安芸の初日は大盛況

山本昌臨時コーチ大活躍の巻。ふたつの声が俄然高まる。ひとつは「臨時コーチじゃなくて専任になってください!」。もうひとつは、「今までのコーチは何をしてきたんや」。
でも、12球団屈指の投手成績を残したんだから、別に現コーチ陣はなんにも悪くない(笑)。
あと、昌とか赤星クラスだと解説者、評論家のほうが断然ギャラがいいだろうから、臨時コーチくらいがちょうどいいと思っているかもね。だって、プロ野球の指導者って不安定で将来の予測がつかないから。それに、せっかくマスコミで確保した自分の居場所なのに、ユニフォームを着ている間に別の人が座ることになってしまう。任期が終わっていざ戻りたいと思ったときに戻れる保証もない。そうなると、なかなか踏ん切りがつかないよね……って、昌さんはまだ引退して日が浅いから、必ずしもそうじゃないかもしれないけれど、この状況が長くなれば長くなるほど、思い切れなくなっていくと思う。
「なんで赤星を阪神の走塁コーチに呼ばないんだ!」って声がよく聞こえてくるけれど、いやあそれはなかなか……ねえ。
ただ、それだけ人気と才能があるということだから、本当は現場とメディアの行ったり来たりは十分可能なんだよね。
とにもかくにも、昌&ピンキーの大活躍で、秋の安芸の大盛り上がりがずっと続くことを願っている。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

3 コメント

  1. こうさん
    Posted 2019年11月2日 at 10:30 | Permalink

    そういえば、この数年、選手の口から「今回のキャンプはしんどかった。」って聞かないな。充実した選手からは聞こえてはくるが全員とまではいかない。今年の安芸は「しんどかった」に期待できそう。もちろん体力面だけではない。「頭を使った」という「しんどかった」に期待したいのだ。

    矢野監督は3位という結果に安堵するわけがない。やらなきゃならないこと、反省しなけりゃならないこと、伸ばさなきゃならないこと、選手を篩にかけること…沢山やらなきゃならないことがある。

    上本残留は嬉しい報告。こうなったら外野でもいい(あかんわ)。「上本がスタメンじゃなきゃダメ」という状況を作らないと。鳥谷から学んだこと、受け継いだこと…「内野の大将は俺だ‼️」ってアピールせよ。クールは受け継がなくていいよ。熱く行こうぜ。残ったのなら、残ってくれたのなら奪いに行かないと。そうすれば、内野がもっとレベルアップするはずだから。

    中日色、明るいね‼️

  2. 西田辺
    Posted 2019年11月2日 at 11:24 | Permalink

    全く違う経路を通った選手(指導者)のアイデアを注入するのもまた
    楽しいじゃないですか。
    現任のコーチも、目から鱗な部分もあるだろうし。
    選手も、違ったアプローチが出来て違う発見もあるだろうし。
    あくまで、調整・育成の責任は現任のコーチ。
    臨時コーチは、新味のエッセンス注入というスタンスで。
    赤星氏はねぇ・・・。
    以前、頸部のMRI画像を公開してましたが、とても運動のできる状態じゃ
    ありませんよ。
    私も首に爆弾抱えてますから、あれがどんな状態かはよく分かります。
    口頭での指導は可能かもしれないけど、コーチだって結構動き回りますからね。
    自身の健康上、無理が出来ないのが分かっているから、二の足を踏んでしまう
    でしょうね。
    秋はとにかく、シーズン中修正できなかったこと、新たに取り組みたい事への
    試行錯誤の期間。
    選手としてのスキルアップの時間と思って、目一杯取り組んで欲しいですね。

  3. 虎轍
    Posted 2019年11月2日 at 12:25 | Permalink

    山本昌臨時コーチが藤浪を再生してくれたら最高ですね。
    講演を聞いた球団関係者も再生してくれたら最高ですね(笑)

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">