箱根駅伝占い

神林君活躍して良かった良かった。
個人的にどこの大学がどうこう言うつもりはまったくないのだが、それはそれとして「箱根駅伝占い」をしてみよう。

「東海大連覇ならず」はなんとなくいいね。
ただし、広島出身の青学原監督の「常勝軍団王座に返り咲く」はちょっとアレ。

青学といえばロッテ井口監督か。3位に大躍進の國學院大は出身現役プロ野球選手も多く、あまり色を感じないが、井口監督は國學院久我山の出身でもあるから匂うぞ!

4位もこれまた大躍進の東京国際大。出身者といえば我らが阪神伊藤和。これはカズオ来るね。
6~8位は名門古豪で明治、早稲田、駒沢。球界全体を見ても出身者は多いけれど、これを私は髙山、上本、江越が活躍すると読み解く(笑)。

9位創価大の最終走者、嶋津君の追い込みは凄かった。誰も予想しなかった区間新記録で一気に初のシード獲得をゲット。まるでラストの連勝でクラシリに滑り込んだ昨年の矢野阪神みたいな感じだった(笑)。ひょっとしたらこれは占いじゃなくて、去年の世相を再現した部分か。いやいや、今年もまた怒濤の後半大まくりを見せてくれるということかな。なぜ矢野阪神が創価大かは諸説あるので、ここでは深掘りしない。

強豪東洋大が出遅れを挽回して10位に食い込む。これは福原コーチが預かる阪神投手陣が、はじめ「あれ?」と思わせるものの、徐々に力を発揮していく予兆とみた。

ということで、全般的に「阪神優勝」を確信させるものはなかったが、私が応援した神林君がいる青学優勝だったので「阪神優勝」で問題なし(笑)。
ってか、もう決まってることだから、占う必要さえないのだ。


週刊虎バカクラブ
This entry was posted in 定期投稿. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: トラックバック URL.
  • 虎バカマガジン会員募集中!

2 コメント

  1. 虎轍
    Posted 2020年1月4日 at 11:58 | Permalink

    面白い占いですね(笑)
    こじつけって言えばこじつけですが、それなりに的を射てますね(笑)
    神林君は区間賞でしたね。
    torao様が応援するチームが優勝する!
    まずは1つ成就!
    秋には大願成就!
    間違いない!

  2. 西田辺
    Posted 2020年1月4日 at 13:41 | Permalink

    今や長距離走の足元には、大きな変革が起きています。
    NIKE社が発売しているヴェイパーシリーズのシューズにより記録が
    飛躍的に伸びているとか。
    厚底シューズのピンクやグリーンのシューズが、最近のレースで目立って
    いる事を覚えておられる方も多いと思います。
    今回の箱根駅伝もおよそ8割の選手が使用され、そして7つの区間で区間
    新記録が出たとか。
    何がどうなってこんな好記録が出ているのかは、私にはサッパリ分かりませんが
    そんな中、創価大のアンカー嶋津君はミズノ製のシューズで区間新記録を
    樹立したそうです。
    判官びいきじゃないけれど、そんな話もどこか痛快に聞こえますね。
    いつの時代も、好成績を収められる道具や流行りの技術と言うものは存在します。
    でも、それを打ち破るる古臭い力もまた存在します。
    どこか前時代的な矢野ガッツで、セ・リーグを痛快に突き進むのも、また
    面白いかも知れませんね。

コメントを投稿

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">