反撃遅く3タテ食らう

もうシーズンも終盤。振り返ってみると、阪神が読売にちょっと勝てた時期は読売が調子を落としていたときだけで、ほかはものの見事に負けまくった。一時は集団に吸収されかかった読売だったが、シーズン序盤と同様、阪神に勝ちまくることでまた逃げ切り態勢に持ち込んだ。

なんとも残念な現状だが、ありのままを受け止めないといけない。へんに過小評価するでもなく、もちろん過大評価もせずに、先を見ていかないとね。
いつも最終的に頼りにする存在感抜群の福留だが、もうこれ以上の数字を望もうとしてもそれは虫が良すぎる。
ベテラン、外国人がダメなら、みなコケるというチームから脱却するために、「投資」もおこたらずに。
m(_ _)m


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

12 コメント

  1. 西田辺
    Posted 2019年8月19日 at 07:54 | Permalink

    もしかしたら・・・とは思ってましたが、ホンマに3タテ喰らうとは。
    ガルシアは相変わらず。
    もっと真っすぐを有効に使えばいいのに、どうしても変化球に逃げる悪癖が
    あり、そこを付け込まれてポンポンと点を与えてしまう。
    打撃陣も相変わらず。
    ホイホイと相手の配球のままに凡退を繰り返す。
    具体的な攻略策はチームとして何も見てきませんでした。
    中盤疲労の色が濃くなった山口から、何とか3点は奪ったものの追いつく事なく
    逆に引き離されてジ・エンド。
    いやぁ、毎年毎年読売に貢献してますねぇ。
    これで8年連続負け越しだとか。
    何が伝統の一戦ですか。
    そんな看板さっさと降ろしてしまえばいいんですよ。
    一方的にやられる姿を、多くの客に見せるだけの伝統ですか。
    恥ずかしい限りですよ。
    タイガースのアイデンティティを、もう一度思い出して欲しいです。

  2. Posted 2019年8月19日 at 07:58 | Permalink

    今日も負けるやろうなって思いながら観てたけど案の定負けた。もう悔しくもなんともない。選手から気迫は伝わってこないし、ベンチも選手任せの消極的な作戦ばかりが目に付く。目立ったのは木浪の猛打賞くらいか。矢野監督は「ここからどう戦うか」と言ってますが、どこに目標を設定しての言葉なのか。こんな状況でまだ「CS目指します」って言うつもりなのか。もう来季に向けてシフトすべき時が来たと思います。福留に替わる人材の育成(高山が最有力)や、外国人の残留テスト、未だファームで燻っている中堅選手の見極め、若手野手の経験値アップ。色々やることはあります。30試合残した状態でやっていけば来季に繋がることは沢山できると思います。

    異を唱える人は多いと思います。ですが、私はあえてこの時期に切り替えるべきかと思います。

  3. こうさん
    Posted 2019年8月19日 at 09:23 | Permalink

    開幕前、タレントばかりのコーチ陣が集まった読売を見て、俺を含めた皆様は「今年の読売は怖くない」と思ったはず。…まさか、こんな8月になるとはね。「それでも勝てる」という確証があったからか、原監督には「したたかさ」が倍増されているように感じる。外国人へのバント指示は「優勝、CS、日本シリーズと続くが、ベテランも若手も外国人も関係ないよ」という強い意志の表れ。それを示す為に使われたのがタイガース。試合中に、それをやる余裕が読売にあるということ。もう星野さんに抱き締められた原監督はいない。

    昨日のコメントの続きになるが、今年の課題を秋や春のキャンプで克服できても他球団は「その先に行っている」ということに気付かなければならない。イチローが言っていた「毎年、何かを変えなければ通用しない。」という言葉。誰もそれを出来ないなら来季も一緒。

    はっきり書く。今、福留と糸井と鳥谷を放出して、どの球団が手を挙げる?タイガースは「それ」に頼っているのだ。もし読売の坂本がFAしたとしてもタイガースに手を挙げる勇気はない。タイガースファンが怖いからね。そして来季も変わらない…いや変わろうとしないベンチに優勝を迫る。 前回の監督時「若手を使え‼️」と読売ファンに言われていた原監督。今シーズンは、それも克服し読売ファンを納得させて喜ばせている。

    矢野監督は「動く野球」に見切りをつけるのが早すぎた。一年間やってみて来季への課題が出るんじゃないだろうか?若い選手のスタメンなのに重いんだよね。

    来季は選手の「適材適所」。これを見付けてあげないとね。近本はフルにマークされるよ。

  4. 尼崎のひでさん
    Posted 2019年8月19日 at 10:01 | Permalink

    東京ドーム一戦目の嫌な負け方をしたときから、これは3タテあるかもとは思ってはいましたが・・。
    読売はほぼ裏ローテ、打線も若手重用もあって、一部以外は迫力なし、かたや高橋、西、ガルシアだったので、すべては1戦目次第だったのに。序盤が・・・。
    それと何故に梅野を変えるのかがわからない。
    やっと覚醒してきたセンターラインの正捕手。
    しばらくいなかった、JAPAN代表の本当の候補選手。
    (大山君はお試し招集と思っている)
    守備力、バズーカ肩と共に投手前ゴロ対応のフットワークは日本一だと思っています。古田の現役時代より上、中日の中尾孝義以来の動きのよさ。
    原口・秋山のバッテリーの時は矢野さんらしい使い方だとは思いましたが、今回は違うんじゃないか。つらい3日間でした

    藤浪がファームで投げたようですが、数字だけ見ても相変わらず。
    関西系の情報では、「前より少し良くなっている。抜け球が少なかった。ランナーを出しながらも踏ん張った。最速155㎞が出た」
    と有りましたが、左打者並びの中とんでもない外角のボールもあったとの記事。

    実際には見ていないので、どうかとは思いますが、いつものように笑顔なき登板だったのではないでしょうか。
    藤浪にはもっと笑顔で野球を楽しんで欲しい。
    「今後阪神の投手陣の中心を張るのは晋太郎君君やで」
    と書いたことも有りますが、こんなに苦しむのだったら、野手転向を本気で考えるのはどうか。
    阪神で一番の走力、一番の強肩、一番の身体能力。
    ライトフィールダーとしては最適。鈴木誠也の上を行ける素材だと思いますが。

    何よりもっと楽しんで野球をやっている藤浪晋太郎がみたい。

  5. Yalkeys
    Posted 2019年8月19日 at 11:51 | Permalink

    この3連戦で2連敗した時に、3連敗の可能性に言及させていただきましたが、まさにその通りとなりました。今季4度目のこのカード3連敗です。
    なぜ梅野を使わないのか、
    なぜ陽川を1軍に戻すのか、
    なぜ鳥谷を2軍に落さないのか(たまにヒットを打っても大騒ぎするのがおかしい。打点0でシーズンを終える可能性も大きい)。4億⇒5千万でももったいない。
    毎春に「今年のタイガースは昨年とは違う・・」と期待をするが、結局は同じ。他のチームの戦力も阪神以上にアップしていても、それを過少評価してはいなかったか。或いはあえて見ようとしなかったか。
    グチはこのくらいで止めますが、ホント何とかならないのか

  6. なかっち
    Posted 2019年8月19日 at 12:02 | Permalink

    大変ご無沙汰しております。初夏くらいから体調がすぐれず、コメントを控えさせてもらってました。
    少しずつ良くなってきてるので、またコメントさせて頂けたら嬉しいです。


    この週末は読売にまさかの3連敗。悔しくて仕方ありませんでした。
    明日から来季に向けた戦いかたにシフトチェンジしていく時期に来たと思います。
    外国人はジョンソン以外は契約解除。新たに大きいのを打てる外国人を二人。先発候補の外国人も二人以上取るべきやと個人的には思います。外国人も競争させるべき。

    又、思いきったトレードの実施も必要やと思います。1対3位のトレードで大型野手を取るのもありやと個人的には思います。
    福留、能見、球児、糸井、鳥谷に頼るチーム作りは辞めよう。
    投手も思いきった配置転換があっても良いと思います。
    とにかく何かを変えただけでは来季も戦えないと思います。

  7. 正ちゃん
    Posted 2019年8月19日 at 12:39 | Permalink

    初めてコメントさせて頂きます。
    どうしても吐き出したくて、我慢できなくて。
    矢野監督は情を捨てて、勝負に徹してほしい。
    皆さんが言われているように阪神の選手はもっと野球を追求してほしい。
    マルテ、ソラーテをちゃんと1塁まで全力疾走させてほしい。星野さんだったら絶対怒っていたはず。スキップしている?と錯覚するような走り、、、です。
    矢野監督はもっと学んでほしい。迷っている。選手じゃない。矢野監督の迷いが選手に伝染していると思います。でも阪神が好きだなぁ、縦縞が好きだなぁ。シーズン当初を思い出してほしい。そう祈らずにはいられません。
    掛布さんがヘッドでも2軍監督でもいい、戻ってきてほしい、、、願望ですが。

  8. 虎轍
    Posted 2019年8月19日 at 12:41 | Permalink

    選手任せの采配になってきてますが、その選手達が選球眼が無さ過ぎなんですよね。
    気負いすぎ?
    満塁でチャンスやのにピンチな顔をして打席に入って、低めのボール球を振りすぎやし、相手投手を助けすぎやろ。
    見極めを大事にしろ!
    好球必打ってわからんのか?
    されて嫌な作戦は、相手も嫌な作戦ってわからんのか?
    それを自分達だけがされてるだけやろ?
    なんでも試されるんはタイガースなんか?
    奮起せえよ!
    ガムシャラに行け!
    木浪プロ初猛打賞やったん?おめでとう!

  9. いわほー さんのアバター いわほー
    Posted 2019年8月19日 at 12:52 | Permalink

    生年ポジション別選手一覧
    http://tigers.torao.net/seinen/seinen19.htm

    toraoさんが毎年更新されるこの表が見やすいのでちょくちょく拝見してるんですが、この一覧からタイガースのチーム構成のバランスの悪さが顕著に浮き上がってくる。
    本来、27~32歳くらいの中堅どころがボリュームゾーンとなってチームの中心を支え、ベテランがカバーして、若手が突き上げるチームが望ましいと思うのに。
    それでも投手陣は良い方ですが、野手のアンバランスさが際立っている。
    中堅どころにレギュラーが皆無で超ベテランとの間に大きな穴が開いている。
    おまけに23歳以下の野手が植田と小幡しかいないなんて。
    このへんを見直さないといつまでたってもチームは強くならないのでは?

  10. ジュビロタイガース
    Posted 2019年8月19日 at 13:48 | Permalink

    今季4度目の対読売3タテを喰らい、負け越し決定やて。とっくに決まってると思ってた。
    広島と横浜が潰し合ってる間に、アシストするのんて情けない。
    大阪ドームでは良かったのに、名古屋東京と続かんねえ。
    ソラーテを外し、マルテの代打で登場で、併用を諦めたのかと歓迎しつつ、何か変やと思ったら故障か。ホンマなら良いけどもおかしいけど、全力疾走もしなくなって、ヤル気が無くなっているなら問題。
    昨日は1点ビハインドでもジョンソンを出して失点するチグハグさ。精神的な準備がどうだったのか心配。流出しちゃうよ。
    木浪は初の猛打賞良かったね。昇格当初は使われなかったけど、好調キープなら良かった。
    逆に近本が不調だけど。得点力はここにかかってるね。シーズン当初はチャンスメイクに、下位打線のチャンスをモノにすることが出来たけど、今は無いね。
    中谷の調子が良さ気なので、昇格させてスタメンで使ってよ。
    望月もまた上がってくるの報道もあるけど、毎度毎度の繰り返し。ストレートの良い若手が多いけど、コントロールに変化球に配球が課題なんかな。梅野を休ませてる場合とちゃうで。

  11. 虎世界一
    Posted 2019年8月19日 at 16:03 | Permalink

    昨日は1点差に迫った7回ウラの守り。ピンチで外野前進守備はないでしょう。バッターは2年か3年前の本塁打王ですよ。案の定定位置であれば福留は取れていたかもしれません。この狭い球場で1点勝負に出るのは最終回だけではないの?いくら点が取れない打線とは言え臆病過ぎる作戦にチームが萎縮しているような感じです。こんな戦い方では去年と同じ最下位になりそうですわ。ヤクルトも息ふきかえしつつありますよ。
    もう関西ではせやねんでもブルっとでも番組内のタイガースコーナーの時間どんどん短くなっています。まだ4位で数字上ではCS狙えるというのに。弱くていいからここから春の時みたいに楽しく野球しましょうよ。キャンプやオープン戦よりも実戦で身に付けれる方が遙かに多いんやから。

  12. タクロー
    Posted 2019年8月19日 at 17:54 | Permalink

    はかなき伝統 歴然とした実力差

     先週9連戦最後の中日戦、早めの仕掛けで集中打を浴びせ鉄壁リレーで勝利の余韻に浸った。
    その勢いで読売に3タテできるんじゃないか、できるかもしれない、初戦を遥人でとれば、取れたら、、、と期待を膨らませた。見事タラレバだった。根拠なき楽観は崩れ去るもの。屈辱まみれの今季4度目の3タテをくらった。点差以上のチーム力の差、個々の力量の差、地力の差、勝負所の差、采配の差を見せつけられた。伝統の一戦だの、宿敵だの言っていることがチャンチャラおかしいほどの差。十両と幕内を行ったり来たりしている力士の取り巻きが、三役力士にライバル視しているだけの話のようだ。
    この惨状を胸に刻み球団は根本改革をしてもらいたい。でなきゃ、いつもの繰り返し。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">