられる展開だっただけに8回の先頭バッターが出た時点で、ベンチにも早めの対策が欲しいとも言えます。
    負けましたが、traoさんが仰っるように色々な意味で、学ぶことが多かった試合でした。
    ただ、今年の矢野虎には粘り強さを感じさせてくれます。
    今日、明日の戦い方に期待します。
    以上、

  5. こうさん
    Posted 2019年6月15日 at 11:19 | Permalink

    先日のコメントに書いたが矢野監督は失速とCSを見ているはず。まだ先発で勝負できる範疇なのだろう。ジョンソンが長期離脱するかもしれない、この先。その時に狼狽えないようにする為に地固めしている段階。

    大山を4番から外さないのは賛成。だが敢えて書く。大山よ、4番に座れるのは、タイガースの4番を名乗れるのは当たり前じゃないからな?「強い外国人が来たら外れるんでしょ?」なんて思ってないか?もっと執着しないと❗育てようという球団に甘えてたら独り立ち出来ないぞ?変な余裕なんか、まだいらねぇよ?もっとガムシャラでいいんだよ?

  6. 大和
    Posted 2019年6月15日 at 11:22 | Permalink

    SNSに罵詈雑言が飛び交う中、皆さんは本当に優しいですね。
    私は「また同じ失敗繰り返すんや・・・」と正直呆れていましたが。

    同僚のトラキチとリアルタイムでLINEでやり取りしてて「これが矢野野球や。矢野が辞めるまで先発を引っ張り続けることを覚悟しとけよ」と通告を受けました(苦笑)

    大山は成長への糧として仕方ないと思いますが、代打鳥谷とまたまた先発引っ張り炎上はいただけません。
    PJがいたらという意見もありますが、PJがいても西は8回も続投でしょうから同じ結果になっていたことでしょう。
    これがヤクルトやベイのように頼りない中継ぎしかしないチームならまだしも、タイガースは他チームなら勝ちパターンを任せられる能力を持った投手をキラ星の如く抱えているチームです。
    PJの離脱で守屋や島本をもう一段高いレベルに飛躍させるさせる格好の機会だとも思いますが、メッセや西を続投させて何かチームに得るものがあるのかは甚だ疑問ですね。

    某解説者も言ってましたが、勝ちパターンで逆転負けしたら誰もが納得するだろうということです。敢えて納得しないのは先発投手ぐらい。
    特に私が懸念するのは、先発の続投のシワ寄せでより厳しい場面での登板になってPJも球児も守屋も島本もドリスもみんな肉体的に疲労がかさみ精神的にも傷ついてしまうことです。

    もちろん矢野監督のモチベーターとしての能力は大いに買っていますので、辞めるまでこういった采配を繰り返すのではなく、進化して歴史に残る名監督となって欲しいと心の底から思っています。

  7. 設楽文男
    Posted 2019年6月15日 at 11:51 | Permalink

    昨日の負けは防ぎようのなかった敗戦です。矢野監督が自分の継投が一歩遅れたと言っていますが、現在の陣容では仕方がなかったと納得しています。(継投が遅れるのはいつものことですが)。確たるクリーンアップ、絶対的なエースが他チームに比べて、存在しないということを踏まえて、現在出来ることをするためには、どうしたらいいか。過去タイガースは中継ぎ投手を何人も酷使で、潰してきた。久保田、西村、桑原(現在の様子はわからないが)岩崎(昨日のウエスタンで一回で痛烈なホームランを2本も打たれていた。)攻撃にあまり期待できない現在、中継ぎで自信をつけつつある守屋、島本をもう少し信頼してジョンソン、藤川、能見、たちの負担を少しでも軽くしてあげるとともに浜地やファームの有望株の投手の底上げに全力を尽くすべきである。攻撃のほうはもう、期待しない。陽川(昨日のウエスタンではすごいホームランをうったが、上にあげると全くダメ、)中谷(やはりウエスタンでは強烈な2ベースをうったが相変わらずボールの見極めができていない)その他、上で使えそうな選手は今のところ見当たらない。そう考えたら、投手陣の今一つの底上げしか考えられない。うかうかしていると、ベイスターズの戦力は投打ともにすごいので、今の地位も危ない。そうならないように頑張って欲しい。それにしても、鳥谷の一つの枠はもったいない。本人も居心地が悪いと思う。ファームでもう一度鍛えなおして欲しい。今のままでは全く期待できない。

  8. なかっち
    Posted 2019年6月15日 at 12:44 | Permalink

    西の続投には私は賛成です。西がオリックス時代に急変する投手であったのなら尚更あの場面で乗り越えて欲しかったっていうか、今年1度完封してるわけで、矢野監督は完投を期待していたはずやと思います。


    私も8回の攻撃で流れが変わったと思います。今更大山を4番から外せなどとは言うつもりはありませんが、今の状態やと全く期待は出来ません。ファンがどこまで我慢出来るかにかかってると思います。(矢野監督は外さないと思いますから)




    今日の先発は岩田。彼も今日ダメなら2軍行きやと思います。球数関係なく、5、6回で継投してあげてほしいです。


    野手は山岡を打てるのか甚だ疑問ですが(大山が打てばそこそこ点は入ると思います)

  9. ジュビロタイガース
    Posted 2019年6月15日 at 14:23 | Permalink

    8回もマウンドに上がったのは賛成です。ただ、降りるタイミングは難しかったかな。

    それよりも攻撃陣に問題あり。成瀬からもっと点を取って欲しかった。

  10. yalkeys
    Posted 2019年6月15日 at 16:51 | Permalink

    残念な結果となりました。西も頑張りましたが見極めが大切だと痛感しました。それより「アレッ?」と思ったのは、解説の岡義朗氏のスタンスでした。昨年まではタイガースファンに寄り添った解説でしたが、チャンネルが変わったとたん、オリックス75%位に変身されていることでした。まあ、仕方がないのかも分かりませんが、寂しい気持になりました。
    さて今夜、岩田を援護する打線の奮起が不可欠。そのカギは近本の出塁ではないでしょうか。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">